記事一覧

九州遠征記(34) ~宇佐神宮~

  杵築は国東半島の南側にありますが、こんどは北側にある宇佐神宮にやってきました。  わかりづらいと思いますが、鳥居の両側の反り具合が大きくてカッコいいですね。  これは“宇佐鳥居”といって、宇佐神宮にしか無い形なんだそう。  宇佐神宮は“神宮”とありますが、全国八幡宮の総本宮です。    狛ちゃんも立派!    手水舎もデカイ!!    常夜灯も趣きがあっていいですね。    神域は非常に...

続きを読む

九州遠征記(33) ~杵築の城下町~

  杵築城を攻略した後は、杵築の城下町に向かいました。   【クリックで拡大】 上の写真にもあるように、杵築の城下町は“日本唯一のサンドイッチ型城下町”です。  というのも、地図で見て左右の高台の武家屋敷が、谷間の商家街を挟み込むようになっているからなんだそうです。     先ほどの坂を登れば、たちまち江戸時代にタイムスリップ。     白壁でなく、こういう赤い壁もいいですね...

続きを読む

九州遠征記(31) ~松屋寺~

     日出城の後にやってきたのは、日出城主である木下氏の菩提寺、松屋寺(しょうおくじ)です。  日出城からは車で五分ほどのところにあります。    この寺は、木下延俊が祖母である朝日の方の菩提を弔うために建立しました。  そういえば、秀吉の妹も朝日でしたね。     門を抜けると、上の写真のような庭園が広がります。     本堂です。  本堂の前に生えているのが…      ...

続きを読む

九州遠征記(28) ~長宗我部信親の墓~

 5月に行った九州旅行のレポートもやっと三日目。  そろそろ次の遠征が待っているのに、こんな調子じゃ終わらないよ~   三日目最初に向かったのは、長曽我部信親の墓。  長曽我部信親(ちょうそかべのぶちか)とは、戦国時代に四国を統一した長曽我部元親の息子です。  四国を統一した元親でしたが、いつしか秀吉軍に屈服し、敵であった十河(そごう)氏とともに連合軍を組んで九州を攻めることになります。  秀吉の...

続きを読む

九州遠征記(27) ~臼杵の古い街並み~

   臼杵城を攻略した後は、城下町を歩いてみました。   まずは臼杵城大手祇園洲にある、稲葉家下屋敷。  江戸時代を通して臼杵は稲葉家が治めていたのですが、その稲葉家の屋敷跡です。  もう夕方だったので中には入れませんでしたが、立派な塀で囲まれていましたよ。     続いては寺町。  代表的な寺を二つほど…  上の写真は龍原寺です。1600年、当時の領主・稲葉貞通の創建で、左に見える三重塔は九...

続きを読む

九州遠征記(23) ~大友宗麟の墓~

 大分県津久見市にあります、宗麟(そうりん)公園にやってきました。  佐伯城からは車で北に30分ほどのところにあります。  本当は、佐伯城からこの日の最終目的地である臼杵に直行してしまう予定でしたが、レンタカーのカーナビでルートを検索していたら“宗麟公園”を発見してしまったので、ついつい寄ってしまいました。  宗麟公園と言うのは、戦国大名・大友宗麟の墓がある公園です。  公園に到着すると、腰くらいの高さ...

続きを読む

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ