FC2ブログ

記事一覧

車山高原と続日本100名城(8) ~光徳寺~

 続いては光徳寺です。 津金寺からは、南に2キロほどの場所にあります。 この光徳寺は、芦田光玄が初代芦田城主である、父の芦田光徳の菩提を弔うために15世紀後半に建立したとされています。  もちろん芦田光徳の墓がありますよ。 それは本堂の裏山にあるのですが、標識も何もないので探すのに少し苦労しました。 墓石の脇に『芦田光徳』と書いてあったので、これで間違いないです。[信濃国] ブログ村キーワード...

続きを読む

車山高原と続日本100名城(7) ~津金寺~

 続いては金津寺(つがねじ)です。 望月城からは、西に8キロほどの場所にあります。 駐車場の前にある藁ぶきの仁王門には、武田菱が誇らしげ。 鎌倉時代に滋野氏の庇護を受けていたらしいのですが、戦国時代からは武田氏が庇護をしたそうです。 こちらは観音堂。 18世紀の建物で、立科町の文化財に指定されています。 そしてここにも有名人?の墓があります。 13世紀に建てられた、滋野氏の供養塔のようです。 どれが誰...

続きを読む

南紀南勢遠征記(10) ~熊野本宮大社~

 つづいては熊野本宮大社です。 やっぱりここまで来たら、熊野三山を制覇しなきゃね! 貴祢谷社からは約一時間のドライブでしたが、熊野川沿いの道はとても気持ちよく走ることができました。 まさかの長い階段を登ると、社殿が見えてきます。 ここにもヤタガラスがいますね。 ここから先は撮影禁止なので、気をつけましょう。 中には四つの本殿(第一殿~第四殿)と、お守り売り場や御朱印受付がありました。 本来は予定に...

続きを読む

南紀南勢遠征記(9) ~貴祢谷社~

 続いて向かったのは貴祢谷社です。 振り仮名がないと『きねがたにしゃ』なんて読めないですよね… 鵜殿城からも近く、ここには駐車場が無いので鵜殿城から歩いていきました。 場所は日比野生コンという会社が目印で、その会社に行けば看板(33.733598, 136.001031)が出ています。 でも私の目的は神社ではなく、この墓石です。 これは先日紹介した鵜殿城を治めた『鵜殿氏一門』の墓で、鎌倉・南北朝期のものなんだそうですよ...

続きを読む

車山高原と続日本100名城(6) ~望月城~

 続きましては望月城です。 望月氏の菩提寺側から徒歩で登ることもできますが、今年の酷暑では徒歩で登ることは命の危険すらあるとの判断から、車で行くことにしました。 上の写真の看板をナビに登録すればすぐに到着できますよ。 看板の近くに駒つなぎ場という名の駐車場があるので、ここに車を止めて歩きます。 左に行く道が登城道です。 歩き出すとすぐに遺構がありますが、土の城だと夏場は草だらけでなにがなんだかわか...

続きを読む

車山高原と続日本100名城(5) ~淨光院~

 続きましては、佐久市望月地区にある淨光院に行きました。 この淨光院は15世紀半ばに、望月氏の菩提寺として建立さたそうです。 もちろん望月氏の墓があるのですが、その前にこのあたりの名主であった真山(さなやま)氏の墓が見つかりました。  そしてこちらが望月氏の墓です。 望月氏はこのあたりを治めた豪族で、戦国時代に武田氏が進出してくるとその傘下に入り、例の第四回川中島合戦にも武田軍の一員として参加しまし...

続きを読む

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ