FC2ブログ

記事一覧

中国遠征記 ~古式漂うカラスの天守、岡山城(1)~

  中国遠征記の再開です。 続いては岡山城です。

 

 

岡山城外濠

 大手門付近の濠。 このあたりは岡山の観光地『後楽園』とは真逆にあたり、観光客も少なめです。

皆さんは後楽園→ついでに岡山城というコースが多いようです。

 

 

岡山城

 公園入り口。 別名烏城とも呼ばれました。 それはこれから紹介する、天守の色からきているのですね。 

 

 

岡山城 (2)

 入り口から進むと高石垣が現れます。 

 この城は三期に渡って工事が行われたらしいのですが、この石垣は二期目の小早川氏の時の石垣らしいです。

 ちなみにオレンジの部分は空襲の時にできたそうです。

 

 

岡山城 (3)

 鉄門跡だったかな? 

 

 

岡山城月見櫓

 城内に唯一残る現存建築物『月見櫓』。 この櫓は三期目の池田氏時代のもの。 

 

 

岡山城月見櫓 (2)

 その月見櫓を表から見ました。 この周りには木々が生い茂っていて、櫓全体が収まるアングルがここしかありませんでした。 

 せっかくの現存なんだから、もっとどうにかしてほしいものです。

 

 じつは、城址公園から少し離れた場所にもう一つ現存櫓があるのですが、不覚にも見学してくるのを忘れてしまいました。

 もう一度訪れる口実になったと思えば、諦められますかね…

 

 

岡山城 門

 復元の不明門です。 これをくぐればいよいよ天守です。 

 

つづく…

 

 

 

岡山城縄張り 

大きくなるので、参考にしてみてください。

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なるほど・・・

空襲から逃れた「櫓」があるんですねぇ

ちなみに天守もきっと復元なのかとは思いますが・・・・どこまでの「古文書」等の資料を参考にしたのかが気になります

富山城のように、犬山城を模倣して適当にそれらしく・・・・の城なのなら、むしろ石垣だけの方がありがたいですからね~凸

Tomさんこんにちは

凸ありがとうございます。

天守の話は次回詳しく(?)書きますので、期待しない程度に楽しみにしていてください。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ