>

日光を見ずして結構と言うこと莫れ(1)

Category : 栃木県のいいところ

 7月に行った『信州の鎌倉』シリーズも終了したので、今回から新シリーズです。

 9月中旬に行った世界遺産『日光の社寺』のレポートです。

 かなり沢山の写真を撮ってきたので、この日光ネタで年内はもつでしょうか(汗)

 

 

金精峠手前

 我が埼玉中央部から日光へ行くには、主に三通りあります。

 東北道~宇都宮~日光宇都宮道路で行く王道コース。 R122号で、足尾銅山の脇を抜けていくコース。 そして、関越沼田~R120~金精峠を越えるコースです。

 今回は、金も時間も掛かる三番目のコースで行きました。

 上の写真は、 R120号菅沼付近で撮った写真です。

 空がすっかり秋ですね。 ここからは群馬・栃木県境の金精峠まですぐそこです。

 

 

男体山

金精峠トンネルを抜けると、そこは『男体山』だった!

手前は湯の湖。 

 

 

竜頭の滝 (3)

 そして最初の目的地は竜頭の滝

 戦場ヶ原を流れてきた湯川が、男体山溶岩の上を傾斜しながら激しい勢いで落ちるユニークな滝です。
 滝は延々210mにも及び、幅は10m。
 白い飛沫をあげて帯状に落ち、大岩をかんで流れる姿を、竜の頭に例えてこの名が付いた。(案内板より)

 奥に見える中禅寺湖に注ぐ感じに見え、爽快な気分にさせてくれます。

 秋には紅葉も見事らしいです。

 

 

竜頭の滝

このあたりは竜の『胴体』のあたりでしょうか?

空が青くて気持ちいかったです。

 

 

竜頭の滝 (2)

これが頭の部分。 湯川が二股に分かれているのところが、竜の頭に見えるのですね。

 

次は、日本三名瀑の一つ○○の滝です。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

いざ、(信州の)鎌倉!(最終回)

Category : 長野県の城

塩野神社を最後に塩田平を離れ、もはや信州の鎌倉ではありませんが、最後の目的地はここです。

 

 

懐古園

懐古園こと、小諸城です。

このおなじみの門は現存の『三の門』です。 看板の字は徳川16代当主・徳川家達氏のものだそうです。

 この徳川家達(いえさと)という人は、最後の将軍・慶喜のあと徳川家を継いだ人で、明治時代には家達を総理大臣にしようという動きもあったようですが、結局は徳川家側が断ったそうです。

 徳川が天下を再び獲ることは無かったんですね。

 ちなみに現在の当主は恒孝氏で、会津松平家からの養子だそうです。

 ちなみついでに恒孝氏のお姉さんは、上杉家にお嫁にいったそうです。

 

 

 

小諸大手門 (2)

話が逸れるのは得意ですからね。

今回は懐古園が目的ではなく(もっとも、営業時間は終わっていましたが)、懐古園からはちょっと離れた『復元大手門』が目当てでした。

 

 

 

小諸大手門 

 『復元』といっても、民間に払い下げられてかなり痛んでいたものを解体修理したそうで、現存といってもいいでしょうね。

 

 

小諸大手門 (3)

 小諸城は山本勘助が縄張りをしたなんて話もありますが、現在の近世城郭に改築したのは、やはり仙石久秀でしょう。

 マンガ『センゴク』で有名な彼ですが、どちらかというと長曽我部ファンの私から見ると、やはり彼は『敵』ですよね。

 まぁ、このあたりではヒーローなのでしょうか?

 

 

小諸大手門 (4)

 これで信州の鎌倉シリーズは終わりにします。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

天地人、花に背いて北へ帰る(41)

Category : 天地人

天地人 第39回 『三成の遺言』

 

さて、いかがだったでしょうか? 石田三成物語最終回、面白かったですね~

しかも親友の直江兼続の長谷堂城の合戦も、数分ですが描かれていてよかったですね。

珍しいですよ、長谷堂を描くなんてね。

 

 

だ~ か~ ら~

この大河の主人公は、直江兼続なんだよ~

三成じゃないんだよ~

でも先週に続いて面白かったので許す!

天地人0927 
【視聴率アップを狙います】

 

しかし、加藤清史郎君忙しすぎですね。 体壊さないか心配です。

 ちなみに画像の右側の子は、お船の子供の頃を演じていた子です。

 さんまのスーパーからくりTVで、生意気な子供ギタリストとして出演していました。

 また話が逸れてしまいました。

 長谷堂城からの撤退戦ですが、あれでは殿(しんがり)がどれだけ大変か伝わってこないですよね。

 たしかに兼続は傷だらけで戻ってきましたが、ほんの数分で終わらせるにはもったいないくらいの『史実』ではないですか。

 でっち上げエピソードなんかはたっぷりと時間をかけ、こういうところはほぼスルーしてしまうのが今年の大河なんですよね。

 たぶん家康か政宗に『あの撤退戦は素晴らしかった』と言わせておしまいなんでしょう。 

 さて来週は、ブラック遠山が暗躍するようです。

ではまた…

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 天地人
ジャンル : テレビ・ラジオ

いざ、(信州の)鎌倉!(6)

Category : 長野県のいいところ

 先日紹介した中禅寺のすぐ隣にある『塩野神社』です。

 

 

塩野神社参道

参道です。 杉並木の高さが歴史を感じますね。

 

 

塩野神社

 少し歩くと、またまた古めかしい鳥居が現れます。

 

 

塩野神社 (2)

独鈷山 を水源とする塩野川。 そこに架かる神橋を渡ると…

 

 

塩野神社 (3)

なんだか不思議なカタチの拝殿が現れます。

 

 

塩野神社 (4)

この塩野神社の拝殿は『二階建楼閣造』といい、本殿は『流造(ながれづくり?)』というそうな。

 

 この辺りは降水量が少なく、塩野川やその水源である独鈷山を信仰したことがこの神社の始まりらしく、独鈷山の登山口もここにあり、山頂には奥社もあるそうです。

 戦国時代には、武田信玄や真田昌幸の保護を受け、戦勝祈願や築城の安全祈願で寄進もしているそうです。

 というわけで、ここはむりやり『天地人ゆかりの地』としておきましょう。

 

 

塩田流鏑馬

 この直線道路は、流鏑馬を行っていた道の跡です。 これだけはっきりとした遺構(といっても舗装されていますが)が残っているのは珍しいんだそうです。

 塩野神社に奉納していたんでしょうね。

 

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

いざ、(信州の)鎌倉!(5)

Category : 長野県のいいところ

次の目的地に行く前に、あじさいの小路を歩いてみました。

 

 

あじさいの小路 (2)

まだ満開というわけにはいきませんでしたが、なかなかキレイでしたよ。

奥のほうに見えるのが塩田平といわれる地域です。 

 

 

あじさいの小路

あじさいが沢山咲いているところも、鎌倉っぽいですよね。

 

 

中善寺

次の目的地はここ、中禅寺です。 日光ではないですよ。 奥に見える山は男体山ではなくて、独鈷山(とっこさん)です。

もともとこの中禅寺は、独鈷山の山頂にあったのですが、いつしか麓に下りてきたんだそうです。

 

 

龍光院 (2)

きれいな庭がありましたよ。 枯山水っていいましたっけ?

 

 

龍光院 (3)

頭でっかちな薬師堂です。

鎌倉初期のものだそうでして国の重要文化財でありんす。

 

 

龍光院 (4)

なんだか、萱葺きの屋根がヤンキーのリーゼントに見えてきました。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

天地人、花に背いて北へ帰る(40)

Category : 天地人

天地人 第38回 『ふたつの関ヶ原』

 

ほお、魚津城の戦い以来の出来の良さ?

石田三成主役だったらね、これでいいかもしれませんけどね。

 

諸将が集まった軍議での発言。 

小早川秀秋とのやりとり。

そして、島左近との別れ。  久々に、目頭が熱くなりましたよ。

 

でもね、これ直江兼続主人公のドラマなのね。

 時間の割きかた逆じゃないの? 北で上杉が最上勢と戦っているシーンの合間に関ヶ原の途中経過を伝える。 これが普通じゃない?

 しかもあれじゃ、上杉は長谷堂城しか攻めてないようなカンジですよね。 実際は上山城で苦戦したり、畑谷城で虐s…(以下、自粛)したりしているんですよ。

 関ヶ原であれだけ時間を使うのだったら、そういうところをしっかりやってほしいのです。 直江が主役なんだから!

 

 でも面白かったよ、普通に。

 あと文句を言うなら、家康にはもっとドッシリ構えていてほしかったのと、バレバレのCGはやめてほしかったことですかね。

 

天地人0920
【秀秋っぽい!】

  

 さて、今週の見所は関ヶ原でもなく、長谷堂城の合戦でもなく、なんといってもブラック遠山の再登場でしょう。
 やっぱりというか、期待通りに徳川の家臣になって戻ってきましたね。

 今度はどこへ行くのでしょうか? 大阪城にでも籠るのでしょうか?

 上杉家の行く末よりも、そっちのほうが楽しみだったりして(笑)

 

 さて来週は、羞恥心秀秋が開き直るようです。

ではまた…


にほんブログ村 歴史ブログへ

→続きを読む

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

天  道

Category : 信長の野望

買っちゃいました

 

 

001_20090918212036.jpg

 

これからインストールしま~す!


にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 信長の野望・天道
ジャンル : ゲーム

いざ、(信州の)鎌倉!(4)

Category : 長野県の城

 前山寺から次の目的地までは遊歩道が、整備されています。

夏の散歩道

 こういう歩行者専用道が整備されているのは嬉しいですよね。

 この日は雨が上がったばかりでチョットすべりやすかったですけどね。

 

 

夏の散歩道 (2)

ちょっとだけマイナスイオン

 

 

塩田城

はい、塩田城です。

  この塩田城は、鎌倉幕府の執権・北条氏の一門の北条義政がつくりました。

 この義政という人がこの地に鎌倉の文化を持ち込んだために、この地が『信州の鎌倉』と呼ばれるようになったんだそうです。

 その後、塩田北条氏は三代続きますが、鎌倉幕府滅亡とともに滅びました。

 

 戦国時代には武田信玄のライバル・村上義清の支配するところとなります。

 信玄は義清を追い出すと、ここに飯富虎昌を入れます。

 

 そして武田氏が滅亡すると真田氏が支配しますが、上田城築城とともに廃城となりました。

 

 

塩田城石垣

 塩田城の最大の見所はここでしょう。

 村上義清時代の石垣です。 草がボーボーでよくわかりませんが、枡型となっていましたよ。

 やっぱりこういう城は冬に行くべきかな?

 

 

塩田国時の墓 

塩田北条氏最後の当主・国時の墓です。

 

 

塩田城倒木

 国時の墓から少し登ると写真のような倒木で登山道がふさがれていて、これ以上登ることはできませんでした。  残念…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

いざ、(信州の)鎌倉!(3)

Category : 長野県のいいところ

 松本から国道254号を東へと向かい、塩田平へとやってきました。

 ここ塩田平は別所温泉とともに信州の鎌倉と呼ばれています。

 まず最初に向かったのが『前山寺』です。

 

 

前山寺

ここ前山寺は今から約1200年前に、弘法大師によって開かれたそうです。

 

 

前山寺参道

参道です。

 

 

前山寺山門

しばらく歩くとこの黒門が出迎えてくれます。

 

 

前山寺本堂

本堂です。

 

 

後ろを振り返ると… 

前山寺三重塔

見えてきました、三重塔!

 

 

前山寺三重塔 (2)

 国の重要文化財の三重塔です。

 

 

前山寺三重塔 (3)

 この三重塔は『未完成の完成塔』といわれています。

 普通二重目三重目には、ベランダのような縁がついているものなのですが、この塔にはありません。

 また窓や扉のようなものもついてませんよね。 そんな縁・窓がないので『未完成』なのですが、それでもバランスがよく完成形のように見えることから『未完成の完成塔』と呼ばれるようになったのだそうです。 

 私は言われなければわからなかったですけどね

 

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

天地人、花に背いて北へ帰る(39)

Category : 天地人

天地人 第37回 『家康への挑戦状』

 

 まずサブタイトル、単純に『直江状』でよかったんじゃない? まあ、いいか。

 

 さて肝心の直江状ですが、あんなに沢山の人に送っていたんですね。 スパムメールですか?

 それで直江状は『現存していない』って言われても、普通の人なら「え?」って思いますよね。

 演出上あのようにしたのでしょうけど、別に自分の奥さんにまで送らずともねぇ。

 

 直江状が本当にあったのかは別にして、あのような痛快なメールは史上他には無いのは確かです。

 

 

 さて家康は全国の諸将を引き連れ会津へと向かうわけですが、小山まで来た時に大阪での石田三成挙兵を知るわけです。

 そこで家康は西へと戻るわけですが、そこでせっかく真田親子がいるんだから『犬伏の別れ』も描いてほしかったですよ。ちなみに犬伏は現在の栃木県佐野市にあります。

  小山まで従軍してきた大名の中で、真田家(信幸は残ったけど)のほかに離脱した家は、当時美濃岩村城主であった田丸直昌だけでありました。

 もっとも真田昌幸・信繁(幸村)親子は小山会議には出席しておらず、田丸家だけが会議のなか『俺は治部に味方する!』と宣言して帰ったという話が残っています。

 

天地人0913
【やっぱり妄想でした】

 

話が逸れました。 

 さていつも冷静な兼続は殿に追撃を反対されキレていましたが、これはよく考えなくともわかる事ですよね。 だいたい白河から小山までどんだけ距離があることか! しかも相手は何万人いるんだよ! 背後には伊達や最上もいるというのに…   

 あれじゃ『義』にこだわる景勝がアホに見えてしまいますよ。 そんな描き方じゃ景勝がかわいそうです。

 

天地人0914  
【ブラック遠山が乗り移った瞬間】

 

 景勝との仲に亀裂の入った兼続は、この後 畑谷城へ向かい300人もの罪の無い人々を撫でg‥‥(以下自粛・知らない人はググッてね)

 

 さて来週は、家康とは全く接点の無かった(ように見えた)小早川秀秋が突然裏切るようです。

ではまた…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

いざ、(信州の)鎌倉!(2)

Category : 長野県の城

 松本市街から東へ3キロほどでしょうか、松本市入山辺のあたりにこの城址はあります。

 

 

林城登山道 (2)

 県道297号線が、薄川を渡るあたりの登山道入り口です。 本当の城址ファンならここから徒歩で登っていくのでしょうが、私は今回も車を使わせていただきました。

  

 

林城登山道

 私と同じように車で行かれる方は、橋倉公民館を目指すとよいでしょう。 そこからは、主郭近くの駐車スペースまでは一本道です。

 そのかわり、橋倉公民館から先はご覧のようなダートです。

 写真だと平らな道に見えますが、かなり凸凹ですので、車高の低い車はなるべく避けたほうがいいかもしれません。

 

 

  

林城 

 駐車スペース(駐車場ではない)の前にある看板。

 ここから主郭まではすぐです。

 

 

林城竪堀

堀切(だと思う…)

 

 

林城石塁

石垣(だと思う…)

 

 

林城主郭

林城の主郭。 

 

 林城は信濃国の守護・小笠原氏の本城でした。

  とはいえ、ここを本城としたのは小笠原長時(風林火山では今井朋彦さんが演じてました)のお父さんの長棟の時です。

 この長棟という人が、戦国大名としての小笠原氏の最盛期を築きあげました。

 でも息子の長時がアレだから…

 というより、小説などでは長時は凡庸であったと描かれることが多いですよね。

 

 とにかく、長時の代で武田信玄に信濃を追われ、戦国大名としての小笠原氏は『一旦は』滅亡したのは事実です。

 その時この林城は廃城となり、信玄はこのあたりの拠点を深志城(松本城)としました。

 武田氏が滅亡し、小笠原氏が徳川家の家臣としてこの地に復帰を果たすも、時の当主・長慶は林城を本城とはせず、松本城を本城としたのでした。

 

 麓から歩いて登っていけば、たくさんの遺構を見ることが出来るのかもしれませんが、車で行っても中世の山城の雰囲気は味わえることができます。

 頂上からの景色はあまりよくはないですけどね。

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

天地人、花に背いて北へ帰る(38)

Category : 天地人

天地人 第36回 『史上最大の密約』

 

 なかなか緊張感があって面白い回でしたね。

 内容は嘘っぱちでも脚本次第で面白くなるものですよ。

 それだけに、御館の乱前後がもったいなくてしょうがないです。

 

天地人0906 
【見つめ合う二人

 

 さて、史実では兼続と三成の密約はあったのでしょうか?

 まあ、無かったとするのが定説ではありますが、やっぱり『あった』とするほうが面白くはありますよね。

 というわけで、ドラマではちゃかり密約をしていましたが、家康を挟み撃ちにしようなんていう約束ではなかったですね。

 それと、兼続の口から『最上』という言葉が出てきました。 ということは、長谷堂城の戦いもやるのでしょうか?

 だとしたらやっぱり、前田慶次‥‥

 

 いや、期待するのはやめましょう。

 

 

 さて来週は、兼続が史上最も痛快なメールを家康に送るようです。

 

ではまた…


にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

いざ、(信州の)鎌倉!(1)

Category : 長野県の城

  先日は、(といっても七月上旬のことですが…) 信州の鎌倉こと、塩田平へ行ってきました。

 旅の始まりは、ここ松本から…

 

 

松本城

 なんかこの字、武田双雲さんのものに似ていますよね~。  調べてみても出てこなかったので、たぶん違うと思いますよ。

 

 

松本城総濠

 今回で松本城は三回目ですが、ここはまだ見ていなかったのでチョット足を延ばして行ってみました。

 総堀とのことですから、外堀のことでしょうね。

 

 

松本城太鼓門

 平成11年に復元された太鼓門です。 実は私、この門を見るのは初めてなんですよ。

 ということは、松本城に来たのは10年以上ぶりということです。

 

 

松本天守

均整のとれた、スタイルのいい天守ですね。

 

 

松本天守 (2)

絵になるねぇ~

 

 

松本天守 (3)

やはり、この角度が一番でしょうか?

 

 

松本天守 (4)

この日は、雲の多い一日で、雨も時々降ったりしました。

 

 

松本天守 (5)

 この日は松本城が目的ではなかったのですが、ついつい入城料を払い天守に登ってしまいました。

 この松本城はもちろん現存で、国宝4城のうちの一つです。 他の三つは、姫路・彦根・犬山なのですが、犬山はまだ行ったことがないんですよねぇ

 

 

松本天守より

その天守からの眺め。

 

 

この後私は、小笠原氏の本拠へと向かったのでした。 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

『高原』を『たかはら』と読むはサッカーファン(2)

Category : 長野県のいいところ

  登りはリフトを利用しましたが、下りは歩いてみます。

 

 


下山

白樺湖に向かって下りていくカンジですね。

 

 

下山道

途中後ろを振り返ると青い空!

 

 

ニッコウキスゲ

このあたりは、ニッコウキスゲの群生地として有名です。

が、見ごろは7月中旬だそうでして、私が行った時には少ししか咲いていませんでした。

ちなみに花言葉は勤勉だそうです。

 

 

すすき

秋はもうすぐそこ。

 

 

とんぼ

トンボもたくさんいました。

 

 

なんせすか?

花の名前とかすぐ言えたら、かっこいいんですけどね。

 

 

なんですぁ?

ね。

 

 

なんですか?

ね。

 

 

花なんですけど

ね。

 

 

もろこし

麓に戻ったら、お決まりのこれ。

好きなんですよね~

 

 

 いつもならこの後、霧が峰や八島湿原、少し足を伸ばして美ヶ原に行ったりもするんですが、この日は久しぶりに上田城に行ってきました。
 その記事はまたいつかの機会に書きたいと思います。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

『高原』を『たかはら』と読むはサッカーファン(1)

Category : 長野県のいいところ

みなさんもお気に入りの場所ってありますよね? 

私のお気に入りスポットはなぜかここ。

年に一度以上は訪れています。

ここに書くのは初めてですけどね。

 

 

ヴィーナスライン

この日は晴天でした。 

ヴィーナスラインはやっぱり気持ちいいですね。

風は涼しいのですが、日差しは突き刺さるくらい暑かったです。(お盆明け) 

 

 

白樺湖

展望台から見た白樺湖と蓼科山

 

 

車山入り口

車山高原の入り口ゲート

 

 

スカイライナー

恋の片道切符。 

ではなくて、片道リフト券を買って頂上に向かいます。

 

 

スカイライナー (2)

乗り換えて…

 

 

車山山頂へ

ここからは、少々の登山。

奥に見える丸いのは気象レーダーです。

 

 

車山山頂 (2)

山頂に到着。 きもちいぃ~!

 

 

車山山頂

山頂っぽい祠。

 

 

車山より

山頂からの眺め。

 

 

車山山頂にて

帰りは徒歩で… 

 

 

つづく…


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR