>

中国遠征記・最終回 ~山陰唯一の現存天守(3)~

Category : 島根県の城

 松江城の続きです。

 

 

北の門

北の門から天守に戻りましょう。

 

 

松江天守 

 北の門から登ってくると、天守の東側に出ることができます。

 大きな入母屋破風の迫力に圧倒されます。 写真ではわかりずらいので、実際に本物をご覧になることをお勧めしますよ。

 

 

松江天守 (2)

 山陰唯一の現存天守。 下のほうが黒板張りのために、古風で重厚感がありますね。

 岡山城のプラスチック感とは違いますよ~ 

 

 

松江天守 (3)

 この天守全体で、石落としと狭間が100ヶ所近くも設置されているためか、超実戦的天守といわれております。

 あ、『超』は私が勝手につけました。 

 

 

松江天守 (4)

 この城は、関ヶ原で功のあった堀尾吉晴が建てました。 堀尾氏が三代続いた後、京極氏(1代)~松平氏(10代)が城主となり、明治を迎えます。

 ちなみに松平氏の初代・松平直政は、大坂冬の陣で真田幸村と戦ったそうですよ。

 明治を迎えた松江城は、その建築物の殆どを取り壊されてしまいますが、天守だけは地元の有志の奔走により取り壊しを免れたそうです。
 米子にはそういう有志はいなかったの? 

 

 

松江天守より

  天守からの眺めですね。 奥のほうに見えるのは宍道湖です。

 この日も曇っていたので、あまり遠くまでは見渡せませんでした。

 

 

 さて、5月に行った中国地方の旅の紹介も、これにて終了です。

 今回の旅では現存天守2つをクリアして、残るは弘前城と犬山城だけになりました。

 予定では、今年中に一つ、来年に一つ訪れて『現存12城完全制覇』を達成したいと思っております。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

天地人、花に背いて北へ帰る(37)

Category : 天地人

天地人 第35回 『家康の陰謀』

 

 皆さん、今日の天地人は19時からでしたね。

 忘れずにご覧になりましたか?

 

 それもこれも衆議院選挙のおかげです。

 皆さんは選挙に行かれたでしょうか?

 私は、民主党があんなに圧勝するとは思いませんでしたよ。

 皆、民主党に期待をしているのでしょうか? それとも、自民党に飽き飽きしてしまったのでしょうか?

 どっちにしろ、日本が良い国になればどこが政権を獲ろうと私は構わないですけどね。

   ※ 本音を言えば、自民には不満だし、民主には不安です。

 

 ちなみに私が投票した方は、残念ながら落選確実です。

 

 

 選挙の行方も気になりますが、もっと気になるのは台風ですよね。 今度の11号は、上陸の恐れもまだあるとのことなので、選挙に気をとられていてないで台風対策もお願いしますよ。

 埼玉でも確実に雨足が強くなってきました。

 

 

 あ、大河の感想ですか?

 

 

天地人0830 
【三献茶】

 

 

 そうですね、天地人では徳川党が確実に票を伸ばしているようですね。

 党首のやりかたはちょっとキタナイようですが…

 

 まあ、政権交代は確実ですよね。

 

 そうそう、そういえば島左近が出てきましたね。

 若林豪さんとはなかなか渋いです。 というより、出てくるのが遅いですよ。

 いつものことですが。

 

 

 さて来週は、兼続と三成が指きりをするようです。

 

 ではまた…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

中国遠征記 ~山陰唯一の現存天守(2)~

Category : 島根県の城

松江城の続きです。

 

 

太鼓櫓

 こちらは復元の太鼓櫓。 決まった時間になると太鼓を鳴らして知らせるわけですね。

 

 

中櫓

 こちらも復元の中櫓。

 

 

南櫓

 南櫓。 二重櫓ですね。 やっぱり復元です。

 

 

松江神社
 二の丸に鎮座する松江神社。

 松平直政(松江松平氏初代)・堀尾吉晴(松江開府の祖)・松平治郷(松江中興の祖)、そしてなぜか徳川家康の四人が祀られています。

 

 日本三大和菓子処ってご存知ですか?

 答えは、京都・金沢・松江なんだそうです。

  松江神社に祭られている松平治郷(ハルサト)という人は、破綻しそうだった松江藩の財政を立て直したエライ人です。いつしか空だった金蔵には、金銀を蓄えられるまでになったそうです。
 しかし茶道好きであった治郷は、その蓄えた金銀で高価な茶器を買いあさったり、茶室をいくつも建てたりと、また松江藩のピンチを招いてしまいます。

 ピンチは招いてしまいましたが、そんな茶の道に合う和菓子が数多く作られて、『和菓子処・松江』の今に受け継がれているんだそうです。

 ちなみに治郷は江戸で食べた蕎麦の味が忘れられず、信州から松江に蕎麦を取り寄せ栽培させたのが、『出雲そば』の起源だそうです。

 

 話が逸れてしまいました…

 

 

荒神櫓あたり?

その松江神社が建つ 二の丸 の石垣。

 

 

松江城天守

おっと、天守が見えてきました。

 

 

北の門あたりから

が、お楽しみは後にとっておくタイプです。

中華丼の上にのっているウズラの卵も最後に食べますよ。

 

 

北の門 (2)

 天守の裏側にまわると北の門に出ます。 

 ご覧のような立派な石垣が残ってますよ。

 観光客はここまではあまり来ないですね。

 

 

北の門

山陰唯一の現存天守は次回です。 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記 ~山陰唯一の現存天守(1)~

Category : 島根県の城

  月山富田城から出雲大社に向かう時は宍道湖の南側を通りましたが、今度は北側を通り松江へと向かいました。

 

 

宍道湖道の駅

 途中の道の駅から見た宍道湖です。

 やっぱり、夕日は見られそうにない…

 

 

松江城内堀 (2)

  松江城に到着。 やはり内濠沿いから散策です。

 

 

松江城内堀 (3)

 このあたりは搦め手辺りでしたかね? 

 

 

松江城内堀

松江城の濠を巡る遊覧船です。 

堀川巡りといって、内濠・外濠を約1時間かけて巡ることが出来るそうです。

 

 

松江城

 大手近くに来ました。 見えている櫓は平成13年に復元されたものです。

 左が南櫓で、右が中櫓です。 

 

 

松江城 (2)

 南総門と呼ばれる大手門跡です。 左側が中櫓、右側が太鼓櫓です。 

 太鼓櫓も平成13年に復元されたものだそうです。

 

 

松江城 (3)

太鼓櫓の脇の階段をのぼり、本丸へと向かいます。

石垣のカーブが美しいですね。

 

 

 続きはまた後で…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

天地人、花に背いて北へ帰る(36)

Category : 天地人

天地人 第34回 『さらば、越後』

 

 泉沢さんの息子が一揆を起こすのでしょうか? だったらかなりブラックですよ、兼続さん! あんな子供に一揆を起こさせるなんて。

 事実、関ヶ原の時に兼続は越後の民に一揆を起こさせています。 堀氏に鎮圧されちゃったけどね。

 

天地人0823 

【腹黒い二人】

 

 しかし『越後の民を守ることが上杉の義』から『日本の民を守ることが上杉の義』に路線変更したのはいいとして、家康の挑発にわざと(?)乗り、日本の民をまた戦で苦しめることになるのは誰のせい?

 兼続クンじゃないの?

 その時のいい訳が楽しみですね。

 

 さて来週は、二回目の朝鮮出兵は無視されて秀吉があの世へ行くそうです。

 

 ではまた…

 


にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

中国遠征記 ~出会い系の神様は、お引越し中(2)~

Category : 島根県のいいところ

 参道からちょっとずれたところにある『神楽殿』です。

 よくガイドブックなどに見る大きな注連縄は、ここのものだったんですね。

 感動です。

 

 

出雲大社

 この神楽殿は比較的新しい建物でした。

 

 

 

出雲大社 (2) 

で、でかい! 3000kgもあるそうですよ!

黒いブツブツは硬貨で、下から投げた硬貨が注連縄に突き刺さると願いが叶うんだとか。 

 

 

出雲大社 (4)

本殿を囲む瑞垣です。 少し高くなっている建物は『観祭楼』というそうです。 1667年の竣工だそうです。

 

 

出雲大社 (6)

 その観祭楼と八足門。 提灯がぶら下がっているところが八足門です。

 正面から写真を撮ってはいけないらしいので、少しずれて撮りました。 が、皆バチバチ撮ってましたね。

 神様がいないからいいのかな? 

 

 

出雲大社 (5)

んだもんで、チョット中を撮らせていただきました。 八足門の屋根で少し隠れていますが、立派な楼門が見えました。 奥の工事用仮囲いの中に本殿があります。  予約をすれば、中を見せてもらえるそうです。

 今は平成の大遷宮で、本殿は改装中なんですね。

 

 

出雲大社 (3)

 なので、普段拝殿として使用されている建物の中に、神様はいらっしゃいます。

 

 ここは縁結びの神様だそうでして…  

 さて、あれから三ヶ月、なんのご利益もありませんなぁ…

 

 

出雲の阿国

 最後に、大社の近くにあった出雲の阿国のお墓です。

 彼女は、歌舞伎の創始者なんていわれてますよね。 ちょうど天地人の時代に活躍したらしいですよ。

 

  

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記 ~出会い系の神様は、お引越し中(1)~

Category : 島根県のいいところ

 神魂神社を後にした私は、宍道湖の南側を通り出雲大社へと向かいました。

 

 

宍道湖

 途中立ち寄った湖畔のパーキングエリアから。 今回の旅は雨には降られなかったものの、ずっと曇りがちでした。

 この日見る予定だった『宍道湖の夕日』も結局は見ることが出来ず…

 

 

出雲大社 (10)

本来は『イズモオオヤシロ』と読む、出雲大社に到着。 駐車場が無料なのがありがたい。 

 

 

出雲大社 (9)

早速参道を歩きましょう。 

 

 

出雲大社 (8)

長~い参道。 大宮氷川神社の参道も長いよ。 

 

 

出雲大社 (7)

 この出雲大社は大黒様(=大国主命)が祀られています。 この大国主命が因幡の白ウサギを助けた話は有名ですよね。 碧いうさぎ じゃないですよ。 

 

続きは次回…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

天地人、花に背いて北へ帰る(35)

Category : 天地人

天地人 第33回 『五人の兼続』

 

 そ~かぁ、五大老制度って、兼続が考えたんだねぇ~、すごいね~

 そ~かぁ、最初は徳川・前田・毛利・小早川・宇喜多・上杉の六人だったんだぁ~、

 

 って、いいの? これでいいの? 確かに大河ドラマは歴史の教科書ではないけれど、主人公を持ち上げるのはしょうがないけれど、本当にこれでいいの? いいの?

 

 ‥‥そうだった、今年の大河はこんなんだったんだ。 諦めたはずだったのに、またついイライラとしてしまった。

 

 いいんだよ‥‥

 きっと、これでいいんだよ‥‥

 前田慶次が出ないなんて、口が裂けても言えないよ~~~!!!

 

 

 

 気を取り直して、今日はなんと言っても…

 

 天地人0816

殿がしゃべった!

 三成に対し舅のようにイヤミを言う家康に向かって、景勝『初めての発言!?』かっこよかったよ~。 やっぱ、景勝はこうでなきゃねっ!

 ちなみに『それがしも、若うござる』と発言していた景勝と、毛利“中尾”輝元は、三歳しか年の差がありません。

 

 さて来週は、上杉家がお引越しのようです。

 

 ではまた…


にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

中国遠征記 ~日本最古の大社造り~

Category : 島根県のいいところ

 月山富田城から出雲大社へ向かう途中、なにやら『国宝』の文字が…

 史跡好きとしては寄らなくてはなりません。

 

 

神魂神社

 神魂(かもす)神社です。 なんだか、さわやかな柑橘系の香りがします。 って、それは カボス!

 

 

神魂神社 (4)

神魂と書いて『かもす』なんて読めないですよね。 

 

 

神魂神社 (2)

 なんでもこの神社の拝殿・本殿は、大社造りとしては日本最古のものだそうでして国宝に指定されております。 

 

 

神魂神社 (3) 

 出雲大社を建て直す際には、この神社を参考にしたという話が伝わっています。

 ちなみに、ここは 伊弉冊大神 伊弉諾大神 が祀られています。

 

今度こそ、出雲大社へ向かいます。

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記 ~我に七難八苦を与えたまえ(2)~

Category : 島根県の城

 月山富田城の続きです。

 この城は、鎌倉時代成立頃に築城されたとされます。

 戦国時代には、尼子氏の居城でした。 尼子氏滅亡後は毛利氏。 その後、関ヶ原で功のあった堀尾氏が入ります。

 1611年、堀尾氏は松江城に移り、この城は廃城になりました。

 

 

山中御殿 (2)

 大手門跡から少し登ると、山中(さんちゅう)御殿跡に出ます。 ここは文字通り御殿があったそうです。

 

 

花の壇

山中御殿よりチョット低いところの『花の壇』という場所。 ここには侍所などが復元されています。

奥に見える山の頂上が本丸です。 

 

 

山中御殿

 戻って、山中御殿を守る石垣。 

櫓が建っていたと思われます。

 

 

登山道 

ここから登山です。

写真が小さいのはご愛嬌(汗)

 

 

三の丸 

 15分ほど登ると山頂部に到着。 この石垣は三の丸を守るものです。 立派ですが、草が邪魔かな?

 

 

山頂より

山頂からの眺め。 奥には中海が見えるそうですが、この日は霞んでいて良く見えませんでした。

鹿介もこの景色を見たでしょうか?

 

 

勝日高守神社

本丸に立つ神社です。

 

 中世山城遺構ということで覚悟をしていたのですが、あまり登山はしなくて済みました。 本丸の神社まで20分くらいだったでしょうか?

 これなら麓(道の駅)から登ってきてもよかったかもしれません。 そうすれば、山中鹿介の銅像なんかも見学することが出来ましたしね。 

 次回来る機会があっれば、もっと時間に余裕をもって見学してみたいですね。

 

 

 月山富田城を後にした私は、出会い系の総本山へと向かったのでした‥‥

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記 ~我に七難八苦を与えたまえ(1)~

Category : 島根県の城

 米子を後にした私は、ドジョウすくいで有名な、安来市方面へと向かいました。 

 目的地はここ。 

 

 

尼子経久

 目的地の月山富田城(がっさんとだじょう)前に立つ、尼子経久(あまごつねひさ)像です。 

 彼はこの富田城を本拠に、戦国大名へとのし上がりました。 彼は毛利元就・宇喜多直家とともに『中国三大謀略家』と言われることもある謀略家です。

 大河ドラマ『毛利元就』では、元気な頃の緒方拳さんが演じてましたね。 かっこよかったです。

 

 

  富田城遠景

さて、登りますか!

 

 

富田城模型

富田城の模型です。 尼子経久の像があるのは手前に見える橋のあたりで、現在は橋を渡り左へ曲がると道の駅があり、そこに登山口があります。

 が、麓から登るのは大変なのでいつものように途中まで車を使いましょう。

 

 

鹿之介供養塔

  とその前に彼に挨拶をしてから出発です。

 彼とは山中鹿介さんです。 鹿介は、尼子氏の家臣で、主家が滅亡した後も尼子家を再興しようと一生懸命頑張った武将です。

 その再興運動は10年にも及ぶのですが、結局は毛利方の吉川元春に捕らえられ、殺されてしまいました。

 そんな主家思いの鹿介は戦前・戦中の教科書にはよく載っていたそうです。 おじいちゃん、おばあちゃんに聞いてみましょう!

 三日月に向かって『願わくば、我に七難八苦を与えたまえ!』と祈ったエピソードが有名です。

 

 

富田城大手門 

 車で登ると、この大手門付近にでることが出来ます。 

続きは次回…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

天地人 花に背いて北へ帰る(34)

Category : 天地人

天地人 第32回 『世継ぎの運命』

 

 いや~、終わるの早かったですね、朝鮮出兵は。 直前の地震のほうがはるかに長かったですよ。(関東・東北では地震があったんです)

 地震といえば、本編でも登場した伏見城は、一度地震で倒壊しているんですよね。 次の年に再建された伏見城は、関ヶ原の戦いの時に西軍に攻められて焼失。 今度は天下人になった徳川家康が再建しました。

 その三代目の伏見城は二代将軍・秀忠の時に破却されています。

 ドラマに出ていた天守は、現在の模擬天守に似ていましたが、いつの時代の天守を参考にしたものなのでしょうね? やはり、家康時代かな?

 ちなみに伏見城のあった山は後年『桃山』とよばれ、歴史で習った『安土・桃山時代』の『桃山』はここからきているのです。 『安土・大阪時代』ではないのです。

 それだけ伏見城は、秀吉の政治上重要な城だったわけですね。 

 ちなみついでに、現在の模擬天守のある場所は本来の本丸とは全く別の場所にあり、本当の本丸は紀行でも紹介があったように、桃山御陵となっているため許可がないと中に入ることは出来ません。

 あ、ドラマの感想? 特にありません。

 

天地人0809 

【渋すぎる 毛利家の二人】

 

いや、ありました。

 秀俊(後の小早川秀秋)は、幼少の頃から手元で育てていたなんていうセリフがありましたが、だったら幼少の秀俊を少しでも登場させておいたほうがよかったと思うのに。 

 ま、いつものことですけどね。

さて来週は、ブラック遠山が乗り移った石田三成が登場するようです。

ではまた…


にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

中国遠征記 ~山陰鉄道999~

Category : 鳥取県のいいところ

 米子城址を見学し終えた私は、ホテルにチェックインを済ませ、米子の街を散策します。

 

 

米子999?

 駅前には、なぜか銀河鉄道999のようなオブジェがありましたよ。 松本零○さんから訴えられたりしないかな? 

 ここ米子は山陰の鉄道発祥の地らしくて、それを記念したものだそうですよ。

 

 

米子

 古い街並みが残っている場所があるというので、探してみましたが見つかりませんでした。 

 写真はたんなる豪邸の壁です。

 

 

米子寺町

 その代わりといってはなんですが、寺町は見つけることができました。 

この寺々は、米子築城の際、伯耆の各地から移されてきたものだそうです。 9つの寺が横一列に並んでいる姿は圧巻ですよ。

 そんな寺町は通称“お寺銀座”と呼ばれているそうです。

 

 次は、島根県へと向かいます。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

天地人 花に背いて北へ帰る(33)

Category : 天地人

天地人 第31回 『愛の花戦』

 

あいのはないくさ って、タイトルからして見る気無くなっちゃいますよ~

 内容も思ったとおり。 結局は淀と北政所の敵対関係、つまり関ヶ原~大阪の陣への伏線としたかったのでしょうか? 

 だからといって、菊姫が北政所にキレちゃうのはよくないですよ。

 そんな情緒不安定な菊ちゃんに惚れる要素なんてないでしょ? ねえ、殿? 

 史実では皆から尊敬されていたと思われる菊姫なんだから、ましてや主人公と敵対している人物ではないのだから、もっとちゃんとした人物に描いてほしいんですよ。 中途半端に描いてもらっちゃこまるの~

 

天地人0802 

【殿様らしくなってきた】

 

 さて来週は、例の侵略戦争については大幅に省略して、羞恥心を養子にするしないで揉めるようです。

 

 ではまた…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR