記事一覧

鹿行遠征記 (10) ~海了寺~

 麻生城の後は、麻生藩主の墓がある海了寺に行きました。 場所は麻生城の麓です。 写真の左上の山が麻生城ですよ。 麻生藩は初代・新庄直頼の時に立藩したのですが、初代の墓はありません。 あるのは四代目の直時のものだけです。  江戸時代には大伽藍を誇ったようですが、明治以降は徐々に衰退し、今では震災で倒れた墓石も修復できないくらい資金難に陥っているようです。 [鹿行] ブログ村キーワード...

続きを読む

鹿行遠征記 (7) ~常光院~

 続いては常光院です。 この常光院は、佐竹氏中興の祖といわれた佐竹義舜(よしきよ)の開基です。 戦国時代に鬼義重と呼ばれた佐竹義重の曽祖父に当たります。 火災から免れ、創建当時からの姿を今に伝えるこの山門には、佐竹氏の家紋が彫刻されていました。 本堂は再建ですよ。 そして誰のかはわかりませんが、佐竹氏の供養塔がありました。 常光院の裏山は小高城という城なのですが、入口がどこだかわかりませんでした…[鹿...

続きを読む

鹿行遠征記 (4) ~塚原卜伝の墓~

 続いては塚原卜伝の墓です。 鹿島城からは北東に4キロほどの場所にあります。 とても分かりにくいですが、google map やゼンリンの地図にも載っているので(ナビなら)迷う事はないでしょう。  塚原卜伝は、戦国時代に生きた剣豪です。 足利義輝や山本勘助、そして今川氏真にも剣術を指南したといいます。 2011年には堺雅人さん主演でドラマにもなりました。 ところで、堺さんは剣豪とか猛将とかを演じるのはあまり似合...

続きを読む

鹿行遠征記 (3) ~根本寺~

 鹿島城の後は、その城主の墓がある根本寺に行きましたS。 場所は鹿島城のすぐ西側です。 この根本寺は、聖徳太子が開いたとされています。 いったい聖徳太子はいくつの寺を開いたんでしょうかね(笑) 17世紀には松尾芭蕉も訪れ、一句読んだそうな。 そしてこちらが鹿島氏の墓です。 佐竹氏の『南方三十三館仕置き』によって武家としての鹿島氏は滅びてしまいましたが、徳川家康が再興して鹿島惣大行司職として明治維新を迎...

続きを読む

鹿行遠征記 (1) ~鹿島神宮~

 さて今日からは、7月に行った鹿行地方の史跡めぐりのレポートです。 鹿行とは、茨城県の鹿島郡と行方郡のことです。 大体、霞ヶ浦の南東部辺りですね。 まずは鹿島神宮です。 神武天皇元年創建といわれる、常陸国一宮ですね。 上の写真は徳川頼房奉納の楼門で、日本三大楼門の一つとされます。 あとの二つは熊本の阿蘇神社と福岡の筥崎宮でした。 ところで阿蘇神社の復旧工事は進んでいるのかなぁ… 心配です。 楼門を潜...

続きを読む

常州攻め2013(最終回) ~泰寧寺と瑠璃光寺~

   4月の茨城の史跡巡りのレポートも、最終回となってしまいました。  あと何箇所か城や寺を巡る予定だったのですが、やはり当初立てた計画には無理があったようです(汗)  水戸市内で夕方になってしまったので、あと一箇所に絞ることにしました。   んで、最後に選んだのが、水戸市から埼玉に(下道で)帰る途中の石岡市にある泰寧寺です。  でも結局は水戸市内から1時間くらいかかってしまったので、辺り...

続きを読む

常州攻め2013(9) ~常盤共有墓地~

  水戸八幡の後は水戸八幡のすぐ近くにある、常磐共有墓地に行きました。     もちろん、有名人の墓参りです。  ここは、江戸時代に水戸藩士のための墓地として作られたので、水戸藩士の墓がたくさんありました。  まずは上の写真の墓ですが、安積澹泊(あさかたんぱく)のものです。  安積澹泊は、『大日本史』の編纂に携わった人で、あの“格さん”のモデルになった人です。  先日は助さんの墓も紹介したので、助...

続きを読む

常州攻め2013(8) ~水戸八幡宮~

  茨城県の県庁所在地・水戸市にやってきました。 以前来たときには、水戸城は攻略したので、今回はそのときに見忘れた場所を中心にまわりましたよ。 まずは、水戸八幡宮です。 この水戸八幡宮は、佐竹義宣が本拠を水戸に移した1592年に建立されました。 一度水戸藩によって那珂西村に移されましたが、18世紀にこの位置に戻されたということです。   この拝殿は18世紀に建てられたものです。 ひょっとし...

続きを読む

常州攻め2013(7) ~武田氏発祥の地~

  茨城県ひたちなか市に鎮座します、湫尾神社(ぬまおじんじゃ)にやってきました。 この神社の創建はいつだかわからないそうですが、江戸時代になってから水戸藩が再興してからは武田大明神という名前になったそうです。 しかもここは、あの武田信玄を輩出した甲斐武田氏の発祥の地なんですよ! ほらね!   なんでも、この地に赴任してきた源義光の三男・義清が武田氏を名乗ったのですが、その義清とその息子・清...

続きを読む

常州攻め2013(2) ~正宗寺~

  助川城を攻略した後は、常陸太田市にあります正宗寺(しょうしゅうじ)に行きました。   正宗寺は、10世紀に平将門の父良将が創建、佐竹氏がこの地に根をはるとその菩提所となり大いに栄えました。  江戸時代にも徳川家に保護されたそうです。  そんで、この寺には佐竹氏の墓の他にも、こんな人の墓があります。     佐々宗淳の墓です。  誰だよ? とお思いでしょうが、この人は水戸黄門の『助さん』...

続きを読む

常州攻め(最終回) ~称名寺と孝顕寺~

 最後は結城氏縁の寺を訪れました。  称名寺です。     称名寺は結城氏の初代・朝光の開基です。    もちろん、朝光の墓もありますよ。    そしてこちらは大将塚。  源頼朝の死後、結城朝光が頼朝の遺髪を持ち帰り、ここに埋めたのだそう。    称名寺の隣りには、孝顕寺があります。    朱色の山門が美しいこの寺は、結城氏弟15代の政朝の開基です。  結城氏が越前に移封になってしまった後...

続きを読む

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ