FC2ブログ

記事一覧

中国遠征記 ~我に七難八苦を与えたまえ(1)~

 米子を後にした私は、ドジョウすくいで有名な、安来市方面へと向かいました。 

 目的地はここ。 

 

 

尼子経久

 目的地の月山富田城(がっさんとだじょう)前に立つ、尼子経久(あまごつねひさ)像です。 

 彼はこの富田城を本拠に、戦国大名へとのし上がりました。 彼は毛利元就・宇喜多直家とともに『中国三大謀略家』と言われることもある謀略家です。

 大河ドラマ『毛利元就』では、元気な頃の緒方拳さんが演じてましたね。 かっこよかったです。

 

 

  富田城遠景

さて、登りますか!

 

 

富田城模型

富田城の模型です。 尼子経久の像があるのは手前に見える橋のあたりで、現在は橋を渡り左へ曲がると道の駅があり、そこに登山口があります。

 が、麓から登るのは大変なのでいつものように途中まで車を使いましょう。

 

 

鹿之介供養塔

  とその前に彼に挨拶をしてから出発です。

 彼とは山中鹿介さんです。 鹿介は、尼子氏の家臣で、主家が滅亡した後も尼子家を再興しようと一生懸命頑張った武将です。

 その再興運動は10年にも及ぶのですが、結局は毛利方の吉川元春に捕らえられ、殺されてしまいました。

 そんな主家思いの鹿介は戦前・戦中の教科書にはよく載っていたそうです。 おじいちゃん、おばあちゃんに聞いてみましょう!

 三日月に向かって『願わくば、我に七難八苦を与えたまえ!』と祈ったエピソードが有名です。

 

 

富田城大手門 

 車で登ると、この大手門付近にでることが出来ます。 

続きは次回…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

山中鹿介さんって・・・

「肥溜め」に浸かってまで・・・・
執念で生き延びたという人ですねー

「肥溜め」に浸かるって・・・・
究極の『七難八苦』だなぁ~笑

Tomさんこんばんは

そうでした!
そんなエピソードもありましたね~

まさに七難八苦の願いが叶ったというわけですね~

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ