FC2ブログ

記事一覧

いざ、(信州の)鎌倉!(最終回)

塩野神社を最後に塩田平を離れ、もはや信州の鎌倉ではありませんが、最後の目的地はここです。

 

 

懐古園

懐古園こと、小諸城です。

このおなじみの門は現存の『三の門』です。 看板の字は徳川16代当主・徳川家達氏のものだそうです。

 この徳川家達(いえさと)という人は、最後の将軍・慶喜のあと徳川家を継いだ人で、明治時代には家達を総理大臣にしようという動きもあったようですが、結局は徳川家側が断ったそうです。

 徳川が天下を再び獲ることは無かったんですね。

 ちなみに現在の当主は恒孝氏で、会津松平家からの養子だそうです。

 ちなみついでに恒孝氏のお姉さんは、上杉家にお嫁にいったそうです。

 

 

 

小諸大手門 (2)

話が逸れるのは得意ですからね。

今回は懐古園が目的ではなく(もっとも、営業時間は終わっていましたが)、懐古園からはちょっと離れた『復元大手門』が目当てでした。

 

 

 

小諸大手門 

 『復元』といっても、民間に払い下げられてかなり痛んでいたものを解体修理したそうで、現存といってもいいでしょうね。

 

 

小諸大手門 (3)

 小諸城は山本勘助が縄張りをしたなんて話もありますが、現在の近世城郭に改築したのは、やはり仙石久秀でしょう。

 マンガ『センゴク』で有名な彼ですが、どちらかというと長曽我部ファンの私から見ると、やはり彼は『敵』ですよね。

 まぁ、このあたりではヒーローなのでしょうか?

 

 

小諸大手門 (4)

 これで信州の鎌倉シリーズは終わりにします。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

穴城

穴城きましたね・・・・
このお城、石垣がとても素晴らしいと思います。ただ「島崎藤村」の歌碑位ならいいですが・・・

動物園や遊園地は、できれば城内に作らず外に設けてほしいなぁ・・ってTomは思います

最後の「大手門」+「アジサイ」のショットは好きですね~

凸ヾ(⌒o⌒)b

Tomさん凸ありがとうございます

どっかの金沢城みたいに城内に大学があった(今は移転しましたね)り、どっかの福井城みたいに官庁群があったりしないだけまだよかったかな~とは思いますね。
本音を言うなら、櫓などを復元してほしかったけど…

最後の写真は、Tomさんに教えてもらったテクニックです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ