記事一覧

長岡遠征記(8) ~町田城~

 続いては町田城です。 入口の場所はここ(37.410650, 138.861911)で、長岡駅からですと南に5キロほどの場所です。 先程の登城口から少し登れば、主郭に出ることが出来ます。 単郭の城だったようで、ここ意外には帯郭以外の郭は見当たりませんでした。 景色はまあまあ… 主郭の登城道の反対側の入口には堀にかかる橋があります。 下には見事な堀がありましたが、写真にするとわからないですね。 堀底に通じる道もあったよ...

続きを読む

長岡遠征記(6) ~長岡城~

 続いては長岡城です。 現在のJR長岡駅が城址です。 駅前の大名庭園風(?)の滝がある場所に、城址碑があります。 遺構が何も残っていないのは、明治維新時に新政府に刃向ったために、徹底的に破壊されたのでしょうね。 ↑ ということもあるでしょうが、鉄道敷設前までは公園として残っていたようなのですが、その公園に駅を作ることになってしまったので、開発が進んで遺構が消滅してしまったのでしょうね。 駅前の『アオーレ...

続きを読む

長岡遠征記(4) ~与板城~

 続いては与板城です。 与板城とは、あの愛の武将・直江兼続が築いたとされる城です。 天正年間に本与板城からこの与板城に移ってきましたが、主家の上杉氏が会津に移封されたときに廃城になったようです。 場所はm県道69号線を西に向かっていればこんな看板が見えるので、迷うことは無いでしょう。 大河ドラマなどで取り上げられることで、城址が整備されたり駐車場が出来たりするのでありがたいですね。 駐車場からは1...

続きを読む

長岡遠征記(3) ~与板陣屋~

 続いては、お船兼続ミュージアムから1キロほどの場所にある『与板陣屋』に行きました。 上の写真には『与板城址』と書いてありますが、次の記事の与板城と区別するためにあえて陣屋とさせていただきました。 この陣屋は、牧野氏が17世紀の前半に与板藩と立藩した際に築かれました。 その後、掛川から井伊家(彦根の分家)が移ってきて後に石高が増やされて城主格になった為に、与板陣屋は陣屋から城にクラスアップしたのです...

続きを読む

長岡遠征記(2) ~本与板城~

 与板には与板城という名前の城が三つあります。 南北朝時代に築かれたという本与板城、直江兼続が築いた与板城。 そして江戸時代の与板藩の藩庁になった与板城です。 まずは一番古い本与板城に行きました。  山城ですが、実城(本丸)近くまで車で行けるお手軽山城です。 ほら、駐車場から10分もかからずに本丸に到着ですよ。 やっぱり本丸からの眺めはいいですね。  二の郭方面にも行くことができる道があったのですが、...

続きを読む

長岡遠征記(1) ~与板歴史民俗資料館~

 ここからは、9月に行った新潟県長岡市の史跡めぐりのレポートです。 まず最初は与板地区にある歴史民俗資料館。 通称『兼続・お船ミュージアム』です。 与板は直江兼続が城主を務めた与板城があることで有名ですが、江戸時代は井伊家が治めた与板藩がありました。 というわけで、大河ドラマにあやかった井伊家名宝展をやっていましたよ。 井伊直政が伊賀越えの功で家康から拝領した『孔雀の陣羽織』が展示されるというので...

続きを読む

平成出羽合戦(7) ~大葉沢城~

 続いては大葉沢城です。 村上城からは、北東に7キロほどです。 普斉寺を目指せば、近くに城址見学用の駐車場があるので便利ですよ。 もちろん、普斉寺にも車は停められます。 この大葉沢城の見どころは、なんといってもゴボウ峰とよばれる畝状竪堀です。 大阪城や江戸城などよく見かける水堀は、城に向かってくる敵を防ぐための“横堀”ですが、竪堀というのは、敵の横移動を防ぐための堀のことです。 その竪堀が何十本も連...

続きを読む

平成出羽合戦(5) ~村上城~

 淨念寺の後は、村上城へとやってきました。 私が好きなタイプの、『山を登ったら石垣がドーンッ!』 な城です。 車で行けるお手軽山城ではないので、きつい登山道を覚悟しておかねばなりません。 でも、20分ほど登れば素晴らしい石垣が現れますよ。 石垣が現れたら、疲れなど吹っ飛ぶのさ。 しかし、工事中の仮囲いやブルーシートが邪魔ですね。 しかも、まったく工事をしている気配がありません。 なんて愚痴を言ってい...

続きを読む

平成出羽合戦(2) ~平林城~

 五月に行った、出羽遠征の続きです。(とはいえ、まだ越後ですがね) 乙宝寺の後は、平林城に行きました。 城址入口には、こんな看板が掲げられていました((( ;゜ Д ゜))) 一応はクマ除けの鈴を付けてはいたのですが、やっぱり怖いので、急ぎ足での攻略になってしまいましたよ。 この平林城は、築城時期は不明ですが、南北朝期には平林氏の居城だったようです。 平林氏は北朝側だったために、南朝側の色部氏に滅ぼさ...

続きを読む

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(2) ~六万騎山城~

  浦佐から南に車で15分ほどだったでしょうか、六万騎山に到着です。 積雪が心配されましたが、登山道に雪は無いようなので登ってみました。   登山道を少し外れると、ご覧の有様…   この六万騎山は、カタクリの群生地でもありました。   薄紫の小さな花が、可憐ですね。   さて、30分ほどの登山で主郭に到着です。  この六万騎城の築城時期、築城者は詳しくはわかっていないそうです。 戦国時...

続きを読む

雪解けを待って、新発田征伐(13) ~水原代官所~

  次は瓢湖のすぐ近くにある、水原(すいばら)代官所です。   このあたりは江戸幕府の直轄地だったので、代官所が設けられました。  水原代官所は、戦国時代に水原城があった場所に建てられました。  いまある建物は復元建築物です。    戦国時代には水原氏が治めていた水原城ですが、新発田重家の乱の時に新発田側に奪われ、時の当主・満家も討ち死にして、水原の家は途絶えてしまいました。   水原...

続きを読む

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ