>

江戸城を歩く(4)

Category : ---江戸城

  東京だよ、おっかさん。 というわけではありませんが、下の写真に写っているのは『鉄橋』といいます。

 

鉄橋と伏見櫓 (3) 

 本当はこの橋のことを二重橋といいました。 この辺りの堀は深く、一回で橋が架けられませんでした。

 そこで、下のほうに一度橋を架け、その橋を作業足場として上に橋を架けて完成したそうです。

それが、上下二重に橋があるように見えるので、『二重橋』と呼ばれるようになったのです。

 

二重橋と正門

 今ではこの橋のことを二重橋というか、先ほどの橋と併せて二重橋とよぶそうです。

  奥に見える門は、かつては『西の丸大手門』といい、今は『皇居正門』です。 当然警備が厳しかったです。

 

スリーショット

 奥に見える櫓は伏見櫓で、伏見城から移設されたものと伝わります。

 普段は近くで見ることは出来ません。

 

桜田門 

 続きましては桜田門です。 大きくて威厳がありますね。 上の写真は城内から見たところです。

 

桜田門 (9) 

 同じく桜田門。 城外からみたところ。

 

桜田門あたりから 

 桜田門付近の堀。 このあたりは総石垣ではなく土塁になっております。 江戸時代初期にはこのあたりまで海だったようです。 あの時代に海を埋め立てる技術があったなんて、にわかには信じれられないです。

 

警視庁 (2) 

 警視庁です。 江戸時代は松平市正と言う人の屋敷があったそうです。 写真の警視庁から右へ向かうと彦根藩・井伊家の屋敷がありました。 そう、桜田門といえば、桜田門外の変ですよね? 井伊直弼が絶命したのは、今まさに私が写真を撮っているあたりだそうな。 合掌…

 ちなみに、警視庁の左側には、米沢藩・上杉家の屋敷がありました。

 

 さてさて、ここ桜田門駅から有楽町線に乗ってもよかったのですが、せっかくなので東京駅に向かいます。

 

楠正成 (3)

 途中、楠正成の像があります。 上野の西郷さん・靖国の大村益次郎の像とならんで、東京三大銅像というそうです。 

 

東京駅 (2) 

 東京駅です。 創業当時の姿に戻そうと、今改装工事中です。

 

 この日はここまで。 本丸に入れなっかたおかげ(?)内堀沿い東半分を周ることが出来ました。 せっかくなので、近々西半分も周りたいと思います。 もちろん本丸も。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

こんばんは☆
桜田門もメガネ橋もこの間見ました。やっぱり、江戸城は皇居の外を歩いてるだけでも楽しめますね。
江戸城付近まで海だったのですか?ずいぶんと埋め立てたもんですね~。
井伊直弼に合掌 (´人`)

こんばんは

江戸城の堀を掘った時の土や、神田山(神田に山があった!)を切り崩した時の土で埋め立てたらしいですが、それにしてもすごいですよね。

水戸浪士にも合掌(´人`)

特別参賀の日

こんばんは。
江戸城、自分も数年前に行きました。
天皇誕生日特別参賀の日に。
普段行けない所が歩けるようになるので、
この日をねらって行きました。
ものすごい人の多さでしたが…

蟠龍斎さんこんばんは

私も今度、一般参賀を狙って行こうかと思っていたのですが…
人が多いのはねぇ…
非公開コメント

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフォーです。

Instagram
Instagram
FC2 ランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいり
最近のトラックバック
3D球体タグクラウド
ブログ内検索
Thanks!
私の本棚
美女暦
埼玉時計

神戸市の税理士
電力使用状況&電気予報
頑張ろう、日本!
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 東北地方太平洋沖地震 義援金  
ネコ派 vs イヌ派
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派
猫 侍
猫侍
真田丸
官兵衛
おんな城主 直虎
八重の桜
QRコード
QR