>

春はまだか? (後編)

Category : 埼玉入間のいいところ

 つづいては喜多院に行ったわけですが、ここもほとんどの桜は開花していませんでした。

 

 

喜多院 (2)

 ただ、一本だけ見ごろを迎えた枝垂桜があって、そこには見物客が群がっていましたよ。

 

 

喜多院

 わざと、人を入れて写してみました。

 

 

仙波東照宮

 喜多院の隣にある、仙波東照宮の桜もキレイでしたよ。

 

 

中院

 喜多院や、仙波東照宮のすぐ近くにある“中院”では、見ごろを迎えた枝垂桜がキレイだと聞いていたのでそちらへ…

 

 

中院のお客さん

 ここもカメラマンさんがいっぱいでした。

 

 彼らが(私もですが)撮っているのはこちら。 

中院の枝垂桜 

 

中院の枝垂桜 (2) 

 

中院の枝垂桜 (3)

 やっぱり、日本の春は桜だね~

 

 


[川越情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉 その他の街情報へ
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

春はまだか? (前編)

Category : 埼玉入間のいいところ

  昨日(3/29)は、関東の平野部でも雪が降り、春の到来も少し遠のいたでしょうか?。

 そんななか、本日は川越の桜を見に行ってきました。

 

 

新河岸川

 まずは、氷川神社の裏を流れる新河岸川沿いの桜。

 まだまだ咲いていませんねぇ

 

  

新河岸川 (2)

 ちらほらとは咲いていましたが…

 

 

中ノ門堀跡

 桜を見に行ってきたといいながら、本当はここがメインだったのです。

 川越城中ノ門堀跡の整備が終わった、というニュースを聞きつけやってきました。

 でもご覧の有様…

 

 

中ノ門堀跡 (2)

 門の外側からは見ることが出来ます。

 また桜が満開になった頃、見に来ればいいでしょうね。 

 

 

本丸御殿

 本丸御殿は、まだ工事中。

 

 

時の鐘

一応、お決まりの“時の鐘”

 

つづく… 

 

 


[川越情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉 その他の街情報へ

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

上州 世良田の里(5)

Category : 群馬県のいいところ

  はい、ここからは拝観料がかかります。

 

 

徳利門番

 ごらんのような徳利門番がいて、半自動扉のようです。

 開けるのは手動ですが、門の左下に見える徳利の重さで、自動で閉じます。

 

 

拝殿

 やっぱりありました、三つ葉葵の家紋。

 

 

世良田東照宮拝殿

 この拝殿は、もともとは日光東照宮にありました。

 今の日光東照宮は、三代将軍・家光の時に改修されたものですが、その時にここに移されたものだそうです。

 ということは、日光東照宮より古い建物っちゅうことですね?

 

 

鷹

 ちょっと色あせちゃってますが、彫刻もみごとです。

 写真は、家康が好きだった“鷹”ですが、他にも天女や鳳凰・龍などが彫られています。

 

 

 拝殿の後ろは、もちろん本殿ですが…

 

本殿へ

 あら、門が開いてますね~

 この門も、元々日光にあったものです。

  

 

本殿

 本殿です。 この本殿は、この地で造営されたものだそうです。

 

 

本殿 (2)

 やっぱり彫刻がみごと。

 日光でいうところの“眠り猫”くらい有名(?)な“巣篭もりの鷹”という彫刻があるそうなのですが、すっかり写真に撮ってくるのを忘れてしまいました。

 いつもツメがあまい…

 

 これで、世良田東照宮はおしまいです。

 


[東照宮] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

上州 世良田の里(4)

Category : 群馬県のいいところ

  黒門を抜けるとそこはこんな景色でした。

 

 

世良田東照宮

 鳥居と拝殿が見えますね~

 

 その前に左側を見てみると…

 

 

世良田東照宮の河津桜

 こ、これは…!

 

 

世良田東照宮の河津桜 (2)

 本数は少ないけれど、河津桜が満開でした。

 

 

燈篭

 元に戻って、拝殿前の燈篭

 これは、前橋藩主・川越藩主・忍藩主が奉納したものらしいです。

 

 

鉄燈篭

 そして一際高い(5メートル)この鉄灯篭は、川越藩主の秋元喬朝が奉納しました。

 日光の東照宮にも鉄灯篭がありましたが、それは伊達政宗が奉納したものでしたね。

 

 

 つぎは、社殿の紹介です。


[東照宮] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

上州 世良田の里(3)

Category : 群馬県のいいところ

  長楽寺にはもちろん、この人のお墓があります。

 

 

徳川義季

 徳川義季は徳川氏の祖とされる人物です。

 

 

  

徳川義季 (2)

 どれが義季さんの墓でしょうか?

 

 

なんだっけ

 ここは少し高台になっていて、開山堂を見下ろすことができます。

 

 

なんだっけ (2)

 その開山堂。

 

 徳川縁の地といえば、忘れちゃいけないのが東照宮です。

 もちろんここにもあります。

 

 

世良田東照宮

ほら。

 

 

世良田東照宮 (2)

 ここ黒門から中に入ります。

 

つづく…

 

 


[徳川家] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

上州 世良田の里(2)

Category : 群馬県のいいところ

  徳川氏発祥の地から車で5分ほどでしたでしょうか。

 東毛博物館に到着です。

 

 

新田義貞

 写真は新田義貞と休館日の博物館です。

 新田義貞は、鎌倉の北条氏を滅ぼした人物ですが、この像は、義貞が金の刀を海に投げ入れたところ、たちまちに潮が引いて、そこから鎌倉に攻め入ったというエピソードの像だそうです。 

 

 

並木

並木沿いを少し歩いて…

 

 

長楽寺

 長楽寺に到着です。

 

 

三仏堂

 長楽寺は、徳川氏の祖とされる新田義季の開基で、徳川家康が江戸に入ると、徳川発祥の地ということで天海に再興させたそうです。

 写真は“三仏堂”ですが、日光の輪王寺にも“三仏堂”がありましたね。 

 

 

太鼓門

 こちらはユニークな形の太鼓門。

 安っぽいロケットみたいですね。

 

 

十三重の塔

 そのロケット太鼓門を抜けると新田一族の供養塔(十三重の塔)があります。

 

 つづく… 

 


[新田義貞] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

上州 世良田の里(1)

Category : 群馬県のいいところ

 先日は群馬県太田市へ行ってきました。

 やきそばを食べに行って以来ですね。

 

 

 そこにはなにがあるかと言うと…

 

徳川氏発祥の地

 な、な、な、なんと、徳川氏発祥の地があるんですね。

 

 まずは栄徳寺。

 

 

永徳寺

 ここ永徳寺は、徳川氏の初代とされる徳川(新田)義季がこの付近に居を構えると、祈願所となったそうです。

 

 

永徳寺本堂

お決まりの…

 

 

徳川河岸

 この辺りは川だったらしい。

 ちなみに、徳川河岸線という鉄道もあったらしい。

 

 

 そして永徳寺の向かいには、初代徳川氏が居を構えた徳川館(満徳寺)があります。

 

満徳寺

 あれ? 門が閉まってますね…

 

 

満徳寺 (2)

 囲いの外側から見た本堂です。

 

 

満徳寺 (3)

 やっぱり…

 いつもツメの甘い私です。 

 

 武家の棟梁といわれた八幡太郎義家の孫・源(新田)義重の四男・義季がここに居を構え、“徳川”を名乗ったのが最初とされています。
 でもこれは、家康がでっち上げたウソの系図だというのが定説ですよね。

 征夷大将軍になるためには“源氏”でなくてはならないので、このようなウソの系図を作り上げたようです。

 

 でも、家康が平和な世の中を作り上げたことと、この辺りが江戸時代を通して保護されてきたことは事実です。

 

 次は、世良田東照宮へ…

 


[徳川家] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

→続きを読む

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

雪の日の大道寺政繁(4)

Category : 埼玉入間のいいところ

  続きましては、河越館の隣(というより、同じ?敷地内)の常楽寺にやってきました。

 

 

常楽寺

 まだ雪の残る総門をくぐると…

 

 

常楽寺 (2)

 立派な鐘楼門です。

 仁王さんもいらっしゃいましたよ。

 

 

河越太郎平重

 こちらは、まだ真新しい河越重頼・源義経・京姫の供養塔です。

 この河越館を建てた河越重頼の娘が、義経に嫁いだんでしたね。

 義経の奥さんというと、静御前が思い浮かびがちですが、彼女は正妻ではないですよね。 こちらの河越重頼の娘・京姫が正妻です。

 京姫も義経に従い、平泉で亡くなっています。

 

 

常楽寺本堂

なむ~

 

 

大道寺政繁の墓

 んで、こちらが大道寺政繁の墓です。

 本当の墓は群馬県松井田にあるので、こちらは正確には供養塔です。

 政繁は戦国時代好きにはまぁまぁ有名な人なのに、看板等が一切無くて、探すのに時間がかかりました。

 とはいえ、今はネットとかで事前に調べやすくなっているので、便利ですよね。

 役場とか、図書館に行って調べていた時代が懐かしいです。

 

 大道寺政繁の墓の目印は、右下に写っている『揚羽蝶』の家紋ですよ。 行かれる方は(あまりいないでしょうけど…)探してみてください。

 

おわり。 


[常楽寺] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

雪の日の大道寺政繁(3)

Category : 埼玉入間のいいところ

  続きましては、日本の政治の中心地・霞ヶ関へとやってきました。

 

 

霞ヶ関

 というのは冗談で、埼玉県川越市にも『霞ヶ関』があるんですね。

 

 霞ヶ関駅から歩いて15分ほどでしたかね? 

河越館跡

 河越館跡に到着です。

 上戸小学校を目安にするといいでしょう。

 

 

河越館

 あたり一面の雪景色ですが、ここに河越氏の館がありました。

 秩父平氏の流れを汲む重頼がこの地に居を構え、河越氏を名乗ったのが最初といいます。

 その重頼の娘は、源義経の妻になりました。

 

 その後200年はこの地に根を張りますが、いつしか河越氏は歴史の表舞台から姿を消してしまいます。

 

 

河越館 (2)

 その後戦国時代になると、この館は山内上杉氏や小田原北条氏の城として機能したようです。

 特に小田原北条氏時代は、大道寺政繁の知行地だったようです。

 土塁や堀なども確認できましたが、写真にするとわかりにくい(特に雪で…)ので載せるのはやめておきます。

 

 

河越館の梅

 今は発掘調査が進められているようで、今度はキチンと整備されてから来たいですね。

 

 次は、館付近にある常楽寺です。

  


[霞ヶ関] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

雪の日の大道寺政繁(2)

Category : 埼玉入間のいいところ

  先日の雪の降った日の翌日、埼玉県川越市にある蓮馨寺に行ってきました。

 その続きです。

 

 

蓮馨寺本堂

 こちらは本堂。

 

 

蓮馨寺賽銭箱

 賽銭箱です。

 北条の三つ鱗と、徳川の葵の紋が並んでいるなんて面白いですね。

 

 その賽銭箱の脇に座ってらっしゃるのが…

 

 

おびんづる

 おびんづる様です。

 おびんづる様の体を触って、その手で自分の体をなでると、病気が治るといいます。

 いろいろな寺にいらっしゃいますよね。

 

 

 一つ目の目的は、太麺焼きそばでしたが、二番目の目的はここ… 

 

 

大道寺母

 大道寺政繁のお母さんの墓です。

  この蓮馨寺はもともと、北条氏の家臣で川越城主だった大道寺政繁が、母親の菩提を弔うために建立しました。

 

 大道寺政繁といえば、昨年の大河ドラマ『天地人』にも少し登場しましたね。

 なのでここ蓮馨寺は、むりやり天地人ゆかりの地に認定しましょう!

 

 でも、大道寺家の墓で北条氏の家紋なのは、なんでだろう?

 政繁の母さんは北条出身なのかな~?

 

 

だんご

 悩んでもしょうがないので、団子を食べて帰りましたよ。
(写真は“かなめや”さんの団子ですが、川越の団子屋さんはいつもお世話になっている旋風と用心棒さんのブログが詳しいです)

 

つづく… 

 


[蓮馨寺] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

すみよし桜の里

Category : 埼玉入間のいいところ

 本日は埼玉県坂戸市にある、すみよし桜の里へと行ってきました。

 

 桜の開花にはまだ早いって?

 そうなんです。 ソメイヨシノの開花にはまだ早いですが、もう咲いている種類のものがあるんですよね。

 

 

すみよしの桜

 それは河津(かわづ)桜といって、毎年二月下旬から三月中旬にかけて咲くそうです。

 

 

 

すみよしの桜 (4)

 あれ~? まだ咲いていない?

 

 

すみよしの桜 (3)

 ちょっと気が早かったようです。

 いつもツメが甘い私です。

 この土手沿いに1キロに渡って河津桜の木が植えてあるそうなので、満開になればさぞかしキレイなんでしょうね。 

 

 先ほど調べてみたら、例年よりも開花が一週間ほど遅れているそうで、今月の15日頃が見ごろだそうです。

 ソメイヨシノと比べて咲いている期間も長いそうなので、また来る機会もあるかな?

 

 

すみよしの桜 (5)

 それでも、少しは咲いている木もありましたよ。

 

 

すみよしの桜 (2)

 ソメイヨシノよりも濃い目のピンクがいいですね。

 空も青くて気持ちよかったです。 

 


[河津桜] ブログ村キーワード
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉 その他の街情報へ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

雪の日の大道寺政繁(1)

Category : 埼玉入間のいいところ

 昨日は関東地方の平野部でも雪が積もりました。

 でも、『雪は夜更け過ぎに、雨へと変わった』ので、夜中に積もった雪も朝には溶けてしまって、交通機関の乱れもあまりなかったようです。

 

 そんななか、私は川越へと行ってきました。

 

 

連雀町

 午前11時ころの連雀町交差点です。

 雪なんてありませんね。

 

 

 

蓮馨寺

 蓮馨寺へとやってきました。

 ここは、本川越駅と蔵の街のちょうど中間くらいにあります。

 

 

蓮馨寺 (2)

 ここにはまだ、雪がありましたね。

 

 ここに来た目的は2つ。

 

 その一つは、太麺やきそばを食べることだったのですが…

 

 

鐘楼

 残念ながら、この日は休みのようでした。 

 近くにある『小江戸茶房』というところでも、同じやきそばが食べられるとのことでしたが、そこも定休日でした。

 

 あ~、食べたかったなぁ…

 

 

 で、二つ目の 目的は何かと言うと…

 

 

 次回の記事ということで。

 


[蓮馨寺] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

まだ江戸城を歩く(5)

Category : ---江戸城

  昨年5月に行った、江戸城外濠歩きの続きです。

 前回は、紀尾井坂を下るところまででした。

 

 紀尾井坂を下ると『弁慶濠』です。

 ここは埋め立てられずに、水を湛えてました。

 

 

弁慶濠

 弁慶濠を過ぎると、赤坂見附です。

 

 

赤坂見附

 見附というからには、ここにも江戸城の門がありました。

 

 

赤坂プリンス (2)

 と、その前に、紀伊和歌山藩徳川屋敷跡です。

 あの、暴れん坊将軍を輩出した家ですね。

 現在は、赤坂プリンスホテルの敷地です。

 

  

清水谷公園 (2)

 その赤坂プリンスの隣にある『清水谷公園』

 ここは江戸時代にはその名の通り“清水の湧き出す谷”だったそうでして、いまでもそのような雰囲気になっていました。

 ちなみに大久保利通が暗殺されたのは、この辺りだったそうです。

 

 

 見附に戻ります。 

赤坂御門 (3)

 この赤坂見附跡にも、立派な石垣が残されていました。

 

 

赤坂御門 (2)

  国道246号沿いにひっそりと佇んでいましたよ。

 

 次は、虎ノ門へと向かいます。

つづく…


[江戸城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

埼玉のマイナー史跡と、メジャーB級グルメ(4)

Category : 埼玉東部のいいところ

 ゼリーフライで腹を満たした私は、その近くにある天祥寺にお邪魔しました。

 

 

天祥寺

 成田氏が城主をしていた忍城ですが、北条氏滅亡後は徳川氏の家臣が入ります。

 最初は松平家忠。 彼は関ヶ原の前哨戦、伏見城の戦いで伏見城に籠り、鳥居元忠らと共に死んでいます。

 次に松平氏が二代続き、阿部氏が九代。

 そして1823年には、再び松平氏が入ります。 今度の松平氏は、通称・奥平松平氏といい、あの長篠の戦いの時の長篠城主だった、奥平貞昌(後に、信昌)の子孫なんです。

 その奥平松平氏が五代続いて、明治維新を迎えました。

 

 そんな、奥平松平氏の墓がここ天祥寺にあります。

 

 

 

松平氏の墓 

 ちなみに、長篠の戦いの悲劇のヒーロー・鳥居強右衛門の子孫も、奥平松平氏に従って来ていたそうです。
 墓も付近にあるようでしたが、見つかりませんでした。

 

 

 

 そして私は、お隣の加須市へと向かいました。

 

 

總願寺

 忍城は明治を迎えて取り壊されてしまいますが、移築現存門がここ加須市にある“總願寺”にあります。

 上の写真は山門ですが、派手ですねぇ~

 

 

總願寺本堂

 こちらは本堂。

 

 

黒門

 そしてこちらが忍城の現存遺構、黒門です。

 どこにあった門かは不明なんだそうです。

 

 

岡村屋 (2)

 そして加須市といえば有名なのが“うどん”です。

 江戸時代半ばに、ここ總願寺の門前で参拝客に振舞ったのが最初といわれています。

 それが上の写真の岡村屋さんです。

 今でも總願寺の山門前にあるんですよ。 わかりやすいですね。

 

 

岡村屋

 もりうどんです。

 加須うどんは“もり”でいただくのが一般的というので、私も“もり”でいただきました。

 

 とてもおいしくいただきましたよ。 大盛りにしておけばよかったかな~

 

おわり。 


[忍城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 史跡とB級グルメ
ジャンル : 旅行

埼玉のマイナー史跡と、メジャーB級グルメ(3)

Category : 埼玉東部のいいところ

 忍城と石田三成の水攻めについては、去年の一月の記事を見ていただくことにして…

 

 

  続いては、成田氏ゆかりの神社・仏閣を訪ねました。

久伊豆神社

 この神社は忍城の鬼門よけとして、成田氏によって建立されました。

 

 

久伊豆神社 (4)

 鬼門とは、鬼の出入りする門のことで、忌み嫌われることが多いでしょね。

 一般的には“北東”をさします。

  もちろんこの神社は、忍城の北東にありました。

 

 なお、この神社は“ひさいず”神社といいます。 けして“クイズ”神社ではないですよ。

 

 

長久寺

 その“クイズ”神社の隣には、長久寺

 この寺も成田さんが建立しました。

 

 

長久寺 (3)

 武運長久を願うという意味から“長久”寺と名づけられたんだそうです。

 安易ですね…(失礼)

 

 

 

 

 そして、やっと埼玉を代表するB級グルメの登場です。

 

 

さかもと

 こちらは行田市街からほど近いところにある、埼玉古墳群の目の前にある『さかもと』さんです。

 

  

ゼリーフライ

 そのさかもとさんで買ってみました“ゼリーフライ”です。

 このゼリーフライは、おからと茹でたジャガイモで作った『ころものないコロッケ』といったところでしょうか?

 味はホントにコロッケそのものです。

 

 なぜこれが“ゼリーフライ”なのかと言うと、形が小判型なので“銭(ぜに)フライ”と言われていたのが訛って“ゼリーフライ”となったのだそう。

 埼玉に来たときは是非食べてみてください。(行田周辺にしか売ってませんが…)

 

つづく… 


[ゼリーフライ] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 史跡とB級グルメ
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR