fc2ブログ

記事一覧

四国遠征記(24) ~丸亀城~

 さあ、丸亀城です! 十数年ぶり二度目の登城となりました。 丸亀城といえば現存天守と高石垣が有名ですが、最初の写真の大手門も現存ですよ。   そしてこの高石垣、いいですね~! 途中端折りましたが現存天守です。  本丸の内側から見ると、破風も少なく地味ですかね。  違う角度から…   天守から見た瀬戸内海方面です。   やはり外側から見たほうがかっこいいです。 四国には四つの現存天守があるのですが、...

続きを読む

四国遠征記(23) ~玄要寺~

 さて、丸亀市へとやってきました。 丸亀城え登城の前に、丸亀藩主の墓参りです。  といっても、丸亀市内には6代藩主の京極高朗(きょうごくたかあきら)の墓しかありません。 他には支藩の多度津藩主の墓があったようですが、写真に残っていないということは見つからなかったか、拝観不可だったのだろう。 もう二年半も前のことなので、覚えてません…(笑) この高朗は大の相撲好きで、参勤交代の度に両国で相撲観戦をし...

続きを読む

玉敷神社と花崎城

 9月某日、埼玉県は加須市にあります、玉敷神社と花崎城に行ってきましたよ。 まずは玉敷神社です。 こちらは神楽殿です。  埼玉を中心に数か所存在する久伊豆神社の総本社で、とても歴史が古いのですが、1574年に上杉謙信が関東に攻め寄せた際にこの神社の宝物や古文書が悉く焼かれてしまったそうです。 このときは関宿城救援のために関東に出陣したんだけど、もうこの時は関東の上杉勢力はわずかで北条方が優勢だった...

続きを読む

令和出羽合戦(10) ~天童城~

 山形城から車で北に30分、天童城がある天童公園(舞鶴山)へとやってきました。 天童名物の人間将棋が行われる場所といったらわかりやすいでしょうか? 銅像は幕末の天童藩家老・吉田大八です。 彼が将棋の駒の作製を奨励したのだそう。 人間将棋が行われるだけあって、駐車場には困りません。  肝心の天童城はというと、駐車場からさらに登ることになります。 発掘調査が行われていました。 ちょっと切岸っぽい? も...

続きを読む

令和出羽合戦(9) ~山形城~

 この日は山形駅併設のメトロポリタン山形に泊まったのですが、フロント前からの景色は御覧の通り。 山県城を俯瞰で眺めることができます! んで、山形城は黄葉真っ盛りでした。 色づいた銀杏の木の前には、私が日本一かっこいい騎馬像だと思っている最上義光像がありました。 お久しぶりです。 こちらは二の丸東大手門です。 橋の下には新幹線が走っていますよ。 こちらは本丸一文字門。 以前訪れた時もだったのですが、...

続きを読む

越生町で『青天を衝け』

 今日は埼玉県の越生町に行ってきましたよ。 東武越生線の越生駅前には太田道灌の銅像がありました。 越生町の推しメンだそうです。 そんな越生駅前の道を進むと、法恩寺があります。  ここには渋沢平九郎埋首の碑があります。 それはこのお堂の右側にある階段の途中にあります。 平九郎は渋沢栄一の妻・千代の弟で、栄一の養子になった人です。 戊辰戦争(飯能戦争)で彰義隊に参加した平九郎は、この付近で新政府軍に追...

続きを読む

四国遠征記(22) ~法然寺~

  続いては法然寺です。 初代高松藩主(徳川光圀の兄)徳川頼重が建てた寺です。 写真は平成になって建てられた五重塔。   創建当時の建物も残っていたそうですが、平成26年の火災で焼けてしまったそうです。   んで、私の目的はこちらの高松藩主の墓所なのですが、なんと拝観謝絶でした…(まぁ、事前調査でわかっていましたがね)  その墓所付近から見た平池です。 讃岐平野はため池が多い地域としても有名ですね...

続きを読む

四国遠征記(21) ~田村神社~

 続いては讃岐国一宮の田村神社です。 まあ、地図にもカーナビにも大きく載っているので迷うことはないでしょう。 でも端の駐車場に案内されたので、変な順番でお参りすることになってしまいました。 この田村神社に祭られている神様五柱のうちの二柱が倭迹迹日百襲姫と吉備津彦です。 吉備津彦は桃太郎のモデルとして有名ですが、倭迹迹日百襲姫はその姉だそうです。 彼女も桃から生まれたのかな? (もっとも桃太郎も桃か...

続きを読む

川越氷川神社とワクチン2回目

 本日は久々に川越氷川神社に参拝しました。 いつもは桜見物のついで(氷川神社の裏に有名な誉桜がある)に参拝するのですが、今年は桜を見に来なかったので約1年半ぶりです。 毎年参拝していますが、私のブログに登場するのは三年ぶりかな? 緊急事態宣言下とはいえ、この神社は若い女性を中心に賑わっていましたよ。 んで、こちらは勝海舟直筆の扁額を掲げた大鳥居。 『青天を衝け』所縁の地かと思ったら、勝海舟はドラマ...

続きを読む

令和出羽合戦(8) ~成沢城~

 続いては成沢城です。 辺りはすっかり暗くなってしまっていたので、急いでの登城となりました。 奥羽本線蔵王駅から、東へ2キロほどの場所にあります。 しっかりと完備された駐車場から直に主郭まで登っていくと、ちょっとした土塁くらいしか見るところがあませんでしたが、じっくり見て回れば堀や切岸など見どころは沢山あるようです。 数分も登れば主郭です。 主郭から見た山形市街。 この日は、右端に写っている高いビ...

続きを読む

令和出羽合戦(7) ~浄光寺~

 続いては上山にある浄光寺へとやってきました。 前回の『平成出羽合戦』でも紹介した寺ですが、そんなことも忘れてまたやってきてしまいました。 ここには最後の上山藩主である藤井松平氏7代目~10代目の4代の墓があります。 ちなみに9代の松平信庸(のぶつね)の時に、戊辰戦争のきっかけとなった『江戸薩摩藩邸焼き討ち事件』が起こります。 当時信庸は江戸市中取り締まり役だったこともあり、薩摩藩邸の焼き討ちに参...

続きを読む

四国遠征記(20) ~弘憲寺~

 続いては弘憲寺です。 前回は高松藩生駒家の二代目三代目の墓でしたが、こちらは初代・生駒親正の墓があります。 親正は織田信長の生母・土田氏の親戚筋です。  そのせいかはわかりませんが、信長の岐阜攻め以降家臣になります。  本能寺の変以降は秀吉のもとで活躍し、秀吉の家臣時に高松城を築城しました。 関ケ原では、息子(一正)を東軍につかせ、自らは西軍という真田家方式(そんな方式があるのか?)で見事生き残...

続きを読む

四国遠征記(19) ~法泉寺~

 高松城を攻略した後は、その城主である生駒氏の菩提寺に行きました。 法泉寺です。 その生駒氏の廟所は、案内があるのでわかりやすいです。 たぬきの眼鏡って、なんだっけ? 高松での生駒氏は四代で移封になったのですが、こちらはその二代目(一正)・三代目(正俊)の廟所です。 高松も太平洋戦争時には空襲を受けたのですが、この廟所は奇跡的に焼け残ったそうです。 戦後区画整理のために移転した際、廟所で一正・正俊...

続きを読む

令和出羽合戦(6) ~中山城~

 続いては中山城です。 登山道入り口は国道13号バイパス沿いにあるのですが、看板等が出ていないので通り過ぎること必至です。 一応座標を残しておきますね(38.125136, 140.214047) 駐車場(最初の写真の平場(江戸時代の陣屋跡))さえ発見できれば後は看板が出ているのでそれに従って登りましょう。  途中大堀切などが発見できます。 20分ほど登れば、天守台石垣前に到着できます。  この中山城は、はじめは伊達...

続きを読む

令和出羽合戦(5) ~上野山城~

 続いては上野山城です。 赤湯駅から東北東に2キロほどの場所にある、烏帽子山神社が鎮座する山がそれです。 現地にはここが城であったという説明が一切なく、後でネットで調べてみても歴史などは全くわかりませんでした。 上の写真はおそらく堀切跡… これも堀切跡??? 紅葉が奇麗だったのだけは確かです!...

続きを読む

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ