>

江戸城を歩く2017 ~日比谷見附~

Category : ---江戸城
1日比谷公園有楽門 (1200x900)

 先日は仕事で有楽町に行きました。







2日比谷見附 (1200x900)

 そして昼休みには、散歩に行って来ると皆に告げて、日比谷公園に行きました。







3石垣 (1200x900)

 なぜかというとt、日比谷公園には江戸城の石垣が残っているのですよ。






4スタンプ (1200x900)

 まさか同僚は、私が日比谷公園の石垣を見に行っているとは知るまいの(笑)







5心字池 (1200x900)

 石垣の上には登ることができるのですが、ベンチでは同じく昼休みのサラリーマンが休んでいました。

 ちなみに上の写真の池は、江戸城の濠の名残です。







6トンボ (1200x900)

 日比谷公園や、その近くの皇居は、緑が多くあって都会のオアシスですね。







7ニャンコ (1200x900)

 早く帰らないと、昼休みが終わっちゃうニャ。







8政宗終焉 (1200x900)

 ちなみにこのあたりは仙台藩の上屋敷があったそうで、あの伊達政宗終焉の地の看板が立っていました。








9濠 (1200x900)

 帰りは濠沿いに歩いて…





10桜田門 (1200x900)

 桜田門駅から有楽町線に乗りましたとさ。


[江戸城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

世田谷、耕せ!(後編)

Category : ---東京都その他の城
1世田谷城 (1200x800)

 井伊家の菩提寺である豪徳寺の隣には、世田谷城がありました。









2世田谷城 (1200x800)

 となりといっても、豪徳寺も当時は城域だったようです。

 都心の住宅地なので、遺構等は期待していなかったのですが、ブロックの土止めはしているものの、土塁や堀を見ることが出来ました。



 この世田谷城は、南北朝時代に吉良氏(武蔵吉良氏)によって築かれたとされます。

 戦国時代後期になると、周辺の武蔵国の城と同様に後北条氏のものになって、豊臣秀吉の北条征伐後に廃城になります。

 城主の吉良氏はというと、徳川家康の家臣になりました。

 この吉良氏は、忠臣蔵で有名な吉良上野介とは別の家系(三河吉良氏・先祖は一緒)で、江戸初期には蒔田氏を名乗っていたのですが、赤穂事件で三河吉良氏が断絶すると、どさくさに紛れて吉良氏に復姓したそうです。









3勝光院 (1200x800)

 そんな吉良氏の菩提寺が、世田谷城の近くにありました。









4門 (1200x800)

 勝光院です。









5本堂 (1200x800)

 14世紀の開山だそうですが、16世紀に吉良氏によって今の名前になったようです。









 
6鐘楼 (1200x800)

 この鐘は先の大戦の供出を免れた縁起のいい鐘。









7吉良家墓所 (1200x800) (2)

 もちろん、吉良氏の墓参りもしました。




[世田谷区情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

今年も桜が咲きました(江戸城編)

Category : ---江戸城
1桜田門 (2) (1200x800) 

 今日は江戸城に行ってきましたよ。









2桜田門 (1200x800) 

 皇居の中でも桜並木がキレイなことで有名な 『乾通り』 が一般公開されているというので行って来ました。 

 この桜が咲く季節に一般公開されるのは、史上初ということです。








 
3行列のできる江戸城 (1200x800) 

 でも、入り口である坂下門に向かう通路は、ご覧の有様ですよ。

 警備員さん(たぶん皇宮警察の方)に聞いたら、中に入るのに2時間かかるとのことでした。










 
4二重橋 (1200x800) 

 なので、中に入るのはアッサリ諦め(笑)、江戸城見学に切り替えました。 (写真は二重橋と伏見櫓)









 
  ほら、坂下門前にはこんなに人が!!

 こりゃ、平成の “坂下門外の変” ですわ…










6何とか櫓 (1200x800) 

 坂下門前から北に向かうと、桜田巽櫓があります。

 奥に小さく見える富士見櫓と、先ほどの写真の伏見櫓とともに江戸城に残る三つの“現存櫓”です。









 
 
7大手門 (1200x800) 

 大手門(再建)と枝垂れ桜。









 
8うこん (1200x800) 

 黄色いウコン桜と、知らないおっちゃん(笑)









 
9平川門 (1200x800) 

 そして平川門(現存)から中に入って天守台に向かったのですが。









 
10天守台 (1200x800) 

 ここも、激混みでした!

 行列の出来る天守台なんて、始めてみましたよ!










 
11はねはし門 (1200x800) 

 次に、天守台のすぐ北にある北桔橋門(きたはねばしもん・現存)から外に出て、北の丸公園に向かいました。








 
12吉田茂 (1200x800) 

 途中、吉田茂に挨拶をして…









 
13大きなタマネギ (800x1200) 

 M治大学の入学式が行なわれていた、大きな玉ねぎの下を通って…








14田安門 (1200x800) 

 田安門(現存)を抜けると…









 
15田安門外 (1200x800) 

 見ごろは過ぎていたようですが、桜のトンネルがキレイした。









 
16田安門外 (1200x800) 

 そして西を向くと、桜の名所として有名な千鳥が淵(の北端)です。
  









17弥二郎 (1200x800)

 弥二郎さんに挨拶をして…









 
18横断歩道 (1200x800)

 歩道橋を渡れば…









 
19靖国 (1200x800)

 靖国神社なのですが、ここもいつも以上に混んでいました。








 
20大村 (1200x800)

 なので、大村益次郎に挨拶をしただけで、終わりにしました。









 
21にゃ (1200x900)

 乾通りの一般公開は、明日(4月8日)までだニャ。


  
[江戸城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ




テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

渋谷へ行ってきました

Category : ---東京都その他の城
渋谷ヒカリエ 

 先日はちょいと所用があって、渋谷に行ってきましたよ。

 所用は早々に済ませて、今話題の渋谷ヒカリエ(上の写真)には行かず、史跡めぐりをしてきました。










金王八幡宮 (2) 

 まず行ったのは、渋谷駅から首都高沿いを六本木方面に 10分ほど歩いたところにある、金王八幡宮です。
 














金王八幡宮 

 金王八幡宮は、渋谷金王丸を祭った神社です。

 金王丸は源義朝(頼朝の父)の家臣で、平治の乱後に義朝が謀殺されると仇を討とうとして失敗。

 敵前から逃走すると京に戻って、義朝の妻であり義経の母である常盤御前に義朝の死を報告したといいます。

 その後は頼朝に従い、義経を暗殺しようとして失敗し、六条川原に首を晒されたそうです。











 
金王八幡宮社殿 

 今ある社殿は、徳川家光が寄進したものだそうです。(もちろん修復はされていますよ)











 
渋谷城 

 さて、この八幡宮がある高台は、かつて城がありました。

 その名も、渋谷城です。

 後に金王丸で有名になる渋谷氏が、源義家に与えられたのが最初とされますが、詳しいことはわかっていません。

 戦国時代に北条氏に攻められて、落城したのを最後に廃城になったようです。

 もちろん遺構なんて何もありませんでしたよ。



 渋谷城を攻略したあとは、こちらへ…











 
祥雲寺門前 

 広尾です。

 山手線の恵比寿駅や、地下鉄の広尾駅のほうが近かったのですが、健康の為に30分ほど歩きました。

 途中から雨が降ってきたのは誤算でしたが、いい運動になりましたよ。











 
祥雲寺 

 そんなオシャレな町の片隅に、祥雲寺があります。

 祥雲寺は、黒田忠之が父の菩提を弔うために建立しました。

 もちろん忠之のお父さんの墓もあるのですが、その他の人の墓もあるのでまずそちらを紹介します。











 
金森家 

 こちらは、信長や秀吉らの家臣だった金森長近を初代とする、金森家の累代の墓。











 
曲直家の墓 

 こちらは曲直瀬(まなせ)家代々の墓。

 初代の道三は、足利義輝・毛利元就、そして織田信長などを診察したといいます。

 道三は関ヶ原以前に亡くなりますが、曲直瀬家は代々徳川家の御用医師を務めました。

 日本医学の中興の祖といわれ、その後の日本の医学の発展に貢献したそうですよ。











 
黒田長政

 そしてこちらが最初に紹介した黒田忠之のお父さん・黒田長政の墓です。

 この人の墓だけ屋根付きの建物で囲まれていました。

 黒田長政は、秀吉の軍師とされる黒田官兵衛の長男として生まれ、文禄・慶長の役や関ヶ原で活躍。

 なかでも関ヶ原の戦いでは、吉川広家と小早川秀秋を寝返らせる活躍を見せました。

 その功で福岡52万石を与えられ、初代福岡藩主になりました。

 大阪夏の陣に参加後、1623年に56歳で亡くなりました。



 この他にも、秋月黒田家や有馬家、織田有楽斎を祖とする織田家の墓所などがありましたが、雨が強くなってきたので退散することにしました。

 


おわり。


  

[墓マイラー] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

まだ江戸城を歩く(7)

Category : ---江戸城
 虎ノ門に到着です。








虎ノ門
 

  上の石垣は、右手にあるビルを建築する時に、発見された石を積み直したもの。

 石垣の向こうが城内。 手前が外濠でした。





 
虎ノ門 (4) 

 先ほどの写真の道路を挟んで反対側には、虎ノ門の遺構が残っています。

 歩道橋の上から撮ったものです。





 
虎ノ門 (7) 

 この虎ノ門は、江戸城の南端にありました。

 南端なのに“虎”とはどういうことか?





 
金比羅宮 (5) 

 そして虎ノ門跡のすぐ近くには、金刀比羅さんがあります。







  
金比羅宮

 この金刀比羅宮は、丸亀藩主の京極氏が藩内にある金刀比羅本宮から分霊したものだそうです。

 このあたりに、京極氏の藩邸があったんですね。

 私は香川県の本宮にも行きましたが、階段が多くてものすごくくたびれた記憶がありますよ。

 そして、麓で食べた讃岐うどんが美味かったな~





 
金比羅宮 (2)

 そしてこちらが社殿です。

 先の大戦で焼けてしまったものを、戦後再建したものです。







 これにて江戸城シリーズは、“一旦は”終了とします。

 外濠沿いは、飯田橋から反時計回りで虎ノ門まで歩きました。

 丁度半分といったところでしょうか?

 ここまで歩いたら、全部歩きたいですね。

 いづれまた近いうちに、紹介できればいいなと思っています。

 


[江戸城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR