FC2ブログ

記事一覧

なにわのことも、夢のまた夢(9) ~木村重成表忠碑と太融寺~

 大坂城天守が激混みだったので、一旦大坂城から離れて、大坂の陣縁の地めぐりをしました。 まずは大坂城から北西に3キロほどの場所にある中之島です。 写真は重要文化財にも指定されている、大阪市中央公会堂です。 その近くに、木村重成表忠碑がありました。 木村重成は、母親が豊臣秀頼の乳母になったことから豊臣家に小姓として仕え、大坂の陣ではもちろん豊臣方として討ち死した人です。 ここにはかつて豊臣秀吉を祀る...

続きを読む

なにわのことも、夢のまた夢(8) ~大坂城・その7~

 大坂城の続きです。 極楽橋に戻って本丸に入ります。 山里曲輪に入る山里門。  山里曲輪には、刻印石広場かあります。 発掘等で発見された刻印石を展示しているそう。 天下普請で使われたものでしょうね。 山里曲輪の奥には、大坂の陣で自刃した豊臣秀頼と淀殿の石碑があります。 観光客は誰もいませんでした。 でも、花が新しいので、定期的に交換しているのでしょうかね?  ようやく天守です! 中に入ろうと思った...

続きを読む

北陸征伐戦 2015 (7) ~燧ヶ城~

 金ヶ崎城から北東に車で1時間ほどだったでしょうか、燧ヶ城(ひうちがじょう)に到着です。 登山口の場所は、JR今庄駅近くの観音堂です。 山城なので登山はきついですが…  比較的整備された登山道です。 20分もすれば、主郭に到着です。 この燧ヶ城の築城時期・築城者は不明ですが、鎌倉時代には存在していて、南北朝時代の金ヶ崎合戦時にも争奪戦があったそうです。 戦国時代の終わりには、一向一揆勢が籠ったり、本...

続きを読む

北陸征伐戦 2015 (6) ~金ヶ崎~

 大谷吉継の墓参りの後は金ヶ崎城です。 目印の金前寺からスタートです。 なんか横断幕が張ってありますが、気にしないでいきましょう(笑) 登山道を少し登ると、後醍醐天皇の皇子である尊良親王・恒良親王が祀られている金崎宮(かねがさきぐう)があります。 金ヶ崎といえば、金ヶ崎城の戦いですよね。 織田信長が朝倉方の金ヶ崎城を攻めていたら、背後にいた近江の浅井長政が信長を裏切って、挟み撃ちにあったというあの...

続きを読む

なにわのことも、夢のまた夢(7) ~大坂城・その6~

 大坂城の続きです。 本丸にはまだ入らず、内堀沿いを歩きます。 ここが本願寺だったことを偲ばせる『南無阿弥陀仏』の石塔。 内濠沿いを北に進みます。 上の写真は一応水濠です。 藻のようなものが浮いていて汚いですね。 青屋門までやってきました。 去年と今年は大坂の陣400年ということで、イベントをやっていました。 極楽橋です。 この橋を渡れば本丸ですが、まだ入りませんよ(笑) 天守が見えました。 内堀...

続きを読む

なにわのことも、夢のまた夢(6) ~大坂城・その5~

 大坂城の続きです。 大手門から入って案内通りに進むと、大きな内堀が見えてきます。 石垣の向こうは本丸です。 水濠ではなく空堀なのは、昔からなのだろうか? 門の名前は失念しましたが、立派な石垣を抜けると… 石山本願寺推定地がありました。 ここが大坂城になる前は、お寺だったんですね~ とはいえ、当時の本願寺は武装された要塞で、織田信長もここを落とすのに10年もかかりました。  先日紹介した六番櫓を内側...

続きを読む

北陸征伐戦 2015 (5) ~永賞寺~

 気比神宮から北に500mほどの場所に、永賞寺があります。 永賞寺は、16世紀中ごろの創建とされています。 秀吉の家臣だった大谷吉継がこの地に来ると、自らの菩提寺にしました。 というわけで、ここにはその大谷吉継の墓がありますよ。 関ヶ原後の1609年に建立された供養塔です。 敗軍の将だったせいか、大谷吉継の銘はないそうです。[北陸旅行] ブログ村キーワード...

続きを読む

北陸征伐戦 2015 (4) ~気比神宮~

 敦賀城をっ攻略したら、北陸道総鎮守・越前一宮の気比神宮です。 写真の鳥居は、日本三大木造鳥居の一つであるそうな。 いろんな三大○○があるのですね(笑)、あとの二つは春日大社と厳島神社です。  創建は8世紀ごろで、戦国時代には朝倉氏側についたことにより織田信長に焼き討ちされますが、江戸時代になって福井藩主の松平氏によって再興されました。 第二次世界大戦の敦賀空襲時にまたもや焼けてしまいましたが、終戦...

続きを読む

なにわのことも、夢のまた夢(5) ~大坂城・その4~

 京橋口から西外濠沿いを歩いていると、面白い櫓が見えてきました。 乾櫓です。 一階と二階が同じ大きさの櫓で、上から見ると一見四角いのかなと思いますが、実はL字型をしている珍しい櫓です。 1620年創建の現存建築物です。 西外濠沿いを南に進むと、大手門が見えてきました。 大手門を見張る役目の櫓で、名前の由来は『千貫の価値があるほど重要』ということから。 写真ではわかりずらいですが、ものすごく高い石垣。 ...

続きを読む

なにわのことも、夢のまた夢(4) ~大坂城・その3~

 大坂城の続きです。 濠からは少し離れますが、ドーンセンターという建物の脇に、豊臣時代の石垣が復元されています。 平成元年に発見されたそうですよ。 こちらも豊臣時代の石垣を復元したもの。 追手門小学校の脇にあるのですが、説明板も何もないので見つけるのに苦労しますよ。 こちらは日本経済新聞社の脇にある石垣です。 こちらは江戸時代のもの… 濠沿いに戻ります。 京橋門跡へとやってきました。 この門の石垣...

続きを読む

北陸征伐戦 2015 (3) ~敦賀城~

 武田耕雲斎と天狗党の墓参りを済ませたら、あの人気武将・大谷吉継の居城である敦賀城の攻略です。 攻略といっても、平城である上に市街地化が進んでしまっていて遺構なんて残っていません! が、近くの迎来寺に移築門が残っています。(上の写真) んでもって、これで次の目的地に行こうかと思っていたのですが、上の写真の看板を見ちゃったら行かなきゃイカンでしょう(笑) なにが大谷吉継ゆかりかというと、吉継が奉納し...

続きを読む

北陸征伐戦 2015 (2) ~気比の松原と、水戸烈士殉難地~

 思ったより早く書き始められた、今年五月の北陸旅行のレポートです。 まずは日本三大松原の一つである気比の松原。 あとの二つは静岡の三保の松原と、佐賀の虹の松原だそうです。 三つ制覇するのは大変そうですが、やっぱり海を見るとテンションが上がるな~♪ 気比の松原の無料駐車場に車を停めたら、自転車を引っ張り出して敦賀観光です。 観光と言っても史跡めぐりですけどね(笑) まずは水戸烈士殉難の地です。 上の...

続きを読む

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ