FC2ブログ

記事一覧

中国遠征記2012(21) ~永太院 と 光明寺 と うずめ飯~

   続いては永太院です。   ここでももちろん、お墓参りです(笑)       ここには、津和野藩主・亀井家の墓所があります。  でもここは元々墓所ではなく、明治になってから、東京にあった墓石をここに移動してきたんだとか。     坂崎家が改易になった後、亀井政矩が1617年に津和野城主になり、明治維新まで津和野を治めます。    そして政矩のお父さんの茲矩(これのり)の墓が...

続きを読む

中国遠征記2012(20) ~永明寺~

  津和野の町並みを散策したあとは、墓参りに行きました。   まずは永明寺。     本堂は、萱葺き屋根で “The古刹” ってなカンジだな。     本堂のすぐ近くには、森林太郎の墓がありました。  森林太郎とは、森鴎外のことです。  森鴎外については、私が改めて説明するまでもないですが、森家は元々津和野藩の藩医の家系なんだそうな。      そして本堂の裏手には、この人の墓があ...

続きを読む

中国遠征記2012(19) ~津和野の街並みとうどん~

  次は墓参りと書いたのですが、津和野城を攻略した後は、津和野の町並みを散策したのでした。  写真は津和野駅前に展示されているデゴイチ君ですよ。   駅前から少し歩くと、鍵の手がありました。  城下町っぽいですね。     路地裏も絵になるカンジ♪             日本の古い町並みを歩いていたら、突如洋風な建物が出現!  これも昭和6年に建てられた古い教会です。...

続きを読む

中国遠征記2012(15) ~津和野の神社 二社~

   萩市にあるニャンコ寺からさらに車で1時間。  島根県は津和野町に到着です。   津和野には、あの山城目当てで来たのですが、その前に地元の神様に挨拶しなきゃということで、まずは鷲原八幡宮に伺いました。  この鷲原八幡宮は、約千年前に宇佐八幡宮を勧請したのが始まりとされ、以後代々の津和野の領主の崇拝を厚く受けました。  上の写真の社殿は室町時代建立のもので、国の重要文化財に指定されていま...

続きを読む

中国遠征記 ~出会い系の神様は、お引越し中(2)~

 参道からちょっとずれたところにある『神楽殿』です。 よくガイドブックなどに見る大きな注連縄は、ここのものだったんですね。 感動です。   この神楽殿は比較的新しい建物でした。    で、でかい! 3000kgもあるそうですよ!黒いブツブツは硬貨で、下から投げた硬貨が注連縄に突き刺さると願いが叶うんだとか。   本殿を囲む瑞垣です。 少し高くなっている建物は『観祭楼』...

続きを読む

中国遠征記 ~出会い系の神様は、お引越し中(1)~

 神魂神社を後にした私は、宍道湖の南側を通り出雲大社へと向かいました。   途中立ち寄った湖畔のパーキングエリアから。 今回の旅は雨には降られなかったものの、ずっと曇りがちでした。 この日見る予定だった『宍道湖の夕日』も結局は見ることが出来ず…  本来は『イズモオオヤシロ』と読む、出雲大社に到着。 駐車場が無料なのがありがたい。   早速参道を歩きましょう。 ...

続きを読む

中国遠征記 ~日本最古の大社造り~

 月山富田城から出雲大社へ向かう途中、なにやら『国宝』の文字が… 史跡好きとしては寄らなくてはなりません。   神魂(かもす)神社です。 なんだか、さわやかな柑橘系の香りがします。 って、それは カボス!  神魂と書いて『かもす』なんて読めないですよね。    なんでもこの神社の拝殿・本殿は、大社造りとしては日本最古のものだそうでして国宝に指定されております。&n...

続きを読む

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ