記事一覧

西甲州攻め(8) ~新府城~

  穴山氏の墓参りを済ませたら、約20年ぶりの新府城へ登城です。   先程の長い階段を登れば、藤徳稲荷に到着です。  先程の階段は、もちろん遺構ではないですが、この稲荷は当時からあったもの(もちろん建て替えてるでしょうが)かもしれません。  縄張り図に“稲荷曲輪”なるものが見えますからね。      お稲荷さんのすぐ裏は本丸です。     おっと、本丸の端っこには、こんなのがありま...

続きを読む

西甲州攻め(5) ~若神子城~

   甲斐源氏発祥の地とされる、若神子城へとやってきました。   というもの、甲斐源氏の租とされる新羅三郎義光がここに築城したらしいということからです。     枡形?  新羅三郎の件は確証はないのですが、武田信玄がここを信州進出の拠点にしたことは、確かだそうです。   武田氏滅亡、そして本能寺の変後の天正壬午の乱では北条氏がおさえ、徳川氏に対抗したそうです。    北条と徳...

続きを読む

西甲州攻め(2) ~谷戸城~

   三分の一湧水の後は、城攻めです。  湧水と同じ北杜市にあります、谷戸城(やとじょう)を攻略しました。  ちょっと場所がわかりずらいですが、谷戸城ふるさと歴史館を目指して来れば分りやすいでしょう。   ちょっと山を登れば、ご覧のような素晴らしい堀と土塁を見ることができます。  写真の右側が城内なのですが、よく見るとちょっとおかしい事がわかります。  普通は城の外側に堀を掘って、内側に土...

続きを読む

秋なのに、春の夜の夢を見に天目山へ(最終回)

 天目山シリーズも最終回となってしまいました。 最終回の舞台はここ、武田勝頼を土壇場で裏切った小山田信茂の居城・岩殿山城です。   この城は、国道20号線からも、JR中央線からも見えるので迷うことはないでしょう。 しかも、一度見たら忘れられないほどのインパクトのある山です。  山というより、一枚岩がドカンと大月駅前に聳え立っているのですよ!   これです、その一枚岩。 この山に籠れば...

続きを読む

秋なのに、春の夜の夢を見に天目山へ(3)

 続きましては、甲州市にあります『勝沼氏館跡』です。 甲州市とは、2005年に塩山市・勝沼町・大和村が合併して出来たし市です。 これも平成の大合併で出来た市ですが、昔ながらの地名が消えていくのはなんだか寂しいですよね。   ここの場所は説明しにくいですが、勝沼ワインセンターの脇にあるといえばわかりやすいかな? ここに到着するまでにはたくさんの葡萄畑があり、沿道ではおっちゃんやおばちゃんが客...

続きを読む

武田信玄とは全く関係ありませんが、何か?

 甲府城へやってきました。まずは最近再建されたばかりの山手門です。【山手門二の門】 甲府駅南側にある舞鶴(甲府城別名)城公園とは反対側の北口にあるので注意ですよ。【山手門一の門】 いわゆる典型的な升形門です。城内に入るには、外側の二の門をくぐり、一度右へ曲がるか左へ曲がるかして次の一の門をくぐり、やっと城内(または次の曲輪)に入ることが出来ます。 これは、敵の侵入を遅らせるためだといわれています。【舞...

続きを読む

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ