FC2ブログ

記事一覧

南紀南勢遠征記(10) ~熊野本宮大社~

 つづいては熊野本宮大社です。 やっぱりここまで来たら、熊野三山を制覇しなきゃね! 貴祢谷社からは約一時間のドライブでしたが、熊野川沿いの道はとても気持ちよく走ることができました。 まさかの長い階段を登ると、社殿が見えてきます。 ここにもヤタガラスがいますね。 ここから先は撮影禁止なので、気をつけましょう。 中には四つの本殿(第一殿~第四殿)と、お守り売り場や御朱印受付がありました。 本来は予定に...

続きを読む

南紀南勢遠征記(7) ~ 水野家墓所~

 続きましては、新宮城主であった水野家の墓所に行きました。 城主とはいえ、水野家は紀伊徳川家の家老とういう立場だったので、大名ではありませんね。 場所は新宮高校の南側で、座標は (33.718557, 135.986537)←このあたりになっています。 倒木にも負けず石段を登って行けば… 初代・水野重仲以下歴代城主及び親族16基の墓碑が並んでいます。  一応この人の墓碑だけでも載せておきます。 初代・新宮城主の水野重仲です...

続きを読む

南紀南勢遠征記(5) ~ 熊野速玉大社~

 つづいては熊野三山の一つ、熊野速玉大社です。 先日紹介した、熊野那智大社は470段の階段が大変でしたが、こちらは平地なので楽でした。 というわけで、こちらは全国の熊野大社の総本宮であります。 勿論、世界遺産でもあります。 こちらは那智よりも、外国人観光客は少なかったなぁ…[紀伊国] ブログ村キーワード...

続きを読む

南紀南勢遠征記(4) ~ 阿須賀神社~

 新宮城の後は阿須賀神社へとやってきました。 新宮城からは東へ600mほどの場所です。  創建は皇紀238年だそうで、西暦だと紀元前423年です。 こんなに小さくて人もいない神社ですが、世界遺産(紀伊山地の霊場と参詣道)ですよ。 私がここに来た理由は別にありました。 阿須賀神社に併設されている博物館に、新宮城の100名城スタンップがあるのです。[紀伊国] ブログ村キーワード...

続きを読む

南紀南勢遠征記(2) ~熊野那智大社と青岸渡寺~

 補陀落山寺の後は熊野那智大社に行きました。 補陀落山寺からは、内陸に20分ほどのドライブです。 駐車場からはご覧のような階段… 先が全く見えないよぉ… でもお城のような石垣が見えたらテンションが上がります! そしてようやく一の鳥居です。 観光客、特に外国の方が多いです。 おお!遠くに見える二の鳥居です。 あそこまで行けば社殿がありますよ。 あとで調べたら、ここまでで470段でした。 まあ、観音寺山城に...

続きを読む

南紀南勢遠征記(1) ~補陀洛山寺~

 さて今日からは、5月に行った和歌山・三重の史跡めぐりのレポートです。 初日は移動に費やし、最初の目的地の那智勝浦に着いたのは夜8時頃でした。 それからホテルにチェックインし、名物のマグロを頂きましたよ。 翌朝最初に訪れたのは、補陀洛山寺です。 この寺は、補陀洛渡海の拠点となった寺でした。 補陀洛渡海とは、30日分の食料のみを携えて、遥か南方にあるとされていた浄土を船で目指すというもの。 所謂『捨身』...

続きを読む

紀伊半島横断の旅(12) ~高野山・その3~

   金剛三昧院を見た後は奥の院です。  奥の院とは、高野山を開いた弘法大師の御廟のある場所ですが、“一の橋”といわれる奥の院参道の入口(上の写真)から御廟までの約2キロの間に、20万基もの諸大名家や武将・現代の企業などの墓が並んでいます。  墓とはいっても、本当に遺体や遺骨が埋まっているわけではなく(分骨されたものや遺髪などが埋まっていることはあるのかな?)供養塔ということですね。   ...

続きを読む

紀伊半島横断の旅(11) ~高野山・その2~

  壇場伽藍を見たあとは、金剛三昧院を見に行きました。 こうやくんが迎えてくれてますね~ この金剛三昧院は、北条政子が頼朝・実朝の菩提を弔うために建立した寺です。  いまは宿坊にもなっていますよ。 高野山のメイン通りからは少し奥まった場所にあるので、観光客は私ひとりしかいませんでした。  この寺には国宝の多宝塔があります。   高野山は、熊野古道等を含め、紀伊山地の霊場と参詣道とい...

続きを読む

紀伊半島横断の旅(10) ~高野山・その1~

 九度山の真田庵から、ひたすら車で山を登ること約50分、突如このような大きな門が姿を現しました。  高野山金剛峰寺の総門、大門です。  この門は、高野山の東の端にあるわけですが、ここから西へ6キロ・南北は3キロもの広大な“仏教都市”が山中に広がっています。  そんな広大な高野山を全部見るわけにもいかないですから、行くところは三つに絞ることにしました。      まずは壇場伽藍と呼ばれる場所。  弘...

続きを読む

紀伊半島横断の旅(9) ~真田庵~

   根来寺から車で東へ1時間弱、九度山町にあります真田庵に到着です。 関ヶ原に向かう徳川秀忠軍を上田城で釘付けにした真田昌幸・信繁(幸村)親子は、関が原の合戦後にここ九度山に蟄居させられます。 その蟄居生活を送った場所が今の真田庵です。   さぞかし幸村ファンの歴女さんたちが大挙して訪れているんだろうと思いましたが、平日ということもあってか私しかいませんでしたよ~   そしてここに...

続きを読む

紀伊半島横断の旅(8) ~根来寺・その2~

   では、紅葉が美しい紅葉谷を抜けて、根来寺の最大の見所である大塔を見に行きます。   うん、ここからはやっぱり拝観料がかかります。  上の写真は弘法大師を祀る“大師堂”です。  右のほうにチョット見えますが…     これが根来寺名物“大塔”ですよ。  写真じゃ大きさがわからないのが残念ですが、とにかく大きかったですよ。     初重が正方形で、二重目が円形の塔のことを多宝塔と...

続きを読む

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ