>

常州攻め2013(6) ~額田城~

Category : 茨城県の城
額田城  

 瓜連城から南東へ車で15分、額田城へとやってきました。








額田城 (5) 

 額田城は13世紀の半ば、佐竹氏五代・義重(鬼義重ではなく、鎌倉時代の当主です)の次男・義直がこの地に築いたのが始まりです。

  この義直が額田氏を名乗り代々続きますが、戦国時代初期に佐竹宗家に滅ぼされ、以後、佐竹家臣の小野崎氏が額田城主になります。
 
 しかしこの小野崎氏も謀反の疑い有りとされて、時の当主・佐竹義宣は豊臣秀吉の許しを得てから額田城を落城させました。

 小野崎氏は伊達政宗を頼り、後に水戸徳川家の家臣になったそうです。

 城は、佐竹家が出羽に移封になったと同時に廃城になりました。




 








額田城 (3) 

 私がこの額田城を訪れる数日前、伊達政宗が額田城主の小野崎氏に当てた書状、が震災で崩れた蔵の中から発見されたというニュースがはいってきました。

 それは『佐竹を裏切って、俺と組まねえか?』という内容のものだったらしいのですが、額田城落城から400年たった今、謀反の証拠がみつかって、さぞかし秋田県知事もお喜びのことでしょう(笑)









額田城 (4) 

 額田城の見所は、良好に残った堀と土塁です。

 でも、石垣も現存建築物もないので、写真にすると地味になってしまいますね~








 
額田城 (2) 
【クリックで拡大】 









 
額田城のチューリップ 

 なので、二の丸に植えられていたチューリップで、少しカラフルな記事になったかな?







  



[常陸国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

常州攻め2013(5) ~瓜連城~

Category : 茨城県の城
常福寺 

 佐竹寺から南西に車で15分、茨城県那珂市にあります常福寺にやってきました。









常福寺本堂

 常福寺は、14世紀の中頃に開山され、15世紀初めにこの地に移ってきました。

 







 
山野辺氏の墓 

 そしてこの常福寺には、山野辺氏の墓所があります。

 山野辺氏初代の義忠は最上義光の4男で、山野辺氏に養子に入って山野辺義忠と名乗ります。

 義光が亡くなった後、義忠は最上家の跡目争いに巻き込まれて、最上家は改易になり、義忠は命は助かったものの地方へ配流になります。

 後に義忠は許されて水戸藩お預かりの身となり、最上家再興とはなりませんでしたが、水戸光圀の教育係を勤めたりしたことが認められて、水戸藩の家老になります。

 義忠は1663年に亡くなりましたが、その子孫は代々水戸藩の家老職に就いたそうな。









 

 
瓜連城土塁

 そんな常福寺は、瓜連城(うりづらじょう)の跡地に建てられています。









 
瓜連城土塁 (2)

 瓜連城は、楠正成の甥・正家によって築かれ、関東における南朝方の拠点になりました。

 しかし、北朝方の佐竹氏などに攻められ落城し、そのまま廃城になりました。

 その後すぐに上記の常福寺が建てられたのが幸したのか、比較的良好な状態の土塁があちこちに残っています。

 







 
常陸にゃんこ

 次もお城だニャ
 




[常陸国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (15) ~瑞鳳殿~

Category : 宮城県のいいところ
瑞鳳殿入り口  

 大年寺(茂ヶ崎城)から北西に3kmほどの場所にある、瑞鳳殿(ずいほうでん)に到着です。









瑞鳳殿入口 

 瑞鳳殿とは、簡単に言うと“伊達政宗”の墓のことです。

 いつもは、マイナーな人物の墓参りばっかりですが、やっと誰でも知っているようなメジャーな人物のお墓を紹介することができました(笑) 

  早速、拝観料を払って、中に入りましょう!







 

瑞鳳殿なんとか門 

 この門は、涅槃門(ねはんもん)といいますが、伊達家の当主しかくぐれない(現在でも)そうで、当主以外の人は右側の入り口から入ります。
 








  
瑞鳳殿なんとか門2 

 この門の名前は忘れた。









   
瑞鳳殿 

 そしてこれが瑞鳳殿です。

 伊達政宗は1636年に亡くなりますが、遺言によりここに霊屋を建てました。

 昭和6年には国宝に指定されますが、昭和20年の仙台空襲によって焼失してしまいました。

 空襲というと、市街地にするものだと思っていましたが、市街地からちょっと離れたこの地にも、爆弾を落とされたんでしょうかね?

 どっちにしろ、戦争で焼失してしまったのはとても残念なことです。

 よって、いまある霊屋は再建(1979年)されたもので、再建するにあたって発掘調査をした際に、政宗の遺骨や副葬品が見つかりました。

 発掘された副葬品は、敷地内の資料館や仙台博物館で展示されています。









  
感仙殿 

 ここには伊達政宗だけが眠っているわけではありません、こちらは感仙殿といって二代藩主・忠宗の霊屋です。

 こちらも戦災で焼けてしまって、1985年に再建されました。









  
善応殿

 感仙殿の隣には、三代藩主・綱宗の霊屋・善応殿がありました。

 こちらも1985年に再建されました。









 
妙雲界廟

 こちらは妙雲界廟といって、九代藩主・周宗と十一代藩主・齊義夫妻の墓です。

 







 
感仙殿と紅葉

 最後に紅葉と感仙殿の写真でお別れです。





 次はお城です。



  





[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

ワラビー

Category : 埼玉県の城
和楽備神社 

 先日は、野暮用があって埼玉県蕨市に行ってきました。

 蕨市といえば、全国の市町村で一番面積が小さい市として有名ですね。

 あ、有名でない?

 まあ、そんなことはどうでもよく、野暮用を済ませた後はお決まりの史跡巡りです。









蕨城址碑 

 まずは蕨城

 蕨城は、足利尊氏の一門の渋川氏が14世紀に築きました。

 戦国時代に北条氏が進出してくると、蕨城は北条氏綱に攻められ落城しました。

 現地の説明にはそう書かれていましたが、渋川氏が北条氏に降り、そのせいで上杉氏に攻められ落城したという資料もありました。







 
蕨城本丸? 

 まあ、どっちでもいいですが、最終的には北条氏が滅亡したと同時に廃城になり、その後は徳川家が鷹狩りに出るときの御殿が置かれたそうです。








 
蕨城堀跡? 

 また、現地の説明によると、御殿が置かれた時の水濠が現存すると書いてあったのですが、これがそうなのでしょうか?

 







堀跡のカメさんカモさん 

 カメさん、これがそうカモ?



 


 蕨城を攻略したら、蕨城主の墓参りです。









 
要害通り 

 途中、要害通りなるものがありました。

 このあたりに城があったことの証明ですね。









 
要害通りのポンプ 
 

 まあ、懐かしいポンプ!









 
宝樹寺門 

 そして、蕨城から15分ほど歩けば、渋川氏の墓所がある宝樹院に到着です。

 門前では怖い顔をした仁王様が門番をしていましたが…









  
宝樹寺のニャンコ

 可愛い門番もいました(*´д`*)









 
宝樹寺本堂

 創建は14世紀中ごろ。 本尊は地蔵菩薩。









 
渋川公墓

 戦国時代の当主・渋川義基は、北条氏の家臣として里見氏との戦いに出陣して戦死。

 奥さんはそれを悲しみ、榛名湖に身を投げたそうです。

 そこから榛名湖に雨乞いに行くと雨が降るという伝説がうまれて、わざわざ榛名湖まで雨乞いに行く儀式が昭和初期まで行なわれていたそうです。

 ちなみに上の墓石は、渋川氏の家来の子孫が幕末に建てたものです。

 



 さて、蕨城主の墓参りを済ませたら、ラーメンですね♪









 
ZERO1@蕨

 今回は蕨駅から近い、麺屋ZERO1さんに伺いました。

 ここは、ラーメン花月のグループが経営しているそうです。







 
zero1つけ麺

 お腹が空いていたので、つけ麺大盛りにしちゃいました~


 おわり 



 




[蕨市] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (14) ~茂ヶ崎城~

Category : 宮城県の城
ホテルから  

 朝の仙台市街です。

 この日は自転車で市内観光(観光といっても史跡巡りです)の予定だったので、晴れてよかったです。









政岡墓所 

 まずは泊まったホテルのすぐ近くにある政岡墓所です。

 
 ここには、四代仙台藩主・綱村を生んだ三沢初子と、二代藩主・忠宗の正室・徳川振姫、そして綱村の正室・稲葉仙姫の墓があります。









 
政岡紅葉 

 が、朝早かったせいか門は開いていませんでした。

 または非公開なのかもしれません。









 
伊達家墓所 

 次に向かったのが、黄檗宗・大年寺跡にある伊達家墓所です。









 
伊達家墓所へ 

 ここの伊達家墓所が非公開なのは事前の調査でわかっていたことですが、ここが伊達家の墓所になる前は城があったのです。









 
茂ヶ崎城本丸? 

 それが茂ヶ崎城です。









茂ヶ崎城

 あ、看板が倒れてる…

 茂ヶ崎城は、室町時代に粟野氏が築きました。

 実は、伊達政宗が仙台城を築くときには、ここも候補地だったとされています。

 

   






 
伊達家墓所 (2) 

 四代藩主の綱村の時に綱村が帰依していた黄檗宗の寺・大年寺を建てさせ、菩提寺としました。

 明治以降、伊達家は神道に改宗してしまったために、大年寺は廃れてしまいましたが、今は一般公開していませんが、綱村以下先代の当主までの墓がここにあります。










 
茂ヶ崎城より

 眺めはまぁまぁ…










 
仙台スカイツリー

 お、仙台スカイツリーか!?




  



[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

常州攻め2013(4) ~馬坂城と佐竹寺~

Category : 茨城県の城
馬坂城 (2)  

 さて、次は佐竹氏が常陸太田城の前に本城としていた城・馬坂(まざか)城に行きました。

 行く順番を逆にすればよかったですね~









馬坂城 

 佐竹氏の初代・義業(または昌義)が、以前からあったこの城を奪って本城としました。

 いってみれば、ここが佐竹氏発祥の地ということになるのせしょうか?









 
馬坂城から 

 佐竹氏が常陸太田城に移ってからも、この城は佐竹一族が城主となって機能し、佐竹氏が出羽に移封になってから廃城になったようです。 

 景色はまぁまぁ…








 
 
佐竹寺仁王門 

 そして馬坂城のすぐ近くには、その名も“佐竹寺”があります。









  
佐竹寺仁王

 9世紀頃の創建で、鎌倉時代から室町時代にかけては佐竹氏の祈願寺になりました。

 江戸時代にも水戸徳川家に保護されて繁栄したそうですが、明治の廃仏毀釈によって衰退したそうな。
 








佐竹寺

 重要文化財の本堂は、16世紀に佐竹義昭によって再建されたものです。









 
佐竹の家紋

 佐竹氏の家紋“五本骨扇に月丸”が輝いていました。









 
佐竹寺ニャンコ

 一般的には、日の丸扇と言うのだニャ!




 
[常陸国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ



テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

速報! 羽後遠征記

Category : 一人旅
旅の始まり 

 というわけで、旅に出ています。

 タイトルにありますが、今回は羽後の旅です。









安達太良山

 羽後という国名は、明治になってから作られた国名で、江戸以前は出羽の一部でした。

 出羽が羽前と羽後の二つに分けられ、それぞれ廃藩置県後に山形県と秋田県になりました。










 
どこかのサービスエリアの桜

 途中のサービスエリアでは、まだ桜が咲いていましたよ。









 
どこかのサービスエリアのつくし

 ツクシの子も恥ずかしげに顔を出していました。








 
湯沢駅

 そうこうしている間に、湯沢に到着です。

 湯沢といっても、越後湯沢ではありませんよ、秋田県湯沢市です。









 
やまがみ

 ホテルにチェックインしたら、早速夕食です。








 
やまがみ@湯沢のラーメン

 今回は、やまがみというラーメン屋さんにしました。



 続きは夏ぐらいになりそうです。



  


[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

常州攻め2013(3) ~常陸太田城~

Category : 茨城県の城
常陸太田城  

 清和源氏の流れを汲む新羅三郎義光の長男・義業が、佐竹郷(現・茨城県常陸太田市)に住み着いて佐竹氏を名乗りました。(義業の息子説もあり)

 その佐竹氏が三代目・隆義の代から本拠にしたのが、ここ常陸太田城(別名・舞鶴城)です。

 以後、戦国末期に佐竹義宣が水戸城に移るまで佐竹氏の本拠地でした。
 
 それからは佐竹氏が秋田に移封になるまでは、義宣の父・義重の隠居城で、江戸時代には水戸藩の家臣の屋敷が置かれたどうです。

 

 現在の常陸太田城址には、城の遺構らしきものはほとんど残ってなく、上の写真の石碑のみがあります。

 しかもその石碑は小学校の敷地の中にあるので、注意しないと不審者に間違えられるかもですね~










太田八幡宮 

 隣にある若宮八幡宮は、太田城の二の丸にあたるというので行ってみました。










  
太田八幡 

 いつだかの佐竹当主が、鎌倉の鶴岡八幡宮から勧請してきたものです。









  
太田八幡拝殿

 常陸を統一した戦国大名・佐竹氏の本城なのに何もないのは、ちょっとがっかりでした。





  

[常陸国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (13) ~岩切城と夕飯~

Category : 宮城県の城
岩切城  

 多賀城を攻略した後は、岩切城に行ったのですがご覧のように中には入れませんでした。

 他にも攻略しようとした城があったのですが、夕方になって辺りは真っ暗になってしまったので、この日は日没ゲームセットとしましたよ。(写真は加工して明るくしています)








ホテルからの夜景 

 というわけで、仙台市内のホテルにチェックインしてから晩飯を食べに行きました。









 
つつじヶ岡 

 ホテルの最寄り駅から…









 
なに線? 

 仙石線に乗って…









  
仙台駅

 一駅で、仙台駅の到着です。









 
仙台クリスマスツリー

 クリスマス前でしたので、あちこちでイルミネーションが輝いていましたよ。








 
善治郎

 というわけで、駅構内にある“善治郎”さんで…










  
牛タン

 牛タンを頂きましたっ!!


 次は、仙台市内観光です。

  



[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ


テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (12) ~多賀城~

Category : 宮城県の城
多賀城1  

 ようやく雨が上がったところで、多賀城へとやってきました。

 多賀城市を目指せば、あとは看板がいたるところに設置されているので、迷うことはないでしょう。
 
 









多賀城2 

   多賀城は8世紀前半、大和朝廷が蝦夷を攻略するために築きました。

 以後、陸奥国の国府として機能し、9世紀頃に徐々に廃れていったといいます。









多賀城3 

 その後、南北朝時代に北畠顕家が赴任したりもしましたが、国府の機能は現在の福島県に移転して廃城になりました。









 
多賀城4 

 こうやってみると、要塞としての“城”というより、政庁だったようですね。

 歴史的にみたら重要な城かもしれませんが、城“そのもの”のファンには見所は少ないかもしれません。
 
 今も発掘調査が続いているようなので、今後に期待ですね。









多賀城碑覆堂 

 多賀城址の前には、こんなものが建っています。










多賀城碑 

 多賀城碑です。

 多賀城碑は、日本三大古碑の一つで、奈良時代に建てられました。

 多賀城の位置や、築かれたり改修された時期が書いてあるといいます。

 日本三大○○というと、制覇したくなりますよね。

 あとの二つは栃木県と群馬県にあるそうですから、すぐに制覇できそうでうす。



 次は仙台です。


 




[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

奥州仕置2012 (11) ~志波彦神社鹽竈神社~

Category : 宮城県のいいところ
塩釜門  

 松島の後は、塩竃市にある志波彦神社鹽竈神社(しわひこじんじゃしおがまじんじゃ)に行きました。

 なんで神社名が二つかというと、二つの神社が同一境内に鎮座しているかららしいのですが、よくはわかりません(汗)

 まあ、むずかしいことは考えずに参拝しましたよ。









門の向こう 

 まずは鹽竈神社のほうに参拝しましたが…









 
塩釜拝殿 

 拝殿は工事中でした。

 ここは本殿が二つある(右宮・左宮)珍しい神社です。

 








 
塩釜別宮拝殿 

 こちらは別宮の拝殿です。

 傘を差しながら写真を撮ったせいか、写真が斜めっちゃいました。








 
志波彦鳥居 

 そしてこちらは志波彦神社の鳥居です。

 紅葉がキレイでしたが、晴れていたらもっとよかっただろうに…









 
志波彦神門 

 神門ですが、こちらも工事中でした。







   
志波彦拝殿

 拝殿です。








 
塩釜にゃんこ

 次はお城です。




 

[東北旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR