>

西甲州攻め(8) ~新府城~

Category : 山梨県の城
1新府城入り口 (900x1200) 

 穴山氏の墓参りを済ませたら、約20年ぶりの新府城へ登城です。









2藤武稲荷神社 (1200x900) 

 先程の長い階段を登れば、藤徳稲荷に到着です。

 先程の階段は、もちろん遺構ではないですが、この稲荷は当時からあったもの(もちろん建て替えてるでしょうが)かもしれません。

 縄張り図に“稲荷曲輪”なるものが見えますからね。









  
3新府城本丸 (1200x900) 

 お稲荷さんのすぐ裏は本丸です。









 
4勝頼公霊社 (1200x900) 

 おっと、本丸の端っこには、こんなのがありました。

 20年前にはこんなの無かったですよ。

 しかも周りには、勝頼を囲むように“長篠合戦戦死者慰霊碑”なるものも出来ていました。









 
5偽虎口 (1200x900) 

 慰霊碑の反対側から、二の丸に行くことができます。

 上の写真は、それっぽい道と土塁ですが、最近になって作られた車道だそうです。









 
6二の丸 (1200x900) 

 見事な土塁に囲まれた二の丸です。









 
7新府城縄張り (1200x900) 

 新府城は、名門・甲斐武田氏最後の居城です。

 武田勝頼は、1581年に真田昌幸に命じて新府城築城を開始させますが、1582年の年明け早々(異説あり)の未完成のまま入城します。
 
 しかし、その年の2月に木曽義昌の謀反から、織田・徳川の連合軍が信濃・甲斐の押し寄せたため、未完のままでは防ぎきれないと判断した勝頼が自らこの城に放火して、東の小山田信茂の元に落ち延びようとしました。

 その後の勝頼は小山田信茂にも裏切られて、天目山にて自刃をするのですが、この新府城は織田信長に接収されます。

 本能寺の変ごの天正壬午の乱では、徳川軍が陣を張って、若神子城の北条軍と対峙しました。

 天下が治まると、廃城になったようです。



 ご存じ、甲斐武田氏最後の居城ですが、二度目の訪問ということで、感動はちょっぴり小さかったです(笑)
 
 20年前よりは整備が進んでいるようですが、晩夏ということもありますが、まだまだ“藪”が多いですね。








    
8東出構え (1200x900)

 20年前は藪だった“東西出構え”が、ご覧のように草も刈られて見やすくなっていました。

 その調子だぞ、韮崎市
  



[甲斐国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

西甲州攻め(5) ~若神子城~

Category : 山梨県の城
1若神子城 (1200x900)  

 甲斐源氏発祥の地とされる、若神子城へとやってきました。









2須玉町ふるさと公園 (1200x900) 

 というもの、甲斐源氏の租とされる新羅三郎義光がここに築城したらしいということからです。









 
3枡形? (1200x900) 

 枡形?

 新羅三郎の件は確証はないのですが、武田信玄がここを信州進出の拠点にしたことは、確かだそうです。 









4若神子せみ (900x1200)

 武田氏滅亡、そして本能寺の変後の天正壬午の乱では北条氏がおさえ、徳川氏に対抗したそうです。









 
5休憩所 (1200x900)

 北条と徳川が和議を結んだ後、廃城になりました。 








6堀跡 (1200x900)

 今はただの砂場にしか見えませんが、北条のトレンドマークともいえる(?)、障子堀がこの下にあったそうです。









 
7狼煙台 (900x1200) 

 武田氏時代の狼煙台が復元されていました。

 本来ならこの奥に富士山が見えるらしいのですが、雲がかかって見えませんでした…









8若神子城から (1200x900)

 近い山は見えましたよ(笑)




 


[甲斐国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

西甲州攻め(2) ~谷戸城~

Category : 山梨県の城
谷戸城 (900x1200)  

 三分の一湧水の後は、城攻めです。

 湧水と同じ北杜市にあります、谷戸城(やとじょう)を攻略しました。

 ちょっと場所がわかりずらいですが、谷戸城ふるさと歴史館を目指して来れば分りやすいでしょう。









谷戸城土塁 (1200x900) 

 ちょっと山を登れば、ご覧のような素晴らしい堀と土塁を見ることができます。

 写真の右側が城内なのですが、よく見るとちょっとおかしい事がわかります。

 普通は城の外側に堀を掘って、内側に土塁や石垣または塀を作るのですが、この城は全く逆です。

 なぜなんでしょうね?









  
谷戸城本丸の土塁 (1200x900) 

 本丸を囲む土塁です。

 天守台ではないですよ。









 
谷戸城とんぼ (1200x900) 

 谷戸城は新羅三郎義光の孫である逸見清光の居城といわれ、戦国時代には武田氏の居城になりました。

 武田氏が滅び織田信長も倒れると、甲斐は北条氏と徳川氏で取り合い(天正壬午の乱)になり、この谷戸城もその舞台となしました。

 その後の事はよくわからんそうです…









谷戸城縄張り (900x1200)
【縄張り図】










 
谷戸城遠景 (1200x900)

 遠景です。

 次は鬼美濃ゆかりの地です。

 

[甲斐国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

秋なのに、春の夜の夢を見に天目山へ(最終回)

Category : 山梨県の城

 天目山シリーズも最終回となってしまいました。

 最終回の舞台はここ、武田勝頼を土壇場で裏切った小山田信茂の居城・岩殿山城です。

 

 

岩殿山城冠木門

 この城は、国道20号線からも、JR中央線からも見えるので迷うことはないでしょう。 しかも、一度見たら忘れられないほどのインパクトのある山です。 

 山というより、一枚岩がドカンと大月駅前に聳え立っているのですよ!

 

 

岩殿山城資料館

 これです、その一枚岩。 この山に籠れば、さすがの織田軍も攻めあぐねるでしょう。 勝頼が頼みの綱としたのも頷けます。

 上の写真は、駐車場から10分ほど登ったところにある模擬櫓(?)です。 内部は資料館になっています。

 

 さあ、覚悟を決めて登りましょう!

 

 

 

岩殿山城揚城戸

 覚悟は決めましたが、登山道は整備されていますし、ペース配分さえ間違えなければそんなにきついことはないでしょう。

 上の写真は『揚城戸跡』です。 まさに自然の要害という言葉がピッタリの門跡です。

 

 

岩殿山城狼煙台

といっている間にも、もう本丸に到着。 模擬矢倉からは30分ほどかかったでしょうか?

本丸にはご覧のような烽火台跡があって、現在もその役目を果たしているようでした。

 

 

岩殿山城より

 あの一枚岩の上は三の丸跡になっていて、現在は展望台になっています。

 晴れた日には富士山が見えるそうで、楽しみにしていたのですが、この日は生憎の曇りでした。

 

 

岩殿山城より (2)

 下を覗くとこんなかんじ。 もちろん手摺りが設置されていますので安心ですが、身を乗り出すとチョット怖いですね。

 写っている道路は、中央高速です。 

 

 

 この城は小山田氏の居城です。 小山田氏というと、やはり土壇場で武田勝頼を裏切った小山田信茂のイメージが強いですよね。

 武田家も風前の灯かという時に、勝頼は二人の武将から誘われていました。

  真田昌幸 『いざという時には、我が居城、難攻不落の砥石城へお越しください。』
     小山田信茂 『いやいや、真田家は武田家に仕えてまだ二代。 ここは我が居城・岩殿山城へ!』

  そう言われちゃ、勝頼も小山田を選んじゃいますよ。 何代もの間、小山田家は武田家に仕えてきたんだから。
 (仕えてきたというよりは、武田家と小山田家の同盟だったという見方が強いみたいです)

 それが裏目に出て、結局は信茂の裏切りで勝頼は天目山に追い込まれるわけです。

 

 信茂はというと、織田信長に拝謁を願い出ますが、結局は殺されてしまいます。 その首は京で晒されたともいいます。 

 やっぱり『土壇場で』裏切ったというのが印象悪かったのでしょう。 信長もそういうところははっきりしていますからね。

 どうせ死ぬなら勝頼と共に岩殿山城で華々しく散った方がかっこよかったのにね、信茂クン! と思うのは後世の我々の勝手な妄想であって、実際は信茂の首一つで岩殿山城下が戦火から免れたとの見方が強いようです。

 地元では悲劇のヒーローなのかもしれませんね。

 


[天目山] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

秋なのに、春の夜の夢を見に天目山へ(3)

Category : 山梨県の城

 続きましては、甲州市にあります『勝沼氏館跡』です。

 甲州市とは、2005年に塩山市・勝沼町・大和村が合併して出来たし市です。 これも平成の大合併で出来た市ですが、昔ながらの地名が消えていくのはなんだか寂しいですよね。

 

 

勝沼氏館

 ここの場所は説明しにくいですが、勝沼ワインセンターの脇にあるといえばわかりやすいかな?

 ここに到着するまでにはたくさんの葡萄畑があり、沿道ではおっちゃんやおばちゃんが客引きをしています。
 『にぃちゃん、にぃちゃん、寄っていきなよ、いいブドウあるよ!』 って、ここは歌舞伎町か?

 

 

 

勝沼氏館 (2)

 勝沼氏は、武田信玄の叔父さん つまり武田信虎の弟・信友がここに住み着いたことが発祥です。

 信友の長男・信元は、上杉謙信の関東侵攻時に武蔵秩父党の藤田泰邦と通じ、武田家に謀反を企てたとして信玄に殺されてしまいました。

 この藤田泰邦には二人の息子がいて、この息子達は豊臣秀吉と徳川家康の天下統一事業に大きく関わってくるのですが、ここでは関係ないのでまたの機会に書くことにします。

 ちなみにその息子達とは、実の息子の藤田信吉と北条氏康の子供で藤田家に養子に入った氏邦です。

 

 

勝沼氏館 (3)

 比較的整備されていて、わかりやすいです。

 

 

勝沼氏館 (4)

復元でしょうが、石垣が見えます。 典型的な食い違い虎口ですね。

 

 

勝沼氏館 (5)

 戦国時代にこんな高度な浄化施設があったのですね。

 復元されたものがありましたが、お世辞にも掲載できるほどキレイなものではありませんでした。

 復元整備もよいですが、きちんと『維持』していかなければ史跡の意味がないですよ、甲州市さん。

 

 

 


[天目山] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR