記事一覧

初滑り2018

 先日は群馬県川場村にある、川場スキー場に初滑りに行ってきましたよ! そしてアフタースキーは史跡巡りだね! この日は群馬県沼田市にある、成孝院に行きました。 参道には早速、庄田太郎平憲景の墓がありました。 で、庄田憲景色ってだれ? そんな庄田さんの墓はどうでもよく(すいません)、本来の目的はこちら… それは歴代住職の墓地内にありました。 真田信武の墓です。 信武は真田信政の三男でしたが、1645年に...

続きを読む

上州真田の里

 今日は川場スキー場に行ってきましたよ。 写真のようにベース付近では穏やかな天気でしたが、上のほうは風が強くてとても寒かったです。 そしてアフタースキーは史跡巡りですね! まずは沼田市街地で真田丸展をやっていたので見てきました。 古文書とかの歴史的資料が展示してあるわけではなく、昨年の大河ドラマに関する展示がほとんどでした。 実際にドラマで使用した小道具も展示してあって、大河ドラマを見た人が楽しめ...

続きを読む

神流川合戦の史跡巡り(3) ~神流川古戦場~

 続いては、神流川古戦場碑を見に行きました。 国道17号線の神流川橋は、埼玉県と群馬県の境にかかる橋ですが、その群馬県側にこの石碑があります。 古戦場はなにも残っていないことが多いですが、ここもただの“河原”でした。 駐車場はないので、近くのコンビニにでも車を停めて、歩きましょう。[神流川の戦い] ブログ村キーワード...

続きを読む

神流川合戦の史跡巡り(2) ~胴塚稲荷と首塚八幡~

 軍配山から南西に5㌔ほどの場所(36.266511, 139.099845)に胴塚古墳があります。 群馬県道40号線を走っていると、上野写真の場所があるので、ここが目印です。 写真だと首塚八幡宮とありますが、それは後ほど…  胴塚稲荷は、最初の写真の近くに『古川酒店』があるので、その裏側にあります。 『胴塚』ということでお気づきかと思いますが、ここは神流川合戦で亡くなった兵士の胴を埋葬した場所です。 胴塚を見学してい...

続きを読む

神流川合戦の史跡巡り(1) ~玉村八幡宮と軍配山~

 先日は、神流川合戦に関する史跡めぐりに行ってきました。 本当は長野にプチ遠征の予定だったのですが、大荒れの天気になるとの予報だったので近場にしたのです。 善光寺の御開帳を楽しみにしていたのですが、結果的には近場にして正解だったようです。 さて神流川合戦ですが、この戦いは戦国時代に起きた、滝川一益と北条氏の合戦のことです。  本能寺の変の直前までは、今でいう埼玉県(武蔵国)から東は北条領で、群馬県...

続きを読む

戸鹿野八幡宮

 先日は群馬県川場スキー場に、滑り納めに行ってきました。 今回は天気に恵まれましたよ♪ というか、恵まれすぎて暑いくらいでした。 そしてやっぱり、アフタースキーは史跡巡りだね(笑) この日はやっぱり群馬県沼田市にある、戸鹿野八幡宮に行きました。 スキーの後に、この階段はつらい… 拝殿の屋根には、降雪対策?のビニールシートがかけられていたいた。 本殿にも… この戸鹿野八幡宮は、初代・沼田城主の沼田顕泰...

続きを読む

初滑りでしたが…

 昨日(3/9)は、群馬県にある川場スキー場に遅い初滑りに行きました。 が、10m先も見えないような濃い霧で、とても楽しめるようなコンディションじゃなかったので、早めに切り上げてしまいました。 早めに切り上げたら、やっぱり史跡巡りだよね♪ この日は、みなかみ町にある如意寺に行きました。 この寺は、すぐ近くにある名胡桃城の城主であった名胡桃景冬の姉が建立したとされます。 というわけで、ここには名胡桃...

続きを読む

上州姫街道を行く(最終回) ~多胡碑~

   さて、最終回は多胡碑です。  多胡碑は日本三古碑のうちの一つだそうですが、私はこれでそのうちの二つ(多賀城碑・多胡碑)を制覇しました。  残りは栃木にある“那須国造碑”のみとなしました。  最初の写真の記念館はお休みでしたが、多胡碑そのものは覆堂の外からですが、いつでも見ることができます。     それは、こんなカンジ。  ここれへんの土地に、多胡郡を置いたことを記念して作られた碑だそう...

続きを読む

上州姫街道を行く(8) ~崇福寺~

  小幡氏の菩提寺である宝積寺の後は、江戸時代における小幡藩の藩主・織田氏の菩提寺である崇福寺です。  この織田氏というのは、織田信長の二男・信雄の四男である信良の系統です。   信良がここ小幡の地に立藩したときには、先日紹介した宝積寺を菩提寺にしていたのですが、なんかゴタゴタがあってから菩提寺をここ崇福寺に移転したのだそうです。  織田氏の保護を受けている間はかなり栄えたそうですが、織田氏...

続きを読む

上州姫街道を行く(7) ~宝積寺~

  国峰城の後は、その城主であった小幡氏の菩提寺でもある宝積寺です。   この宝積寺は、15世紀に小幡実高が中興開基したということです。     境内には立派な菩薩像がありました。  この菩薩にはこういう由来があります。  時の領主・小幡信貞の妾にお菊という人がいました。  信貞があまりに溺愛するために、周りから嫉妬されて、ついに信貞が留守の間にお菊は殺されてしまいました。  するとこの...

続きを読む

上州姫街道を行く(5) ~富岡製糸場と龍光寺~

   続きましては、世界遺産への登録の申請をしている、富岡製糸場に行きました。  もうオチが出ちゃっていますが、私が行った日は生憎休館日でしたよ(笑)   この富岡製糸場は、明治5年に建てられた生糸を生産するための国営工場です。    もともと日本の生糸は世界で評判が良かったので、生糸を輸出すれば国は手っ取り早く資金を調達することが出来たのですよね。     以後、民間に払い下げられ...

続きを読む

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ