>

羽後遠征記(最終回) ~雄山寺~

Category : 岩手県のいいところ
1雄山寺 (900x1200) 

 花巻城の次は雄山寺です。
 
 花巻駅のすぐ東側にありますよ。










2雄山寺本堂 (1200x900) 

 この雄山寺は、前回の記事で紹介した北信愛が、四男の菩提を弔うために開きました。

 もちろん信愛の墓もあります。









 
3北信愛の墓 (900x1200) 

 北信愛(きたのぶちか)は、1523年に南部氏の家臣・北氏の家に生まれます。

 後に起こった南部氏の後継者争いでは、南部信直を支持し、信直が当主になると側近として活躍。

 後に花巻城代になると、関ヶ原の混乱で攻め寄せた一揆勢を蹴散らすなどの活躍をし、その13年後の1613年に91歳で亡くなりました。

 




  
4北にゃんこ (1200x900)

 真田幸村のお兄さんの信之も、91歳まで生きたニャ









 



より大きな地図で 羽後遠征記 を表示



 うまいことに、年内で羽後と西甲州の記事を終わらせることができました。

 来年から新しい気持ちで新シリーズを始めることが出来そうです。



 
[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (3) ~中尊寺~

Category : 岩手県のいいところ
弁慶の墓 

 義経縁の地を巡った後は、平泉のメイン(?)の中尊寺です。

 入り口の前には、武蔵坊弁慶のものと伝わる墓がありましたよ。










中尊寺入り口 

 では早速、中に入ります。

 







  
中尊寺長い参堂 

 まず出迎えてくれたのが、長い参道、しかも急坂!

 月見坂という名前がついていて、両脇の杉並木は伊達家が植えたのだそう。









  
中尊寺からの 

 途中、このような景色を見ながら休憩…









 
弁慶堂 

 そして中腹には、弁慶堂という建物があります。

 19世紀の再建。










  
弁慶堂絵クマ 

 なぜに、リラックマ?









 
中尊寺本堂 

 本堂前では、雪吊の準備におわれていました。









  
中尊寺紅葉 

 紅葉もまだ終わっていませんでしたよ。(12月第一週)








 
金色堂 

 そして30分ほど歩いたら(写真を撮りながらゆっくりとですが)、やっと金色堂に到着です。

 金色堂とは、簡単に言えば奥州藤原三代(清衡・基衡・秀衡)のお墓で、平安時代の創建当時の姿を残す唯一の建物です。

 写真に写っている建物は“覆堂”といって金色堂ではありませんよ。

 あの覆堂の中に金色堂があるのです。

 もちろん写真撮影は禁止なので、金色堂をお見せすることはできません。









  
松尾芭蕉

残念じゃったの by 芭蕉 








 
旧覆い堂 

 その松尾芭蕉の像の脇にあるのが旧覆堂です。

 鎌倉幕府が建てたのもで、昭和33年に今の覆堂が建てられるまで、この覆堂が金色堂を風雨から守っていました。

 こちらの建物も国宝級でしょうね。



 次は一関に戻ります。


   





[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (2) ~高館義経堂~

Category : 岩手県のいいところ
高館義経堂 

 毛越寺を見た後は、毛越寺の駐車場に車を止めて、自転車で移動です。

 毛越寺から自転車で20分ほどの移動で、高館義経堂(たかだちぎけいどう)に到着しました。










義経堂より 

 階段を登りきると、北上川が見えました。

 高館とは、源義経が藤原秀衡に館を与えられた場所と伝えられます。

 秀衡が亡くなった後、秀衡の息子の泰衡がこの館を襲撃し、義経は妻子とともに自害しました。

 



 そんな義経を偲んで、仙台藩4代藩主の伊達綱村がこの地に建てたのが…









 
義経堂 

 この高館義経堂です。

 ガラス以外は、綱村が建てた当時のものです。











 
堂内の義経 

 中にはこれまた創建当時からあ、る義経の木造が安置されていました。 

 ちょっと、怖い…(汗)







 
千手堂

 義経堂の後はこちらへ…








 
義経妻子の墓

 義経妻子の墓です。

 義経の奥さん(郷御前)は河越氏の娘で、だんなと頼朝が敵対した後も義経に最後までつき従いました。

 静御前とのロマンスが有名な義経ですが、郷御前だって健気じゃぁないですか?
 


[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (1) ~毛越寺~

Category : 岩手県のいいところ
もう通じ 

 どうも、今日から新シリーズですよ。

 昨年12月に行った、東北旅行の記事です。









毛通入り口

 まずは毛越寺から。

 これで“もうつうじ”とは読めないですね(汗)

 前日の宿は、岩手県一関市だったのですが、そこから毛越寺までは車で20分もかかりません。

 というわけで、朝一番で到着することができて、この日の一番の入場者になれました(笑)











 
毛通寺本道

 毛越寺は9世紀に慈覚大師が開山し、奥州藤原氏が多くの伽藍を造営しました。

 藤原氏滅亡後は、度重なる戦乱などで荒廃し、藤原氏時代の豪華絢爛な伽藍群が再建されることはありませんでしたが、江戸時代を通しては伊達家の保護を受けてきたそうです。

 ちなみに上の写真は平成になってから再建された本堂です。










 
大泉が池べり

 建物はほとんどありませんが、大泉が池の周辺が庭園のように美しかったです。










 
大泉が池

 その大泉が池は、ちょこっと凍っていました。









 
毛通寺開山堂

 藤原氏三代の肖像画を安置する開山堂です。

 たぶん、昭和建築…










 
鑓水

 池に水を引き入れるための遣水(やりみず)です。

 平安時代の遣水が残っているのはここだけらしい。









 
毛通寺常行堂

 これは仙台藩主・伊達吉村が18世紀に再建した、常行堂です。

 







  
毛通寺案内
【クリックで拡大】

 私が毛越寺にいたのは1時間弱ほどだったでしょうが、その間に見かけた観光客は5~6人ほどでした。

 これくらい人がいないと、のんびりゆっくりできていいですね。



 次は、あのアイドルゆかりの地です。




 

[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2010 (11) ~長興寺~

Category : 岩手県のいいところ
 南部家の跡目争いの混乱に乗じて、大浦為信(後の津軽為信)が津軽地方の南部方の城を次々と落としていきます。

 南部家の当主に就いた南部信直は、九戸政実に津軽討伐命令を出しますが、もちろん政実は動こうとしません。

 ここで南部信直が九戸政実を攻め滅ぼせばいいのですが、信直と政実の兵力はほぼ同等。

 独立した大名といってもいいくらいの地位があったので、迂闊に手は出せません。


 

 そうこうしているうちに、中央政権では豊臣秀吉の北条征伐が始まります。

 津軽為信は、いち早く秀吉のもとに参上。 自分で切り取った津軽地方は、秀吉に認められました。

 少し遅れて秀吉に目通りをした南部信直は、『あいつ(為信)は謀反人だから、津軽地方はウチのものですよ』とだだをこねましたが、秀吉が一度決めたことを覆すはずもありません。

 しかし、小田原に参陣したことが功を奏して、南部地方の統治は引き続き認められました。

 ということは、九戸政実の土地も南部家のもの。 

 言い換えれば、政実は信直の家臣として働きなさいよ。 というメッセージです。








長興寺
 

 小田原征伐が終わると、今度は奥州仕置がありました。

 奥州仕置とは、秀吉による奥州各大名への領土仕置のことです。

 南部・津軽・最上などの領土が安堵され、大崎や葛西などが改易となりました。






  
長興寺 (2)

 この奥州仕置により、秀吉の天下統一事業は“一旦”は完成されました。 

 
 そう、一旦は…







 
長興寺 (3)

 長興寺は、九戸氏の菩提寺です。

 前回紹介した九戸神社のちかくあります。

 写真は樹齢300年以上の大銀杏です。






 
長興寺 (4)

 こちらは本堂。

 





 
長興寺 (5)

 こちらが、九戸氏の墓。

 なんだか新しいぞ。

 九戸氏は甲斐源氏というだけあって、武田氏と同じ『四つ割菱』が墓石に彫ってありますね。

つづく… 



[九戸村] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR