記事一覧

また江戸城を歩く(2)

 梅林坂を登りきり少し歩くと天守台に出ます。 裏側ですが。

駐車してある車と比べても、その大きさがわかりますよね。

天守台

 

 江戸城の天守は三つありました。

 最初の天守は家康が建てたもので、豊臣秀頼の居城「大坂城」の約二倍もあり、当時の人々に豊臣から徳川への政権交代を強く印象付けたそうです。

 

天守台 (2)

 

 二番目の天守は、家康の息子で二代将軍・秀忠の建てたもの。 家康天守より高さも面積も一回り大きくなり、今でいうと20階建てのビルに相当するそうです。

 

天守台 (3)

 

 三代目は、三代将軍・家光の建てたもので、これは秀忠の建てたものとほぼ同じ大きさだそうです。

ちなみに、現存最大の姫路城よりも約13メートルほど高いそうです。

天守台 (5)

 

 その家光の天守は、竣工から20年後の1657年に火事で焼けてしまいました。 

いまある天守台は、その火事の後に再建されたものです。 

しかし、この上に天守が乗ることはありませんでした。

 

天守台より

天守台からの眺めです。 都会のど真ん中のオアシスといった感じでしょうか?

 

つづく…


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

天守台が

3つもあるなんて・・
しかも、超巨大なんですから、すごいですね

それも、外様大名の「力」を削ぐための1つの策だったのでしょうか・・・

天守の大きさが、偲ばれますね~凸!

凸ありがとうございます

あ、誤解を招いてしまったようで…
天守台が三つあったのではなく、同じ場所に天守を二回建て替えたということです。

どちらにしろ、天下普請であったのには変わりは無く、各大名の財力を削ぐねらいがあったのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ