記事一覧

雪解けを待って中通り(10) ~人取橋古戦場~

 続いては人取橋古戦場です。 国道4号の238㎞ポスト付近にありますが、車を停める場所は無いに等しいといってもいいでしょう。 私は脇道に路駐しました。 伊達政宗が畠山氏を滅ぼそうと、二本松城を囲っていました。 すると、佐竹・蘆名他の連合軍が畠山氏を助けようと、3万の軍勢で北上してきたのです。 それを伊達軍7000で迎え撃ったのが、人取橋の戦いです。 鬼庭左月が討死するなど伊達軍が劣勢でしたが、佐竹氏の本...

続きを読む

雪解けを待って中通り(9) ~玉泉寺~

 続いては玉泉寺です。 本宮城からは北西に車で10分ほどの場所にあります。  もちろん有名人の墓があるのですが、玉泉寺の境内にあるのではなく、ちょっと外れの霊園内にあいました。 右がこの寺の開基の大河内光盛の墓。 真ん中が戦国時代にこのあたりを治めた玉井日向守の墓です。 玉井は伊達政宗に攻め滅ぼされたようです。 その他に、この寺は幕末の会津戦争の時には野戦病院の役割を果たしていたそうで、その時亡くな...

続きを読む

雪解けを待って中通り(6) ~粟ノ巣古戦場~

 続いては粟ノ須古戦場です。 加藤明利の墓がある顕法寺からは、南へ5キロほどの場所にあります。 とても分かりにくい場所にあるので、座標(37.572412, 140.459686)だけ載せておきますね。 粟の須の戦いとは、伊達政宗が畠山義継に拉致られた父・輝宗を、義継諸共に射殺してしまったというあの戦いです。  この戦いは河川敷で行われたというイメージがあったのですが、周囲は田植え前の田んぼでした。 独眼竜政宗の影響...

続きを読む

雪解けを待って中通り(5) ~顕法寺~

 続いては顕法寺です。 二本松城からは、東へ二キロほどの場所にあります。 まあ、ここには有名人の墓があるのですよ。 加藤明利とは誰かというと、あの賤ヶ岳七本槍で有名な加藤嘉明の三男です。 父・嘉明の会津移封に従って三春藩主になった後、父の死後二本松藩主になったのですが、明利の死後、その死に疑いがあるとして所領は没収され、加藤家は断絶となってしまいました。 後に旗本として復帰したのですが、これはまさ...

続きを読む

雪解けを待って中通り(4) ~称念寺~

 二本松城を攻略した後は、二本松駅の観光案内所で100名城のスタンプを押したら、称念寺に行きました。 この寺は12世紀の建立ですが、伊達氏による二本松城攻略時に一度移転しましたが、丹羽氏が二本松城主になるとこの場所に戻ってきたそうです。 この寺は畠山氏の菩提寺だったことから、伊達政宗もこの寺は潰そうと思っていたのかもしれませんね。 というわけで、この称念寺には畠山氏の墓所があります。 桜が満開の良い時...

続きを読む

雪解けを待って中通り(1) ~大隣寺~

 本年度の史跡めぐりツアー第一弾として、4月下旬に、福島県の二本松に行ってきましたよ。 というわけで、最初に訪れたのは大隣寺です。 東北自動車道二本松インターからも近く、ドライブイン『隊士館』の真向かいなのでわかりやすいでしょう。 この寺の向かいにあるドライブインの名前が『隊士館』なのは、やはりこの寺に二本松少年隊の墓所があるからでしょうね。 後で知ることですが、二本松市はとにもかくにも『少年隊推...

続きを読む

初雪の前に白河征伐(最終回) ~革籠原防塁~

 さて、昨年末の須賀川・白河の史跡めぐりも最終回です。 冬は日が暮れるのが早いのがイヤですね~ 最後に訪れたのは、戦国時代に上杉氏によって築かれた、革籠原防塁跡です。 関ヶ原の戦いのきっかけになったといってもいい、徳川氏の会津征伐時に、上杉氏がここで徳川軍を食い止めようと築いた防塁です。 結局徳川軍は大阪で挙兵した石田三成を討つべく西に向かってしまったので、この防塁は使われることはなっかたんですよ...

続きを読む

初雪の前に白河征伐(11) ~稲荷山公園~

 続いては、稲荷山公園です。 この稲荷山は、戊辰戦争における会津戦争の前哨戦・白河口の戦い で激戦となった場所です。 この白河口の戦いは、会津藩を含む奥羽越列藩同盟軍と新政府軍が戦ったのですが、新政府軍が圧勝しました。 同盟軍は700名だったのに対し、新政府軍は20名前後だったようです。 山を下りると、両軍の戦死者を弔う供養塔がありました。 こちらが同盟軍の物で… こちらは新政府軍の物です。  いつも思...

続きを読む

初雪の前に白河征伐(10) ~関川寺~

 続いては関川寺です。 場所は白河市役所の隣なのでわかりやすいでしょう。 この関川寺の創建は不明だそうせすが、上の写真の結城宗広が中興したようです。 この地に移転してきたのは戦国時代後期で、白河小峰城の外郭の一部だったようです。 本堂の裏側は崖になっていました。 この結城宗広という人は、鎌倉~南北朝時代の人で、一貫して後醍醐天皇側について戦った武将です。 新田義貞や楠正成と同様に、明治~戦前にかけ...

続きを読む

初雪の前に白河征伐(9) ~白河藩大名家墓所~

 白河小峰城から南へ2キロほどの場所にある、白河藩大名家墓所へとやってきました。 ここには計4人の藩主の墓があります。 まずは、奥平清照。 え~っと、この人は、長篠の戦の時の長篠城主・奥平信昌の曾孫です。 と書けばわかりやすいかな? 松平直矩(なおのり)の墓です。 結城秀康(徳川家康の二男)の孫で、五回も国替えさせられたので『引っ越し大名』と揶揄されたそうだ。 直矩の二男・基知(もとちか)の墓です...

続きを読む

初雪の前に白河征伐(3) ~長禄寺~

 神炊館神社の後は、須賀川城主の菩提寺に行きました。 長禄寺です。 この長禄寺は、室町時代に須賀川城主の二階堂氏によって建立されました。 須賀川城落城の1589年に一度焼けてしまいますが、その後まもなく再建されました。  というわけで、この長禄寺には、須賀川城ゆかりの人々の墓所があります。 しかし、五年前の東日本大震災によって、一部を除いては倒壊したままになっていました。 こちらは、二階堂氏滅亡後に入...

続きを読む

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ