FC2ブログ

記事一覧

南紀南勢遠征記(8) ~鵜殿城~

 新宮城の脇を流れる熊野川を渡れば三重県です。 水野家の墓参りを済ませたら、三重県に渡り鵜殿城を攻略しました。 登城口は、紀宝町ふるさと歴史館のすぐ近くにある、このローラー滑り台の脇です。 少し登れば、堀切らしきものが見えてきます。 また少し登れば主郭に出ます。 しっかりと土塁で囲まれていますね。 この鵜殿城は、鎌倉時代に鵜殿氏によって築かれたといいます。 その後南北朝の騒乱が収まると、鵜殿氏は三...

続きを読む

南紀南勢遠征記(7) ~ 水野家墓所~

 続きましては、新宮城主であった水野家の墓所に行きました。 城主とはいえ、水野家は紀伊徳川家の家老とういう立場だったので、大名ではありませんね。 場所は新宮高校の南側で、座標は (33.718557, 135.986537)←このあたりになっています。 倒木にも負けず石段を登って行けば… 初代・水野重仲以下歴代城主及び親族16基の墓碑が並んでいます。  一応この人の墓碑だけでも載せておきます。 初代・新宮城主の水野重仲です...

続きを読む

車山高原と続日本100名城(4) ~ 岩尾城~

 岩尾城主・大井氏の墓参りを済ませたら、その岩尾城を攻略しました。 駐車場は無いとのことだったので、桃源院から歩いて訪問しました。 桃源院から西に10分ほどの場所にある、伊豆箱根三島神社が城跡にあたります。 社殿がある場所が主郭になり、そこは少し高くなっていました。 正確にはこの奥が主郭との事でしたが… 真夏ということで、藪になっていて入ることが出来ませんでした。 本丸には、城主やここでの合戦が原因...

続きを読む

車山高原と続日本100名城(3) ~ 桃源院~

 龍岡城の後は、桃源院に行きました。  龍岡城からは北西に10キロほどの場所にあります。  この桃源院は、近くの岩尾城主の岩尾大井氏の三代・大井行真によって祖父と父の菩提を弔うために16世紀半ばに開かれました。 というわけで、ここには岩尾大井氏の墓があります。  …っと、その前に、ここにはリアル『トイレの神様』がいらっしゃいました。 本堂にお参りしてから大井氏の墓参りですが、大井氏の墓は本堂の左奥にあ...

続きを読む

南紀南勢遠征記(6) ~ 堀内氏館~

 つづいては堀内氏館です。 熊野速玉大社からは南に700mほどの場所にあり、今は全龍寺という寺になっています。 この堀内氏館は、戦国時代にこのあたりを治めた堀内氏の館です。  平城ですが、近くの山に詰城があったとの事なので、武田氏における躑躅ヶ崎のようなものなんでしょうか?  時の当主・氏善は、秀吉からはこの地を安堵されますが、関ヶ原で西軍についたために改易されます。 この館も、後にこの地に入った浅...

続きを読む

南紀南勢遠征記(5) ~ 熊野速玉大社~

 つづいては熊野三山の一つ、熊野速玉大社です。 先日紹介した、熊野那智大社は470段の階段が大変でしたが、こちらは平地なので楽でした。 というわけで、こちらは全国の熊野大社の総本宮であります。 勿論、世界遺産でもあります。 こちらは那智よりも、外国人観光客は少なかったなぁ…[紀伊国] ブログ村キーワード...

続きを読む

車山高原と続日本100名城(2) ~ 龍岡城~

 依田信蕃の墓参りの後は、二つめの五稜郭でおなじみの龍岡城に行きました。 ここは三回目の登城ですが、今回は続日本100名城に選ばれたということで、スタンプ押印が目的です。 なので見学はサラッと… でもいつも思うのですが、なんでここに五稜郭を造ったのでしょうね? しかも規模が小さいので、戦国時代の火縄銃や槍でもすぐに落とせそうな感じがします。  建物遺構は、上の写真の『台所』のみです。 私が行った時は夏...

続きを読む

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ