記事一覧

渡島遠征記(23) ~松前家墓所~

 松前城の裏にある、松前家墓所へとやってきました。 ここには(武田氏→蠣崎氏→)松前氏の19代の墓があるのですが、帰りの新幹線の時間があったので主だったものだけ写真に撮ってきました。 まずは初代・武田信広から4代・季広の墓です。 この墓石は後世に建てられたもので、本当の墓は上ノ国にあるようです。  こちらは季広の長男で、舜広の墓です。 舜広は家臣の妻に毒殺され、弟の元広も翌年に同じ人に毒殺されたというこ...

続きを読む

渡島遠征記(21) ~サラキ岬~

 茂別館から車で1時間弱、サラキ岬へとやってきました。  ここには江戸幕府が所有していた軍艦、咸臨丸が眠っているのです。  うん、ただの海ですね(笑) 遠浅っぽいから、座礁したのかな?  ここにも江差の開陽丸と同様に、復元された咸臨丸が展示してあります。  実物大ではないですけどね。 [渡島国] ブログ村キーワード...

続きを読む

渡島遠征記(18) ~開陽丸~

 上ノ国館跡を攻略した後は、江差町にある『えさし 海の駅 開陽丸』へ行きました。 開陽丸といえば、幕末に江戸幕府が購入したオランダ製の軍艦ですよね。 その軍艦が沈没したのがここ江差なのです。 江戸城無血開城の後、榎本武揚らがこの開陽丸と共に江戸を脱出し、蝦夷にて共和国を開こうとしたんですよね。 江差を占拠した陸軍を援護しようとした開陽丸でしたが、暴風雨にあってしまい座礁して沈没してしまいました。 上...

続きを読む

渡島遠征記(12) ~新島襄と夕食~

 あ、タイトルは、『新島襄と共に夕食を食べた』 というわけではありませんよ。 ※上の写真は、日本最古のコンクリート電柱(しかも四角) ご存知、八重タンの旦那・新島襄が密出国したときの像が、函館ベイエリアにあります。 吉田松陰は三度も出国に失敗しているのに、このひとは運がいいのかな? それとも綿密な計画を立てていたのでしょうか?  そんな襄さんの像の近くには、有名な観光地・金森赤レンガ倉庫があります。...

続きを読む

渡島遠征記(11) ~函館山~

 前日に引き続き、函館山にやってきました。 やはり昼間の函館山は空いていますね~ せっかくだから、このまま夜までこの場所を確保しといてやろうかとも思いましたが… (前日は観光客が多すぎて良い場所が取れなかった) 目的があったので止めておいてやったぜぇ。 目的とはこちらです。 日清戦争の後、ロシアの南下に備えて、津軽海峡を守る目的で函館山一帯を要塞化した時の砲台跡です。 函館山の展望台から10分程で行...

続きを読む

渡島遠征記(10) ~実行寺~

 続いては実行寺です。 先日紹介した称名寺と同じ並びにあります。 このあたりは所謂寺町なのでしょうね。 この実行寺は、17世紀半ばに創建されました。 幕末にはフランス人水兵の療養所になったり、ロシア領事館になったこともあったようです。 もちろん有名人の墓もあります。 それは会津藩士の諏訪常吉です。 会津若松城開城時には仙台領にいたためやむなく榎本艦隊と行動を共にし、函館戦争時に銃弾を受けたことが原...

続きを読む

渡島遠征記(9) ~称名寺~

続いては称名寺です。 この寺は17世紀初めに開かれた寺ですが、私の好きな有名人の墓(供養塔)がいくつかあります。 まずは土方歳三とその仲間たちの供養碑です。 函館戦争時に、新撰組がここを屯所としていたことから建てられたのだそう。 今の碑は昭和製ですけどね(笑) 続いては河野政通の墓。 室町時代に若狭の武田氏と共に渡ってきたのですが、コシャマインの戦い時に敗れて松前に逃れたのだそうです。 子孫は松前...

続きを読む

渡島遠征記(8) ~山上大神宮~

 続いては山上大神宮なのですが、そのまえに有名観光地である八幡坂にも寄りましたよ。 そして山上大神宮(やまのうえだいじんぐう)です。 14世紀に伊勢神宮の分霊を祀ったのが始まりとされていますが、函館戦争時には桑名藩主の松平定敬の御座所とされました。  定敬といえば、会津藩主・松平容保の実弟で、高須四兄弟の末っ子ですたね。 イェス! 山上大神宮前の坂も美しかったですよ。[渡島国] ブログ村キーワード...

続きを読む

渡島遠征記(7) ~碧血碑~

 続いては、碧血碑(へきけつひ・へっけつひ)です。 そこへ行くには、この函館八幡宮を目安に行くといいでしょう。 あとは、案内に従うだけです。 碧血碑とは、函館戦争終結後7年目に榎本武揚・大鳥圭介らによって建てられた、函館戦争における旧幕府側の戦死者を弔う慰霊碑です。 戦争終結後に埋葬も許されなかった旧幕府側の遺体は、それを見かねた人材派遣業のようなことをしていた柳川熊吉によって埋葬されました。 熊...

続きを読む

渡島遠征記(3) ~亀田八幡宮~

 続いて訪れたのは、亀田八幡宮です。 もともとは敦賀の気比神宮から分霊して14世紀に建立された神社で、後に武田氏・蠣崎氏・松前氏の祈願所になりました。 明治になってからは、函館戦争の終結の調印がここで行われたそうです。 社殿には函館戦争時の弾痕が残っているとの事でしたが、すっかり見てくるのを忘れてしまいました。 近くには八重桜がまだ咲いていましたよ。(五月中旬) そして北海道にしかないコンビニで、コ...

続きを読む

渡島遠征記(2) ~土方歳三最期の地~

 さて、今日から始まる新シリーズ。 今年5月の北海道旅行のレポです。 ちなみに渡島(おしま)とは、函館とか松島とかある辺りの地名です。 まずは函館駅付近で自転車を借りて、市内観光です。 まず最初に訪れたのは、土方歳三最期の地です。 函館線戦争の際、土方歳三が銃弾に倒れたとされる一本木関門付近にこの碑が建てられました。 右にある冠木門っぽいのが、一本木関門の復元です。 新しい花が供えられているのが、...

続きを読む

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ