記事一覧

ここはどこでしょう?

先日は、埼玉県東松山市と坂戸市の間を流れる越辺川(おっぺがわ)へ行ってきました。

 

 

島田橋 

 

 越辺とは、アイヌ語で「恋人を待つ」と言う意味があるそうです。 ロマンチックです176 でもなぜこんなところでアイヌ語?

 

 

島田橋 (4)

 

 その恋人を待つ川に架かる「島田橋」です。

 

島田橋 (3)

 

最近はあまり見かけなくなった、冠水橋です。沈下橋とも言いますよね?

 

島田橋 (5)

 

でもこの辺りではまだまだ見かけますよ。 

 

島田橋 (6)

 

そんな変哲もない冠水橋に、どうして行ったかって? それは…

 

 

 

島田橋 (2)   

 

 勘助がミツと平蔵の住む村へ行くときは、必ずこの橋を渡りました。 恋人の待つ川を渡って、ミツに会いに行っていたんですね。 ロマンチックが止まらない♪

 

 

島田橋 (7)

 

 江戸時代以前にはここには橋は無く、渡し舟があったそうです。 上の写真は川を渡る人の安全を祈願したものでしょうか? この中に17世紀ころから存在しているものもあるそうです。 

 一番手前の石碑には「安政○○年」と彫ってありました。 安政といえば、安政の大獄の「安政」ですよね?

 


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉 その他の街情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お~いいですね

アイヌ語?なんで北海道でもないのにアイヌ語なんだろ??なんて思いましたが・・・普通の「恋人を待つ」ような名前にしたら・・・・変なナンパスポットになりそうですね~

「橋」がとても素晴らしいでーす。この橋は勿論「歩行者」専用ですよね~
「沈下橋」・・・水かさが増したときには水面に沈むわけですね・・・

ドラマでは確かに「絵」になる橋ですよねー凸

こんばんは

実は、車も通れるんですよ。

私もこの川で待つことにします。
凸ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ