FC2ブログ

記事一覧

中国遠征記 ~日本三名園の一つ、後楽園~

 月見橋を渡るとすぐ後楽園の南口ですが、せっかくだから正面から入ります。

 

 

111.jpg

 後楽園といえば、日本三名園のひとつですね。 ほかの二つは、金沢兼六園・水戸偕楽園です。 これで私は三名園制覇です。

 

 

112.jpg

 この後楽園は岡山藩主・池田綱政が、1700年に完成させました。 当時は後園と呼ばれていましたが、『先憂後楽』の精神に基づいて造られていることから、明治になって『後楽園』と改名したそうです。 

 

 

115.jpg

 藩主がここを訪れた際に、居間として使用された『延養亭』

 入り口からすぐのところにあります。 

 

 

121.jpg

写真撮影の定番スポットです。 沢の池越しの天守が美しいですね。 一応池にも天守が写っています。

 順番待ちをして撮影しましたよ。

 

 

123.jpg

 その沢の池に浮かぶ、中の島。 

 

 

126.jpg

 あら、これも中の島だ。 

 

 

128.jpg

 左側は山(岡?)になっています。唯心山と言うそうです。 

 

 

130.jpg

唯心山へと続く… 

 

 

131.jpg 

 ここは廉池軒といって、池田綱政が最も好んで使用した建物だそうです。 

 

 ここから南門はすぐ近くなのでそこから出ました。 それから私は駅前でお土産を買い、この日のお宿がある隣の街へ向かったのでした。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

自分は2年ほど前に訪れたことが有りましたが、
その時はただ広いだけでこんなもんか?って感じでした。
でも、このブログで見ていると素晴らしい所に見えて仕方ないから不思議です・・・

旋風と用心棒さんこんばんは

私も現地では『ただ広いだけ』という印象でしたね。
 写真もどこを切り取ってよいかわからずに、やたらと撮りまくりました。
 その結果使えそうな写真が数枚残った次第です。

ここが

後楽園なのですねっ!!
メッチャ、いいじゃないですかぁー

ついでに「美女暦」もいいじゃないですかぁー

京都のお寺の庭園と違い・・・
三名園は、撮るポイントは幾つかに限られているのかもしれませんね。兼六園も「琴柱灯籠」付近しかないような・・・

でもメチャメチャ行きたくなる後楽園ですよー
凸ヾ(⌒o⌒)b

後楽園で僕と握手!

こんばんは☆
ほほう、ここでスーパー戦隊シリーズのナントカレンジャーショーとかがおこなわれているんですね~♪
って、ちっが―――――う!!!!!
岡山城に行くまで岡山に本物(?)の後楽園があることは知りませんでした。
時間がなくて岡山城しか見なかったんですが、今度行く機会があったら、後楽園も見て回りたいです。
後楽園に僕も凸!

Tomさんこんにちは

そうですね。
京都の寺のお庭と比べたら、広大すぎてぼんやりしちゃうんですよね。

美女…  私は6月12日の方が好みです
10年後の彼女にあってみたいな。

凸ありがとうございます.

かやさんこんにちは

今は『東京ドームシティ』なんていうシャレた名前になっちゃいましたよね。
わたしも『小石川後楽園』が本物(?)かと思っていましたよ。

凸ありがとうございます。

そういえば

ふたたびこんばんはです。
そういえば今日の朝のシンケンジャーをたまたま見てたら
「東京ドームシティで僕と握手!」って言ってました。
最近の子供はこっちで覚えているんでしょうね。

シンケンジャーは最近の戦国ブームに乗っかってるようでした。
イカのメカが剣・盾・翼?になるのには唖然としましたが…。

そういえば

シンケンジャーって、真剣の意味なんすかね?

今でも黄色は、食いしん坊担当なんでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ