記事一覧

紅葉写真に挑戦してみたはいいものの、あまりのセンスの無さに落胆した一日(その2)

続いては、私が駐車した場所の近くに由緒ある神社があるとのことで行ってみました。 高城神社です。    秀吉の北条攻めの時にこの神社は焼けてしまい、その後江戸時代に再建されたようです。    手水舎と、紅葉。 黄色が明るすぎます。茶色い部分も多めにしたほうがよかったかな?    手水舎の屋根越しに見た紅葉。    常夜灯越しに。 電線が邪魔。 ...

続きを読む

そろそろあの季節です。

そう、クリスマス!   ではなくて、日本人の大好物「忠臣蔵」です。この私が兵庫まで行って、姫路城だけで終わらすわけがありません。 はい、あの忠臣蔵で有名な赤穂城です。  【播但線】 これに乗ったわけではありませんが、いかにもローカル線の趣であったので、写真に収めてしまいました。姫路駅からは、播州赤穂駅まで直通電車があります。たまには、こういう電車の旅もいいもんです。   ...

続きを読む

紅葉写真に挑戦してみたはいいものの、あまりのセンスの無さに落胆した一日(その1)

日本一暑い街、埼玉県熊谷市にやってきました。   熊谷市は江戸時代には、中仙道の宿場町として賑わいました。    そんな熊谷市街地に流れる星川。     その星川は、この星渓園という庭園内にある池が元々の水源でした。 今は、池の湧き水は涸れてしまい近くの川から水を引いているそうです。  で、その星渓園内の紅葉が見ごろだというので、ちょっとブログねたに...

続きを読む

姫路城 ~そして退却~

 【南側】 姫路城天守最上階からの眺めです。まっすぐ伸びている道の突き当たりに姫路駅があります。 天守最上階には人・人・人で天守が傾くんじゃないかと心配になります。 名残惜しいですが、下界に戻ることとします。  【続櫓と「ぬ」の門】  【「る」の門】 この門は「埋み門」といって、いわゆる秘密の抜け道にあたる門でした。   【扇の勾配】 上に登るほど傾斜が...

続きを読む

姫路城 ~有料ゾーンへ突入! そして天守へ~

 やっと天守に向かいます。 改札を抜けるとそこには…  【菱の門】 でかい! ここに来ただけでテンションMAXです。  【三国堀からの天守】 菱の門を抜けると右手に天守ですが、まず左に進みます。  【「カ」の櫓】  左へ進むと、西の丸があります。この西の丸は、徳川家康の孫で豊臣秀頼に嫁いだ千姫が、豊臣家が滅んだ後に時の姫路城主 本多忠刻 に嫁いだ時に整備さ...

続きを読む

ひとりごと

 紅白歌合戦の出場歌手が決まりましたね。 個人的にはサザンが出てくれるのではないか?と期待していたのですが無理だったようです。 今年の話題はなんといってもミスチルでしょう。 やっとNHKのラブコールが実ったかたちとなりました。私もミスチルの出場は喜ばしいかぎりなのですが、もっと前に出場してほしかったというのが正直な感想です。  でも私は大晦日は仕事で、紅白は見られるかは微妙です。 【白糸の滝...

続きを読む

姫路城 ~内堀沿いを歩く~

 まだまだ天守には向かいません。 今度は内堀沿いを歩きます。     先日紹介した中ノ門跡から天守に向かうと、途中で写真のようなお土産屋のエリアがあります。近くの駐車場には、観光バスがひっきりなしに訪れていまいた。 白川郷の時とは違い、修学旅行生の姿が目立ちましたね。あの短いスカートで、天守の急な階段を登ったらどうなっちゃうんでしょう?   【内堀】 土産物街の向かいには...

続きを読む

姫路城 ~中堀の門跡群2~

 【久長門跡】  続いては久長門跡。 奥に天守、見えますよね? 名前の由来が解説板に書かれていたと思いますが忘れてしまいました。  【野里門跡】 中堀北辺の門跡はこの野里門しかありません。  【北辺の中堀】  このへんになると、ほとんど観光客はいません。左側の木が生い茂っているところは土塁の跡なんですが、あまり整備はされていないようでした。ちょっと残念ですね。 その...

続きを読む

風林火山で萌えたあと…

   私のブログがまだライブ●アにあったころ、大河ドラマ「風林火山」の感想として「風林火山で萌える」なるタイトルで毎週あーだこーだ書かせていただいておりましたが、突然ですが再開します!  いや、正確には「大河ドラマ 天地人」の感想としてリニューアルです。 今日から気まぐれに更新していきますのでよろしくお願いいたします。  写真は、上杉景勝・直江兼続主従が生まれたとされる、坂戸城です。 現在の新潟...

続きを読む

姫路城 ~中堀の門跡群~

 そう簡単には天守には向かいませんよ。 駅前の道をまっすぐに進むと最初に現れる遺構が中ノ門跡です。  【中ノ門跡】  姫路城は三重の堀で囲まれていました。南側は現在の姫路駅あたり、東側は現在の京口駅あたり、西側は現在の船場川です。 この中ノ門は中堀沿いの門跡です。というわけで、まずはこの中ノ門跡から反時計回りに中掘沿いを歩きます。  【総社門跡】  【内京口門跡】&n...

続きを読む

到着です♪

 姫路駅に到着しました。東京駅からのぞみ号で三時間ちょっとです。     見えますか? 写真だとわかりにくいですが、肉眼だとはっきりと天守が見えます。  いきなりですか? 奥さん! もっと、焦らしてよぉ~  写真は次の日の朝に撮影したものですが、駅を出るといきなりこんな光景です。 天守が見えるように、わざとこのような道路の設計にしたのでしょうか? 絶妙すぎます。 車を運...

続きを読む

行ってきまぁ~す♪

...

続きを読む

~ 無  題 ~

 【嵐山渓谷】  埼玉県嵐山町(らんざんまち)にある嵐山渓谷です。京都の嵐山(あらしやま)に似ているということで、武蔵嵐山と名づけられました。読み方が違うのがミソですよ。 葉っぱもチョイと色づいています。ちょっと暗いですけどね。夕方でしたもんで…  【埼玉県小川町の夕暮れ】   ...

続きを読む

妻沼聖天山

 今日は、埼玉県熊谷市(旧妻沼町)にある妻沼聖天山のご紹介。 昔利根川が氾濫した際、二つの沼ができました。それを『男沼』『女沼』と呼び、女沼がのちに妻沼となり、それが妻沼町の由来となったそうです。 今は日本一暑い街熊谷市に吸収合併されてしまいました。 その旧妻沼町に聖天山はあります。聖天山は『歓喜天』という象頭人身の神様を祀るお寺さんだそうです。 ここ妻沼聖天山は日本三大聖天山の一つなんだそうです。 ...

続きを読む

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ