FC2ブログ

記事一覧

南紀南勢遠征記(最終回) ~上津部田城~

 最終回は上津部田城(こうつべたじょう)です。 場所は三重県総合文化センターを目指すといいでしょう。 その巨大な駐車場のA1のすぐ北西側、もしくはC9のすぐ南側にあります。 わたしはA1駐車場から行きました。 ちょうどイベントか何かをやっていて、一番奥に押しやられたのが幸いし、すぐ近くに城址公園がありましたあよ。 この城の歴史はよくわかっていないようなのですが、発掘調査の結果ですと戦国時代のものであ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(31) ~津城~

 続いては津城です。 場所は市役所や裁判所などに囲まれた官庁街にあるので、わかりやすいでしょう。 この津城は、16世紀半ばに細川氏によって築かれたとされていますが、今の形にしたのが藤堂高虎です。 加藤清正の美しい曲線の石垣に対して、直線的な石垣が特徴ですね。  今は本丸部分の水堀と石垣が残っているのみです。 最初の写真の櫓は復興建築物です。 本丸の様子です。 こちらは藤堂高虎像。 被っているウサ耳兜...

続きを読む

南紀南勢遠征記(30) ~松ヶ島城~

 続いては松ヶ島城です。 松坂城からは北に3キロほどの場所にあります。 駐車場は無いので路駐になりますが、気になる方は近く(500mほど東)にある松ヶ崎運動公園の駐車場に停めるのがいいでしょう。 この松ヶ崎城は織田信長の次男・信雄が伊勢支配の為に築きました。 その後この地には蒲生氏郷が入ったのですが、この城では手狭だということで松坂に拠点を移した時に廃城になりました。 僅か8年の命でしたとさ… 氏郷が...

続きを読む

南紀南勢遠征記(29) ~松坂城~

 南紀南勢遠征も最終日。 最終日最初に向ったのは松阪市にある松坂城です。(市名のときが『阪』で、城名のときは『坂』のようです) 朝一で向ったのですが、指定の駐車場が満車。 その駐車場が市民?病院の駐車場と共用ということで、結局30分近くも待たされたんじゃないかな? 別のコインパーキングでも探せばよかったですよ… 気を取り直して登城です。 この松阪城は二回目の登城ですが、今回は100名城のスタンプが...

続きを読む

南紀南勢遠征記(28) ~大河内城~

 続いては大河内城です。 国道166号線沿いにある大河内公民館が目印です。 公民館に駐車場と案内があるので、寄ってから攻略するのがいいでしょう。  その案内に沿って攻略すると搦め手からになってしまいますが、そのほうがわかりやすいです。 こちらは本丸と西の丸の間に架かる橋。 深い堀が下にあるのですが、うっそうとして写真がうまく撮れなかったので割愛。 織田信長も攻めあぐねたといわれています。 こちらは...

続きを読む

南紀南勢遠征記(25) ~鳥羽城~

 続いては鳥羽城です。 場所は鳥羽水族館と鳥羽市役所の間です。  水軍の将である九鬼嘉隆による城ですが、当時は海に突き出て、しかも大手門が海側というとても珍しい城でした。 今は周りが埋め立てられちゃっていますけどね。 建物などは残っていませんですが、ところどころに見事な石垣が残っています。 こちらは本丸の様子。 ただの広場ですね。 本丸の向こう側には三重県初の鉄筋コンクリート造りの旧鳥羽小学校があ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(20) ~田丸城~

 続いては続日本100名城に選ばれた田丸城です。 玉城町役場を目指せば、そこが城址です。 100名城のスタンプは上の写真の村上龍平記念館です。 ところで、村上龍平って誰?  というわけで、スタンプを押したらさっそく散策です。  こちらは大手門。 ここを登ると三の丸ですが、今は中学校になっているので立ち入り禁止。 なので、ぐる~っと遠回りして本丸に向かいます。 城内散策の前に、現存建築物遺構の三の丸書院と...

続きを読む

南紀南勢遠征記(19) ~五箇篠山城~

 続いては松阪市郊外にある五箇篠山(ごかささやま)城へとやってきました。 この城は北畠氏の支城でした。 北畠氏は織田信長の織田氏に乗っ取られたのですが、本能寺の変後に北畠氏の一族である北畠具親がこの城にこもり再興しようとします。 しかし北畠信雄こと織田信雄の軍勢に攻められて落城しました。  250mなんて近いようですが、急な階段なのでアラフィフの足腰に堪えます… 途中は切岸や堀切など見どころはたくさん...

続きを読む

南紀南勢遠征記(18) ~三瀬館~

 続いては三瀬館です。 先日紹介した三瀬“砦”からは北に1キロほどの場所にあります。 一応車を停める場所はありますが、アクセス道は狭いので、注意してくださいね。 さてこの三瀬館ですが、織田信長と和睦して隠居した北畠具教(とものり)の隠居城でした。 和睦の条件は織田信長の次男・信雄を養子として家督を譲ることだったのですが、具教は武田信玄などと結んだりして結局信長に殺されてしまいます。(三瀬の変)  上...

続きを読む

南紀南勢遠征記(17) ~三瀬砦~

 続いては三瀬館にやってきました。 瀧原宮からは北へ8キロほどの場所にありますが、場所がわかりにくいので座標(34.400685, 136.426015)を載せておきます。 この三瀬砦は、北畠家臣の三瀬氏の館とさsれています。 上の写真のようにかなり高い土塁がかっこいいです。 その土塁を四方に囲まれた方形の主郭の内部ですが、この奥は崖になっていて、天然の濠になっていました。 今残る規模は小さいですが、あの高い土塁を見...

続きを読む

南紀南勢遠征記(15) ~鬼ヶ城城~

 続いてやってきたのは鬼ヶ城です。 世界遺産にもなっていますし、あちこちに案内が出ているので迷うことは無いでしょう。 この鬼ヶ城は、熊野灘の荒波によって浸食された奇岩群のことを指し、平安時代にここを根城とした海賊が鬼のように恐ろしかったということから『鬼ヶ城』となったそうな。 人間と比べても、とても大きいですよね! その恐れられた海賊は、坂上田村麻呂に成敗されたようですよ。 んでもって、この景勝地...

続きを読む

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ