記事一覧

渡島遠征記(3) ~亀田八幡宮~

 続いて訪れたのは、亀田八幡宮です。 もともとは敦賀の気比神宮から分霊して14世紀に建立された神社で、後に武田氏・蠣崎氏・松前氏の祈願所になりました。 明治になってからは、函館戦争の終結の調印がここで行われたそうです。 社殿には函館戦争時の弾痕が残っているとの事でしたが、すっかり見てくるのを忘れてしまいました。 近くには八重桜がまだ咲いていましたよ。(五月中旬) そして北海道にしかないコンビニで、コ...

続きを読む

渡島遠征記(2) ~土方歳三最期の地~

 さて、今日から始まる新シリーズ。 今年5月の北海道旅行のレポです。 ちなみに渡島(おしま)とは、函館とか松島とかある辺りの地名です。 まずは函館駅付近で自転車を借りて、市内観光です。 まず最初に訪れたのは、土方歳三最期の地です。 函館線戦争の際、土方歳三が銃弾に倒れたとされる一本木関門付近にこの碑が建てられました。 右にある冠木門っぽいのが、一本木関門の復元です。 新しい花が供えられているのが、...

続きを読む

雪解けを待って、北信征伐(16) ~恵明寺~

 続いてやってきたのは恵明寺です。 この寺は、松代藩三代目藩主の真田幸道が建立しました。  というわけで、ッここには幸道の奥さんである豊姫の墓があります。 彼女は伊達政宗の孫(伊達秀宗の子)で、井伊直政の孫(秀宗の奥さんが直政の娘)でもあります。 すごい血筋ですね(笑) ちなみに、千曲地方でアンズの生産が盛んなのは、この豊姫が故郷である宇和島から持ち込んだことが始まりだそうな。[真田丸] ブログ村キ...

続きを読む

雪解けを待って、北信征伐(15) ~大英寺~

 次にやってきたのは大英寺です。 ここには真田信之の正室である小松姫の霊屋があるのですが… 上の看板のように… こんなかんじ…  大河ドラマに間に合うように工事をするわけにはいかなかったのだろうか? ともかく、来年の夏まではこんな感じだそうです。[真田丸] ブログ村キーワード...

続きを読む

琵琶湖東岸の城制覇の旅 “リベンジ編” (最終回) ~敏満寺城~

 あとは埼玉に帰るだけになりましたが、途中で多賀サービスエリアに立ち寄りました。 トイレ休憩でもなく、食事をしたかったわけでもありません。 実はここは、敏満寺城という城があった場所なのです。 甲府城や福山城のように駅近城址もありますが、ここはサービスエリア内城址なのです。 敏満寺という寺院が城塞化した寺院城郭だったようですが、戦国時代後期に織田信長と浅井長政に攻められて落城し、それ以来再建されるこ...

続きを読む

琵琶湖東岸の城制覇の旅 “リベンジ編” (34) ~園城寺~

 大津城の後は、園城寺(おんじょうじ)に行きました。 三人の天皇を取り上げた時に使われた井戸があると言う事から、通称・三井寺。  壬申の乱で敗れた大友の皇子の皇子・大友与多王が父親の菩提を弔うために建立したのが始まりとされます。  こちらは国宝の金堂。 1599年に、豊臣秀吉の奥さんの北政所が建立しました。 武蔵坊弁慶がここから奪って比叡山で撞いてみると、『イノーイノー(関西弁で「帰りたい」』と泣いた...

続きを読む

雪解けを待って、北信征伐(14) ~蓮乗寺~

 続いては蓮乗寺(れんじょうじ)です。  本堂にはやっぱり六文銭。 そしてここには佐久間象山(左)と、その息子である三浦啓之助(佐久間恪二郎)の墓があります。 象山が暗殺されてから、啓之助は父親の敵を討とうとして新撰組に入隊します。 が、後に脱走し、その後も投獄されたり、コネで入学した慶応義塾を中退したり、警察官と喧嘩をしたりで典型的なドラ息子といったかんじでしょうか? 結局、ウナギの蒲焼を食べて...

続きを読む

雪解けを待って、北信征伐(13) ~長国寺~

 続いては長国寺(ちょうこくじ)です。  真田幸隆が現上田市に菩提寺として長谷寺(ちょうこくじ)を建立したのですが、その孫の信之が松代藩主になったときに自らの菩提寺として長谷寺を開き、のちに長国寺に改名しました。 六文銭が誇らしげですね。 真田家の墓だけでなく、家臣の墓もあります。 こちらは家老で藩政改革を行った恩田木工の墓です。 そしてこちらが真田家の墓所ですが、拝観時間を過ぎていたので拝観は諦...

続きを読む

琵琶湖東岸の城制覇の旅 “リベンジ編” (33) ~大津城~

 続いて訪れたのは大津城です。  記事にするのは二回目ですが、前回は『遺構なんてありません!』と書きました。  が、しかし…  曳山展示館の脇の細い道の突き当りに…  大津城の外濠の石垣が残っているのだ! よく見ると、彦根城天守の石垣の質に似ていると思いませんか? しかも、上のブロックの穴が、狭間に見えてくるからあら不思議(笑)  あ、こちらは遺構ではありません。  琵琶湖文化会館です。[近江国] ブ...

続きを読む

琵琶湖東岸の城制覇の旅 “リベンジ編” (32) ~義仲寺~

 瀬田の唐橋を『急がばまわった』後は、木曽義仲の墓がある義仲寺(ぎちゅうじ)に行きました。 街中にあるせいか、とても狭い敷地内にいろいろなものが詰め込まれています。 こちらが木曽義仲の墓です。 粟津の戦いで討ち死にしたあとここに葬られたといいます。 こちらは供養塔ですが、義仲の奥さん(愛人?)の巴御前の墓。  そしてこちらは、松尾芭蕉の墓です。 遺言で、木曽義仲の墓の隣に墓を作ってくれと残したそう...

続きを読む

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ