FC2ブログ

記事一覧

海道一の城取り(22) ~誓願寺~

 続いては、諏訪原城から北東に30キロほどの場所にあります。 近くには丸子(まりこ)城という山城があるのですが、時間がないのでスルーしました。 そしてここには片桐且元の墓があります。 この寺は、且元が例の「国家安康君臣豊楽」の言い訳を家康にするために滞在した寺ということです。 且元の墓に行く途中には、味知家の墓がありました。 「味知」という苗字は家康からもらったもので、、家康に献上した柿がとても美味...

続きを読む

海道一の城取り(21) ~諏訪原城~

 続きましては諏訪原城です。 ここも続日本100名城に指定されたために、再び訪れました。(二回目) 前回来た時より整備され、堀が見やすくなってましたよ! 上の写真は、見どころの一つでもある、二の曲輪中馬出の堀です。 馬出といえば、武田氏のお家芸といってもいい存在ですよね。 それもそのはず、この城は武田氏が駿河侵攻の拠点とするために築いた城です。 後に長篠合戦で武田氏が破れると、徳川氏に奪われて、徳川...

続きを読む

初雪の前に南魚沼攻略(最終回) ~樺沢城と夕食~

 最後は樺沢城です。 上越国際スキー場前駅近くの、龍澤寺の向かいに登城口があります。 駐車場もすぐ近くに完備していますよ。 この城の築城時期は不明ですが、元々は上田長尾家の城だったようで、上田長尾家の長尾政景の息子である上杉景勝の出生の地とされています。 謙信の死後の御館の乱時には関東の北条家に奪取されますが、北条家は降雪を恐れて関東に帰ってしまったために、景勝側に奪い返されてしまいます。 景勝が...

続きを読む

海道一の城取り(20) ~高天神城~

 続きましては高天神城です。 この城を制する者は、遠江を制すると言われたあの城です。 そんな高天神城を父である武田信玄は落とせず、息子の武田勝頼が落としました。 勝頼はそれが自慢だったようですが、徳川軍が取返しに来たときに、武田勝頼は援軍を出せなかったことから人心が離れ、武田家滅亡のきっかけになった城といっても過言ではないでしょう。 以前登城したときは傾斜のきつい搦手から登ったので、今回は大手から...

続きを読む

海道一の城取り(19) ~撰要寺~

 横須賀城の後は、その城主の墓がある撰要寺です。 横須賀城からは北東に500mほどの場所にあります。 ちなみに、上の写真の門は、横須賀城の門を移築したものらしいですよ。  んで、この寺は1581年に大須賀康高により創建されました。 康高はあまり有名でないでしょうが、常に徳川軍の最前線で戦った人です。 特に対武田家との高天神城籠城と、後の高天神城奪回戦での活躍が有名かな? 上の写真じゃよくわからないですが...

続きを読む

初雪の前に南魚沼攻略(4) ~雲洞庵~

 続きましては雲洞庵です。 8年ぶり二度目の訪問です。 前回はまだ雪が積もっていて、まともに『雲洞庵の土を踏』めなかったのですが、今回はちゃんと踏むことができました。 この敷石一つ一つに法華経一字ずつ彫ってあるとのことなので、参道を歩けば罪業消滅や万福多事の御利益があるということです。 拝観料を払って本堂の中に入りました。 写真撮影OKなのが太っ腹! おなじみ、上杉景勝と直江兼続が幼少期に修行した...

続きを読む

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ