>

北陸征伐戦 ~現存12城の一つ、丸岡城~

Category : 福井県の城
20080719204827


 日本100名城制覇なんて考えてもいませんが、とりあえず私がおさえておきたい『現存12城』


 今回はそのうちの一つの丸岡城です。

 現存12城とは、明治維新以前に建てられた「天守」が今もそのまま残っている12の城。の意味です。
 裏を返せば、それ以外の天守は全部偽物ということですかね。


 話は逸れますが、例えば大阪城天守閣。

 あの鉄筋コンクリート造りの天守閣は偽物?

 あの天守閣が完成したのが昭和六年(1931)というから、もう77年も立ち続けているわけです。

 初代の秀吉が建てた天守閣は1585~1615年の30年間、二代目の徳川秀忠が建てた天守閣は1626~65年の39年間で、以後天守閣が建てられることはありませんでした。
 今の天守閣が一番長く立ち続けているわけですね。ですから本物といっても過言ではないかもしれませんね?


 話は元へ戻って丸岡城。

 この城は、織田信長がこの地方を統一した時に柴田勝家の養子の勝豊が築城しました。

 その勝豊が建てた天守閣がそのまま残っているということで、現存最古の天守閣と言われています。(別の説もあり)

 そう言われて訪れてみると、なるほどなんとなく古めかしい感じが雰囲気を出しています。

 しかしながら、この城には天守閣しか無く門や櫓は撤去され、五角形をしていたとされる内堀は全て埋め立てられてしまいました。

 噂には聞いていましたが、ここは残念ながら『ガッカリ日本100名城』に認定させていただきます。


20080729000504

※フォローするわけではないですが、天守閣は素晴らしいんですよ。
スポンサーサイト

北陸征伐戦 ~加賀の浮城、小松城~

Category : 石川県の城
20080717001100
【天守台】

 建設重機などのコマツ本社がある石川県小松市。

 そこにかつて浮城と呼ばれた城がありました。

 湖に島がいくつか浮かんでいて、それぞれが橋でつながれ、曲輪として機能していて、いざとなれば橋を落として籠城できるようになっていたといいます。

 それが今や、写真の天守台しか残っていません。
 しかも、周りは草がボーボーで近づくことも出来ません。

 浮城の面影は何処へやら

出世とは、風邪をひくことと見つけたり

Category : 日記
 出世をしました。

 出世といっても年功序列の会社だから、長く勤めていれば誰にでも就けるポストに就いただけですが。

 入社した時が足軽だとしたら、今は『守護代』くらいだろうか?言いすぎかな?(これからは自分の努力次第)

 早速『守護』の代わりに都内にある本社へ行き、軍議ならぬ会議に出席してきました。

 私は温暖化ガス削減のために、ノーネクタイ・ノージャケットで出席したのに、まわりの大人達はというとスーツでバッチリ決めて来ているではないですか!

 案の定、エアコンはガンガン効いてるし、運が悪いことに私の席はエアコンの吹き出し口の真下です。

 会議はダラダラ進むし、寒いとも言えないし、おかげで風邪をひいてしまいました。



 出世とは、風邪を引くことと見つけたり…

北陸征伐戦 ~手取川古戦場~

Category : 石川県のいいところ
20080710201516
【石碑】

 手取川の合戦とは、上杉軍と織田軍が初めて直接対決した合戦です。

 七尾城に救援に向かおうとしていた柴田勝家率いる織田軍は、上杉軍が既に七尾城を落としていたことを知らずに手取川を渡りました。
 渡り終えた時に初めて、上杉軍が七尾城を落とした事、そしてすぐ近くの松任城に入った事を知るのです。
 織田軍は撤退を始めますが、上杉軍はチャンスを見逃すはずもなく追撃を開始。
 その結果、織田軍は二千人もの戦死者を出し、また同じくらいの溺死者もいたといいます。

20080710201030
【手取川】

 以上のように上杉軍の大勝で終わったというのが通説ですが、これは上杉謙信が誇張して宣伝したという説もあります。


 どっちにしろ上杉軍が勝ったことに変わりは無いわけでして、事実この合戦以降織田軍は北陸方面では劣勢なんですから。



 城跡と比べて、古戦場というのはガッカリさせられることが多いような気がします。
 ほとんどの古戦場が看板がポツンとあるだけで、一面畑だったり住宅地になっていたりします。
 この手取川の古戦場も、ただ川が流れているだけでした。


 因みに、武田信玄が徳川家康を破った『三方ケ原』の古戦場は霊園になっていました。
 特に戦死者を弔ってはなさそうでしたが。

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

ローソンの抹茶ラテ

Category : コンビニスイーツ
20080716223458


 気にはなっていたんですけど、値段が張るので手を出せずにいた『抹茶ラテ』。他にも、マンゴーやイチゴなんてのもありましたが、抹茶が残り一個だったので買ってしまいました。

 上の方が甘~いホイップクリームで、下の方はほろ苦い抹茶ゼリーとムースです。

 先に上だけ食べてしまうと、下は抹茶の苦さだけになってしまうので注意です。


そんな人いないか?

大人なカラメルソース

Category : コンビニスイーツ
20080712201648
 大人なカラメルソースのメイトーなめらかプリンです。

 期間限定という言葉につられて買ってしまいました。

 大人のカラメルソースというわりには、どこが『大人』なのかよくわかりませんでした。

 もっと、甘さ控えめにしたほうがいいかもね。
 でも美味しかったよ。

北陸征伐戦 ~加賀百万石の城、金沢城3~

Category : 石川県の城
20080706115303
【三十間長屋】

 こちらは、現存建築物の三十間長屋です。本丸入り口付近にあり、写真は本丸側から写したものです。
 反対側には出窓がついていますが、木々がうっそうと生い茂り写真は撮れませんでした。
 三十間長屋と五十間長屋の他にも四十間・九十間がありましたが、現存はしていませんし復元している様子もありませんでした。


20080706115003
【鶴丸倉庫】

 こちらも現存建築物の鶴丸倉庫です。他の建築物とは違い海鼠壁や出窓がありません。ちょっと、金沢城内では異色の建物ですかね?


20080706114704
【本丸石垣】

 金沢城では最も古い時期の石垣と思われます。
 今は緑地となっておりますが、かつてはこの上が本丸で、利家時代には天守閣が建っていました。
 近年の発掘調査では、金箔瓦が発見されたそうです。


20080706114403
【尾山神社】

 前田利家を祀る尾山神社です。神社には似付かわしくない建物ですよね?
 教会と言ってもわかりません。
 ちなみに、屋根についている避雷針は日本で一番古いものです。


20080706114004
【兼六園】

 金沢といえばやっぱり兼六園を忘れてはいけません。このアングルはよくパンフレットで見ますよね?
 手前の橋が虹橋で、灯籠がコトジ灯籠と言います。


20080706113618
【だれ?】

なんて鳥ですかね?



 これで金沢城編は終わりにしますが、もう一度ゆっくりと回ってみたいです。

 城には二時間ほどいましたが、兼六園には10分くらいしか居ませんでしたし、金沢の街もほとんど観光出来ませんでした。
 次回は蟹の美味しい時期にでも行きたいですね。

北陸征伐戦 ~加賀百万石の城、金沢城2~

Category : 石川県の城
20080705210310
【五十間長屋遠景】

 こちらは平成13年に46億円(!!)掛けて復元された五十間長屋です。両脇の櫓は、右側が菱櫓で左側が橋爪門続櫓です。

20080705212403
【五十間長屋近景】

 今は平成の築城ブームと言われ、昔ながらの工法で天守閣だけではなく門や櫓も復元するのが流行りとなっています。
 天守閣に限って言えば、白河小峰城・伊予大洲城などが有名ですね。
 この五十間長屋も平成の築城ブームの例に漏れず、オール木造建築だそう。
(基礎はコンクリらしい)

 身障者用エレベータはさすがに木造ではなかったです。

20080705211927
【橋爪門と続櫓・土塀】

 ちなみに、昭和の築城ブームというのもありまして、戦後の復興期の昭和30年代から40年代にかけて全国に天守閣が乱立したことがありました。
 そのほとんどが鉄筋コンクリート造りで、外観のみの復元とすることが多かったのですが、中には富山城のように天守閣が存在した事実がない城にも天守閣を建ててしまったりと残念なお城もあったりします。

20080705211413
【五十間長屋内部】

 話が逸れてしまいました。
 この五十間長屋は入城料を払えば中を見せてもらえます。
 中には復元中のVTRや、壁断面の模型・工法の説明などが展示されています。
 木の香りが心地よかったです。

20080705211003
【本丸から見た五十間長屋】

20080705214705
【ご苦労様です】

 こういう人達に城は守られています。ご苦労様ですm(__)m 


 金沢城編は、もう少しお付き合いください。

北陸征伐戦 ~加賀百万石の城、金沢城~

Category : 石川県の城
 金沢城です。城の歴史は簡単に…

 戦国時代の加賀は本願寺の領国でした。その本部的建物がこの金沢城の地にあった『尾山御堂』です。

 その後、織田軍に落とされ佐久間盛政が入城し、この盛政も秀吉に敗れて、最終的には前田利家が入ります。

 そして、前田家はこの金沢城とともに明治を迎えたのでした。

20080629133904
【前田利家像】

 金沢観光のメインとも言える兼六園から金沢城へ迎うと最初に出迎えてくれるのが、この石川門です。

20080629134203
【石川門遠景】

 いまや金沢城のメインゲートとなった石川門ですが、江戸時代当時は裏門でした。
 
20080629132308
【石川門】

20080629131908
【石川門菱櫓】

 この石川門は江戸時代当時からの現存建築物で、国の重要文化財に指定されています。
 金沢城の特徴は菱櫓の写真にあるような、出窓と海鼠壁です。海鼠壁とは出窓の両脇に見られるタイルのような意匠のことです。
 この海鼠壁は雪が多い地方に多く見られるようですが、城に使われるのは珍しいそうです。

20080629131442
【石川門の石垣】

 また、金沢城は石垣の博物館と言われるほど多くの種類の石垣が見られ、この写真でもわかるように、左右で積み方が違うのは一目瞭然ですね。右側が『切り込みハギ』と言われる積み方。左側は『打ち込みハギ』と言われる積み方です。
 右側を改築した時に新しい積み方で積み直したそうです。

 長くなったので、続きは次回…

妄想癖だよ、大木ちゃん

Category : 大木ちゃん
 昨夜のくりぃむナントカは、へそくり選手権。

 大木ちゃんはというと、もうお馴染みのオバチャンのコスプレで登場です。
もう、誰もツッコミませんが…

 そういえば、ゲストもオバチャンのコスプレをするはずがいつのまにか無くなってしまいましたね。


 して、このロケはモデルハウスで行われていたそうですが、大木ちゃん日記によると『こんな家で幸せな家庭を築きたい』的な妄想を書いていましたが、私も同じ事を思っていました。

 気が合いそうですな、大木ちゃん?
プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR