FC2ブログ

記事一覧

天地人、花に背いて北へ帰る(42)

天地人 第40回 『上杉転落』

 

 ブラック遠山、すっかり徳川の重臣ですね。 大出世じゃないですか。

 それに、疑われないように本多正信と兼続の会談に立ち会うって意味わからないです。 そんなに遠山を出演させたいのでしょうか? ひょっとして、意外と視聴率がいいのは遠山人気?

 

 今回は兼続のブラックな一面が少しでていました。 本多正信の息子(政重)を直江家の養子とすることで、徳川が上杉家を牛耳ることができると。

 だから、上杉家はつぶさないでね ってね。

 史実ではどーだったんでしょうね? 兼続に息子がいたにもかかわらず、養子を迎えようというんだからやっぱりそういう意味があったのかな?

 ドラマでは描かれていなかったですが、兼続の娘と本多政重の間に男子が生まれたら、その子を上杉家の養子にしようなんて話も合ったとかなかったとか… (どっちやねん!)

 

 実は本多政重は、徳川が送り込んだスパイだったという話もあります。

 宇喜多秀家・福島正則・上杉景勝・前田利長と、徳川にとって危険な大名のところばかりを渡り歩いていたというのがその理由ですよね。

 

天地人1004 
【月見をしている場合か?】

 

 まあスパイは無いにせよ、関ヶ原では宇喜多秀家の家臣。 現在(ドラマ上の)は福島正則の家臣。 せっかくいいネタなのになぜ出演させない? もったいないよねぇ~、いつものことだけど…

 

さて来週は、子供店長が視聴者を泣かせるようです。

ではまた…

 

 


にほんブログ村 歴史ブログへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ん~

今回も「上杉家」存続の1つの見せ場だったと思うのですが・・・・
案外にあっさりと解決しましたね!!

「義」を通したというよりは・・・・
これ以上、徳川に楯突くのは良くないという事で、直江家側から当時の徳川政権下の実力者の本多家に近づいたということなんでしょう

ブラック遠山・・・・密談的な「暗」や「陰」の部分にはもってこいな人ですが・・・今回は「暗躍」しないで、単なる「密談オブザーバー」に終わりましたね。

少し、イイ人になったんだろうか・・・・最後にはとってもイイ人になって、これも兼続の「仁愛」の力という展開だったら、笑えるなぁ凸

Tomさん凸ありがとうございます

兼続の仁愛のおかげで改心した遠山の黒さんは、江戸の街を守る奉行職に就き、子孫は『遠山の金さん』としてテレビでおなじみになりました。

どれもこれも兼続のおかげ。

なんてでっち上げたら、逆に脚本家を尊敬いたします。

ブラック遠山でテコ入れ?

こんばんは☆
いやぁ~、ブラック遠山の無理矢理感が笑えますけどね(^ー^:)
スタッフ陣の遊び心なんでしょうか?

ブラック遠山はさておき、今回の内容ってどこまでが史実に近い内容なのかな~って、よくわかんないんですけど、本多家から直江家への婿入りを兼続が1人で考えた策みたいにするのは無理があるような気がしないでもないです…。スパイではないにしても、上杉氏を抑えるために、家康サイドが考えた策ではないかなと思うんですが……。

次回からは完全にホームドラマですね。ブラック遠山が見張り役として米沢にハケンされることを願って待ちたいと思います(笑)

かやさんこんばんは

ブラックの派遣の件は無い話ではないですね。
かつて景勝のライバルだった景虎の付き人だった時と同じように、政重の付き人として徳川から派遣されるかもしれないですよ。

そして子供店長と、直江家の家督をめぐる醜い争いが勃発! ってね。

ナルホド!!

ブラック遠山が政重の付き人!!
ありえますね!いや、そうであってほしい!ていうかそうしてください小松脚本さん!(笑)
若女将争いではなく家督争いで「どんど晴れ」ですね。それもありそうです。

かやさんこんばんは

私が脚本家ならきっとそうします。
いや、絶対します。

いやいや、御館の乱で殺しちゃってますかね。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

四十路

Author:四十路
戦国時代と城址巡りとラーメンが好きなアラフィフです。

Instagram

Instagram

FC2 ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 

ブログ村ランキング参加中!

上のバナーか記事中のバナーをポチッとしてくれたら泣いて喜びます。

カテゴリー

月別アーカイブ