記事一覧

第一次野州攻め(最終回) ~金剛寺~

 皆川城の麓には、金剛寺がありました。  ここは、皆さんお察しの通り(?)皆川氏の菩提寺です。   皆川氏というのは、鎌倉幕府の御家人・小山政光の次男の小山宗政が初代とされます。  戦国時代には古河公方・北条・上杉らの争いに巻き込まれることになりますが、なんとか切り抜け皆川領を守ります。  戦国後期の当主・広照は、北条や上杉との戦いに明け暮れながらも、信長や秀吉、家康と誼を通じていたのが功を奏して...

続きを読む

第一次野州攻め(6) ~皆川城~

 西方城から南東へ15キロほどのところに、皆川城があります。   ほら、一目で“城跡”とわかる山があるでしょ?  あれが皆川城です。    さっそく登りましょう。  ここは、ちゃんと整備されていてるから、やぶ蚊の攻撃を受けることは少ないです。   こんなカッコいい土塁の跡や、堀跡があって、なかなか見ごたえのある城址です。   途中の曲輪にヒガンバナが咲いていました。    こう...

続きを読む

第一次野州攻め(5) ~児山城と西方城~

 少し間が空いてしまいましたが、続きです。  興禅寺から、車のある宇都宮城の駐車場まで移動です。   上の写真は、U字工事の漫才にもよく登場する『オリオン通り』です。  どこの都市もそうですが、駅前の商店街は人通りが少なくなっていますよね。  でもここはさすが県庁所在地・宇都宮です。  以前よりは人通りは少なくなっているようですが、まだまだ元気ですね。     オリオン通りを外れ、南側に向かう...

続きを読む

第一次野州攻め(4) ~興禅寺~

 餃子で腹を満たした後は、少し歩いて興禅寺です。   大きな通り沿いにある“ロードサイド寺院”で、歩道からだと門全体が入らないので、車道に出て写真を撮りました。  良い子はマネしないでね。       門をくぐると、まずはMっ気タップリの一休さんが出迎えてくれます。       なにが嬉しいんだか知りませんが、ばんざ~い!な布袋さん?   本堂ですが、狭い土地にイロイロなものがありすぎ...

続きを読む

第一次野州攻め(3) ~二荒山神社~

 宇都宮城の次に向かったのは、二荒山神社です。  日光の記事でも紹介した、下野国の一宮ですね。    その“いちのみや”が訛って、“うつのみや”になったという説もあります。  とにかく“宮”とつく場所には、大きな神社があることが多いですよね。      都会の中にある神社ですね。 隣には高層マンションが建っていましたよ。  鳥居は、1995年に再建されたものだそうでうす。    長~い(それほど...

続きを読む

第一次野州攻め(2) ~宇都宮城~

 続いては宇都宮城です。  宇都宮城は、鎌倉時代に宇都宮氏によって築かれました。  宇都宮氏は、戦国時代以前から周辺の豪族たちと血なまぐさい争いを演じますが、なんとか生き残り豊臣秀吉から本領を安堵されます。  これで、宇都宮にもやっと平和が訪れたと思ったら、突然宇都宮氏は改易されてしまいます。       その後は、本多氏・奥平氏などが入り、戸田氏の時に幕末を迎えます。  幕末の動乱時には戊辰戦争の...

続きを読む

第一次野州攻め(1) ~飛山城~

  9月下旬のこと、日帰りで栃木県の史跡巡りに行ってきました。 まずは、宇都宮市東部にある“飛山城”です。 飛山城は、鎌倉時代の後期、宇都宮氏の家臣の芳賀氏によってつくられました。 戦国時代には、他の関東の諸城同様、上杉・北条の覇権争いに巻き込まれますが、佐竹や結城などと組んで、戦国時代を乗り越えてきました。 豊臣秀吉が北条氏を降し天下統一を果たすと、この城は廃城となったようです。   なんと...

続きを読む

日々新たに、心安らぐ夏美人(最終回)

 長野県佐久市の史跡巡りは終了し、国道18号線で碓氷峠を越えて群馬県に入りました。 途中はここで休憩しましたよ。 おぎのや です。 おぎのやといえば、やっぱりコレですよね。 そう…   冷やしラーメン! 安養寺ラーメンを食べたばかりであまりお腹が減っていなかったので、釜飯ではなく、冷やしラーメンにしちゃいました。  この横川駅前の“おぎのやドライブイン”は、いつのまにかキレイなオシャレスポットにな...

続きを読む

ツナ・ワタナベ & サルビア

 その頃ワシは…   予報に反して晴れたにも拘わらず、昼前まで寝とったがじゃ…  by 弥太郎 モトリア~べ~♪ せっかくのいい天気なのに、どこかに出掛けないと損した気になりませんか? 私は、とても損をした気分になるので、ちっくと埼玉県鴻巣市へと出掛けてまいりました。 写真は、箕田(みだ)八幡神社です。  この神社は、平安時代に渡辺綱(わたなべのつな)により創建されました。 近くには、渡辺綱が父親と...

続きを読む

日々新たに、心安らぐ夏美人(16) ~安養寺~

 長野県佐久市の史跡巡り。 続いては、安養寺です。  鎌倉時代の高僧・法燈国師覚心が開いた寺です。 このお坊さんは中国で味噌作りを学び、それを全国に広めました。 そのことから、ここは信州味噌発祥の地といわれているんですね。  “信州味噌”というのがミソですよ。 日本に味噌を伝えたのは、違う人らしいですからね~   そしてこれが法燈国師覚心の墓… と思って写したのですが、後で調べてみるとそうでも...

続きを読む

日々新たに、心安らぐ夏美人(15) ~雲龍寺~

 長野県佐久市の史跡巡り。  続いては、雲龍寺です。     先日紹介した西念寺のすぐ近くにあります。  この寺の建立は鎌倉時代にまで遡りますが、しだいに廃れ、戦国時代に武田信玄が侵攻してくると武田家の庇護を受けて再興されました。  その時に住職として向かえられたのが、北高全祝(ほっこうぜんしゅく)です。       よって、山門には“武田菱”が…  電線が邪魔でしたね…     本堂にも武...

続きを読む

日々新たに、心安らぐ夏美人(14) ~西念寺~

 長野県佐久市の史跡巡り。  続いては、西念寺。     この寺は1560年に、武田信玄により建立されました。  武田家が滅亡し、江戸時代に入ると小諸藩・岩村田藩の庇護を受けたそうです。  場所は、中仙道岩村田宿本陣のすぐ近くです。      山門前には岩村田藩主だった、内藤氏の墓があります。  この辺りで“内藤”というと、信玄の家臣だった“内藤昌豊”の子孫かな?なんて思いましたが、そうではなくて...

続きを読む

吉見のコスモスと、カバちゃんの話

 その頃ワシは…  埼玉県吉見町に、コスモスを見に行っていたがじゃ~ by  弥太郎     どうしても日曜の夜は、頭の中が龍馬伝モードになってしまいますね。  この記事中にも、時々変な土佐弁が混ざるかもしれませんが、気にしないでつかぁさい(笑)     吉見町は、埼玉県のほぼ中央にあります。   『日本一の川幅』 の左岸に位置していることは、先日紹介しました。  そんな吉見町には、休耕田...

続きを読む

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ