FC2ブログ

記事一覧

奥津軽と秋田沿岸部の旅(最終回) ~龍門寺~

 昨年5月の旅のレポートも最終回です。 最後に訪れたのはここ、龍門寺です。 この龍門寺は14世紀に岩城氏の菩提寺として、陸奥国岩城に創建されました。 その後なんだかんだあって、岩城氏が亀田藩を立藩すると、龍門寺もここの移ってきたようです。 もちろん岩城家のの墓所があります。 案内看板も設置されていてわかりやすいです。 残念ながら、どれが誰の墓かは失念してしまいました。 一から四代及び十・十一代藩主...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(28) ~妙慶寺~

 秋田市街から南へ約30キロ、由利本荘市の旧岩城町にある妙慶寺に到着です。 この寺は、亀田藩主・岩城宣隆の正室である顕性院が、実家の供養をするために建立した寺です。 その供養のために顕性院が行水したという井戸が残されていました。 その顕性院の実家というのが真田家で、その真田家の供養塔が建てられていました。 真田家の供養塔の奥には関係者の墓がありました。 右から隆清院(豊臣秀次の娘で、真田信繁の側室)、...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(21) ~一心院~

 大館城の近くに一心院があります。 ここは佐竹氏の家臣の菩提寺なのですが… そこにはなんと、真田幸村の墓があります。 なんでも大坂の陣で死んだはずの幸村は、秀頼と共に薩摩に逃れたのですが、そこでも島津氏が徳川に従順したことで居づらくなり、秋田に移住したとのことです。 秋田では『信濃屋』という商人として一生を終えたそうです。 薩摩が居づらいのなら、秋田はもっと居づらいと思うのですが…   まぁ、そうい...

続きを読む

奥津軽と秋田沿岸部の旅(18) ~淨明寺~

 秋田県は能代市の淨明寺へとやってきました。 この門は、近くにある檜山城の移築門との伝承があるそうです。  15世紀前半に、檜山安東氏が開いたとされますが、もちろん有名人の墓がありますよ。 それは浅利勝頼の首塚です。 勝頼はあの比内鶏で有名な比内郡の国人領主の二男(か三男)でしたが、安東氏に唆されたかなんかで兄を殺して当主におさまり、安藤氏の傘下になりました。 んが、後に檜山城で行われた酒宴に招かれた...

続きを読む

羽後遠征記(21) ~田沢湖~

   門屋城を攻略した後は、田沢湖に寄りました。 田沢湖は、日本一深い湖として有名ですね。 ところで、湖と沼の違いってご存知ですか? カッパが住んでいるのが“沼”で…  という訳ではなく、水深5mより深いものが湖なのだそうですよ。 私は、先程ネットで調べて知りました(笑)   田沢湖といえば、たつ子さんですね。   たつ子さんは、なんだかよくわからないけど、龍になったという伝説があるそ...

続きを読む

羽後遠征記(18) ~武家屋敷通りを歩け~

   さて、角館といえば“武家屋敷”というくらい有名な、武家屋敷通りへとやってきました。   この武家屋敷通りは、江戸時代初めに角館城に入った蘆名氏が整備し、後に佐竹北家の城下町になった通りです。     この黒塀と枝垂れ桜か自慢の武家屋敷通りは、もちろん重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。     桜が満開の時期に来れたらよかったな~  でも、そんな時期に来たら、観...

続きを読む

羽後遠征記(17) ~天寧寺~

   角館で最初に訪れたのは、桜並木です。   角館の桜の見ごろは、平年ならゴールデンウイークの頃なのですが、今年はちょっと遅れているとの情報でした。  私が角館に行ったのは5月の第三週でしたので、ひょっとしたら満開の桜を見ることができるのではないかと少し期待したのですが…     やっぱり、ソメイヨシノはほとんど散っていましたね。    でも遅咲の種類のものは、見ごろの木も...

続きを読む

羽後遠征記(16) ~唐松神社~

   唐松城を攻略した後は、すぐ近くの唐松神社に参拝しました。      参道には、久保田藩主の佐竹氏が17世紀に植えたという樹齢300年クラスの杉並木が。   鳥居の奥に社殿が見えます。     社殿は参道よりもちょっと低い位置に鎮座していました。  城下町より低い位置にある小諸城が“穴城”なら、ここは穴神社??     鈴、多すぎでしょう!?     枝垂れ桜の...

続きを読む

羽後遠征記(12) ~正洞院と闐信寺と昼食~

   佐竹家の菩提寺を参拝した後は、その関係者の墓参りに行きました。  まずは正洞院跡。  正洞院跡は秋田大学の裏手にあり、寺町とは言わないまでも、寺が何軒か並んでいる場所にあります。  正洞院とは初代久保田藩主の佐竹義宣の正室で、1585年に那須家から佐竹家に嫁ぎ、5年をすごした後に謎の自害を遂げたといいます。    正洞院が亡くなった1590年といえば、那須家が小田原参陣に遅参して改易...

続きを読む

羽後遠征記(11) ~天徳寺~

  補陀寺から南西に車で20分、秋田市中心部の北にある天徳寺にやってきました。   この天徳寺は、15世紀に佐竹氏の菩提寺として常陸に開かれた寺です。  関ヶ原後に佐竹氏が秋田に移封されると、この天徳寺も秋田に移転してきました。     先程の写真の山門も、こちらの本堂も江戸時代中ごろの建立で、国の重要文化財に指定されています。  大きな茅葺の屋根が迫力がありましたよ!     ...

続きを読む

羽後遠征記(10) ~補陀寺~

私も、滝クリにもてなされたい!   あ、こんばんは。  もう、オリンピックについてはいろんな場所でやっているから、あえて私が書く必要はないですよね?  というわけで、羽後遠征の続きです。   秋田市中心部から北東に10kmほどの場所にある補陀寺(ほだじ)に行きました。    補陀寺は、14世紀の中頃の建立と伝えられます。 戦国時代にこの辺りを治めた安東氏の菩提寺となっていたようですが、残念なが...

続きを読む

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ