記事一覧

羽後遠征記(13) ~久保田城・その1~

   墓参りを済ませた後は、久保田藩佐竹氏の本城・久保田城へとやってまいりました。 秋田県秋田市の中心部にあるからって“秋田城”ではないですよ、以前にも書いたように、秋田城は古代の出羽国府が置かれた城で、別の場所にあります。   内堀です。 もう少し時期が早かったら、満開の桜を見ることが出来たのにね~ 惜しかったです。   松下門という門があった場所を抜けると…   佐竹資料館があり...

続きを読む

君の人見に恋してる

 先日は、埼玉県深谷市にあります一条寺に行ってきましたので、その紹介です。 武蔵七党の一つ、猪俣党出身の河匂政経(かわわまさつね)が人見六郎を名乗りここに移り住みました。   一の谷の合戦でも活躍したという六郎の息子・人見四郎が開基したのがこの一乗寺です。     もちろん人見氏の墓がありますた。 通常でしたら、こういう人の墓は本堂の真裏とかすぐ近くにあるのですが、この人見氏の墓は総門を...

続きを読む

車山高原と小諸の史跡(最終回) ~玄江院と耳取城~

  続いては玄江院です。  小諸市街からは、車で南に10分ほどのところにあります。  15世紀に大井貞隆によって開かれ、戦国時代には戦火で焼失してしまったそうですが、後に大井政継によって再興されました。  ちなみに開基の貞隆は、武田信玄が初陣で討ち取ったとされる、平賀玄信のお兄さんだそうですよ。      もちろん本堂の裏手には、大井氏の墓所が残されています。      平賀玄信の墓は、ここで...

続きを読む

羽後遠征記(12) ~正洞院と闐信寺と昼食~

   佐竹家の菩提寺を参拝した後は、その関係者の墓参りに行きました。  まずは正洞院跡。  正洞院跡は秋田大学の裏手にあり、寺町とは言わないまでも、寺が何軒か並んでいる場所にあります。  正洞院とは初代久保田藩主の佐竹義宣の正室で、1585年に那須家から佐竹家に嫁ぎ、5年をすごした後に謎の自害を遂げたといいます。    正洞院が亡くなった1590年といえば、那須家が小田原参陣に遅参して改易...

続きを読む

岩槻城と慈恩寺 ~後編~

  今日は中秋の名月ですね~  会社の帰りに撮った満月ですが、私のコンデジではこれが限界です。     さて、岩槻の続きです。  岩槻城を攻略した後は腹ごしらえですね。  この日は東岩槻のある“もといし”さんにお邪魔しました。     看板に“つけめん”と謳っているので、もちろんつけ麺を頂きました。  まあ、流行のトンコツ魚介系というやつですが、刻み玉ねぎ入れ放題というのがうれしいサービスでし...

続きを読む

岩槻城と慈恩寺 ~前編~

  先日は、埼玉県さいたま市岩槻区にある、岩槻城に行ってきましたよ。  駐車場では、東武特急きぬ号が出迎えてくれました。  “きぬ”とは、“鬼怒”のことです。  たまに“きど”と読む方もいらっしゃいますが、“きぬ”です(笑)     まあ、そんなことはどうでもいいですね。  岩槻城は室町時代に扇谷上杉氏が太田道心・道灌親子に命じて築城させました。  戦国時代に小田原北条氏が進出してくると、この岩槻城も北...

続きを読む

羽後遠征記(11) ~天徳寺~

  補陀寺から南西に車で20分、秋田市中心部の北にある天徳寺にやってきました。   この天徳寺は、15世紀に佐竹氏の菩提寺として常陸に開かれた寺です。  関ヶ原後に佐竹氏が秋田に移封されると、この天徳寺も秋田に移転してきました。     先程の写真の山門も、こちらの本堂も江戸時代中ごろの建立で、国の重要文化財に指定されています。  大きな茅葺の屋根が迫力がありましたよ!     ...

続きを読む

羽後遠征記(10) ~補陀寺~

私も、滝クリにもてなされたい!   あ、こんばんは。  もう、オリンピックについてはいろんな場所でやっているから、あえて私が書く必要はないですよね?  というわけで、羽後遠征の続きです。   秋田市中心部から北東に10kmほどの場所にある補陀寺(ほだじ)に行きました。    補陀寺は、14世紀の中頃の建立と伝えられます。 戦国時代にこの辺りを治めた安東氏の菩提寺となっていたようですが、残念なが...

続きを読む

車山高原と小諸の史跡(6) ~小諸城・その2~

   大きいニャンコと戯れた後は、また入り口付近まで戻って攻めなおしです。  上の写真、左に進むと動物園ですが、右に進むと立派な石垣が出迎えてくれます。   少し進むと、番所跡。  ここで番人のチェックがはいったんでしょうね~     苔むした石垣が最高!     この黒門橋の下が立派な堀になっていて、ここを越えると本丸があります。     本丸へ行くには、“鍵型”を通ら...

続きを読む

車山高原と小諸の史跡(5) ~小諸城・その1~

   蕎麦でお腹を満たしたら、小諸城に行きましたよ。  蕎麦を食べている間に雨もすっかりあがって、気温も下がって絶好の攻城日和になっていました。     小諸城址は、現在は懐古園という公園になっています。   上の写真は小諸城三ノ門の遺構ですが、サザエさんのおかげで懐古園の入口の門としてすっかり有名ですね(笑)  ちなみに“懐古園”の大額は、徳川宗家16代当主の徳川家達(いえさと)の筆による...

続きを読む

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ