>

車山高原と海野宿(3) ~和田宿~

Category : 長野県のいいところ
道祖神カップル 

 車山高原から海野宿に行く途中、和田宿にも寄りました。

 車山からは40分ほどのドライブでした。










和田宿 

 和田宿は中山道にある、江戸から数えて28番目の宿場町です。











 
和田宿の町並み 

 古い町並みはそれほど残されていませんが、雰囲気はありますね。











 
和田宿本陣 

 和宮も泊まったという本陣は、絶賛工事中でした。











 
信貞寺 

 和田宿内にはもう一つ目当てがあります。

 信貞寺です。











 
信貞寺本堂 

 この信貞寺は、この本堂の裏山にある和田城城主・大井信貞の菩提を弔うために、1553年に建立されました。











 
和田城へ 

 その大井信貞が城主を務めた和田城がこの上にあるのですが、真夏の山城はキケンなので止めてやりました(笑)











  
信貞寺のあじさい 

 もちろん、大井信貞の墓もあるのですが、それは信貞寺からはチョット離れた場所にあります。











 
信貞の墓近く 

 それは、車で5分ほどの場所にありました。

 








 
大井信貞の墓 

   大井信貞は和田城主でしたが、武田信玄によって攻め滅ぼされました。

 大井氏といえば、宗家は信濃守護代も勤めた名門の家ですが、信貞の大井家は分家で、本家の大井家は信玄・勝頼に仕えた後は徳川家康に従いました。

 というか、徳川家康に従った家が『本家である』と名乗ったのかもしれません。

 ちなみに、武田信玄を生んだ大井夫人や、信玄が初陣で戦ったとされる平賀源心も大井氏の出身です。

 
[信州] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(6) ~大照院~

Category : 山口県のいいところ
大照院入口 

 松蔭神社の後は、大照院に行きました。











大照院山門

 松蔭神社は市街の東の端にある、この大照院は南の端にあるので、自転車とはいえちょっと時間がかかってしまいました。 

 でも五月晴れの爽やかな陽気だったので、気持ちが良かったです。











大照院

 この大照院は、8世紀頃の建立とされますが、藩二代藩主の綱広が父の菩提寺としたことから多いに栄えたといいます。











 
大照院本堂

 その後、以前に紹介した東光寺と共に毛利家の歴代藩主の菩提寺となりました。











 
大照院本堂と

 はい、皆さんお察しの通り(?)、藩歴代藩主の墓がありますよ~











 
大照院毛利家墓所入口

 それの入口がここです。










 
大照院配置図

 以前紹介した東光寺は奇数代の藩主の墓所でしたが、ここは偶数代の藩主の墓があります。

 あ、でも初代の藩主の墓もここにありますよ。











 
大照院毛利家墓所

 東光寺と同じく、多くの石灯篭が並んでいました。

 数は604基だそうです。












 
大照院墓所

 その石灯篭が並んだ奥に藩主の墓がありました。

 東光寺の墓は角柱墓だったのに、こちらのは五輪塔ですね。



 次はお城です。




 


[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(5) ~松陰神社~

Category : 山口県のいいところ
松蔭神社へ  

 吉田松陰の墓参りを済ませたら、やはりアノ場所にいかねばなりませんね…











わんわんお

 どこだワン? 










 
松蔭神社鳥居 

 もちろん、吉田松陰が祀られている松蔭神社です。

 萩に入ってから、毛利家墓所と松蔭の墓を見てきましたが、そこには観光客なんてまったくいませんでした。

 でもやはり松蔭神社はメジャー観光地ですね。

 平日にもかかわらず、沢山の観光客で賑わっていましたよ。











 
松下村塾 

 その観光客が目当てにしているのが(私もですが)ここ、吉田松陰の私塾・松下村塾です。

 









 
松下村塾 (2) 

 松下村塾とはなにかを、私がここで書くまでもないですね。

 











松下村塾 (3) 

 来てみた感想は、思ったより小さいいのと、観光客が多すぎる!

 『ああ、ここから多くの志士が巣立ったいったのだなぁ』なんて感慨にふける余裕などありませんでした。











 
松蔭神社にて 











 
松蔭神社二の鳥居 











 
松蔭神社拝殿 

 神社はというと、昭和30年に竣工しただけあって、新しかったです。

 











 
長州地サイダー

 最後は地サイダーで、乾杯!



 


[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

車山高原と海野宿(2) ~下山~

Category : 長野県のいいところ
下山開始 

 車山高原の続きです。

 山頂に登ったところまで書いたので、下山からです。











カラマツソウ

 下山は高山植物を見られるように、徒歩にしました。

 上の写真は、唐松草(カラマツソウ)










 
エゾカワラナデシコ

 蝦夷河原撫子(エゾカワラナデシコ)

 銀メダルおめでとう!









 
ウスユキソウ

 薄雪草(ウスユキソウ)

 エーデルワイスの仲間だそうな。










 
アカバナシモツケ

 赤花下野草(アカバナシモツケ)、だと思う…










 
下山中

 景色も見ないとね~♪










 
コウリンカ

 紅輪花(コウリンカ)

 散りそうなのではなく、花弁が下を向いて咲く花です。










 
ニッコウキスゲ

 おなじみ、ニッコウキスゲ!










 
ノアザミ

 野薊(ノアザミ)









 
ハクサンフウロ

 白山風露(ハクサンフウロ)、だと思う…










 
とんぼ2012

 トンボも、おなじみ(笑)









 
マツムシソウ

 松虫草(マツムシソウ)











 
ヤマボタルフクロ

 山蛍袋(ヤマホタルブクロ)










 
ヤマユリ

 小鬼百合(コオニユリ) with ハッチ。










 
わからん

 これは、なんだったかなぁ?










 
トウモロコシ

 下山したら、やっぱりトウモロコシですね!



 次回からは、史跡めぐりです。



 
[車山高原] ブログ村キーワード
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

紀伊半島横断の旅(最終回) ~内宮の門前町~

Category : 三重県のいいところ
おかげ参道入口 

 内宮を参宮した後は、門前町を散策しました。











おかげ横丁 (3)

 この門前町は通称・おはらい町ともいい、神宮内宮入口である宇治橋まで、約800m続きます。











 
おかげ横丁入口 

 おはらい町の中ほどには、1992年に開かれた“おかげ横丁”という古い町並みを再現した観光施設もあります。











 
おかげ参道 

 古い町並みを見て歩くのもいいですが











  
おかげ参道 (2) 

 










 
おかげ」横丁 

 










 
おかげ横丁 

 やっぱり、食べ歩きですよ~♪











 
おかげ横丁 (2) 

  










 
きゅうりの一本是家
キュウリの一本漬け 











 
松阪牛入り
みゅったさんに教えてもらった、松坂牛の肉まん 











 
やっぱり団子
団子は定番ですね♪ 











 
赤福
最後は伊勢名物・赤福で締めくくります。 











 
より大きな地図で 紀伊半島横断の旅 を表示



 今回訪れた場所を、地図上にマーキングしてみました。

 紀伊半島が正確にはどの範囲なのかは知りませんが、ちゃんと紀伊水道側から伊勢湾側まで横断しているのがわかりますよね。


おわり。



[紀伊半島] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

紀伊半島横断の旅(32) ~伊勢神宮内宮~

Category : 三重県のいいところ
宇治橋と鳥居 

 車で10分ほどだったでしょうかね、外宮の後は、もちろん内宮ですよ。

 
 上の写真は宇治橋といい、20年ごとに架け替えられるんだそう。

 











内宮参道 

 宇治橋を渡れば、参道はやはり簡素。

 でもそれが、日本最高神を祭る神社に向かっているのだ、という気にさせてくれる。(いいすぎかな?)











 
五十鈴川 

 参宮(神宮にお参りする時は、参拝ではなく参宮というそうな)の前には、ここ御手洗場で身を清めます。

 ちなみにこの石畳は、徳川綱吉のお母さんの寄進です。

 

 本当はこの御手洗場で心身を清めるのが正式なのですが、それを簡略化したものが…











 
手水舎 

 おなじみの、手水舎ですね。











 
内宮紅葉 

 紅葉が綺麗でした♪










 
内宮杉 

 やはり神域、なにかが違う…











 
外幣殿 

 外幣殿(げへいでん)

 宝物が収めてあるらしい。











 
荒祭宮 

 数ある別宮の中でも、一番偉いという荒祭宮。











 
風日折宮 

 風日折宮。

 元寇の際、蒙古軍を全滅させたのはこの神様らしい。











 
皇大神宮 

 そしてこちらが皇大神宮内宮)です。

 祭られているのは天照大御神で、われら日本人の総氏神ですね。

 言い方はおかしいですが、まさにKing of Japanese god ということですね。



 外宮と同じく、ここでの写真撮影は禁止です。

 カメラを持って階段を上がると、どこからともなくガードマンさんらしき人が現われて注意されてしまいます。











 
遷宮

 神宮の本殿(正殿)は、20年に一度建て替えられます。

 これを神宮式年遷宮というのですが、その遷宮が来年の平成25年に行われます。

 私が行った時(平成23年秋)には、すでに急ピッチで準備が進められていましたよ。

 20年ごとに新築の住まいを用意してもらえるるなんて、羨ましいですなぁ、天照さんは…











 
鯉と紅葉

 次は最終回、門前町です。



 


[紀伊半島] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

紀伊半島横断の旅(31) ~伊勢神宮外宮~

Category : 三重県のいいところ
外宮神橋 

 さて、紀伊半島横断の旅も最終日。

 最終日は伊勢神宮に参拝しましたよ。

 伊勢神宮は、正式名称は単に“神宮”といいまして、外宮と内宮の二つからなります。

 










手水

 まずは、市街地からも近い外宮から…











 
団体さん

 あら、団体さんと一緒になっちゃいましたよ。

 まあ、C国の方ではなさそうなので、よしとしますか…











 
いかにも神域

 一の鳥居をくぐるといかにも神域という雰囲気ですね。

 他の有名な神社なんかと比べると、とても質素で厳かなかんじでした。











 
社務所

 社務所でしょうか?

 ここだけは普通の神社っぽく、お守りなんかも売っていました。











 
多賀宮

 御正殿に向かう前に、別宮にも参拝。

 こちらは、多賀宮。











 
風宮

 風宮









 
土宮

 土宮











 
豊受大神宮

 そしてやっと御正殿。

 普通の神社で言うところの本殿です。 

 鳥居の右に見える建物が拝殿で、その奥に正殿があります。

 正面及び近くから写真を撮ることが禁じられているので、この角度になってしまいました。












御厨

 いやぁ、普通の神社と違って、参拝するのに緊張しましたねぇ

 やっぱり、日本で最も尊い神社言われているだけのことはありますよ。












 
帰り

 結局この団体さんと最後まで一緒でした。











 
宮域図
【クリックで拡大】

次は内宮です。


  



[紀伊半島] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

受験のついでに墓参り(後編)

Category : 東京都のいいところ
染井霊園  

 本妙寺の後は、すぐ近くにある染井霊園に行きました。

 染井吉野の発祥の地でもあるこの霊園にも、有名人の墓がありますよ。












高村家 

 まずは智恵子抄で有名な高村光太郎(というより高村家)の墓。

 なんか、近代的ですね~











 
水戸徳川家 

 そしてこちらは、水戸徳川家の墓。











 
二葉亭四迷 

 続いては、『くたばっちめぇ!』 をもじったという、二葉亭四迷の墓。











 
藤堂高ほにゃ 

 次は幕末の津藩主・藤堂高猷(とうどうたかゆき)の墓です。

 高猷は、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍から新政府軍に寝返りました。

 それが原因で幕府軍が敗走することになるのですが、敵からも味方からも『さすがは高虎の子孫、血は争えぬ』と罵られたといいます。

 高虎は主君は何度も変えましたが、裏切ったというイメージは無いですよね。









  
藤堂高潔

  高猷の息子で、最後の津藩主・高潔の墓がこちらです。
 











弥太郎の墓入口

 実は岩崎弥太郎も、最初はこの染井霊園に埋葬されたのですが、後に改葬されました。

 それが上の写真なのですが、今は一般公開はされていないそうです。

 門には“岩崎家の墓”とも書いていないし、岩崎家の家紋も入っていないので、気をつけていないとわかりませんよ。











 
染井にゃんこ

 わかったところで、お参りは出来ないニャ~











 
巣鴨地蔵商店街

 帰りは巣鴨駅から山手線に乗りました。



おわり
 



[江戸城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 武将の墓参り
ジャンル : 旅行

受験のついでに墓参り(前編)

Category : 東京都のいいところ
馬肥ゆる秋 

 9月だというのに、残暑が厳しいですね。

 それでも、空はほんのチョットだけ高くなったような気がします。

 9月1日には、こんな所に行ってきましたよ。










 
大正大学 

 都営地下鉄 西巣鴨駅から近い、大正大学です。

 大正大学でナニをやってきたかというと…











 
受験票 

 第一回 日本城検定です。

 記念すべき第一回であるのと、自分がどれだけ城の知識があるのか試したかったので、とりあえず受けてみました。

 公式サイトに載っていた“中級”の例題をやってみたら全問正解だったので、調子に乗って中級を受けてみたのですが、本番はとても難しくて6割くらいしか出来ませんでしたよ(涙)

 
 私のブログを見てくださっている方の中にも、受けた方はいらっしゃいますかね~?




 試験が終わったら、史跡めぐりです(笑)











  
徳栄山 

 大正大学から、歩いて15分ほどの場所にある本妙寺に行ってきました。

 もちろん、有名人の墓がありますよ。











 
久世氏

 まずは関宿藩主の久世氏の墓。

 久世氏は幕末に老中を出すほどの名門の家です。










 
振袖火事

 明暦の大火は江戸史上最悪の火事といわれ、一説には10万人もの死者が出たといいます。

 この時に江戸城の三代目の天守も焼けてしまい、以後天守は再建されることはありませんでした。

 その大火の出火場所が、ここ本妙寺だったのです。

 










 
千葉周作

 次は、北辰一刀流の創始者・千葉周作です。

 いわずと知れた幕末の剣豪ですね。

 弟子には、清川八郎・山岡鉄舟・山南敬助などがいます。

 ちなみに、坂本龍馬は、周作の弟の道場で学びました。











 
金さんの墓

 そしてこちらは、遠山の金さんのモデルになった遠山景元の墓です。

 遠山の金さんといえば桜吹雪の刺青が有名ですが、遠山景元は本当に刺青をしていたらしいです。

 “名奉行”はフィクションらしいですが、刺青はノンフィクションだったのですね~

 ちなみに、千葉周作とは同い年です。


 つづく…


 




[江戸城] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 武将の墓参り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR