FC2ブログ

記事一覧

奥津軽と秋田沿岸部の旅(15) ~円覚寺~

 深浦町へとやってきました。 道の駅だかでトイレを借りたついでに良さげな寺を発見! 坂上田村麻呂建立の古刹だそうな。 主に海運業者の信仰を集めたそうで、納められた宝物は航海安全を祈願するののが多いようです。 特に有名人の墓があるというわけではないので、5分ほどで退散です。[奥津軽] ブログ村キーワード...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(4) ~高照神社~

 続いては岩木山神社から東へ1.5キロほどの場所にある、高照神社です。   創建は18世紀初め、津軽藩三代藩主・津軽信政を祀ったことが始まりとされます。 色使いが岩木山神社の随身門と似ているから、同時代のものなのかもしれません。 先ほどの拝殿もこの本殿も国の重要文化財です。 というわけで、ここには津軽信政の墓があります。 本殿の裏の道をまっすぐ行けば、突き当りにあります。 大名墓で神道式なのは珍しいで...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(3) ~岩木山神社~

サッカー日本代表W杯出場おめでとう! さて弘前城の後は、岩木山神社に行きました。 奥に隠れていて雪をかぶっている山が岩木山です。 創建は八世紀頃とされ、参堂は奥宮がある岩木山山頂へと繋がる登山道になっています。 登山道になっているだけあって、山頂に向かってダラダラ登る感じで社殿に向かっています。 こちらの随身門は元々どこかの寺の山門だったそう。 そう言われれば、寺の山門っぽいですね。 そしてこの神...

続きを読む

渡島遠征記(26) ~南宗寺~

 続いては、八戸南部氏の菩提寺南宗寺です。 根城からは東へ3キロほどの住宅街の中にあります。 ちょっと場所がわかりにくいですが、google先生に聞けば一発ですよ(笑) この南宗寺は、初代八戸藩主の南部直房が父である南部利直の菩提を弔うために、1666年に建立しました。   その初代・直房をはじめ歴代の藩主の墓石が並んでいます。 こちらが初代・直房の墓石です。 八戸藩を立藩するまでの過程はなかなか厳しか...

続きを読む

渡島遠征記(24) ~櫛引八幡宮~

 さて、八戸駅前で自転車を借りで最初に向かったのはここです。 櫛引八幡宮(くしひきはちまんぐう)です。 鎌倉時代にこの地に入部した南部光行が創建したといいます。  当時の建物はありませんが、そのほとんどが江戸時代に建てられたものです。 あ、この拝殿は昭和だった… 本殿は彫刻が素晴らしいですね! そしてこちらは国宝館です。 国宝でもある菊一文字の鎧兜など25点の文化財が展示してあります。 見ごたえ有りで...

続きを読む

奥州仕置2010 (27) ~伝統的建造物保存地区~

 弘前城址の北側には、伝統的建築物保存地区があります。 こちらは、今でも天然の藍染めが行われている“川崎藍染工場”です。 藍染体験も出来るそうです。  黒石でも見かけた“こみせ”の街並み。 やっぱり豪雪地帯なのでしょう。 丸ポストもいい雰囲気。  こちらは豪商の石場家。 江戸時代は藁などを扱っていたそうですが、今は酒屋。 では、武家屋敷の立ち並ぶ通りに入ってみましょう。  あれ?  “...

続きを読む

奥州仕置2010 (24) ~誓願寺~

 つづいては誓願寺。   特徴的な山門ですよね。  この造り方で現存するものは、4例しかないそうです。  ちなみに埼玉県熊谷市に現存してますよ~    別角度から…  上のほうに“鶴”、下のほうに“亀”がいるのがわかりますか?  その鶴と亀から、鶴亀門とよばれています。    本堂です。    そしてここには、この人の墓があります。    沼田祐光です。  沼田祐光とは、津軽為信の軍師...

続きを読む

奥州仕置2010 (23) ~最勝院~

 今回は最勝院です。  この寺は16世紀前半に建立されましたが、津軽氏が弘前城を建築するにあたり、この地に移築されました。 なんといってもこの寺のシンボルは、この五重塔です。 津軽氏が、津軽地方を統一するにあたって亡くなった人達を供養するという名目で建立されました。   雨に濡れた青モミジがキレイでした。  本堂です。  探そうぜっ! ドラゴンボールッ!!  この鐘は平和の鐘…...

続きを読む

奥州仕置2010 (22) ~長勝寺・その2~

 ここからは、津軽家の墓所の紹介です。  拝観料を払うと入れてもらえますが、なんと素敵なお姉さまのガイド付きです。   上の写真は豪華な霊屋群。   初代藩主・為信の妻で戌姫、二代藩主・信牧、その妻・満天姫、三代藩主・信義、六代藩主・信著、の霊屋5基が並びます。   5基ともに殆ど同じデザイン、大きさですが、一つだけ葵の紋が入った霊屋があります。     二代藩主・信牧(のぶひら)の...

続きを読む

奥州仕置2010 (21) ~長勝寺・その1~

 33の寺院が立ち並ぶ寺町の一番奥にあるのが、津軽氏の菩提寺にもなっている長勝寺です。 長勝寺は、津軽為信のお祖父さんが現在の鯵ヶ沢町に建てたのが最初で、二代目藩主・信牧がこの地に移しました。 さすがにデカイ三門ですね。 ちなみに、夜はライトアップされます。  ほらね。  三門や鐘堂・本堂などが国の重要文化財に指定されていますが、なかでも古いのが庫裏です。 その庫裏は、津軽氏が弘前以前に本...

続きを読む

奥州仕置2010 (20) ~宗徳寺とサザエさん~

 寺町です。 別名・長勝寺構えといい、緊急時にはここが弘前城の出城となり、籠城することが出来ました。 周囲には寺町には似つかない、立派な土塁が残っています。 ちなみに、長勝寺構えは弘前城の一部として、史跡に指定されています。 その寺町(長勝寺構え)の入口の門です。   この道の突き当たりに、津軽氏の菩提寺である長勝寺があり、この道の両側には33の寺院が軒を並べています。 そのさまは圧巻の一言で...

続きを読む

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ