FC2ブログ

記事一覧

南紀南勢遠征記(27) ~西念寺~

 続いては西念寺です。 九鬼家の菩提寺・常安寺からは南に歩いて15分ほどの場所にあります。 ここには内藤忠勝の墓があります。 浅野内匠頭が吉良上野介を切りつけた松の廊下事件からさかのぼること21年、その事件は起きました。 4代将軍家綱の法要が行われていた増上寺で、内藤忠勝は日頃から恨みに思っていた(法要当日もイジワルをされたらしい)永井尚長を切りつけてしまいました。 もちろん内藤は切腹してお家断絶、永...

続きを読む

南紀南勢遠征記(26) ~常安寺~

 鳥羽城に続いては常安寺です。 ここは鳥羽城を築いたとされている九鬼家の菩提寺です。  九鬼家の墓所は本堂の裏にありました。  真ん中が信長・秀吉にも仕えた嘉隆で、その左が嘉隆の跡を継いだ守隆です。 嘉隆は関ケ原で西軍についたんですけど、東軍についた守隆の奔走で死罪からは免れたんですよね。 でもそのことを告げる使者と行き違いになってしまって、結局切腹してしまいました。 これじゃ親子で東西に分かれた...

続きを読む

南紀南勢遠征記(24) ~二見興玉神社~

 続いては二見興玉神社です。 伊勢神宮の内宮からだと、北東に10キロほどの海岸に鎮座しています。 本当はこの神社を参拝してから神宮を参拝するのが作法だそうですが、それだと効率が悪くなってしまうので後回しになってしまいました。  んで鳥居をくぐると天の岩屋がありました。 天照大御神が隠れたという伝説の岩屋ですが、今では全国に20ヶ所ほどあるそうです。 近代的な社殿を抜けると… 夫婦岩がありました。 夏至...

続きを読む

南紀南勢遠征記(23) ~永松寺~

 続きましては永松寺です。 伊勢神宮内宮からは、北東に7キロほどの場所にあります。 駐車場はなく、近くの道路も狭いので、路駐できそうな場所もありませんでした。 なので、県道沿いにある相生神社の駐車場を拝借して歩きました。 歩いても5~6分なので近いもんです。 もちろんここにも有名人の墓があります。 本堂脇のまるで山城のような石段を登っていくと…  福原長堯(ふくはらながかた)の墓があります。 彼は豊臣...

続きを読む

南紀南勢遠征記(22) ~伊勢神宮~

 伊勢遠征の三日目は、朝一で伊勢神宮に参拝しました。 まずは外宮。 6年ぶり二回目の参拝なので、パパッと行きますよ! いくつかある別宮を回ったら、上の写真の正宮です。 普通の神社でいうところの、本殿ですね。 外宮の正宮に祀られているのは『豊受大神宮』といって、天照大御神の食事を司る神様だそうです。 そして外宮から南に5キロほど移動して、内宮に到着です。 宇治橋は、神域への架け橋… 長い参道です。  ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(21) ~大得寺~

 続いては田丸城主である久野氏の菩提寺・大得寺です。 場所は案内も何もないですが、Google先生に聞けば一発でしょう。 田丸城主の久野氏は、紀州藩主・徳川氏の家老という立場だったので、常に和歌山城下に詰めていてここで政務を行った形跡は無いようです。 でも、歴代の城主の墓はここにありますよ。 誰がどの墓石かはわかりません… そして久野氏の墓参りを済ましたら、この日のホテルがある伊勢市に向かい夕食にしまし...

続きを読む

南紀南勢遠征記(16) ~瀧原宮~

 次の目的にに向かう途中に、なんだか良さげな神社があったので、寄ってみましたよ。 瀧原宮(たきはらのみや)です。 上の写真で分かるように、皇大神宮の別宮です。 皇大神宮とは、伊勢神宮の内宮のことですよ。 場所は、道の駅 奥伊勢木つつ木館のすぐ裏です。 神域に入ると、やっぱり伊勢神宮に似ています。 手水も本物の川で、これも伊勢神宮と一緒ですよね。 ちょっとしたミニ伊勢神宮のよう。 でもこちらのほうが...

続きを読む

南紀南勢遠征記(14) ~産田神社と安楽寺~

 続きましては産田(うぶた)神社です。 前回紹介した花の窟神社がイザナミノミコトのお墓なら、こちらはイザナミノミコトが出産した場所なのだそうです。 花の窟神社からは車で10分ほどの場所にああります。 こちらも変わった神社で、写真の白い石が敷いてある場所は、土足では入ってはいけないそうです。 なのでスリッパが用意されていましたよ。 そして本来の目的地はここ。 産田神社から歩いてすぐの場所に、安楽寺があ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(13) ~花の窟神社~

 二日目、最初に訪れたのはここ『花の窟神社』です。 『はなのいわや』と読むそうです。 世界遺産と書いてあっちゃ、寄りたくなりますよねぇ 世界遺産とはいえ、どこにでもある普通の神社… ここまではね… この鳥居?(『集龍殿』と言うそうな)をくぐると… お! なんだこりゃ? この神社のホームページによると、この神社は『神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、灼か...

続きを読む

南紀南勢遠征記(12) ~獅子岩と夕食~

 赤木城を堪能した後は、この日の宿がある熊野市中心部に向かいました。 夕飯を食べようと移動していると、上のようなものを発見しましたよ。 獅子岩というより、ゴジラ岩ですね。 そしてこの日の夕食は、小六さんという店で “てんぷらうどん” をいただきました。 エビがとても大きくておいしかったです。 店主の苗字が蜂須賀なので、店の名前が『小六』なんだニャ[紀伊国] ブログ村キーワード...

続きを読む

南紀南勢遠征記(9) ~貴祢谷社~

 続いて向かったのは貴祢谷社です。 振り仮名がないと『きねがたにしゃ』なんて読めないですよね… 鵜殿城からも近く、ここには駐車場が無いので鵜殿城から歩いていきました。 場所は日比野生コンという会社が目印で、その会社に行けば看板(33.733598, 136.001031)が出ています。 でも私の目的は神社ではなく、この墓石です。 これは先日紹介した鵜殿城を治めた『鵜殿氏一門』の墓で、鎌倉・南北朝期のものなんだそうですよ...

続きを読む

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ