>

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(7) ~雲洞庵 その2~

Category : 新潟県のいいところ
 


 この雲洞庵は、8世紀初頭に創建されたとされます。室町時代には関東管領だった上杉憲実が再興しました。

 ちなみにこの憲実は、謙信から数えて8代前の人です。














本堂 

 では早速、江戸時代に再建されたという本堂に入りましょう。













 
宝物殿 

 その前に宝物殿。

 大河ドラマ・天地人にも登場した北高全祝住職が、武田信玄や上杉謙信から慕われていたこともあって、その二人を中心とした縁の品が展示されていました。
 
 その辺の怪しい博物館なんかより、充実した内容でしたね~














学問の間 

 本堂に入るとこんな部屋がありました。

 上杉景勝・直江兼続主従が勉強したという部屋です。『ワシはこのようなとこ、来たくはなかったーっ!』という声が聞こえてきそうですね(笑)














おびんずる 

 撮影禁止ではないようですが、正面から撮るのはなんだか憚られますね。

 おびんづるさんがいます。











憲定と定満 

 事前の調査では、上杉憲定(この寺を再興した憲実の祖父)と宇佐美定満のあるとのことでしたが、この池の向こうにあるようです。

 地図とか見ても、どうにも行けそうにないのですが… 積雪がなければ行けるのかな?














開山堂 

 一番奥には、開山堂があります。

 初代~三代目住職と、上杉憲実・謙信、そしてなぜか徳川家康の位牌があるそうです。

 江戸時代になって、幕府に気を使ったんでしょうかね?



[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

九州遠征記(2) ~九州新幹線とラーメン~

Category : 熊本県のいいところ
 


 のぞみ号が博多駅に到着し、そこで“さくら号”に乗り換えました。











 

さくら

 新八代~鹿児島中央間は2004年に開業していましたが、博多~新八代間は3月12日に開業しました。

 あの震災の次の日だったので、全く話題にならなかったですね。












  
さくら (2)

 わお! 誰も乗ってないよ~











 
熊本

 博多から30分ほどで、熊本に到着です。

 早いですね。













 
熊本駅

 ホテルでチェックインを済ませたら、夕食ですよ。

 

 熊本ときたら、コレですよね!















 
黒亭 (2)

 熊本ラーメンです!













 
黒亭

 熊本ラーメンといえば、豚骨スープにマー油が入っているのが特徴ですね。

 麺は博多の麺よりは太いようです。

 この日は熊本までの移動でおしまい。 旅の本番は次の日からです…


[九州旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

武蔵野の夏、○○の夏!

Category : 埼玉比企のいいところ
 


 今日は、梅雨入り前の最後の晴れ間かもしれません。

 そんな噂を耳にしたので、近所ですがちょっくらお出掛けしてきました。













東松山農林公園

 埼玉県のほぼ中央、東松山市の農林公園です。














 
東松山農林公園 (2)

 この少し高台にある農林公園では、ポピーが今見ごろだというので見てきましたよ。












 
東松山農林公園のポピー

 ポピーは、別名・雛罌粟(ひなげし)とか虞美人草(ぐびじんそう)とかいいますよね。













  
東松山農林公園のポピー (2)

 まさに…














 
東松山農林公園のポピー (3)

 丘の上、ひなげしの花で♪













 
東松山農林公園のポピー (4)

 占うの、あの人の心♪




 song by  アグネス     の世界でしたよ(笑)




 少し歩いたら、おなかが減りますよね~












 
UDON本舗

 同じ東松山市にある“UDON本舗”さんにお邪魔しました。













 
UDON本舗の冷汁

 今日は暑かったから、このあたりの名物・冷汁うどんをいただいました。

 つけ汁は、すったゴマと味噌と砂糖を冷水またはだし汁で溶き、そこにミョウガやキュウリ・シソを混ぜて出来上がりです!

 埼玉の夏の風物詩ですよ!

 


[東松山情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(6) ~長尾政景墓所と雲洞庵~

Category : 新潟県のいいところ
 

 六日町駅付近をフラフラしたあとは、坂戸城の麓にある長尾政景の墓所に行きました。















長尾政景墓所

 ここも積雪が残っていたのですが、なんとか近づくことができました。














 
長尾墓所

 墓石に近づくことが出来なかったので、いつ建立されたものか確認することはできなかったのですが、比較的新しい墓石のようですね。

 長尾政景は上杉謙信の後を継いだ上杉景勝の実の父親で、謙信の姉・仙桃院を娶っていました。

 大河ドラマ天地人では、最初の回で死んでしまいましたね。同僚の宇佐美定満に殺されたという説があるようですが、ドラマではどうでしたっけ? 忘れてしまいましたよ…













  
直江供養等

 長尾政景の墓の隣りには、なぜか直江兼続の供養塔がありました。 奥に見える五輪塔群は、歴代の上田長尾氏(長尾政景の系統です)の供養塔です。

 これらはあきらかに、天地人ブームにあやかって建てられたものでしょう(笑)

 こういうのも、数百年後には文化財になるのでしょうか?







 そして長尾政景の墓を見た後には、雲洞庵に向かいました。













 
雲洞庵赤門

 長尾政景の墓からは、南に15分ほどで到着です。

 大きな看板もたくさん出ているので、迷わず行くことができました。

 上の写真は赤門です。 昔は貴人など、偉い人が通るときにしか開けられなかったそうです。
 
 そんな赤門には…













土踏んだか

 『雲洞庵の土踏んだか』の看板がありました。

 これは赤門より本堂に至るまでの石畳の敷石の裏に、法華経を一石一字ずつ記して敷きつめたことから、この石畳を踏みしめてお参りすると “罪業消滅、万福多幸の利益に預かる” との言い伝えから生まれた言葉だそうです。













 
雲洞庵の土

 その御利益があるとの噂の石畳です。
   














 
雲洞庵灯篭

 では、先に進みましょうか。














 
水芭蕉

  
 つづく…


 
[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

九州遠征記(1) ~プロローグ~

Category : 一人旅
 

 先日から数日間、念願だった九州旅行に行ってきました。 そのレポートです…

 まずは東京駅から新幹線に乗りました。













 これがその時乗った新幹線です。

 いやいや、これは“ドクターイエロー”ですね(笑)














 
005_20110521215323.jpg

 本当に乗ったのはこちらです。













 
006_20110521215322.jpg

  のぞみ号 博多行きです。

 新幹線に乗るのは三年前の姫路以来でしょうか…













007_20110521215322.jpg

 なぜか東京駅で買った牛タン弁当を食べて…
















 
009_20110521215321.jpg

 気分を盛り上げるために、小説を読んで…









 ……Z Z Z













 
010_20110521215321.jpg

 おっと、いつのまにか広島です(汗)

 新幹線で岡山より西に行くのは初めてですね~、 やっぱり九州は遠いや!

  
つづく…


[九州旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(5) ~六日町駅周辺・その2~

Category : 新潟県のいいところ
 
 お六と桂姫の像から、少し駅側に戻ると…















兼続通り

 いつのまにか兼続通りなるものが出来ていました(笑)

 兼続通りっていうくらいだから、彼に関するものが何かあるのだろうと歩いていると…













 
幸村

 幸村~! (本名・信~!)













 
三成

 三成~! (幼名・佐吉~!)

 でもこの像、おもいっきりあのゲームを意識してますよね?

 もちろん、謙信や景勝の像もありましたよ。













 
南魚沼市役所

 次は南魚沼市役所です。

 以前私が来た時はまだ南魚沼郡六日町でしたが、2004年に大和町と合併して南魚沼市になりました。

 ここにも、天地人関連のスポットがあります。













 
南魚沼市役所で

 上杉景勝と直江兼続のレリーフです。

 このレリーフは、市制施行以前からありましたよ。



 次は 『ワシはこんなところ、来とうはなかった~っ!!』 で有名なあの場所です。
 


[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(4) ~六日町駅周辺~

Category : 新潟県のいいところ

 おいしい蕎麦をいただいた後は、六日町駅付近の散策です。













六日町駅から
 

 駅から見た景色です。

 左に見える山が坂戸城のある坂戸山です。 

 今回は登りませんでしたけどね~














 
USG24.jpg 

 お! USG24なんてのもあるんですかっ!?













 
六日町大橋 

 一枚目の写真の奥の方に歩いていくと、六日町大橋があります。

 この橋の袂には…














 
お六と桂姫 

 お六桂姫の像がありました(後ろは坂戸城)

 お六とは直江兼続の幼名です。本当は“与六”ですが、地元の六日町では、お六とよばれて親しまれているようです。ニックネームのようなもんでしょうかね?

 桂姫とは、上杉景勝の妹です。上杉景虎に嫁いだ華姫とは別人ですよ。


 六日町に伝わる話では、お六桂姫は周囲も公認のラブラブの仲だったのだそうです。 でも時は戦国時代、そう簡単に二人が結婚できるわけがありません。 

 桂姫は上条義春に嫁いでしまいます。

 桂姫は上条家に嫁いだ後も、お六と一緒になることを夢見ていましたが、お六が直江家を継いでもう一緒になれないことを知ると、傷心のあまり病を発し間もなく亡くなったという話です。

 写真では下のほうに見切れていますが、南魚沼市はここを“恋人達の聖地”としたいようです。 結局一緒になれなかったのだから“聖地”にしちゃダメなんじゃないの~?





[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(3) ~八海山神社と蕎麦~

Category : 新潟県のいいところ


 六万騎山城を攻略した後は八海山の麓にある八海山神社に行きました。













宮野屋へ

 山の方に行くので積雪が心配されましたが、車道には雪は無く安心しました。













 
八海山神社 (2)

 無事到着したのはいいですが、神社境内には積雪で入れませんでしたよ…













 
八海山神社

 これは地震で壊れちゃったんでしょうか?













 
八海山

 なんとか望遠で撮った社殿です。

 周りを板で囲っているのは、積雪対策なんでしょうかね?



 
 八海山神社を参拝した(してないけど)あとは、日本蕎麦を食べに行きました。













宮野屋 (3)

 この蕎麦屋は八海山の登山口にあって、登山カード記入所にもなっていました。

 実は10年ほど前にもここの蕎麦を食べていて、とてもおいしかったのでまた来ちゃいましたよ~






 では、早速店内に入りましょう…


















 
宮野屋

 …あれ? 

 事前の調査だと、この日は定休日じゃなかったような気がしたのですが。 それとも冬季は休みなのかな?

 

 まあこんなこともあろうかと、もう一軒調べておいた店に行きましたよ。













長森 (3)

 長森さんです。

 古い建物を改造したのかな? 雰囲気があっていいですね~












 
長森 (2)

 田舎そばを注文しました。














 
長森

 十割蕎麦と迷ったんですが、この田舎のゴワゴワした感じが好きなんですよね。

 おいしくいただきましたよ~

 

[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(2) ~六万騎山城~

Category : 新潟県の城
 

 浦佐から南に車で15分ほどだったでしょうか、六万騎山に到着です。














六万騎城登山口

 積雪が心配されましたが、登山道に雪は無いようなので登ってみました。














 
六万地像

 登山道を少し外れると、ご覧の有様…













 
六万カタクリ

 この六万騎山は、カタクリの群生地でもありました。











 
六万騎カタクリ

 薄紫の小さな花が、可憐ですね。













 
六万騎城本丸

 さて、30分ほどの登山で主郭に到着です。

 

 この六万騎城の築城時期、築城者は詳しくはわかっていないそうです。

 戦国時代には上田長尾氏の坂戸城の支城となり、上杉氏の会津移封に伴って廃城になったのは確かのようです。
 














六万騎本丸より 

 積雪もあり遺構などはあまり確認できませんでしたが、この雄大な景色を見ることができたので満足です。



[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

雪解けを待ったつもりで南魚沼征伐(1) ~普光寺と浦佐城~

Category : 新潟県のいいところ
 今回から、4月14日に訪れた南魚沼市の史跡巡りのレポートを始めます。















普光寺

 まずは関越自動車道・大和スマートICから、車で5分ほどのところにある普光寺(浦佐毘沙門堂)です。

 JR浦佐駅からも近いですよ。













 
普光寺 (2)

 江戸時代末期に作られた山門を抜けると…












 
普光寺渡廊下

 そこは雪国だった…













 
浦佐毘沙門堂

 ホントに冗談ではなく、この毘沙門堂にも雪で近づけません。













 
普光寺本堂

 4月中旬なので、もう雪は無いだろうと思っていたんですけど、その考えは間違っていました。

 恐るべし、豪雪地帯!




 この普光寺は、坂上田村麻呂が毘沙門堂を建立したのが始まりとされます。

 戦国時代には、上杉謙信・景勝親子が武運を祈願したそうですよ。





 この普光寺の裏には、浦佐城址があります。














 
普光寺 (3)

 天地人ブームに合わせて作ったのでしょうか?

 わりと新しい看板がありましたよ。

 その看板を頼りに、登山口に行ってみると…













 
浦佐城入口

 あら? 雪で登れませんよ~。 “かんじき”でも履いていれば登れたかもしれませんが、いつものGパンにトレッキングシューズじゃぁね…

 大河ドラマ・天地人の放送にあわせて整備されたというこの城址をぜひとも見ておきたかったのですが、この積雪じゃしょうがないですね。
 
 恐るべし豪雪地帯!













 
浦佐城

 この小さな山が、浦佐城です。

 浦佐城は15世紀の初めに大関氏によって築城されたとされます。 

 上杉景勝と景虎が上杉謙信の跡目を争った“御館の乱”では、この城を預かる清水某は景勝側について、景虎側の援軍の北条軍を撃退したそうです。
   
 その後は、上杉氏が会津に移封になったときに廃城になりましたとさ。
 

[南魚沼情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

常州攻め(最終回) ~称名寺と孝顕寺~

Category : 茨城県のいいところ
 最後は結城氏縁の寺を訪れました。











称名寺御霊屋門

 称名寺です。















  
称名寺本堂

 称名寺は結城氏の初代・朝光の開基です。













 
結城朝光の墓

 もちろん、朝光の墓もありますよ。












 
頼朝遺髪

 そしてこちらは大将塚。

 源頼朝の死後、結城朝光が頼朝の遺髪を持ち帰り、ここに埋めたのだそう。













 
孝顕寺

 称名寺の隣りには、孝顕寺があります。














 
孝顕寺 (2)

 朱色の山門が美しいこの寺は、結城氏弟15代の政朝の開基です。

 結城氏が越前に移封になってしまった後は、その後に入った水野氏の菩提寺となり保護されました。














 
孝顕寺水野家

 その水野氏の墓です。













 
葵の門

 あれ? 水野氏の家紋って葵だったっけ?

 称名寺も、孝顕寺も、結城市街地にありますよ。







おわり。


 



[結城情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

→続きを読む

テーマ : 史跡とB級グルメ
ジャンル : 旅行

常州攻め(6) ~結城城~

Category : 茨城県の城
 久々の再開、常州攻めです。

 久下田城の次に訪れたのは、茨城県結城市にある結城城です。













結城城前

 常陸国を攻めたので“常州攻め”というタイトルにしたのですが、茨城県結城市は下総国に所属していたんですよね。

 それは跡で気づいたことですが、今更タイトルを変えるのは面倒くさい(笑)ので、カンベンしてください。













 
結城城堀跡

 結城城は、JR結城駅からだと北東に2キロほどのところにあります。

 途中にある結城小学校の壁のほうが城址っぽいので、間違えないようにしてくださいね。













 
結城城

 結城城は平安時代の末期、小山政光の四男がこの地に赴任した時に築城したとされます。

 その後は、結城合戦で結城氏が一時没落した時を除いて、戦国時代末期までこの地を結城氏が治めました。

 最後の城主は、あの徳川家康の次男・秀康ですね。

 秀康が越前に移封になったときに、結城城は一度廃城になりましたが、18世紀の初めに水野氏がここ結城に移封になってきた時に再建されました。

 水野氏は、幕末までこの地を治めます。











  
結城城 (2)

 その水野氏を祀った聰敏神社。













 
結城合戦タイムカプセル

 結城合戦タイムカプセルって、一体何が埋められているの?

 

 結城氏と結城城を一躍有名にさせたのが、この結城合戦でしょうね。

 室町幕府の鎌倉支局ともいえる鎌倉公方と、それを補佐する役割のはずの関東管領・上杉氏が対立。 関東管領のほうが幕府の後押しを得て、鎌倉公方を滅亡に追い込みました。

 そして鎌倉公方を再興させようとする結城氏が、鎌倉公方の遺児たちを奉じて挙兵します。

 この結城氏・公方軍と、幕府・関東管領軍との戦いが結城合戦です。

 結局結城氏は敗れてしまいますが、この前後から関東地方では、地元の豪族を巻き込んでの鎌倉公方 対 管領上杉氏の血みどろの戦いに発展し、さらには上杉氏の内紛、そしてそれに乗じた後北条氏の台頭に繋がっていくのです。 

 そんな天下の旗に叛いた結城氏の居城から、歩いて15分ほどのところには結城氏の墓所があります。













結城家廟

 ここには初代・朝光から、第16代政勝までの墓が並んでいました。

 ちなみに政勝の子供(といっても小山氏からの養子)が晴朝で、その晴朝の跡を継いだのが結城秀康です。






 
[結城情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR