FC2ブログ

記事一覧

三春遠征記(最終回) ~伊東肥前と安積左衛門~

 三春の史跡巡りも終わり、あとは会津にて向羽黒山城のスタンプを押すだけになったのですが、途中郡山に寄り道をしました。 まずは日吉神社です。 ここには伊東肥前の碑がありました。 戦国時代に伊達政宗と蘆名・相馬連合軍による郡山城争奪戦があったのですが、その時に政宗の身代わりになって討死したのが伊東肥前でした。 江戸時代になって参勤交代の時には必ずここに立ち寄ったそうです。 続いては安積左衛門の墓です。...

続きを読む

三春遠征記(8) ~西方館~

 続いては西方館です。 三春城からは南に5キロほどの場所にある、さくら湖の西岸にあります。 ここはさくら湖を見渡せる観光地になっていて、駐車場も完備されているので行きやすいでしょう。 一応上の写真が主郭になっていて、低いですが土塁に囲まれています。   この館の詳細はわかっていないようですが、戦国時代には東の相馬領と西の伊達領に挟まれて、抗争の舞台にはなっていたようです。 主郭だけ見れば、臨時の砦...

続きを読む

南紀南勢遠征記(23) ~永松寺~

 続きましては永松寺です。 伊勢神宮内宮からは、北東に7キロほどの場所にあります。 駐車場はなく、近くの道路も狭いので、路駐できそうな場所もありませんでした。 なので、県道沿いにある相生神社の駐車場を拝借して歩きました。 歩いても5~6分なので近いもんです。 もちろんここにも有名人の墓があります。 本堂脇のまるで山城のような石段を登っていくと…  福原長堯(ふくはらながかた)の墓があります。 彼は豊臣...

続きを読む

南紀南勢遠征記(22) ~伊勢神宮~

 伊勢遠征の三日目は、朝一で伊勢神宮に参拝しました。 まずは外宮。 6年ぶり二回目の参拝なので、パパッと行きますよ! いくつかある別宮を回ったら、上の写真の正宮です。 普通の神社でいうところの、本殿ですね。 外宮の正宮に祀られているのは『豊受大神宮』といって、天照大御神の食事を司る神様だそうです。 そして外宮から南に5キロほど移動して、内宮に到着です。 宇治橋は、神域への架け橋… 長い参道です。  ...

続きを読む

川越の桜 2019

 今日は川越に桜を見に行ってきましたよ! スタートは本川越駅から… まずは中院。 名物の枝垂れ桜は散りかけだったけど、門の近くと駐車場の近くの桜はほぼ満開でした。 続いては仙波東照宮。 東照宮の桜は背の高いエドヒガンですが、ここも見ごろでしたね。 東照宮の隣は喜多院なのですが、ここは八分咲きくらいだったかな? それより気になったのは、何本かの桜の木の枝が剪定されてしまっていていたことです。 桜を長...

続きを読む

三春遠征記(7) ~三春城~

 さて、平成最後の記事は… ←ってここまで書いて、間違っていることに気づいた。 改めまして、三春城です。 本丸近くまで車で行けるのですが、現存門が見たかったので麓から登りました。 正確には、藩校の表門ですけどね。 門をくぐると小学校がありますが、ここは三の丸だったようです。 また少し上ると、二の門跡があります。 この二の門あたりに駐車場があり、その駐車場内に上の写真の愛姫(めごひめ)生誕の地碑があり...

続きを読む

三春遠征記(6) ~福聚寺~

 続いては福聚寺(ふくじゅうじ)です。 駐車場が満車でしたが、なにかあったのだろうか? まあ、私は折り畳み自転車だったので大丈夫でしたが、車だったら駐車場探しに難儀するところでした。 この福聚寺は田村氏の菩提寺で、田村氏が三春に移ってきたときに一緒に移転してきました。 というわけで田村氏の墓があるのですが、案内の碑が木で隠れてしまっていてちょっと迷ってしまいました。 写真もヘンだし… んでこちらが...

続きを読む

南紀南勢遠征記(21) ~大得寺~

 続いては田丸城主である久野氏の菩提寺・大得寺です。 場所は案内も何もないですが、Google先生に聞けば一発でしょう。 田丸城主の久野氏は、紀州藩主・徳川氏の家老という立場だったので、常に和歌山城下に詰めていてここで政務を行った形跡は無いようです。 でも、歴代の城主の墓はここにありますよ。 誰がどの墓石かはわかりません… そして久野氏の墓参りを済ましたら、この日のホテルがある伊勢市に向かい夕食にしまし...

続きを読む

三春遠征記(6) ~州伝寺~

 続きましては、州伝寺です。 この寺は、1623年に三春藩主になった松下氏の菩提寺です。 松下氏は豊臣秀吉の主筋(秀吉の少年時代の主君が松下氏)でしたが、三春に移ってきたころには賤ケ岳の七本槍の一人、加藤嘉明の与力という立場でした。 加藤氏が改易になると、なんだかんだ理由をつけられて松下氏も改易になって、親戚筋の土佐藩主・山内氏に預けられました。 上の写真は、松下長綱・豊綱・重綱の墓石ですが、高知県に...

続きを読む

三春遠征記(5) ~田村大元神社~

 続きましては田村大元神社です。 三春城の郭の一つ、東館へ行く途中にあります。 もともとは田村氏の発祥の地にありましたが、田村氏と共にこちらに移って来ました。 こちらの拝殿は明治半ばに再建されたものです。 こちらも拝殿と同じ頃に建てられたものです。 どちらも彫刻が素晴らしかったですよ。...

続きを読む

南紀南勢遠征記(20) ~田丸城~

 続いては続日本100名城に選ばれた田丸城です。 玉城町役場を目指せば、そこが城址です。 100名城のスタンプは上の写真の村上龍平記念館です。 ところで、村上龍平って誰?  というわけで、スタンプを押したらさっそく散策です。  こちらは大手門。 ここを登ると三の丸ですが、今は中学校になっているので立ち入り禁止。 なので、ぐる~っと遠回りして本丸に向かいます。 城内散策の前に、現存建築物遺構の三の丸書院と...

続きを読む

南紀南勢遠征記(19) ~五箇篠山城~

 続いては松阪市郊外にある五箇篠山(ごかささやま)城へとやってきました。 この城は北畠氏の支城でした。 北畠氏は織田信長の織田氏に乗っ取られたのですが、本能寺の変後に北畠氏の一族である北畠具親がこの城にこもり再興しようとします。 しかし北畠信雄こと織田信雄の軍勢に攻められて落城しました。  250mなんて近いようですが、急な階段なのでアラフィフの足腰に堪えます… 途中は切岸や堀切など見どころはたくさん...

続きを読む

三春遠征記(4) ~光岩寺~

 次は岩光寺です。 三春市街地から国道288号を東に向えば、上の写真の案内があります。 その案内から急坂を登れば、仮本堂が見えてきます。 江戸時代の火事で焼けてから、本堂が再建されていないのだそうな。  んで、こちらには三春藩主だった松下長綱の母・星覚院の墓があります。 星覚院というとわかりにくいですが、あの賤ケ岳七本槍で有名な、加藤喜明の娘です。 ...

続きを読む

三春遠征記(3) ~紫雲寺~

 続きましては紫雲寺です。 前回までに紹介した二つの寺とも近いですよ。 ここにもちょっとしたマイナー有名人の墓があるのです。 上の写真は三春藩秋田家のお家騒動に巻き込まれて切腹させられた、滋野多兵衛の墓です。 そしてこちらは、戊辰戦争における西軍戦死者の墓です。 三春藩は最初は奥羽列藩同盟に参加したのですが、後に新政府側に加わったんですよね。 会津藩や二本松藩から見たら裏切りに見えたでしょうが、こ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(18) ~三瀬館~

 続いては三瀬館です。 先日紹介した三瀬“砦”からは北に1キロほどの場所にあります。 一応車を停める場所はありますが、アクセス道は狭いので、注意してくださいね。 さてこの三瀬館ですが、織田信長と和睦して隠居した北畠具教(とものり)の隠居城でした。 和睦の条件は織田信長の次男・信雄を養子として家督を譲ることだったのですが、具教は武田信玄などと結んだりして結局信長に殺されてしまいます。(三瀬の変)  上...

続きを読む

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ