記事一覧

雪解けを待って、会津征伐(4) ~会津若松城~

  会津若松城の前身は蘆名氏の居城・黒川城です。 1590年に蒲生氏郷が入城し、若松城となりました。 氏郷は、こんな田舎じゃ天下を獲れぬ、と嘆いたとか… とにかく、今の会津若松の基礎を築いたのは、この人かもしれませんね。   桜に囲まれた復元天守閣。 蒲生・上杉・蒲生と入城したあとに加藤氏が入城しますが、この天守はその時のものの復元だそうです。 蒲生氏のときは7層で、金箔瓦が使わ...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(18)

天地人 第17回『直江兼続誕生』  おーっと、面白いじゃん! これだよこれだよ~、大河はこうでなくっちゃね。つっこみどころはたくさんあるけれど、全体的に緊張感があってうまくまとまっていましたね。  特に、景勝が武田に援軍を出す決意をしたシーンと、最後のほうの景勝と菊姫のシーンは、はっきりいって涙ぐみましたよ。 喜平次の「おにぎり」・「おんぶ」のシーン以来ですね。   【夫婦らしくなって...

続きを読む

雪解けを待って、会津征伐(3) ~会津若松城~

 続きましては会津若松城。 別名 鶴ヶ城です。 人生三度目の鶴ヶ城だし、今回の目的はここではなかったので、天守の写真だけ撮って退散しようとしたのですが、いつもの悪い(?)癖で内堀沿いを歩いてしまいました。若松女子高校近くの西出丸駐車場に車を止めて…   西出丸の石垣です。 隅櫓でも建っていたのでしょうか? ここも桜が満開ですね。    このあたりは大手の真裏にあたります。 ...

続きを読む

雪解けを待って、会津征伐(2) ~神指城~

人生三度目の会津でありますが、ここは初めて。 念願の神指(こうざし)城です。   上杉家が会津に移ってから二年後の1600年、上杉景勝は直江兼続に命じ神指城の築城を開始します。 よく本などには、家康と戦う為にこの城を建てたと書かれていますが、私はこれには同意できません。 守るのであれば、鶴ヶ城や向羽黒山城のが守りやすいと思うのです。 これはやはり、会津を支配する為の新しい拠点と考えたほうがい...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(17)

天地人 第16回 『信玄の娘』  唐突過ぎるよ、信綱の死! あれじゃ、兼続が家老に就任したことが原因みたいじゃん。 事実は来週やるんだろうけど、本当は御館の乱の論功行賞のいざこざに巻き込まれた形なんですよね。  今回は武田の姫ということで、信玄の姫について調べてみました。  まずは長女の『黄梅院』 彼女は武田・北条・今川の三国同盟の証しとして、北条氏政のもとに12歳で嫁ぎます。 が、信玄の...

続きを読む

雪解けを待って、会津征伐(1) ~猪苗代城~

 まずは猪苗代城。 別名亀ヶ城といいます。 会津若松城の「鶴」に対して「亀」 比較的広い通り沿いにあるので、わかりやすいでしょう。    枡形門跡の石垣。 蒲生氏時代のものと考えられています。 会津若松城の天守台の石垣に似ています。   本丸入り口。 両脇の石垣の上には、櫓門でもあったのでしょう。 階段は遺構ではありません。   本丸です。 天守はありませんでし...

続きを読む

古写真ジェネレータで遊ぶ

こんなもの(古写真ジェネレータ)で遊んでみました。 写真を古い写真風に変換してくれるツールです。 まずはこれ…   現代的なものが写っていないので、幕末や明治の写したものといってもわからないですよね。 よくみると、下のほうに携帯で写真を撮っている人がいますね。    続いては、川越の街並み。 左下の自転車が邪魔ですよね。 あと、道路が舗装なのがバレバレです。   ...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(16)

天地人 第15回『御館落城』  とうとう亡くなってしまいました、景虎と華。 というか、とうとう戦闘シーンも無く、上杉憲政も登場することもなく(しつこい)御館の乱が終了してしまいました。 憲政は道満丸を連れて景勝のもとへ向かう途中に、景勝側に二人とも殺されてしまうというのが定説です。 それがどのように描かれるのかが、今回の大河の楽しみであったのに残念です。 紀行でもやっていたように、この乱が完全に...

続きを読む

酒と桜と穴と城

  川越のあとは、埼玉県吉見町へとやってきました。 この市ノ川堤も桜並木が綺麗でした。   写真ではわかりにくいですが、川原が芝生になっていてシートなどを広げて花見ができるようになっています。 平日の昼間っから皆さんお暇ですな~    吉見百穴です。 「ひゃくあな」とも「ひゃっけつ」とも読みます。 ここは古墳時代のお墓で穴の一つ一つに遺体を収容するようになっていたとのことです。  ...

続きを読む

わりと近場で桜を楽しむ

 まずは埼玉県東松山市にある浄光寺の桜。     次は、私の青春の淡い思い出のある、浄光寺からほど近い「不動沼」の桜。 ここは数年前までは穴場的スポットだったのに、最近はカメラマンや花見客が増えてきて、静かに青春の思い出に浸ることが出来ませんでした。  そういえば、私のライブ○ア時代のブログにも昨年載せました。 もう消してしまいましたが…  その青春の思い出はナニか? な...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(15)

天地人 第14回 「黄金の盟約」  こんばんは、高橋さん。 またあなたの演出ですか?  今回はあまり奇抜な演出はありませんでしたね。 強いて挙げれば、上田衆が兼続を責めるシーンが格子越しだで見難かったのと、信長が初音タンと屋根の上で語らうシーンがわざとらしかったことくらいでしょうか。  【金に目が眩んだ瞬間】  ああ、まだありました。 もう多いから箇条書きにしちゃおうかな!  ・兼...

続きを読む

関東一ロマンチックな町

先日は水上へ行ってまいりました。(三月中旬のことです)水上は周辺の町村と合併して『みなかみ町』となりました。  温泉とスキー場が有名ですよね。 スキー場にはまだまだ雪がありましたが(3/13)下界にはもう雪はありません。   道の駅にはこんな幟が… 水上って、天地人のゆかりの地だったっけ???   帰り道の途中で見つけた小さな城、小川城。 ここにも幟。   写真のよう...

続きを読む

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ