記事一覧

天地人、花に背いて北へ帰る(16)

天地人 第15回『御館落城』

 

 とうとう亡くなってしまいました、景虎と華。 というか、とうとう戦闘シーンも無く、上杉憲政も登場することもなく(しつこい)御館の乱が終了してしまいました。 憲政は道満丸を連れて景勝のもとへ向かう途中に、景勝側に二人とも殺されてしまうというのが定説です。 それがどのように描かれるのかが、今回の大河の楽しみであったのに残念です。

 紀行でもやっていたように、この乱が完全に終わるのにはあと数年かかります。 直江信綱が亡くなるのもこの乱が遠因ですから。

 

 それにしても、道満丸を含めた三人の死をドラマチックにするには中途半端すぎましたね。 もっと、何週も前から三人の家族円満ぶりを強調するとか、道満丸の可愛さぶりを強調するとかしていれば、戦闘シーンが無くとも大河らしい仕上がりになったと思いましたね。

 それと、ブラック遠山は不敵な笑みを残して去っていきましたが、北条を殺したのも、道満丸を殺したのも遠山であったという演出なのでしょうか? それともまた登場するのかな? あれは不要だったよなぁ。

 

天地人0412 

【美男美女は絵になります】

 

 

それでもまずまず涙を誘う、一つの区切りとして良い内容であったのではないでしょうか?

 

 

 さて来週からまたコメディが始まるようです。

ではまた… 

 

 

 

 


にほんブログ村 歴史ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

来週はサスペンス劇場?

こんばんは☆
とうとう終わってしまいましたね、御館の乱。
予算がなくて戦のシーンをほとんど描けなかった分、時間が余ってしまったような、間延びした回でした。お船が使者とかそんな話は要らないです。景勝配下が道満丸を殺したかもしれないのに、兼続たちが鮫ヶ尾城に来て弁明するのもおかしいですし。
ブラック遠山は北条軍の参謀みたいになって再登場するかもしれないですね(笑)

ここ数年・・・

ここ数年の大河ドラマは、NHKも視聴率の欲しさからなのか・・・
歴史考証が甘すぎる気がしますね。
「ドラマ」だから脚色はあっても良いとは思うのですが・・・
少し「行き過ぎ」感がありますよ。
配役も演技力的なものより話題性重視ですしねー

まず・・・妻夫木聡も小泉孝太郎も・・・
あの頭はまず、あの時代には考えられないだろうし・・・・それにしても、兼続は毎回泣きすぎですよ。

最近「戦国武将」にハマル女性も多いそうですから、それを取り込もうとしているのか・・・・でもそういう女性の戦国武将への想いは、現代の男性諸氏にない「強さ」だそうですよ

毎回泣く兼続には、「誠実さ」や「義理」は感じても「強さ」は感じられないかもなぁ・・・・凸

かやさん

遠山は江戸に戻って、刺青を彫り、遊び人になるそうです。

それは、金さんっ!

Tomさん

大河には、必ず時代考証人という人がいるはずなんですが…
彼はなにをやっているのでしょうかね?
センスを疑いますよ。

私の周りには戦国好き女性がいないんですよね~

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ