>

2012年を振り返る

Category : 日記


 今年も残すところあと数時間。

 今年も沢山のご訪問、そしてコメントをありがとうございました。

 さて、今年最後の記事は、毎年恒例の“一年を振り返る”企画です。











会津若松城2012
【会津若松城天守閣】

 まずは4月、本格的な史跡めぐりは雪解けの会津からでした。

 











 
大内宿
【大内宿】

 毎年のように会津に行っていますが、まだ“巡りきれていない”史跡があったのと、福島に訪れることで復興の手助けになればと思ってのことでした。

 なかでも、上の写真の大内宿は、行ってみたかった場所のひとつです。

 









 
萩城天守台
【萩城天守台】

 5月は中国地方の旅でした。

 まだ訪れたことの無かった、山口県と広島県を中心とした旅でした。











  
錦帯橋と岩国城
【錦帯橋】

 この旅のレポートは、まだ終わっていませんね。

 春までには終わらせるつもりです(笑)











 
とうきょうそらまち
【東京スカイツリー】

 そういえば、スカイツリーも見に行ったのでした。











 
ニッコウキスゲ2012
【ニッコウキスゲ】

 これも、毎年の恒例になりつつありますね。

 車山のニッコウキスゲです。











 
北国街道海野宿
【海野宿】

 ニッコウキスゲを見た後は、海野宿の散策でした。

 蕎麦がうまかったなぁ♪











 
成田山新勝寺
【成田山新勝寺】

 9月は千葉の旅でした。

 










 
佐倉城の堀
【佐倉城空堀】

 あまり行く機会の無い千葉県は、私の課題の一つでした。

 その課題を一つクリアできたので、よかったですね。

 城もいくつか周ることが出来ました。

 このレポートもまだ書いている途中でした(笑)











 
金色堂
【中尊寺金色堂】

 12月は東北の旅でした。

 











 
瑞宝殿
【瑞宝殿】

 この東北旅行の記事はまだ書き始めていませんが、東北の太平洋側が中心だったということで、いろいろと考えさせられる旅になりました。 










~2012
【クリックで拡大】

 そしてこれも毎年恒例の日本地図です。

 このブログで紹介している都道府県は“赤”、行ったことはあるが、ブログで紹介していない都道府県は“黄”で塗ってあります。

 これを見ると、本州と四国は制覇したことがわかります。

 この地図が真っ赤になるまで、このブログを続けられていたらいいですね(←この文句も毎年書いているなぁ)


 ではみなさん、よい年をお迎えください!  



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
スポンサーサイト

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(23) ~錦帯橋~

Category : 山口県のいいところ
名勝 錦帯橋  

 朝霧城から車で約1時間、岩国といえばコレといっても過言ではない、錦帯橋に到着です。

 奥の山の上に、なんか建ってますね?











錦帯橋と岩国城天守 

 関ヶ原の戦い以後、この地を与えられた吉川広家は、岩国城とその城下町の間を流れる錦川に橋を架けます。

 それが錦帯橋の原型ですが、この橋は錦川の氾濫によって何度も流されてしまいます。

 


 山の上になんか建ってますね?











 
錦帯橋下から 

 そこでどうにかならないかと三代藩主(岩国は藩ではないが…)の吉川広嘉は考えました。

 そうだ、橋脚が無けりゃ流されないんじゃね?と…

 山梨の猿橋などは橋脚が無い橋なので参考にしようとしましたが、猿橋は長さが30メートルなのに対し、こちらは200メートルなので架けるのはとても無理。

 


 山の上になにかが…






 
錦帯橋 

 当時、明から招いていた僧により、明には川の中にいくつもの島を築き、そこにアーチ橋を架ける方式のものがあるということを広嘉は知り、この方式で錦帯橋を架けることにしました。

 この方式で架けたところ、昭和25年の台風まで、橋は流されることはありませんでした。

 昭和25年のときも、米軍による川底の砂の採取によって“川の流れのバランスが崩れたこと”によるものともされているので、橋の設計自体には問題は無かったのでしょうね。












 
 
錦帯橋料金所

 では、渡橋料を払って渡りましょうか~♪











 
錦帯橋上

 けっこう急な傾斜なので、気をつけて渡りましょう。











 
錦帯橋から

 錦川の眺め。











 
錦帯橋からトンビ?

 おっ、トンビかな?











 
反対側から

 渡り終わったところ。











 
吉川誰だっけ?

 そしてこちらが、錦帯橋を架けた、岩国三代領主・吉川広嘉の像です。



 この後は、奥に見える謎の建物に向かいます。





 


[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

市場でラーメン、そして白鳥

Category : 埼玉入間のいいところ
埼玉川越総合地方卸売市場 

 今日はこんなとこに行ってきましたよ。











川越卸売市場内

 ここでなにかを仕入れてきたのではなく…











  
幸先@川越卸売り市場

 ラーメンを食べてきました。

 私のお気に入りで、埼玉県ときがわ町に“らーめん和”という店があったのですが、残念ながら4年前に閉店してしまいました。

 その“和”の店主が新たにオープンさせたのが、この店です。

 名前は“幸先”といいます。

 4年間のブランクは長かったけど(どこかで店をやっていたのかな?)、またあのうまいラーメンが食べられるのは嬉しいですね~♪











   
幸先のラーメン

 そしてさらに嬉しかったのは、店主さんが私のことを覚えていてくれたことです。

 また行くからね~!



 ラーメンを食べた後は、この子達に会いに行きました。











 
川島の白鳥飛来地

 埼玉県川島町の越辺川(おっぺがわ)に、毎年来てくれるんですよね。











 
白鳥@川島 (2)

 餌付けをしなくなってからもう数年経ちますが、ここに来る白鳥はあまり人を怖がらないようで、逆に寄ってきたりもします。

 エサを貰えると思っているのかな?











白鳥@川島

 ポーズをとってもらいました(笑)




おわり





 
[川越情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : お出かけ
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(22) ~朝霧城と渡辺飛騨守の墓~

Category : 山口県の城

Merry Christmas!


ホーホーホーと笑うのは、どいつでぃ? そいつぁ、サンタにちげぇねぇぜ!










朝霧城址入口 

 というわけで、いつもの記事の続きです。

 津和野のホテルをチェックアウトした私は、南東方面に車を走らせ、2時間近くで山口県岩国市にある朝霧城の到着です。











 
朝霧城の祠 

 毛利元就・隆元・輝元の三代に仕えた渡辺飛騨守長(わたなべひだのかみはじめ)という武将が、毛利家の萩移封に伴い構えた城が、この朝霧城です。

 主郭までは1時間弱の登山ということで諦めましたが、途中には城主の渡辺長の墓があるというので登ってみました。












  
なんの花?

 途中、花を愛でながら…











 
渡辺飛騨守の墓

 渡辺長という人は、ここに来るまで知りませんでしたが、輝元と共に上洛して秀吉に拝謁していることから、側近ということだったんでしょうね。

 飛騨守という官位は、秀吉から貰ったそうです。











 
渡辺飛騨守の墓から

 眺めのいい場所でした。



 次は、“岩国といえば”のアノ場所です。 





 
[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ



テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(21) ~永太院 と 光明寺 と うずめ飯~

Category : 島根県のいいところ
永太院  

 続いては永太院です。











亀井家墓所入口 

 ここでももちろん、お墓参りです(笑)

 








 
亀井家墓所 

 ここには、津和野藩主・亀井家の墓所があります。

 でもここは元々墓所ではなく、明治になってから、東京にあった墓石をここに移動してきたんだとか。

  

 坂崎家が改易になった後、亀井政矩が1617年に津和野城主になり、明治維新まで津和野を治めます。











亀井滋矩墓 

 
 そして政矩のお父さんの茲矩(これのり)の墓が上の写真です。

 茲矩は尼子氏の家臣の家に生まれましたが、尼子が滅亡すると秀吉に属し、その後関ヶ原では東軍についたことにより、鹿野藩初代藩主になりました。

 












  
光明寺

 亀井家の墓参りを済ました後は、光明寺です。










 
吉見正頼夫人の墓

 ここでは、中世の津和野城主であった吉見正頼の奥さんの墓参りをしました。

 この人は、周防の戦国大名・大内義興の娘です。









 
道の駅 なごみの里

 そして、津和野の史跡めぐりを一通り済ませたあとは夕食です。

 この日は道の駅“なごみの里”でこちらをいただきました。











 
うずめ飯

 津和野の郷土料理“うずめ飯”です。

 簡単に言うと、お茶漬けですね(笑)

 一見すると具が入っていないように見えますが、実はご飯の下に隠れています。

 具が埋まっていることから、“うずめ”という説があるそうです。

 



[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(20) ~永明寺~

Category : 島根県のいいところ
津和野の町 

 津和野の町並みを散策したあとは、墓参りに行きました。











永明寺 

 まずは永明寺










 
永明寺本堂 

 本堂は、萱葺き屋根で “The古刹” ってなカンジだな。











 
森林太郎の墓 

 本堂のすぐ近くには、森林太郎の墓がありました。

 森林太郎とは、森鴎外のことです。

 森鴎外については、私が改めて説明するまでもないですが、森家は元々津和野藩の藩医の家系なんだそうな。











  
坂崎墓所入口 

 そして本堂の裏手には、この人の墓があります。 











坂崎の墓

 坂崎出羽守直盛といえば、大坂の陣での千姫救出の話が有名だと思います。

 燃え盛る大坂城から千姫を救出したという話は講談等での話で、実際は大坂城内にいた知り合いを通して、千姫を徳川家康のところに連れてくるように依頼した、というのが真相らしいです。

 その後坂崎直盛は、千姫の縁談を依頼されて公家との話を整えましたが、当の千姫はこれを拒否して本多忠刻の元へ嫁いでしまいます。

 面目丸つぶれの直盛は反乱を起こし、その罪で改易になりました。(他の説もあり)


 その後、津和野には亀井家が入って、明治維新まで亀井家が治めました。  

 次はその亀井家の墓です。






 
[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

ランバダ城

Category : 埼玉県の城
三四郎@富士見 

 今日は埼玉県富士見市にある麺屋三四郎さんに行ってきました。











塩豚骨 

 札幌にあった人気店が移転してきたというので、気になっていたんですよね。

 塩豚骨なんていう珍しいメニューがあるのも、訪問のきっかけでした。



 美味しいラーメンをいただいた後は、城攻めです(笑)

 今日は三四郎さんと同じ富士見市にある、ランバダ城に行きました。











 

 あ、ランバダではなくて、難波田城(なんばたじょう)でした(笑)

 ※ダジャレです…












難波田城冠木門 

 平安時代に武蔵七党という武士グループがあり、その中に金子氏という家がありました。

 その金子氏が、承久の乱で活躍して難波田の地を与えられて難波田氏を名乗りました。











 
難波田城濠 

 その難波田氏が本拠としたのが、この難波田城です。











 
難波田城食い違い 

 戦国時代に北条氏が進出してくると、難波田氏も北条に従い、北条が滅ぶと難波田城は廃城になったそうですが、難波田氏は徳川の旗本になったそうです。











  
難波田城復元模型

 併設されている資料館には、難波田城の復元模型がありました。



 おわり。



 

[富士見市] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

北総のプチ史跡巡り(5) ~本佐倉城~

Category : 千葉県の城
本佐倉城  

 成田市から車で一時間ほどのところにある、千葉県酒々井町(しすいまち)にある本佐倉城(もとさくらじょう)にやってきました。

 近くまで来ると案内看板が出ているので、それに従って進めば上の写真の場所まで来ることができます。

 この先に10台ほど停められる駐車場がありますよ。











本佐倉城虎口 

 ここは所謂“土の城”ですが、っ規模も大きく、遺構も良好に残っているというので楽しみにしていました。











 
佐倉本城 

 駐車場から少し歩くだけで、堀や土塁などがいきなり現われたので、とても興奮しました。











 
本佐倉城説明 

 こういう説明板も所々に設置されているので、初心者でもわかりやすいでしょう。











 
本佐倉城堀切 

 迫力のある堀切。











 
本佐倉城平場 

 本丸といわれている場所です。

 本佐倉城は15世紀の後半、千葉家の当主・千葉輔胤が本拠の千葉城からここに本拠を移すために築城したとされます。

 小田原の北条氏が進出してくるとこれに従い、秀吉に北条氏が滅ぼされると千葉氏も滅び、と同時にこの本佐倉城も廃城になりました。(別説あり)



 先にも書いたとおり、とても見所が多いので、攻略には半日は必要かもしれません。

 私は1時間チョットしかいませんでしたけど、もっと時間に余裕をもって来ればよかったと後悔していますよ。



 そして本佐倉城を攻略したあとは、こちらへ…











  
勝胤寺 

 千葉氏の菩提寺・勝胤寺です。

 本佐倉城のすぐ近くにあります。 
 










千葉氏供養塔

 この寺は千葉勝胤(1472~1532)の建立で、もちろん千葉氏の墓(供養塔)がありました。

 一番奥のが、勝胤のものかな?

 
[北総] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(19) ~津和野の街並みとうどん~

Category : 島根県のいいところ
津和野駅前SL 

 次は墓参りと書いたのですが、津和野城を攻略した後は、津和野の町並みを散策したのでした。

 写真は津和野駅前に展示されているデゴイチ君ですよ。











津和野の鍵の手 

 駅前から少し歩くと、鍵の手がありました。

 城下町っぽいですね。











 
津和野の町並み 

 路地裏も絵になるカンジ♪











 
津和野の古い街並み 

 









 
津和野の古い町並み 











 
教会@津和野 

 日本の古い町並みを歩いていたら、突如洋風な建物が出現!

 これも昭和6年に建てられた古い教会です。











 
つるべ@津和野 

 と、ここでお昼にしました。

 この日は“つるべ”さんで、うどんにしましたよ。











 
つるべのわさびうどん 

 いただいたのは、わさびうどんです。

 津和野の名産の一つにわさびがあるというので、これを注文しました。

 スープは所謂関西風で、出汁が効いたもの。

 そこにわさびのピリッとした辛さがアクセントになっていて、とても美味しかったです。









 
津和野のツバメ 

 もう少し散策します。











 
津和野用水路 (2) 

 このあたりは、武家屋敷があった場所です。











 
津和野の鯉 

 津和野といえば、この鯉が泳ぐ用水路が有名ですね。

 江戸時代にボウフラが湧くのを防ぐために、鯉を放したのが最初とされます。











 
あやめと鯉@津和野 

 次こそは、墓参りです。 



 



[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 古い街並み
ジャンル : 旅行

中国遠征記2012(18) ~津和野城・その3~

Category : 島根県の城
人質櫓遠景  

 津和野城の続きです。

 写真は三の丸から本丸を見たところですが、遠くに見事な石垣が見えますね♪












人質櫓の石垣 

 これは、本丸の一部の“人質曲輪”の石垣で、津和野城で最も高い石垣です。











 
津和野城石垣やで 

 では、本丸に向かいます。











津和野城本丸から 

 ここで、津和野城の歴史を…

 津和野城は、鎌倉時代の末期に吉見氏によって築かれました。

 吉見氏は、戦国時代末期には毛利氏に属していたので、関ヶ原の後には毛利氏と共に萩へと移ります。

 変わりに津和野の地を与えられたのは、坂崎出羽守直盛です。

 直盛は戦国の山城であった津和野城を石垣の城へと大改造し、近世の城へと生まれ変わらせました。

 今に残る石垣の殆どは、直盛の時代に積んだものとされます。 

 直盛は大坂の陣の後の千姫事件によって改易となり、変わりに亀井氏が入って明治維新まで亀井氏が城主となります。

 維新後は城は破却され、石垣を残したまま今に至ります。











津和野城本丸

 そして本丸に到着です。

 そして、山城の魅力は山頂からの眺めですよね!











 
津和野城本丸からの眺め

 運が良ければ、というか時刻表を読んで来れば、眼下にSLの走る姿を見ることができます。

 









津和野城本丸からの眺め (2)

 雰囲気が、竹田城に似ています。











 
帰りのリフト

 次は、グルメと墓参りです。





 
[中国地方旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

速報! 奥州仕置2012

Category : 一人旅
001_20121202214644.jpg  

 というわけで、旅に出ています。

 今回は、タイトルでもわかるように2010年に続き、東北の旅です。











002_20121202214644.jpg 

 羽生インターチェンジから東北自動車道に乗って北に向かい、最初に寄ったのが福島県郡山市の安積PAでした。











 
003_20121202214644.jpg 

 ここでは、復興支援メニューの“まぜそば”をいただきました。

 









 
006_20121202214644.jpg 

 ロングドライブですからちょこちょこと休みながら、8時間かけて岩手県は一関に到着です。

 インターチェンジの近くのホテルにチェックインしたら、早速アイツにリベンジしてきましたっ!!











 
005_20121202214644.jpg 

 そう、岩手(盛岡)名物のじゃじゃ麺です。

 二年前には食べられなかったんですよね~ 











 
004_20121202214643.jpg

 二年越しのリベンジ達成じゃ~!





つづきは、来年になりそうです。



 
[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR