記事一覧

天地人、花に背いて北へ帰る(29)

天地人 第27回 『与六と与七』

 

 まずは冒頭の「新発田の乱」 全く無視されなっかたのはよかったですが、殆どナレーションで済ますとは今年の大河っぽいですな。

 でも歴史を知らない視聴者は「やっと春日山に平穏が…」というセリフに違和感を覚えたのでは?

 だって、本能寺の変からずぅ~っと平穏ぽかったじゃん! いまさら新発田って誰?ですよね。

 

 それに小国の実家は源氏の流れを汲むって、名門を鼻にかけすぎです。

 たしかに直江家に比べれば名門だったかもしれませんけどね。 

 現代人の目から見たら名を残した直江家のほうが…(以下、自粛)

 

天地人0706 

【この、小悪魔めがっ

 

 結局この大国実頼は後々に問題を起こし、○○をするのですが、そういう裏上杉家の歴史はこの天地人じゃやらないでしょうね。 仁愛の『愛』に反しますからね。

 

 さて来週は伝説の俳優さんの息子演じる独眼龍の登場で、視聴率アップを狙うようです。

 

ではまた…


にほんブログ村 歴史ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

景勝も平穏って言ってたような気が…

こんばんは☆
そういえば軽く説明がありましたね。
でも見てる人の大半は「しばたしげいえって誰ソレ?」と思ったでしょうね。
耳で聞いただけだと「柴田勝家」と響きが似てますし。
ここはテロップや映像もやはり必要だったのではないかと思います。
新発田市民の悲しみの声が聞こえそうです。
凸!

平穏と思いきや…

新発田攻めはスルーしたくせに、佐渡攻めは来週たんまりと「兼続の活躍で」やるらしいですよ。

凸ありがとうございます。

ほぉ~

今回こそ「関白を叱る」という感じだったような気がします。
「官位を与えてもらっては困る」なんて関白には言うなんて「叱る」みたいなもんですからねー

石川数正を秀吉が引き抜いた・・・・話は、
手を変え、品を変えて、なんかしつこいような気がしていたTomです凸

そうでした、そうでした

そうでした、今回こそ『関白を叱る』でしたね。
叱られて凹む秀吉の猿芝居ぶりが最高でした。

石川数正は寝返ったのに、兼続は『義』のために寝返らなかったとでも言いたいのでしょうかね?

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ