記事一覧

江戸城を歩く(4)

  東京だよ、おっかさん。 というわけではありませんが、下の写真に写っているのは『鉄橋』といいます。   本当はこの橋のことを二重橋といいました。 この辺りの堀は深く、一回で橋が架けられませんでした。 そこで、下のほうに一度橋を架け、その橋を作業足場として上に橋を架けて完成したそうです。それが、上下二重に橋があるように見えるので、『二重橋』と呼ばれるようになったのです。  今ではこ...

続きを読む

江戸城を歩く(3)

 引き続き内堀沿いを、時計回りに歩きます。 こんどは、隅櫓が見えてきました。   桜田隅櫓と言い、内堀に残る唯一の隅櫓です。   もちろん現存です。 元々江戸城には30ほどの櫓がありましたが、今は3つ現存するのみ(復元は無し)で、自由に見ることができるのはこの桜田隅櫓だけです。  こちらも現存建築物の桔梗門です。 内桜田門とも言います。 現在は皇居関係者の通用口となっっていて、一...

続きを読む

江戸城を歩く(2)

  入園できず悔しいので、内堀沿いを時計回りに歩きます。 必然的にジョガーとは反対回りとなります。    大手掘り辺り。 お堀の水に太陽の光が反射してキラキラしていたのですが、写真じゃわかりにくいですね。    気象庁庁舎です。  気象庁は数年後には、虎ノ門に移転してしまうそうです。    平将門の首塚です。 大手町のビル街にひっそりと佇んでいます。 こ...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(9)

天地人 第8回『謙信の遺言』  そして七尾城を落とした上杉軍は…  って、たった一言だけ? もう七尾城落ちたの? もっと、説明があったほうがよかったと思っている隙に…   初音タン登場!    またお前か! やっと忍らしいコスプレで登場したと思ったら、手取川の戦いの説明までする始末。今年の大河は、戦が無いのか? 某国営放送は、金が無いのか? 初音タンは俺の女...

続きを読む

江戸城を歩く(1)

 仕事の関係で東京へ行く用事があったので、チョット寄り道。 江戸城です。 以前この近くに勤めていたので、人生で何度目の登城かは覚えていません。   地下鉄東西線 竹橋駅を降りると、毎日新聞本社が入るパレスサイドビルに出ます。  手前に見える白い筒状の建物にはエレベータ専用の建物でした。  ここは昔は文部省だったそうです。     現在の竹橋です。  もちろん、江戸城...

続きを読む

ここで立小便をするのが夢でした(2)

  麓から、3~40分ほど登ったでしょうか? やっと到着しました。   秀吉が小田原攻めのときに築城したという、石垣山一夜城です。 この石垣山一夜城は、実際には完成までに約三ヶ月かかったそうです。 完成した瞬間に、周りの木を切り落とし、あたかも一夜のうちに完成したかのように見せ掛け、北条方の戦意を喪失させたという伝説があります。 石垣山というのは、後世の呼び名で、当時は『笠懸山』と呼ば...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(8)

天地人 第7回『母の願い』  弱いなぁ、蟄居中に一皮むけて一人前の武将になるには『紅葉』のエピソードはチョット弱いんでないかい?  【紅葉散りすぎ】  もう泣かないと誓った兼続ですが、今年の流れからいってまだまだ泣くのは明らかでしょう。  謙信が死んで泣かないと思います? 御館の乱で景虎が敗死して泣かないと思います? お船を嫁にして泣かないと思います?  お船に『あら? も...

続きを読む

ここで立小便をするのが夢でした(1)

 先日はとある場所へ… 池袋から、湘南新宿ラインで一時間半ほどで到着。   そう、小田原です。 小田原といえば…    小田原城!  といきたいところですが…     小田原城で、自転車を借りて…(写真は小田原城銅門)   東海道を西へ進みます…   途中寄り道をして…(日本一低い信号)    ...

続きを読む

三十槌の氷柱

  長瀞から国道140号線を交付方面に車を走らせると、道の駅「大滝」があります。 その少し先に大滝中学校があり、その駐車場に車をとめます。    駐車場付近からの眺め。 思えば遠くへ来たもんだ。    国道140号線は通称「彩甲斐街道」といいます。 「彩」は「彩の国埼玉」を意味し、甲斐はもちろん山梨県の旧国名です。 二つの国を結ぶ道なので彩甲斐街道といいます。 昔は雁坂道と言っ...

続きを読む

寶登山神社

 長瀞駅を長瀞渓谷とは反対側に出ると、寶登山神社があります。    駅からも近く、国道沿いにあるのでアクセスは抜群です。   参道は、なんの木かは忘れましたが並木道。 5~6分ほど歩くと到着ですが、な、な、な、なんと、改装工事中。 って、中に入れません。  ほらね。     今は神様は仮殿に移られているようで。    この寶登山神社(ほどさん...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(7)

天地人 第六回『いざ初陣』  満を持して謙信は信長と戦う決心をします。 まずは越中に攻め込みますが、そこで兼続は初陣を果たします。  がしかし、兼続は命乞いをする敵兵を逃がし、しかもそのせいで味方が怪我をしてしまいます。  【見逃してくれよぉ】  心優しい景勝は許してくれますが、その後も兼続は敵を殺すことができません。 しかも、先日兼続に命乞いをして逃げた敵兵が息絶えているのを発見...

続きを読む

ここはどこでしょう?

先日は、埼玉県東松山市と坂戸市の間を流れる越辺川(おっぺがわ)へ行ってきました。     越辺とは、アイヌ語で「恋人を待つ」と言う意味があるそうです。 ロマンチックです でもなぜこんなところでアイヌ語?    その恋人を待つ川に架かる「島田橋」です。  最近はあまり見かけなくなった、冠水橋です。沈下橋とも言いますよね?  でもこの辺りではまだまだ見かけますよ。...

続きを読む

埼玉の観光地といえば

 埼玉の観光地といえば、長瀞(ながとろ)を思い出す人も多いのではないでしょうか? 先日はその長瀞に行ってきました。    秩父鉄道長瀞駅です。 パスモは使えませんよ。 関東限定ネタですいません。   イコッカも使えませんよ。 関西限定ネタですいません。  踏み切りを渡り…    お土産物屋街を抜けると…   そこは、長瀞渓谷だった。  ...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(6)

天地人 第五回『信長は鬼か』  兼続は信長への使者の一行に加えてもらい、初音タンと初めての旅行 てか、初音タン、ポルトガルのメイド服はもうやめたの? てか、なんだその腰についている大きな鈴は! 猫かおまえは?  コメディはこのくらいで、実は毛利元就の子孫である、吉川晃司演じる織田信長の出演シーンは、全体的に落ち着いた雰囲気。 兼続が信長に会ったなんてのは嘘だとわかっていても、今までのラブコ...

続きを読む

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ