FC2ブログ

記事一覧

海道一の城取り(21) ~諏訪原城~

 続きましては諏訪原城です。 ここも続日本100名城に指定されたために、再び訪れました。(二回目) 前回来た時より整備され、堀が見やすくなってましたよ! 上の写真は、見どころの一つでもある、二の曲輪中馬出の堀です。 馬出といえば、武田氏のお家芸といってもいい存在ですよね。 それもそのはず、この城は武田氏が駿河侵攻の拠点とするために築いた城です。 後に長篠合戦で武田氏が破れると、徳川氏に奪われて、徳川...

続きを読む

海道一の城取り(20) ~高天神城~

 続きましては高天神城です。 この城を制する者は、遠江を制すると言われたあの城です。 そんな高天神城を父である武田信玄は落とせず、息子の武田勝頼が落としました。 勝頼はそれが自慢だったようですが、徳川軍が取返しに来たときに、武田勝頼は援軍を出せなかったことから人心が離れ、武田家滅亡のきっかけになった城といっても過言ではないでしょう。 以前登城したときは傾斜のきつい搦手から登ったので、今回は大手から...

続きを読む

海道一の城取り(18) ~横須賀城~

 掛川城の次に訪れたのは、同じく掛川市にある横須賀城です。 三浦半島の横須賀ではないですよ。 こちらは16世紀の後半に大須賀氏によって建てられた城ですが、この川原石で積まれた石垣が珍しいんです。 四角い石のほうが崩れにくいような気もしますが、よく保っていますよね… 『玉石積み』というそうです。 玉石積みの石垣が残っているのは大手(海側)のほうだけで、反対側は迫力のある土塁が残っていました。 本丸の様...

続きを読む

海道一の城取り(17) ~掛川城~

 次の日は朝一で掛川城に向かいました。 朝からいい天気で気分がいいです♪ 写真は1995年に復元された大手門です。  こちらも復元された四足門。 やっぱり天守があるとかっこいいですよね。 木造で復元された天守です。 急な階段も完全再現? 天守からの眺めです。 そして掛川城といえば、御殿が現存していることで有名です。 現存御殿はにほんで四つ(川越・掛川・二条・高知)しか無いのだから貴重ですよね。 こちら...

続きを読む

海道一の城取り(16) ~鳥羽山城~

 次は鳥羽山城です。 徳川家康が二俣城を取り返すために築いた城です。 場所は二俣城の南西500mほどの所にあります。 上の写真は大手道ですが、安土城もびっくりの直線道路ですね。 左に見える石垣は遺構のようです。  こちらは大手門の石垣だったかな?  そして本丸の様子。  本丸からの眺めです。 こちらは東通用門。 櫓門でもあったのでしょうか? 帰りは搦手から帰りました。 そしてこの日は、ホテルのある掛川...

続きを読む

海道一の城取り(15) ~二俣城~

  続いては二俣城です。 徳川信康の墓がある清瀧寺からも行けるようなので、歩いてみました。 10分ほどで入口に到着です。 本丸の虎口です。 本丸の様子です。 天守台は何となく浜松城の物と似ていますね。 城主は今川氏→徳川氏→武田氏→徳川氏と変りますが、二回目の徳川氏(実際の城主は大久保忠世)の時の天守台とされます。 徳川信康が自刃したのもここでしたね。 本丸と北郭の間の堀切跡。 北郭には神社が鎮座して...

続きを読む

海道一の城取り(12) ~井伊谷城~

 続きましては井伊谷城(いいのやじょう)です。 読んで字のごとく、井伊氏の居城ですよ。 上の写真の駐車場を借りることができるので、ここを拠点に城を含め何ヶ所かの史跡を巡りました。 井伊谷城は山城ですが、大河ドラマが放送されていたこともあって、道は登りやすく整備されていました。 遺構が破壊されていないか心配ですが… 傾斜はかなり急ですが、10分ほど登れば主郭に到着することができます。 主郭は低いですが、...

続きを読む

海道一の城取り(11) ~浜松城~

 続いては浜松城です。 10年以上ぶり二回目の登城です。 もちろん100名城のスタンプ目当てですが、最近復元された「天守門」も目当てだったりします。 総工費1億3000万円で2014年に竣工したそうです。 新築の香りがしました(笑) こちらは昭和の模擬天守。 天守台と建物の大きさが合っていないのが気に入らないいんだよなぁ… 右は直虎さんの顔出しパネル。 最後は天守からの眺めです。...

続きを読む

箱根の坂の手前で、源氏の御曹司に出会った(最終回) ~葛山城と夕食~

 普明寺から10分ほどのドライブで、仙年寺に到着です。 本堂の裏の階段から登ると葛山城ですが… 途中には葛山城主・葛山氏の墓があります。 鎌倉時代から戦国時代までこの地を治めた葛山氏の累代の墓ですが、年代がわかっているのは南北朝時代の二基のみだそうです。 戦国時代には北条・今川・武田に囲まれて大変だったようで、武田信玄の子供を養子に入れることで生き残りを図ったようですが、結局は信長によって滅ぼされ...

続きを読む

箱根の坂の手前で、源氏の御曹司に出会った(22) ~普明寺~

 五竜の滝から北へ1キロほどの場所にある、普明寺へとやってきました。 最初の写真にあるように、武田信玄ゆかりの寺だそうですが、なんの説明もありませんでした。 あとで調べてみると、この寺に信玄の書状が保管されているとの事。 まだ、武田・今川・北条の三国同盟が成立する前の文書で、今川と一緒にこのあたりの北条勢を攻めた時のものだそうだ。 んでもって、この寺の裏山が千福寺跡になっています。 少し登ってみた...

続きを読む

箱根の坂の手前で、源氏の御曹司に出会った(20) ~山中城・その2~

 墓参りをした宗閑寺から再び城域に入ると、田尻の池がありました。 田尻池から二の丸を抜け、西の丸へ出ようとしたのですが… あいにく工事中で、また坂を下り田尻池に戻る羽目になってしまいました。 まあ、でも、そのおかげで美しい障子堀を間近で見ることが出来たので、ヨシとしましょう。 西の丸からは、富士山が見えるはずなのですが… やっぱり雲が邪魔をしていましたorz ここからの障子堀の眺めも最高です。 障子堀...

続きを読む

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ