FC2ブログ

記事一覧

松本遠征記(最終回) ~小笠原氏三代廟所~

 最終回は小笠原氏の廟所です。 場所は説明しにくいのですが、浅間温泉付近のこの座標(36.266894, 137.990919)にあります。 車ではいけないので、近くの観光駐車場を見つけていくのがいいでしょう。 立派な石垣に守られているのが廟所です。 真ん中が最後の信濃守護・小笠原長時の三男の貞慶(さだよし)。 右が貞慶の息子の秀政で、左が秀政の息子の忠脩(ただなが)の墓です。 忠脩のみ遺骸が埋葬されているそうで、現...

続きを読む

松本遠征記(7) ~玄向寺~

 続きましては玄向寺です。 なぜか草鞋が沢山かかっている仁王門をくぐります。 この寺は室町時代に開かれましたが、この本堂はその当時かある建物だそう。 そして案内に沿って進むと、目当ての水野氏の廟所があります。 まつられているのは、大坂の陣でも活躍した初代松本水野氏の水野忠清と、それ以下4代当主夫妻と、5代忠幹です。 高さ3mを超える9基の五輪塔は圧巻でした。...

続きを読む

海道一の城取り(6) ~寺部城~

 続きましては寺部城です。 随應院のすぐ北にある守綱神社がその場所です。 もちろん渡辺守綱が祀られている神社です。 寺部城はというと、戦国時代には鈴木氏の居城でしたが、江戸時代になると尾張藩の家老になった渡辺守綱が入り、以後明治まで続きます。 遺構は土塁や整備された礎石・井戸などがありましたが、あとはただの公園にしか見えませんでした。 つぎは守綱の墓です。...

続きを読む

海道一の城取り(5) ~随應院~

 東海道の史跡巡り、続きましては豊田市にあります随應院です。 この寺は15世紀に徳川家康の5代前の当主・松平親忠によって建立されたといいます。 江戸時代には渡辺守綱の孫が、母親の菩提を弔うために整備したといいます。 というわけで、ここには渡辺家の奥様方の墓所がありますよ。 燈篭に隠れちゃっていますが、一番右は徳川十六神将の一人に数えられた渡辺守綱(渡辺半蔵家初代)の奥さん。 真ん中が二代目重綱の奥さ...

続きを読む

池上本門寺

 先日は野暮用があって東京に行ったので、ついでに史跡巡りをしてきました。 東急池上線の池上駅からも近い、池上本門寺です。 こちらには中世には池上氏の館があったのですが、その館にて日蓮がなくなったことからここに寺院を建立したのが始まりとの事です。 江戸時代には肥後加藤家や尾張徳川家などから庇護をうけ、とても栄えたようですよ。 空襲で焼け残った総門を抜けると、加藤清正が寄進した石段が出迎えてくれました...

続きを読む

松本遠征記(6) ~犬甘城~

 続いては松本城から北西に1.5キロほどの場所にある犬甘(いぬかい)城です。 城山公園として整備され、ちょうど桜が満開だったので、駐車スペースを探すのに苦労しました。 戦国時代には武田信玄が落としたそうですが、藩政時代(戸田市)に桜などの木を植えて庶民に開放されていたというのですから、歴史ある市民の公園なのでしょうね。 説明は無いですが、堀切や切岸などの遺構っぽいものは確認できましたよ。 こちらは主...

続きを読む

松本遠征記(5) ~松本城~

 またまた間が開いてしまいました。 続いては松本城ですよ!  人生5回目の松本城だったのと、桜の時期と重なってとても混んでいたので100名城のスタンプのみにしました。 南アルプス(?)との共演がいいですね。 左右対称な感じがいいですね。 でも私はちょっとずらしたこのあたりの角度が好きです。 赤い橋との共演も定番ですね。 スタンプは天守ではなく、観光案内所らしき場所にありました。 写真ではわかりにくいで...

続きを読む

海道一の城取り(4) ~七州城~

 間が開いてしまいましたが、桶狭間古戦場のあとは七州城に行きました。 場所は上の写真にあるように、豊田市美術館を目安にするといいでしょう。 元々この近くに桜城という城が江戸時代初期に建てられたのですが、矢作川の氾濫で桜城が何度も破損したので近くのこの場所に城は移りました。 この場所から七つの国が見えたので七州城と名づけられたそうです。 別名は挙母(ころも)城。 櫓は再建物で、下の石垣は江戸時代の遺...

続きを読む

深谷市で、青天を衝け

 再来年の大河ドラマが、渋沢栄一を描く『青天を衝け』に決まりましたね! というわけで、早速渋沢栄一の出身地である埼玉県深谷市に行ってきましたよ。  渋沢の出身地である深谷市血洗島は、江戸時代には岡部藩所属だったので、その岡部藩の殿様の墓がある源勝院に行きました。  まあ、以前にも紹介したことがあるんですけどね…  でも上の写真は以前には紹介しませんでした。 藩祖といわれている安部元真(あんべもとざ...

続きを読む

海道一の城取り(3) ~桶狭間古戦場公園~

 続きましては桶狭間古戦場公園にやってきました。 ここで今川義元が討たれた、という伝承があることから公園化されたそうな。 駐車場がないので、近くのホームセンターに停めさせていただきました。 この公園には桶狭間合戦のジオラマや、義元の首洗いの泉などの史跡があります。 上の写真の右の石には『駿公墓碣』と書かれており、それがこのあたりから発掘されたために、このあたりで義元が討たれたという根拠になっている...

続きを読む

松本遠征記(4) ~戸田家廟園~

 続いては江戸初期と幕末に松本藩主であった、戸田家の墓です。 戸田家廟園という名で史跡にもなっていますが、普段は見学不可能であります。 場所は県立県ヶ丘(あがたがおか)高校の北側で、駐車場は無いので『あがた運動公園』の駐車場を拝借するといいでしょう。 見学できないので、近くの公園の遊具に登って写真を撮りました。 真ん中やや左の塚の上にあるのが初代・康長の墓です。 戸田康長は徳川家康の家臣で、小牧長...

続きを読む

松本遠征記(3) ~兎川寺~

 続いては兎川寺(とせんじ)です。 松本駅から東に3.5キロほどの場所にあり、このあたりの地域名が『兎川寺』となっているので、あまり迷うこともないでしょう。 この寺の創建は飛鳥路時代で、開いたのは聖徳太子だそうです。 ほんとかなぁ?? んでここには石川数正夫妻の墓があります。 数正は徳川家康の家臣でしたが、豊臣家に寝返ってしまった人です。 寝返った理由は、褒美に目が眩んだとか、家康と不仲だったとか、...

続きを読む

海道一の城取り(2) ~鳴海城・鷲津砦・丸根砦・大高城~

 小牧城から南下し、名古屋城なんか目もくれず(木造再建が実現したらまた行こうかな)、桶狭間合戦にゆかりの城跡に行きましたよ。 これから行く場所は何れも駐車場が無い為、近くの公園に車を止めて折り畳み自転車を引っ張り出して移動しました。 まずは鳴海城。 ここの城主が織田信長から今川義元に寝返った為、桶狭間合戦が勃発したといっても過言ではありません。 今はただの公園ですが、微高地になっているためそれっぽ...

続きを読む

海道一の城取り(1) ~小牧山城~

 さてここからは、昨年11月の史跡めぐりのレポートでうす。 主に愛知~静岡~神奈川の100名城スタンプ収集がメインでした。 昼前に埼玉を出発し、目的地の小牧市に到着したら夕食です。 この日は台湾まぜそばをいただきましたよ! ニンニクと卵とニラで、翌日からの山城巡りもばっちりでしょうね。 んで翌日です。 泊まったホテルからは、小牧山城の天守(資料館)が見えました。 オーシャンビューならぬ、キャッスルビュ...

続きを読む

松本遠征記(2) ~廣澤寺~

 続いては廣澤寺です。 馬場家住宅からは、北北東に6キロほどの場所にあります。 と、その前に、冠木門の向かいにはこんな場所がありました。 徳川家康の祖先・松平親氏親子が諸国放浪中にここの住人・林光政宅に寄ったそうな。 林は何も御馳走するものが無かったので、廣澤寺の門前で兎を捕まえて御馳走しました。 その後、徳川家は隆盛を極め、林家はその徳川家の家臣になり、毎年正月には徳川将軍に兎汁をふるまうことを...

続きを読む

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ