>

羽後遠征記(20) ~門屋城~

Category : 秋田県の城
1門屋城址 (900x1200)  

 角館から次の目的地に向かう途中に、門屋城という城があった(道路地図で見つけた)ので寄ってみました。









2門屋城址入り口 (900x1200) 

 角館からは、20分ほどのドライブです。









3門屋城 (900x1200) 

 先日紹介した戸沢氏が、角館城に移るまでの本城だそうです。









 
4門屋城主郭の神社 (1200x900) 

 最初の写真の場所からほんの5分ほどで、本丸にある神社に到着してしまいました。









 
5門屋城縄張り (1200x900) 

 登城口は、上の写真の“現在地”の場所に有ります。

 そこからすぐ真上が本丸ってことは、本来の登城口はそこではなかったんでしょうね。

 この城が機能していたころは、桧木内川が本丸の真下に流れていて、天然の濠になっていたと思われます。

 肝心の遺構はというと、地図のピンクの部分の堀が比較的良好に残っているとのことでしたが、事前の調査が不十分だったために見学しないで次の目的地に向かってしまいました。

 悔いが残りますね…









  
6門屋城から (1200x900)

 次は“たつ子さん”です。



  




[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

羽後遠征記(19) ~角館城~

Category : 秋田県の城
1角館城入り口 (900x1200) 

 角館の武家屋敷を堪能したあとは、角館城を攻略しました。

 上の写真は登城口ですが、武家屋敷群の北側で、国道沿いのわかりやすい場所ににあるので迷うことはないでしょう。

 しかも駐車場は無料! 武家屋敷の駐車場はほとんどが有料なので、最初からここに停めて散策すればよかったと後悔しています…









2角館城のぼり (900x1200)

 角館城は山城ですが、駐車場からは10分ほど登れば主郭に到着することができます。









 
3角館城東屋 (1200x900)

 登山中は、遺構らしい遺構は発見することは出来ませんでした。
 







4角館城から (1200x900)

 その代わり、景色は素晴らしかったですよ! (川の手前が武家屋通りです)

 桜の季節だったらもっと素晴らしかったろうなぁ…  









5角館城主郭 (1200x900)

 主郭です。

 角館城は築城時期は不明ですが、雫石を本拠にしていた戸沢氏が15世紀に移ってきたことは確認されているそうです。

 秀吉の天下になると戸沢氏は本領を安堵されますが、江戸時代になると佐竹氏と入れかわる形で、戸沢氏は常陸へ、佐竹氏が秋田にそれぞれ移封になりました。

 そのときに佐竹氏の客将になっていた蘆名氏が城主になりますが、そのうちに一国一城令により廃城になりました。








 
6角館城誰の供養塔 (1200x900)

 誰のかはわかりませんが、比較的新しい供養塔が主郭にありました。

 


 次もお城です。




 
[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ



テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

羽後遠征記(15) ~唐松城~

Category : 秋田県の城
唐松城1 (900x1200)  

 久保田城を攻略したこの日は、あとは次の目的地・角館に移動するだけとなりました。









唐松城2 (1200x900)

 が、地図を見ていたら“唐松城”なる文字を発見したので、ちょっと寄り道をしてみました。









 
唐松城3 (1200x900)

 唐松城は、阿部貞任の弟・境講師官照がここに館を築いたことに始まるといわれています。

 その後、前九年の役で源頼義・義家の攻撃にあい落城したと伝えられ、戦国時代には安藤氏が治め、小野寺氏との合戦の舞台にもなったようです。









 
唐松城4 (1200x900)

 とはいえ、ここはあくまでも中世の館をイメージした観光施設で、しかも夕方になっていたので閉館していました。








 
唐松城5 (1200x900)

 能舞台らしいです。








 
唐松城6 (1200x900)

 実はこの館の裏の山には、戦国時代に築かれた唐松城があるのですが、事前の勉強不足で行かなかったのです。

 しかも、この案内図に“竪堀”なんて書いてあるのに気づいていれば…

 ああ、一生の不覚…




 
[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

羽後遠征記(14) ~久保田城・その2~

Category : 秋田県の城
御物頭番所 (1200x900)  

 長坂といわれる石段を登っていくと、久保田城内唯一の現存建築物である、御物頭御番所があります。

 番所というからには、見張り番が詰めていたのでしょうね。









表門の表 (1200x900) 

 番所から上を見上げると、本丸の正門である表門があります。

 これは再建ですね。









 
表門の裏 (1200x900) 

 葉っぱで見づらいので、反対側から見るとこんなかんじ。









 
本丸 (1200x900) 

 本丸跡です。









 
誰かいる@久保田城 (375x500) 

 桜が咲いていました。

 遠くに誰かいますね…









 
佐竹義堯 (375x500) 

 遠くにいたのは、久保田藩最後の藩主・佐竹義尭(よしたか)さんでした。

 久保田藩は最初は奥羽越列藩同盟に加盟していたんですけど、途中で離脱しちゃったんですよね。

 まあ、これはしょうがないことだとは思いますが、この人が離脱を決めなきゃ会津戦争ももうちょっと違うものになっていたのかもしれません。

 八重も鉄砲を持って戦うこともなかったかもね。









 
隅櫓 (1200x900)

 本丸の北西端まで歩くと、模擬櫓が建っています。

 どうせ模擬なんだから、“天守”って言っちゃえばいいのに(笑)









 
久保田城隅櫓 (1200x900)

 この場所に隅櫓が建っていたのは事実なのですが、当時は三重ではなくて二重だったそうです。

 







 
隅櫓から (1200x900)

 模擬櫓からの眺めです。





 
[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

羽後遠征記(13) ~久保田城・その1~

Category : 秋田県の城
久保田城水濠 (1200x900)  

 墓参りを済ませた後は、久保田藩佐竹氏の本城・久保田城へとやってまいりました。









久保田城跡碑 (1200x900)

 秋田県秋田市の中心部にあるからって“秋田城”ではないですよ、以前にも書いたように、秋田城は古代の出羽国府が置かれた城で、別の場所にあります。









 
久保田城水堀 (1200x900)

 内堀です。

 もう少し時期が早かったら、満開の桜を見ることが出来たのにね~

 惜しかったです。









 
久保田城枡形? (1200x900)

 松下門という門があった場所を抜けると…









 
博物館 (1200x900)

 佐竹資料館がありました。

 こじんまりとした博物館ですが、なかなか見ごたえのある資料が揃っていましたよ。









 
千秋公園 (1200x900)

 資料館前は、大きな広場(たぶん二の丸)になっています。

 







 
本丸へ (1200x900)

 そして、長坂と呼ばれている階段を登り、本丸を目指します。

  






[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR