記事一覧

春の甲州攻め (10) ~円光院~

 続いては円光院です。 信玄公火葬塚からは歩いていける距離にあるので、歩いていきました。 戦国時代に武田信玄が制定した『甲府五山』のうちの一つで、信玄の正室である三条の方の墓所でもあります。 三条の方といえば、1988年に放送された大河ドラマ『武田信玄』で、紺野美紗子さんが演じていました。 紺野さん演じる三条の方は、とても嫉妬深く、信玄との仲もあまり良くなかったように描かれていました。 あの時代の...

続きを読む

春の甲州攻め (9) ~信玄公火葬塚と河尻塚~

 要害山城攻略で膝がガクガクになった後は、信玄公火葬塚にいきました。 場所はわかりにくいですが、ナビでは『北部幼児教育センター』と入力するのが良いでしょう。 そこに駐車場も用意されています。 火葬塚というだけあって、ここで荼毘に付されたということです。 他にも信濃の駒場で火葬したとかいう言い伝えがありますが、江戸時代に甲府の代官が信玄の戒名が入った瓶を発掘した事から、ここが信玄の墓とされたのだそう...

続きを読む

春の甲州攻め (7) ~積翠寺~

 続いては積翠寺です。 武田神社から北東に2キロほどの場所にあります。 いつもは正式な参道から入っていくのですが、駐車場のすぐ近くに怪しげなお堂があったので覗いてみました。 そこには信玄公が座っていましたよ。 ご存知の方も多いと思いますが、ここには信玄が生まれた時に使ったとされる産湯の井戸があるのです。  それは本堂の裏にありました。 賽銭がたくさん置いてあったので、皆さん多くの方が来られているの...

続きを読む

春の甲州攻め (5) ~法泉寺~

 続いては武田信武が開いた法泉寺です。 信武は鎌倉時代~室町前期の武将で、武田信玄の9代前の甲斐武田氏当主です。 湯村山城を攻略する時に停めた緑が丘スポーツ公園の駐車場からも近いので、歩いて向かいました。 もちろん武田信武の墓がありますよ。 おっと、もう答が出ていますが、武田勝頼の墓もあります。 こちらが信武の墓。 そしてこちらが勝頼の墓です。 勝頼の墓は他にも何か所かありますが、ここが江戸幕府か...

続きを読む

春の甲州攻め (3) ~攀桂寺~

 飯田河原合戦供養碑の後は、攀桂寺(はんけいじ)に行きました。 カーナビに頼って向かったのですが、すれ違いできないどころかドアミラーを擦ってしまいそうな道を案内されてヒヤヒヤしました。 でも、駐車場は広かったです。 この寺は跡部信秋によって開かれました。 跡部信秋なんてあまり聞いたことないでしょうが、跡部大炊助勝資の父親といえばわかりやすいでしょう。 というわけで、跡部信秋の墓が歴代住職の墓地内にあ...

続きを読む

春の甲州攻め (2) ~飯田河原合戦供養板碑~

 続いては甲斐市の八幡神社に行きました。 特にこの神社に用事があったわけではありません。 私が見たかったのは、この木の根元にありました。 飯田河原合戦供養板碑です。 甲斐を統一しようとする武田信虎に対し、反対勢力の甲斐国人達は今川氏に援軍を求めます。 この機に乗じて甲斐を侵略しようとした今川氏は、福島正成を大将にした軍を甲斐府中に向けて進めました。 それを信虎が迎え撃った戦いが飯田河原の合戦です。...

続きを読む

春の甲州攻め (1) ~慈照寺~

 というわけで(どうゆうわけや?)今日から先日行ってきた甲府の史跡めぐりのレポートです。 まずは双葉SAのスマートインターチェンジから出て向かった先は慈照寺です。 朝から分厚い雲が空を覆っているのが気がかりです。  この寺の開基は、武田家家臣・諸角豊後守とされていますが、それ以前からあったとする説もあります。 まあ、それ以前からあったとすると、諸角が中興開基ということもありえるかな? まずは山門。 ...

続きを読む

西甲州攻め(最終回) ~大輪寺~

   西甲州攻め最後に訪れたのは、武田八幡と同じ韮崎市にある大輪寺です。 大輪寺は、板垣信方と共に武田信玄の"両識"を務めた甘利虎泰の息子・甘利昌忠によって開かれました。 昌忠は30歳の時に落馬事故で亡くなったとされ、跡を継いだ弟の信康は、長篠の合戦で亡くなりました。    左が甘利昌忠の墓です。   衆議院議員の甘利明氏は、子孫だニャ  より大きな地図で 西甲州 を表示[甲斐国] ブロ...

続きを読む

西甲州攻め(11) ~武田八幡神社~

   甲斐武田氏初代・武田信義の墓参り(願成寺)を済ませたら、その信義が元服したとされる武田八幡神社に行きました。  上の鳥居は願成寺から1キロほどの場所にありますが、社殿はさらに300mほど奥にあります。   300m歩いてもよかったのですが、社殿の近くにも駐車場があるので車で社殿近くまで行きました。     だって、またこんなに長い階段を登るのがわかっていましたからね(笑) ...

続きを読む

西甲州攻め(10) ~願成寺~

   武田勝頼ゆかりの寺を参拝した後は、勝頼のご先祖さん縁の寺に行きました。   この願成寺は、8世紀ごろの創建とされますが、一時衰退します。    その後、平安時代にこの地の領主になった、武田信義が再興しました。   もちろん、この武田信義が甲斐武田氏初代とされる人ですね。  上の写真のガリガリのオッサンは誰だか知りませんよ!      もちろん、武田信義のものとされる墓石...

続きを読む

西甲州攻め(9) ~恩昌寺と光明寺~

  新府城を攻略したら、新府駅近くにある二つの寺に行きました。  まずは恩昌寺。  武田家最後の当主・勝頼には七人の子供がいたそうで、その長女が開いたのが恩昌寺です。  甲斐府中が躑躅ヶ崎から新府に移って早々にこの寺は開かれ、年が明けてすぐに彼女は亡くなったのだそう。   それは武田家滅亡の二か月前のことでした。  自分の家の滅亡を見ることなく死んだのは、ある意味幸せだったのかもしれません。 &#...

続きを読む

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ