記事一覧

日光を見ずして結構と言うこと莫れ(1)

 7月に行った『信州の鎌倉』シリーズも終了したので、今回から新シリーズです。 9月中旬に行った世界遺産『日光の社寺』のレポートです。 かなり沢山の写真を撮ってきたので、この日光ネタで年内はもつでしょうか(汗)   我が埼玉中央部から日光へ行くには、主に三通りあります。 東北道~宇都宮~日光宇都宮道路で行く王道コース。 R122号で、足尾銅山の脇を抜けていくコース。 そして、関越沼田~R120~...

続きを読む

いざ、(信州の)鎌倉!(最終回)

塩野神社を最後に塩田平を離れ、もはや信州の鎌倉ではありませんが、最後の目的地はここです。  懐古園こと、小諸城です。このおなじみの門は現存の『三の門』です。 看板の字は徳川16代当主・徳川家達氏のものだそうです。 この徳川家達(いえさと)という人は、最後の将軍・慶喜のあと徳川家を継いだ人で、明治時代には家達を総理大臣にしようという動きもあったようですが、結局は徳川家側が断ったそうです。 ...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(41)

天地人 第39回 『三成の遺言』 さて、いかがだったでしょうか? 石田三成物語最終回、面白かったですね~しかも親友の直江兼続の長谷堂城の合戦も、数分ですが描かれていてよかったですね。珍しいですよ、長谷堂を描くなんてね。  だ~ か~ ら~この大河の主人公は、直江兼続なんだよ~三成じゃないんだよ~でも先週に続いて面白かったので許す!  【視聴率アップを狙います】 しかし、加藤清史郎君...

続きを読む

いざ、(信州の)鎌倉!(6)

 先日紹介した中禅寺のすぐ隣にある『塩野神社』です。  参道です。 杉並木の高さが歴史を感じますね。   少し歩くと、またまた古めかしい鳥居が現れます。  独鈷山 を水源とする塩野川。 そこに架かる神橋を渡ると…  なんだか不思議なカタチの拝殿が現れます。  この塩野神社の拝殿は『二階建楼閣造』といい、本殿は『流造(ながれづくり?)』というそうな。&n...

続きを読む

いざ、(信州の)鎌倉!(5)

次の目的地に行く前に、あじさいの小路を歩いてみました。  まだ満開というわけにはいきませんでしたが、なかなかキレイでしたよ。奥のほうに見えるのが塩田平といわれる地域です。   あじさいが沢山咲いているところも、鎌倉っぽいですよね。  次の目的地はここ、中禅寺です。 日光ではないですよ。 奥に見える山は男体山ではなくて、独鈷山(とっこさん)です。もともとこの中禅寺は、独鈷山の山...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(40)

天地人 第38回 『ふたつの関ヶ原』 ほお、魚津城の戦い以来の出来の良さ?石田三成主役だったらね、これでいいかもしれませんけどね。 諸将が集まった軍議での発言。 小早川秀秋とのやりとり。そして、島左近との別れ。  久々に、目頭が熱くなりましたよ。 でもね、これ直江兼続主人公のドラマなのね。 時間の割きかた逆じゃないの? 北で上杉が最上勢と戦っているシーンの合間に関ヶ原の途中経過を伝える...

続きを読む

天  道

買っちゃいました    これからインストールしま~す!...

続きを読む

いざ、(信州の)鎌倉!(4)

 前山寺から次の目的地までは遊歩道が、整備されています。 こういう歩行者専用道が整備されているのは嬉しいですよね。 この日は雨が上がったばかりでチョットすべりやすかったですけどね。  ちょっとだけマイナスイオン  はい、塩田城です。  この塩田城は、鎌倉幕府の執権・北条氏の一門の北条義政がつくりました。 この義政という人がこの地に鎌倉の文化を持ち込んだために、この地が『信州...

続きを読む

いざ、(信州の)鎌倉!(3)

 松本から国道254号を東へと向かい、塩田平へとやってきました。 ここ塩田平は別所温泉とともに信州の鎌倉と呼ばれています。 まず最初に向かったのが『前山寺』です。  ここ前山寺は今から約1200年前に、弘法大師によって開かれたそうです。  参道です。  しばらく歩くとこの黒門が出迎えてくれます。  本堂です。  後ろを振り返ると… 見えてきました、...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(39)

天地人 第37回 『家康への挑戦状』  まずサブタイトル、単純に『直江状』でよかったんじゃない? まあ、いいか。  さて肝心の直江状ですが、あんなに沢山の人に送っていたんですね。 スパムメールですか? それで直江状は『現存していない』って言われても、普通の人なら「え?」って思いますよね。 演出上あのようにしたのでしょうけど、別に自分の奥さんにまで送らずともねぇ。  直江状が本当にあった...

続きを読む

いざ、(信州の)鎌倉!(2)

 松本市街から東へ3キロほどでしょうか、松本市入山辺のあたりにこの城址はあります。   県道297号線が、薄川を渡るあたりの登山道入り口です。 本当の城址ファンならここから徒歩で登っていくのでしょうが、私は今回も車を使わせていただきました。    私と同じように車で行かれる方は、橋倉公民館を目指すとよいでしょう。 そこからは、主郭近くの駐車スペースまでは一本道です。 そのかわり、橋倉公...

続きを読む

天地人、花に背いて北へ帰る(38)

天地人 第36回 『史上最大の密約』  なかなか緊張感があって面白い回でしたね。 内容は嘘っぱちでも脚本次第で面白くなるものですよ。 それだけに、御館の乱前後がもったいなくてしょうがないです。   【見つめ合う二人】  さて、史実では兼続と三成の密約はあったのでしょうか? まあ、無かったとするのが定説ではありますが、やっぱり『あった』とするほうが面白くはありますよね。 というわけで、...

続きを読む

いざ、(信州の)鎌倉!(1)

  先日は、(といっても七月上旬のことですが…) 信州の鎌倉こと、塩田平へ行ってきました。 旅の始まりは、ここ松本から…   なんかこの字、武田双雲さんのものに似ていますよね~。  調べてみても出てこなかったので、たぶん違うと思いますよ。   今回で松本城は三回目ですが、ここはまだ見ていなかったのでチョット足を延ばして行ってみました。 総堀とのことですから、外堀のことで...

続きを読む

『高原』を『たかはら』と読むはサッカーファン(2)

  登りはリフトを利用しましたが、下りは歩いてみます。  白樺湖に向かって下りていくカンジですね。  途中後ろを振り返ると青い空!  このあたりは、ニッコウキスゲの群生地として有名です。が、見ごろは7月中旬だそうでして、私が行った時には少ししか咲いていませんでした。ちなみに花言葉は勤勉だそうです。  秋はもうすぐそこ。  トンボもたくさんいました。 &...

続きを読む

『高原』を『たかはら』と読むはサッカーファン(1)

みなさんもお気に入りの場所ってありますよね? 私のお気に入りスポットはなぜかここ。年に一度以上は訪れています。ここに書くのは初めてですけどね。  この日は晴天でした。 ヴィーナスラインはやっぱり気持ちいいですね。風は涼しいのですが、日差しは突き刺さるくらい暑かったです。(お盆明け)   展望台から見た白樺湖と蓼科山  車山高原の入り口ゲート  恋の片道切符。 では...

続きを読む

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ