>

やまとのことも、夢のまた夢(28) ~大和郡山城・その2~

Category : 奈良県の城
8なんだっけ (1200x800)

 大和郡山城の続きです。

 追手門をくぐると常盤曲輪があり、今は学校が建っています。






 
9石垣 (1200x800)

 振り返れば本丸の石垣があるのですが、下の方には土が溜まっていてあまり見栄えは良くないですね。

 右上に見えるのが天守台です。








 

10土が (1200x800)

 少し左に目を向けるとこんな感じ。








11極楽 (1200x800)

 復元する気持ちだけはあるみたいです。










 
12本丸へ (1200x800)

 では、本丸へ…








 
13工事中 (800x1200)

 まあ、よくあることですが、整備中で天守台近くには寄れませんでした。










 
14天守台 (1200x800)

 大和郡山城天守名物の、『逆さ地蔵』 が見たかったのですがざんねんです。








 
15濠 (1200x800)

 見たい場所が見られないなら、サッサと退却です。








 
16濠 (1200x800)

 この大和郡山城は、平安時代に築かれたとされますが、現在のような形になったのは、戦国時代後期に豊臣秀長・筒井順慶によるものとされます。

 江戸時代になると代々譜代大名が入城し、18世紀半ばに柳沢氏が城主になると、そのまま明治維新を迎えました。










 
17濠 (1200x800)

 明治になると、建物はすべて取り壊されたそうです。








 
18かも (1200x800)

 日本100名城には選ばれていませんが、日本さくら名所100選には選ばれているのカモ。


 
[大和国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

やまとのことも、夢のまた夢(27) ~大和郡山城~

Category : 奈良県の城
1大和郡山 (1200x800)

 この日は朝一で大和郡山城を攻略しました。

 大和郡山城といえば、この写真ですね。

 左に写っている木は枝垂れ桜で、春の写真が良く使われているのを見ます。

 上に写っている電線は鉄道の架線ですが、どうしても写ってしまうのですが、皆さんの写真はフォトショなどで消しているのかな?

 それとも写らない角度があったのだろうか?








2電車と (1200x800)

 というわけで、電車と櫓の下手くそなツーショット写真をどうぞ(笑)









3濠 (1200x800)

 踏切を渡れば、濠が見えます。








4入口 (1200x800)

 そして鉄門跡の石垣。








 
5濠 (1200x800)

 駐車場へ行く途中にある濠。








 
6櫓 (1200x800)

 そして駐車場は追手門近くにありました。

 この駐車場に行く道がわからず、城跡の周りをグルグル回ってしまいましたよ。








 
7門 (1200x800)

 この追手門も、先ほどの櫓も1980年代に復元されたものです。

 つづく…


 
[大和国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

北陸征伐戦 2015 (27) ~小松天満宮~

Category : 石川県のいいところ
1鳥居 (1200x800)

 小松城を攻略した後は、小松城の鬼門を守る小松天満宮に参拝しました。

 小松城の鬼門に当たるこの場所は、金沢城の裏鬼門に当たるとのことで、金沢城をも守るという重要な役目の神社です。

 「天満」という名の通り、この神社は菅原道真を祀る神社です。

 前田氏は菅原氏の子孫と称していますからね。








 
2門 (1200x800)

 重要文化財の神門。










 
3十五重塔 (800x1200)

 こちらは十五重の塔。

 






 
4拝殿 (1200x800)

 こちらも重要文化財の社殿ですが、囲いがしてあるのはナゼ?

 
 
[北陸旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

北陸征伐戦 2015 (26) ~小松城~

Category : 石川県の城
1小松城天守台 (1200x800)

 台風一過の青空の下、小松城を攻略(7年ぶり二度目)しました。

 場所は、石川県立小松高校のグラウンドの端なのでわかりやすいでしょう。

 といいながら、私は少し迷ってしまいました… 車を止める場所もないし…



 小松城は戦国時代後期に一向一揆方の城として築かれました。

 一揆が抑えられ一度は廃城になりますが、加賀藩二代藩主・前田利常の隠居城という名目で再建されます。

 隠居城といっても、大きな湖の上に曲輪が島のようにいくつも浮かぶ「浮き城」で、とても堅固だったそうです。

 武蔵の忍城みたいな感じですね。

 明治になって廃城になったようです。









2石垣 (1200x800)

 最初の写真は天守台ですが、その石垣のアップがこちら。

 江戸時代に入ってからの石垣なので、「見せる」要素の強い綺麗な石垣ですね。









3別角度 (1200x800)

 別角度から…









4登れない (1200x800)

 天守台には登れませんの。

 しかも管理しているのは学校長?

 







5別石垣 (1200x800)

 ちょっと離れている場所にも遺構の石垣があります。









6門遺構 (1200x800)

 そして小松城唯一の現存建築物である鰻橋御門が、小松市内の来生寺に移築されています。


[北陸旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

やまとのことも、夢のまた夢(26) ~法隆寺と夕食~

Category : 奈良県のいいところ
1法隆寺 (1200x800)

 松永久秀の墓参りの後は、ライバルである筒井順慶の墓参りのはずでした。









2三経院 (1200x800)

 が、途中で『世界遺産』 『国宝』 『法隆寺』なんて看板が見えてしまったので、ついつい寄ってしまいました。









3大講堂 (1200x800)

 







4五重塔と金堂 (1200x800)









5順慶 (1200x800)

 法隆寺を見学していたせいで、筒井順慶の墓に到着したときには、やっぱり暗くなってしまいました。









6筒井 (1200x800)

 フラッシュ焚かないで撮影して、明るく加工してみましたらこうなりました。








7彩華 (1200x900) 

 そしてビジネスホテルにチェックインした後に、夕食にしました。









8ラーメン (1200x900)

 奈良県のご当地ラーメンの一つ、スタミナラーメン彩華さんでいただきました。

 これで、日本三大スタミナラーメンを制覇です。(あとの二つは、茨城の「スタミナ冷やし」と埼玉・娘娘の「スタミナラーメン」です)

 
[大和国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 武将の墓参り
ジャンル : 旅行

北陸征伐戦 2015 (25) ~東尋坊と台場と夕食~

Category : 福井県のいいところ
1東尋坊タワー (1200x900)

 丸岡城から北東に20キロほどの場所に、東尋坊があります。

 超有名観光地ですね(笑)









2シャッタ (1200x900)

 台風が近づいているせいか、お土産屋さんは数軒しか営業していませんでした。










 
3東尋坊 (1200x900)
 
 






 
4東尋坊 (900x1200)








5東尋坊 (1200x900)

 東尋坊からは数分で退却し、本当に行きたかった場所に向かいました。










 
6台場 (1200x900)

 それは、東尋坊から5キロほどの場所にある、砲台跡です。










 
7台場 (1200x900)

 丸岡藩が沿岸警備のために、ペリーが来航する1年前に造ったもだそうです。








 

8台場 (1200x900)

 高さ1.8mほどに積まれた石垣が弓状に組まれ、五ヶ所に砲眼が設置されています。

 晴れた日に来たかったなぁ…












9アルバ (1200x900)

 この日は吉崎御坊や大聖寺城など見たい場所がまだまだあったのですが、台風の接近にはさすがに勝てず、早めに石川県小松市にあるビジネスホテルにチェックインしました。







 
 
10金沢カレー (1200x900)

 そしてこの日の夕食は、金沢カレーです。
 
 必ずキャベツの付け合せが付き、ステンレスの皿に盛られて先割スプーンで食べるのが、金沢流(笑)

 給食みたいですね~

[北陸旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

北陸征伐戦 2015 (24) ~本光院と高岳寺~

Category : 福井県のいいところ
1本光院 (1200x800)

 嵐の中、丸岡城を急ぎ足で攻略した後は、その丸岡藩主の墓所がある二つの寺に行きました。









2本堂 (1200x800)

 まずは本光院です。

 本多成重が丸岡を与えられた時に、本多家の菩提寺として1613年に開かれました。








3本多墓 (1200x800)

 そしてこちらが墓所。

 一番右の墓石が初代藩主・成重の父である本多重次のものです。

 彼は鬼作左として有名で、日本一短い手紙『一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ』を書いた人としても有名ですね。

 『お仙』とは作左の息子のことで、初代丸岡藩主の本多成重のことなのです。

 墓石は右から二番目です。








4高岳寺 (1200x800)

 丸岡藩としての本多氏は改易され、続いて丸岡に入ったのが有馬氏です。

 






5有馬墓 (1200x800)

 その菩提寺は近くの高岳寺にあるのですが、お寺の人を呼び出してお金も払わなければならないので、今回はスルーしておいてやったぜぇ


[北陸旅行] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 武将の墓参り
ジャンル : 旅行

やまとのことも、夢のまた夢(25) ~達磨禅寺~

Category : 奈良県のいいところ
1達磨 (1200x800)

 信貴山城の南西5キロほどの場所にある、達磨禅寺にやってきました。

 







2紅葉 (1200x800)

 この達磨禅寺は、聖徳太子が建立したとされる寺です。

 太子さん、どんだけ寺を建立するん?と思ったら、日本書紀に書かれているのは四天王寺だけということです。








3ぽち (1200x800)

 そんな聖徳太子ゆかりの寺には、聖徳太子が飼っていた雪丸という犬の墓があります。

 『私が死んだら、達磨禅寺に葬ってくれ』と、人間の言葉で言ったそうです。








4墓 (1200x800)

 他にも有名な方の墓があります。

 後醍醐天皇に殉じた片岡八郎と、筒井氏の家臣であった片岡春利の墓です。

 そしてもうひとつ…








5爆死 (800x1200)

 ミスター戦国武将こと、松永久秀の墓です。

  三好長慶の被官から身を興し、主家や将軍を謀略で殺したり、奈良の大仏を焼いたりして、あっという間に大和を攻略。

 信長が台頭してくるとあっさりと傘下に入り、二度も裏切る。

 一度目は許されたが、二度目は信長のほしがっていた茶器を抱いて爆死!

 奇しくも大仏が焼けた10月10日のことでした。

 そう、今日は松永久秀の命日です。

 

 両片岡氏の墓にはきちんと説明板があるのに、久秀の墓には無いのはなぜ?



[大和国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ : 武将の墓参り
ジャンル : 旅行

やまとのことも、夢のまた夢(24) ~信貴山城~

Category : 奈良県の城
1多聞天 (1200x800)

 大阪府から一山越えて、奈良県にやってきました。

 というわけで、タイトルも変わっていますよ(笑)









2張子の虎 (1200x800)

 奈良県生駒郡にあります、信貴山 朝護孫子寺(しぎさん  ちょうごそんしじ)です。









3参堂 (800x1200)

 この寺の創建時期は不明で、開基は聖徳太子とされますが、あくまで伝説の域を出ません。









4アクティブ聖徳太子 (1200x800)

 そんなこともあってか、ここにある聖徳太子像は馬に乗りながら笛を吹くという、現代でいうところの『ながら運転』をする危ないヤツとなっております。









5なにか (1200x800)

 ということはどうでもよく(笑)、私が目指すのは、この寺がある信貴山に築かれた信貴山城です。









6ここから (1200x800)

 信貴山城を目指すなら、この空鉢護法を目指すとよいと予習をしてきたので、迷うことなく城へ行けました。

 その代わり、寺の伽藍群はあまり見ることができませんでした。

 まあ、私はこういったゴチャゴチャした寺(や神社)は、あまり好きじゃないからいいんですけどね…









7登山 (1200x800)

 はい、埼玉から来ました!









8ようやく (1200x800)

 先ほどの分岐点から15分ほど登れば、ようやくここが城跡だという証拠の幟が見えてきます。

 それまでこの山が城跡だなんていう案内は、駐車場付近の看板にしか書いていなかったからね(あったらごめんなさい)









9信貴山 (1200x800)

 河内と大和を結ぶ要衝の地だったことから、古くから砦のようなものが築かれていました。

 本格的に城を築いたのは戦国時代の木沢長政で、その後に三好氏の被官であった松永久秀によって完成されたといいます。

 久秀は信長の家臣になりますが後に裏切ってこの城に籠もり、大群に囲まれて負けを悟ると、信長のほしがっていた茶釜に火薬を詰めて爆死しましたが、そのときに朝護孫子寺も焼失してしまいました。








10眺め (1200x800)

 そのときに信貴山城は廃城になりますが、朝護孫子寺は豊臣秀頼によって再建されたそうな。








 
11爆死 (1200x800)

 次はこの人のお墓参りです。


[大和国] ブログ村キーワード
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR