FC2ブログ

記事一覧

南紀南勢遠征記(18) ~三瀬館~

 続いては三瀬館です。 先日紹介した三瀬“砦”からは北に1キロほどの場所にあります。 一応車を停める場所はありますが、アクセス道は狭いので、注意してくださいね。 さてこの三瀬館ですが、織田信長と和睦して隠居した北畠具教(とものり)の隠居城でした。 和睦の条件は織田信長の次男・信雄を養子として家督を譲ることだったのですが、具教は武田信玄などと結んだりして結局信長に殺されてしまいます。(三瀬の変)  上...

続きを読む

南紀南勢遠征記(17) ~三瀬砦~

 続いては三瀬館にやってきました。 瀧原宮からは北へ8キロほどの場所にありますが、場所がわかりにくいので座標(34.400685, 136.426015)を載せておきます。 この三瀬砦は、北畠家臣の三瀬氏の館とさsれています。 上の写真のようにかなり高い土塁がかっこいいです。 その土塁を四方に囲まれた方形の主郭の内部ですが、この奥は崖になっていて、天然の濠になっていました。 今残る規模は小さいですが、あの高い土塁を見...

続きを読む

三春遠征記(2) ~高乾院~

 続いては高乾院です。 穏龍寺からは歩いて5分くらいの場所にあります。 この高乾院は秋田氏が笠間にいたころに菩提寺に定められたのですが、こちらの三春に移封されてときに共に移ってきました。 というわけで、こちらには笠間時代以降の当主他の墓があります。(8代謐季は除く)  でも、どれが誰の物かわからないなぁ~ 大名墓としてもとても質素ですね。 それともこちらの御霊屋の後ろの墓石がそうなのか?...

続きを読む

三春遠征記(1) ~龍穏院~

 さて今日からは昨年9月に行った、福島県三春の史跡めぐりのレポートです。  遠征はいつもと変わらず行っているのに、ブログ記事のアップ回数が減っているので、写真が溜まるいっぽうなのです… まずは秋田氏の菩提寺である龍穏院から。 秋田氏は元々は安東氏と名乗っていて、津軽地方を治めていた国衆です。 最近『国衆』という言葉をよく聞きますよね? 以前は『国人』とか『豪族』と言っていたような気がしたのですが、調...

続きを読む

亀と不死鳥(後編)

 続いては、土浦城から北西に車で15分ほどの場所にある法雲寺にやってきました。 ここには、最近人気の戦国武将・小田氏治の墓があります。 なぜ人気なのかは知りませんが、あのNHKの『歴史秘話ヒストリア』でも取り上げられるくらいの人気です。  氏治は小田城の城主ですが、記録に残っているだけで敗戦がなんと20回以上! 初陣からしてあの河越夜戦(上杉・足利連合軍で参加)の敗戦ですからね。 そして居城・小田城を...

続きを読む

亀と不死鳥(前編)

 昨年の暮れのことですが、茨城県の土浦市に行ってきましたよ。 もちろん、続100名城のスタンプ収集のためです。 上の写真は、土浦城の本丸部分。 最初の写真は現存の櫓門ですが、こちらの写真は復元された東櫓です。 スタンプはこの東櫓にあります。 が、この日は休みでした… 東櫓の外観です。 この土浦城にはもう一つ、櫓(西櫓)が復元されています。 西櫓の外観です。 西・東共に、2011年の震災で被災してしまったよ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(16) ~瀧原宮~

 次の目的にに向かう途中に、なんだか良さげな神社があったので、寄ってみましたよ。 瀧原宮(たきはらのみや)です。 上の写真で分かるように、皇大神宮の別宮です。 皇大神宮とは、伊勢神宮の内宮のことですよ。 場所は、道の駅 奥伊勢木つつ木館のすぐ裏です。 神域に入ると、やっぱり伊勢神宮に似ています。 手水も本物の川で、これも伊勢神宮と一緒ですよね。 ちょっとしたミニ伊勢神宮のよう。 でもこちらのほうが...

続きを読む

南紀南勢遠征記(15) ~鬼ヶ城城~

 続いてやってきたのは鬼ヶ城です。 世界遺産にもなっていますし、あちこちに案内が出ているので迷うことは無いでしょう。 この鬼ヶ城は、熊野灘の荒波によって浸食された奇岩群のことを指し、平安時代にここを根城とした海賊が鬼のように恐ろしかったということから『鬼ヶ城』となったそうな。 人間と比べても、とても大きいですよね! その恐れられた海賊は、坂上田村麻呂に成敗されたようですよ。 んでもって、この景勝地...

続きを読む

車山高原と続日本100名城(最終回) ~諏訪大社と魁塚~

 さて、このシリーズも最終回。 あ、あけましておめでとうございます。 予定ではもう一つ山城でも攻略しょうとしたのですが、酷暑だったので、階段も坂道も登らなくて済む神社にしました。 諏訪大社の、下社秋宮でした。 そして下社秋宮の近くには魁塚(さきがけづか)があります。 魁塚は、赤報隊の幹部であった相楽総三 他8名の墓です。 赤報隊は、戊辰戦争時に西軍の先鋒となって『年貢半減』を謳いながら、中山道を江...

続きを読む

2018年を振り返る

  今年もあと数時間。 コメントをいただいた方々も、ご訪問いただいた皆様もお世話になりましたm(__)m  というわけで、毎年恒例の一年を振り返る企画です。 まずは4月。 100名城のスタンプを集める目的で甲府に行きました。 スタンプは要害山城と甲府城をゲット。 5月は、和歌山と三重の南部でした。  憧れの赤木城を攻略できたのが大きいですね。 スタンプは、赤木城・新宮城他、計5個ゲット。 7月は、車山高...

続きを読む

横浜で、『真田丸』 ~後編~

 板岡部江雪斎の墓参りを済ませたら、電車に乗って小机駅で下車。 もちろん目的はここです。 小机城が続日本100名城に指定されたので、スタンプを貰いにやってきました。 スタンプは上の写真の、入口を入ってすぐの場所にあります。 もちろん、スタンプだけではなく登城もしましたよ。 駅からは案内も充実しているので迷うことは無いでしょうが、車で来た方は駐車場が無いので、駅近くの駐車場に停めて歩くのがいいでしょ...

続きを読む

横浜で、『真田丸』 ~前編~

 先日は横浜に行ってきましたよ。 横浜といっても、町田市からのが近いかな? 最寄りは長津田という駅です。 その長津田駅から南に歩いて10分ほどの大林寺に行きました。 ここには旗本の岡野氏の墓所があります。 でもここがなんで、真田丸?と思うでしょ? 実はその岡野氏の初代・岡野融成は、板部岡江雪斎と同一人物です。 江雪は大河・真田丸では山西惇さんが演じて話題になりましたね。 もともと江雪は田中氏の生ま...

続きを読む

南紀南勢遠征記(14) ~産田神社と安楽寺~

 続きましては産田(うぶた)神社です。 前回紹介した花の窟神社がイザナミノミコトのお墓なら、こちらはイザナミノミコトが出産した場所なのだそうです。 花の窟神社からは車で10分ほどの場所にああります。 こちらも変わった神社で、写真の白い石が敷いてある場所は、土足では入ってはいけないそうです。 なのでスリッパが用意されていましたよ。 そして本来の目的地はここ。 産田神社から歩いてすぐの場所に、安楽寺があ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(13) ~花の窟神社~

 二日目、最初に訪れたのはここ『花の窟神社』です。 『はなのいわや』と読むそうです。 世界遺産と書いてあっちゃ、寄りたくなりますよねぇ 世界遺産とはいえ、どこにでもある普通の神社… ここまではね… この鳥居?(『集龍殿』と言うそうな)をくぐると… お! なんだこりゃ? この神社のホームページによると、この神社は『神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、灼か...

続きを読む

白金で、八重の桜

 先日は白金に行ってきましたよ。 NHKで大河ドラマ『八重の桜』の再放送をやっていたので、まだ訪ねていなかったこの寺に来てしまいました。 まずここ興禅寺は、江戸時代初めに開かれた米沢藩上杉家の菩提寺です。 江戸時代に亡くなった殿様達の墓は米沢にありますが、明治以降に亡くなった方の墓はここにあります。 上の写真は最後の藩主・斎憲の墓です。 上杉家は会津藩祖の保科正之に大恩があるためか、仙台藩と共に奥羽...

続きを読む

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ