>

羽後遠征記(13) ~久保田城・その1~

Category : 秋田県の城
久保田城水濠 (1200x900)  

 墓参りを済ませた後は、久保田藩佐竹氏の本城・久保田城へとやってまいりました。









久保田城跡碑 (1200x900)

 秋田県秋田市の中心部にあるからって“秋田城”ではないですよ、以前にも書いたように、秋田城は古代の出羽国府が置かれた城で、別の場所にあります。









 
久保田城水堀 (1200x900)

 内堀です。

 もう少し時期が早かったら、満開の桜を見ることが出来たのにね~

 惜しかったです。









 
久保田城枡形? (1200x900)

 松下門という門があった場所を抜けると…









 
博物館 (1200x900)

 佐竹資料館がありました。

 こじんまりとした博物館ですが、なかなか見ごたえのある資料が揃っていましたよ。









 
千秋公園 (1200x900)

 資料館前は、大きな広場(たぶん二の丸)になっています。

 







 
本丸へ (1200x900)

 そして、長坂と呼ばれている階段を登り、本丸を目指します。

  






[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

君の人見に恋してる

Category : 埼玉県の城

 先日は、埼玉県深谷市にあります一条寺に行ってきましたので、その紹介です。









一乗寺総門 (1200x900)

 武蔵七党の一つ、猪俣党出身の河匂政経(かわわまさつね)が人見六郎を名乗りここに移り住みました。








 
一乗寺 (1200x900)

 一の谷の合戦でも活躍したという六郎の息子・人見四郎が開基したのがこの一乗寺です。

  







人見氏の墓所 (1200x900) 

 もちろん人見氏の墓がありますた。

 通常でしたら、こういう人の墓は本堂の真裏とかすぐ近くにあるのですが、この人見氏の墓は総門を入ってすぐの場所にあったので、最初は全く気づきませんでした。

 







一乗寺彼岸花 (375x500)

 人見氏の墓参りを済ませたら、人見氏が築いたとされる人見氏館にも行きました。









  
人見氏館遠景 (1200x900)

 それは一乗寺の北500mほどの田園地帯の中にありました。

 真ん中に見える川を天然の堀として、並木になっているところが少し高くなっているので、土塁であったと思われます。
 








人見氏館 (1200x900)

 看板の左側が堀になっているのですが、草が生えていてよくわかりませんでした。

 やっぱりこういう城は、草が枯れる冬に攻略するのが一番ですね。




 





 
コスモス (375x500)

 城を攻略したら、やっぱりうどんですね!








 
粉家 (1200x900)

 この日は、一乗寺人見氏館と同じ深谷市にある、粉家さんに伺いました。









 
粉家メニュー (1200x900)

 武蔵野うどんのお店なので、普通に“肉汁うどん”をいただこうと思っていたのですが、壁にこんなメニューが貼ってあったので…









 
冷たい塩 (1200x900)

 冷たい塩つけ汁うどんをいただきました。

 とてもおいしくいただきましたよ~








 
ポッポー (1200x900)

 ぽっぽー!




 
[深谷情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

車山高原と小諸の史跡(最終回) ~玄江院と耳取城~

Category : 長野県のいいところ
玄江院山門 (1200x900) 

 続いては玄江院です。

 小諸市街からは、車で南に10分ほどのところにあります。









玄江院本堂 (1200x900)

 15世紀に大井貞隆によって開かれ、戦国時代には戦火で焼失してしまったそうですが、後に大井政継によって再興されました。

 ちなみに開基の貞隆は、武田信玄が初陣で討ち取ったとされる、平賀玄信のお兄さんだそうですよ。










   
玄江院大井氏の墓 (1200x900)

 もちろん本堂の裏手には、大井氏の墓所が残されています。

 







 
玄江院にゃんこ (1200x900)

 平賀玄信の墓は、ここではないニャ









  
耳取城 (1200x900)

 そして、玄江院の北側には、大井氏が城主であった耳取城があります。

 多少の遺構が残っているとのことでしたが、真夏日のなか車山と布引観音で歩きすぎたことで疲れてしまったので、遺構は探さないで石碑だけ撮って勇気ある撤退をしました。









  
より大きな地図で 車山高原と小諸の史跡 を表示



 信州は近いし、まだまだ見たいところもあるので、すぐにリベンジできることでしょう。




[小諸情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

羽後遠征記(12) ~正洞院と闐信寺と昼食~

Category : 秋田県のいいところ
正洞院跡  

 佐竹家の菩提寺を参拝した後は、その関係者の墓参りに行きました。

 まずは正洞院跡。

 正洞院跡は秋田大学の裏手にあり、寺町とは言わないまでも、寺が何軒か並んでいる場所にあります。

 正洞院とは初代久保田藩主の佐竹義宣の正室で、1585年に那須家から佐竹家に嫁ぎ、5年をすごした後に謎の自害を遂げたといいます。
 
 正洞院が亡くなった1590年といえば、那須家が小田原参陣に遅参して改易になりそう(かろうじて免れた)になった事件があったから、それとなにか関係するのかな?
 
 なんだか事件の臭いがしますね…










佐竹義宣夫人の墓 

 もちろん義宣夫人(正洞院)の墓もあったのですが、近代的な覆い堂(?)に囲まれていて、墓石は見ることは出来ませんでした。









 
篤胤の墓へ 

 さて、義宣夫人の墓の脇を登っていくと…









 
平田篤胤の墓 

 平田篤胤の墓がありました。

 平田篤胤は江戸時代後期の国学者で、尊王攘夷思想の根本を作った人ともいわれているそうです。

 吉田松陰をはじめ幕末の志士達に大いに影響を与えたそうですので、ここが幕末動乱の発信源だったのかもしれませんね~









   
義重の墓がある寺 

   続いては闐信寺(てんしんじ)です。

 “てん”という字は、門がまえに“眞”と書くのですが、どうやっても変換できないので、どこかのページからコピペさせて頂きましたよ。









義重の墓がある寺の本堂 

 もちろん有名人の墓がありますよ。









 
佐竹義重の墓 

 それは、佐竹義重です。

 義重は勇猛果敢なことから“鬼義重”と恐れられ、戦国時代には佐竹氏最盛期を作り上げたといっても過言ではないでしょう。

 息子(義宣)が関ヶ原の時に石田側につこうとした (家康が会津を攻めようとした時に、水戸と会津で挟み撃ちしようとしたという説がありますね) ために、息子と対立。

 結局佐竹氏は曖昧な態度をとった為に、秋田に移封(50万石→20万石)となり、義重は後の1612年に落馬が原因で亡くなりました。

 鬼と呼ばれた義重の最後にしては、かっこわるいですね(笑)




 墓参りが終わったら、昼飯ですよ!









  
比内地鶏の親子丼 

 この日は秋田駅ビル内にある、比内地鶏やさんで 『比内地鶏の究極親子丼』 をいただきました。

 玉子がトロットロッで、とてもおいしかったですよ。



 次はお城です。


  
[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ





テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

岩槻城と慈恩寺 ~後編~

Category : 埼玉中央のいいところ
中秋の名月 (1200x900) 

 今日は中秋の名月ですね~

 会社の帰りに撮った満月ですが、私のコンデジではこれが限界です。

 








もといし@岩槻 (1200x900)
 

 さて、岩槻の続きです。

 岩槻城を攻略した後は腹ごしらえですね。

 この日は東岩槻のある“もといし”さんにお邪魔しました。









 
もといしのつけ麺 (375x500) 

 看板に“つけめん”と謳っているので、もちろんつけ麺を頂きました。

 まあ、流行のトンコツ魚介系というやつですが、刻み玉ねぎ入れ放題というのがうれしいサービスでした。









  
慈恩寺総門 (1200x900) 

 お腹を満たしたら、慈恩寺に向かいました。









 
慈恩寺本堂 (1200x900) 

 慈恩寺は、9世紀に開かれた古刹で、坂東三十三箇所の十二番札所にもなっています。









  
慈恩寺本堂彫刻 (1200x900)

 本堂は19世紀に建てられたもので、ご覧のように彫刻も美しかったです。(ちょっと、ブレちゃった)









 
慈恩寺の南蛮灯篭 (375x500)

 そして本堂の前には、岩槻城主・太田氏の家臣であった伊達房実が、1589年に奉納したという鉄燈篭が立っていました。

 そういえば、伊達政宗が日光東照宮に奉納した燈篭も鉄製でしたね。

 伊達家は鉄が好きなのか?

 ちなみにこの燈篭を奉納した伊達房実は、政宗とはなんの関係も無く(先祖を辿れば一緒かもしれんけど)、秀吉の関東征伐時には、城主の太田氏に代わって岩槻城に篭り、秀吉軍と戦いました。

 後に家康に仕え、旗本となったようです。







  
福山藩山岡氏 (1200x900)

 ここまで房実の説明をしたら、当然上の写真は房実の墓のものと思われるでしょうが、これは福山藩士・山岡氏代々の墓だそうです。

 なぜ福山藩士の墓がここにあるのかは知りません。









 
夕暮れの八丁湖 (1200x900)

 帰りは吉見町にある八丁湖に寄って…









 
八丁湖ニャンコ (1200x900)

 ニャンコと戯れてから家路につきました。





 
[さいたま市情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

岩槻城と慈恩寺 ~前編~

Category : 埼玉県の城
岩槻城のきぬ (1280x960) 

 先日は、埼玉県さいたま市岩槻区にある、岩槻城に行ってきましたよ。

 駐車場では、東武特急きぬ号が出迎えてくれました。

 “きぬ”とは、“鬼怒”のことです。

 たまに“きど”と読む方もいらっしゃいますが、“きぬ”です(笑)









 
岩槻城縄張り (1280x960) 

 まあ、そんなことはどうでもいいですね。

 岩槻城は室町時代に扇谷上杉氏が太田道心・道灌親子に命じて築城させました。

 戦国時代に小田原北条氏が進出してくると、この岩槻城も北条氏に占領されますが、上杉謙信が関東管領職を継ぐと、上杉氏と北条氏によって取り合いになります。

 謙信が死ぬことによってやっと北条氏のものとなったと思ったら、秀吉軍の大軍により落城。
 
 以後は徳川の譜代大名が明治維新まで治めることになります。











  
八つ橋@岩槻城 (1280x960)

 埼玉県の城を紹介するときは、だいたいこんなもんですよね。

 ○○が築城するが、小田原北条氏に奪われて、その後は謙信との攻防戦になるが、結局は秀吉の大軍によって落城する。

 今後は上の文章をコピーして貼り付けようかな?









 
岩槻城野球場 (1280x960)

 現在の岩槻城は、今までの写真のように公園になっています。

 縄張り図でいうと新曲輪のあたりだそうですが、多少の遺構は見ることができますよ。

 ちなみに本丸跡は、ショッピングセンターになっているそうです。(見に行かなかった…)







 


岩槻城土塁 (1280x960)

 土塁ですが、夏は草ボーボーでわからないですね









 
岩槻堀 (375x500)

 堀跡です。

 昔はもっと深かったでしょう。









 
岩槻城黒門 (1280x960)

 現存建築物もありますよ。

 どこにあったか不明らしいですが、どこかに移築してあったものを再移築して帰ってきた“黒門”









 
岩槻城裏門 (1280x960)

 これもどこにあったか不明の“裏門”

 裏門というからには、裏にあったのかい?









 
岩槻鴨 (375x500)

 そうカモね?









 
岩槻山吹 (375x500)

 岩槻区の花は山吹だそうですが、山吹ではないけど“山吹色”の花が咲いていました。









 
岩槻彼岸花 (375x500)

 次はお寺です。



 

[さいたま市情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

羽後遠征記(11) ~天徳寺~

Category : 秋田県のいいところ
天徳寺 

 補陀寺から南西に車で20分、秋田市中心部の北にある天徳寺にやってきました。









天徳寺山門 

 この天徳寺は、15世紀に佐竹氏の菩提寺として常陸に開かれた寺です。

 関ヶ原後に佐竹氏が秋田に移封されると、この天徳寺も秋田に移転してきました。









 
天徳寺本堂 

 先程の写真の山門も、こちらの本堂も江戸時代中ごろの建立で、国の重要文化財に指定されています。

 大きな茅葺の屋根が迫力がありましたよ!









 
佐竹家墓所 

 もちろん佐竹氏代々の廟もあるのですが、拝観禁止となっていたために、ちょっとした隙間からパチリとさせていただきました(笑)
 
 でも、毎年一回は一般に公開されるそうなので、興味のある方は行ってみてはいかが?









天徳寺の桜

 桜が咲いていました。




 

[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

羽後遠征記(10) ~補陀寺~

Category : 秋田県のいいところ
omotenasi.png

私も、滝クリにもてなされたい!

 



 あ、こんばんは。

 もう、オリンピックについてはいろんな場所でやっているから、あえて私が書く必要はないですよね?

 というわけで、羽後遠征の続きです。










補ダ寺入り口
 

 秋田市中心部から北東に10kmほどの場所にある補陀寺(ほだじ)に行きました。









  
補蛇寺山門

 補陀寺は、14世紀の中頃の建立と伝えられます。

 戦国時代にこの辺りを治めた安東氏の菩提寺となっていたようですが、残念ながら墓石は残っていないようです。









 
ほだじ本堂

 本堂は18世紀に建てられた文化財のようですが、うまく写真に収められる角度が無く、これも残念でした…

 車も余計な場所に停めてあるし(怒)









 
梅か桃

 安東氏の墓石は無くとも、別の有名人の墓は残っていますよ。

 補陀寺の裏の山を登っていくと…









藤原なんとかの墓

 藤原藤房の墓があります。

 藤原藤房とは、別名・万里小路(までのこうじ)藤房ともいい、後醍醐天皇の側近として活躍した人です。

 楠木正成を味方につけるなどの活躍をしますが、後醍醐天皇が行なった建武の親政に不満を持ち出奔。

 その後は行方不明となったようですが、補陀寺の二代目住職になったとの説があることから、ここに墓があるのだそうです。





 

[羽後国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

車山高原と小諸の史跡(6) ~小諸城・その2~

Category : 長野県の城
小諸城石垣  

 大きいニャンコと戯れた後は、また入り口付近まで戻って攻めなおしです。

 上の写真、左に進むと動物園ですが、右に進むと立派な石垣が出迎えてくれます。









小諸城石垣 (2) 

 少し進むと、番所跡。

 ここで番人のチェックがはいったんでしょうね~









 
石垣 

 苔むした石垣が最高!









 
小諸城黒門 

 この黒門橋の下が立派な堀になっていて、ここを越えると本丸があります。









 
小諸城黒門の先 

 本丸へ行くには、“鍵型”を通らけらばなりません。








 
桔梗 

 本丸では、明智の軍勢が待ち構えていた(笑)









 
懐古神社 

 現在の本丸には、最後の城主・牧野氏他が祀られている懐古神社が鎮座しています。

 







小諸天守台

 本丸の奥には、かつて三重の天守がありましたが、1626年に落雷で焼失して以来、再建はされなかったといいます。

 やはり苔むした石垣がいいですね!









  
天守台

 戦国後期に入城した仙石秀久による石垣らしいですが、この頃の積み方が無骨でカッコいいと思いますよ。









 
千曲川方面

 本丸を抜けてさらに奥に進んで、水の手展望台からの眺めです。

 奥に見えるのは千曲川で、“水の手”という名前から思うに、当時は千曲川の流れは眼下にあって、そこから水を汲んでいたのでしょうね。 









世界遺産

 この日は、世界遺産は見えませんでした…



 

[小諸情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

車山高原と小諸の史跡(5) ~小諸城・その1~

Category : 長野県の城
懐古園駐車場のSL  

 蕎麦でお腹を満たしたら、小諸城に行きましたよ。

 蕎麦を食べている間に雨もすっかりあがって、気温も下がって絶好の攻城日和になっていました。

 








小諸城三の門 

 小諸城址は、現在は懐古園という公園になっています。 

 上の写真は小諸城三ノ門の遺構ですが、サザエさんのおかげで懐古園の入口の門としてすっかり有名ですね(笑)

 ちなみに“懐古園”の大額は、徳川宗家16代当主の徳川家達(いえさと)の筆によるものです。



 



 では、さっそく攻略に向かいましょう! 







  




動物園入り口

 まずは動物園から!











 
ふくろう

 なんとかフクロウ。 









 
バンビ

 バンビ 









 
ペンギン

 なんとかペンギン 








 
大きいニャンコ

 大きいニャンコ! 

 


 というわけで、小諸城の紹介は次回です。




 


[小諸情報] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR