FC2ブログ

記事一覧

2013年を振り返る

     2013年も残りわずかとなりました。  年をとると、時間の流れが早いですね~  まあ、そんなことはどうでもいいので、今年最後は毎年恒例の2013年(の自分の足跡)を振り返る記事です。         【佐竹寺】    まずは4月。              翌月の5月には、江戸時代の佐竹氏の本拠である秋田への旅行が決まっていたので、それ以前(戦国時代まで)の佐竹氏の本拠を見ておこうという...

続きを読む

羽後遠征記(最終回) ~雄山寺~

  花巻城の次は雄山寺です。    花巻駅のすぐ東側にありますよ。   この雄山寺は、前回の記事で紹介した北信愛が、四男の菩提を弔うために開きました。  もちろん信愛の墓もあります。      北信愛(きたのぶちか)は、1523年に南部氏の家臣・北氏の家に生まれます。  後に起こった南部氏の後継者争いでは、南部信直を支持し、信直が当主になると側近として活躍。  後に花巻城代になると、関...

続きを読む

羽後遠征記(26) ~花巻城~

  高水寺から30分ほどのドライブだったでしょうか、花巻城に到着です。   花巻市街地にあり、案内看板も出ているので迷うことはないでしょうね。  でも、駐車場が見当たらなかったので、近くにあったコ〇マ電機の駐車場に停めさっせていただきましたよ。     この花巻城は、11世紀に安倍頼時によって築かれたとされます。  戦国時代には稗貫氏が本城としますが、その稗貫氏が秀吉の小田原攻めに参陣...

続きを読む

クリスマスは、うどんを食べて白鳥と戯れるにかぎる。

   西甲州の記事内で武田勝頼のことを書いていたら、埼玉県川越市にも武田勝頼ゆかりの地があったのを思い出したので、今日行ってきました。   それは真行寺です。   なんでも、この寺の第一世住職は、武田信玄の妹の八重姫だということです。  しかも、第二世は、武田勝頼の次男・靖千代なのだそうですよ。     以上の二人のことは、調べてもこの寺のこと以外は出てこなかったのですが…  一...

続きを読む

羽後遠征記(25) ~高水寺城~

 街中はいつもより煌びやかな気がし、スーパーではチキンやケーキが多く売られていたようですが、何かあったのでしょうか?  まあ、私には関係ないようですね(笑)   さて、徳丹城からさらに南下し、高水寺城(こうすいじじょう)に到着です。     徳丹城から車で15分ほどの場所にあり、国道4号に案内看板が出ているので、わかりやすいでしょう。    この高水寺城は、14世紀に斯波氏が築いたとされ...

続きを読む

西甲州攻め(最終回) ~大輪寺~

   西甲州攻め最後に訪れたのは、武田八幡と同じ韮崎市にある大輪寺です。 大輪寺は、板垣信方と共に武田信玄の"両識"を務めた甘利虎泰の息子・甘利昌忠によって開かれました。 昌忠は30歳の時に落馬事故で亡くなったとされ、跡を継いだ弟の信康は、長篠の合戦で亡くなりました。    左が甘利昌忠の墓です。   衆議院議員の甘利明氏は、子孫だニャ  より大きな地図で 西甲州 を表示[甲斐国] ブロ...

続きを読む

西甲州攻め(11) ~武田八幡神社~

   甲斐武田氏初代・武田信義の墓参り(願成寺)を済ませたら、その信義が元服したとされる武田八幡神社に行きました。  上の鳥居は願成寺から1キロほどの場所にありますが、社殿はさらに300mほど奥にあります。   300m歩いてもよかったのですが、社殿の近くにも駐車場があるので車で社殿近くまで行きました。     だって、またこんなに長い階段を登るのがわかっていましたからね(笑) ...

続きを読む

羽後遠征記(24) ~徳丹城~

   さて、羽後遠征も最終日。 最終日の最初に寄ったのは、岩手県矢巾町にある徳丹城です。 岩手県は“羽後”ではないけれど、羽後遠征の帰りに寄ったので、羽後遠征記内の記事とさせていただきます。  徳丹城は、先日紹介した志波城の南約10キロの場所にあります。   なんでも、志波城が洪水で使えなくなったことから、ここに志波城の機能を丸ごと移転してきたのだとか。 しかも志波城のように復元されたも...

続きを読む

羽後遠征記(23) ~志波城と夕食~

  さて、二年ぶりの盛岡へとやってきました。     二年前には来ることができなかった志波城が目的です。       この志波城は、古代の城(というより“柵”)なので、あまり興味が無いのです(笑)  たぶん二年前も、そんな理由から寄らなかったのだと思いますね。     この城は、約1200年前に坂上田村麻呂が築いたとされます。     蝦夷の首長・阿弖流為(アテルイ)を降伏させ...

続きを読む

西甲州攻め(10) ~願成寺~

   武田勝頼ゆかりの寺を参拝した後は、勝頼のご先祖さん縁の寺に行きました。   この願成寺は、8世紀ごろの創建とされますが、一時衰退します。    その後、平安時代にこの地の領主になった、武田信義が再興しました。   もちろん、この武田信義が甲斐武田氏初代とされる人ですね。  上の写真のガリガリのオッサンは誰だか知りませんよ!      もちろん、武田信義のものとされる墓石...

続きを読む

西甲州攻め(9) ~恩昌寺と光明寺~

  新府城を攻略したら、新府駅近くにある二つの寺に行きました。  まずは恩昌寺。  武田家最後の当主・勝頼には七人の子供がいたそうで、その長女が開いたのが恩昌寺です。  甲斐府中が躑躅ヶ崎から新府に移って早々にこの寺は開かれ、年が明けてすぐに彼女は亡くなったのだそう。   それは武田家滅亡の二か月前のことでした。  自分の家の滅亡を見ることなく死んだのは、ある意味幸せだったのかもしれません。 &#...

続きを読む

季節外れの鎌北湖と、ニャンコ神社

   来るべきスキーシーズンに備えて、スタッドレスタイヤに履き替えました。  そうなると、慣らし運転をしたくなるのが人の常ですよね(笑)     というわけで、紅葉で有名な(春は桜もキレイです)鎌北湖に行ってきました。  とはいえ、今年の紅葉はもう終わりのようで、最初の写真の場所しか残っていませんでしたね。     後で調べてみたら、近くの黒山三滝のほうは紅葉が残っていたカモ…  ...

続きを読む

埼玉の中心で、蕎麦を喰らう

   2か月ほど前のネタです。 なぜか、記事にするのを忘れていました。   この日は、埼玉県東松山市の淨空院に行ってきました。 タイトルに“埼玉の中心”とあるのは、上の地図でわかる通りです。 本当にど真ん中に東松山市はありますね~ 淨空院が開かれたのは10世紀頃ですが、16世紀の終わりに徳川家の旗本・菅沼貞吉が中興しました。   もちろん菅沼氏の墓所があります。   菅沼氏は徳川家...

続きを読む

速報! 肥前遠征記(1) ~プロローグ~

  というわけで、先日は旅に出ておりました。  タイトルにあるように、肥前国に行ってきましたよ。  まずは、東京駅から新幹線に乗って…   お弁当を食べて…     気分を盛り上げるために、小説を読んで…     なんだかんだしてるうちに、博多に到着です。     ここからは、在来線に乗り換えたのですが、関東には走っていないような電車がたくさん停まっていて、鉄っちゃんではない私...

続きを読む

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ