記事一覧

雪解けを待って、会津征伐(最終回) ~久川城~

  鴫山城を出た私は、国道289号線を西へ伊南村方面に向かいます。

 雪解けを待ったはずなのに途中には路肩にはまだ雪が残っていました。 ノーマルタイヤだった私は少し不安になりましたが峠を越えて一安心、久川城址に到着です。

 

久川城

 国道401号線、古町温泉近くにあり、看板もデカイので迷うことはないでしょう。 

 

 

久川城 (2) 

 ここは平山城です。 ハイキング気分で登れます。

 

 

久川城 (5) 

 本丸裏側の土塁。 右側はガケになっていて、下には久川が流れています。 左側は少し低くなったところに本丸。

 

 

久川城 (9)

 おっと、石垣でしょうか? 

 

 

久川城 (10)

 豪快な竪堀跡。 滑り台みたいですね。 真ん中のほうにある白いものは雪です。 

 

 

久川城本丸 (2)

 本丸です。 先ほどの石垣(?)はどこで撮ったか忘れましたが、主要な場所には石垣が用いられていたようです。 基本は“土の城”ですけどね。

 

  蘆名氏の家臣の河原田氏が、伊達政宗に対抗するために築城したといわれています。 で、他の周辺の城に違わず、会津に蒲生氏が入った時に今の縄張りとなったそうです。

 上杉時代には、景勝の彼氏と噂される清野長範がこの地に入りました。 

 その後、蒲生→加藤と続き、1609年に廃城になりました。

 

 このころ(蒲生氏が改築したころ)の城郭はよく「織豊系城郭」なんて呼ばれたりします。 尾根や丘陵上部を削平し、そこに石垣・瓦屋根建築を巧みに組み合わせて防御線を構築するのが特徴です。 外枡型虎口なんてのもそう。

 しかしこのころは日本全国で築城ラッシュで、腕のいい職人さんがこのような田舎まで集まらなかったといいます。

 蒲生氏郷はしかたなく“土”で“織豊系城郭”を完成させたといいます。(ところどころ石垣はありましたが…)

 なのでこの久川城は、土の城の完成形だとされることもあるようです。 そんな城がこんなところに非常に状態が良く残っているのですから、行かないわけにはいかなかったのです。

 はっきりいっておススメです。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ほぉ~

「日本全国で築城ラッシュで、腕のいい職人さんがこのような田舎まで集まらなかった」
恐ろしい需要だったんですねぇ
なるほど・・・戦国築城バブルで、莫大な金を得た築城職人もいたのでしょうねー

公共工事よろしく、バンバンと城を作ったが・・・泰平になり城主はリストラ、箱物は不要になったのもあったのかもしれませんね・・・・なんのこっちゃ

景勝の彼氏と噂される「清野長範」
それは、初耳ですね~
一瞬、北村一輝は「同性愛者」かと錯覚してしまうNHK大河の恐ろしさ・・・・
「目がシャキッ」でも飲みますよー

あらら♪なんか眠いな~

こんばんは

豚インフル流行のせいで、マスクが無くなっちぁうのといっしょですかねぇ・? ちがうか?

清野クンは兼続なきあと活躍したらしいですよ。

久川城

こんばんは。
この久川城には、行ったことがないですね。
なかなか整備もされているようですし。
奥州へは簡単には行けませんが、
機会があれば、行ってみたいと思います。

蟠龍斎さんこんばんは

おススメですよ!!
かなり不便な場所にあるので、覚悟が必要ですが。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ